• 17 Jan
  • 10 Jan
    • 新しい一年を迎えて

      新年があけて、早10日が経とうとしています。オリーブレディースクリニックは、1月4日が仕事始めでした。昨年9月に当院の院長となり4カ月が過ぎました。その間、多くの患者様に御来院いただきまして、大変感謝しています。あらためて、患者様あるいは御夫婦のおひとりおひとりと向き合って、柔軟で丁寧な診療を行なっていくことの大切さを感じています。当院は、不妊クリニックとしては待合など小スペースではありますが、自分の行いたい診療を行なうには、設備やスタッフなど十分な環境はあると思っています。また同時に、改善していく余地もまだまだあります。患者様のご信頼にお応えできますよう、本年もさらに精進していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。山中智哉

      9
      テーマ:
  • 26 Dec
  • 15 Dec
    • 誕生日

      12月15日は僕の誕生日でした。サプライズでスタッフがお祝いをしてくれましたまた一年、健康に気を付けて、頑張りたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 福岡から下関へ

      日本生殖医学会に参加するために、山口県の下関に向かっています。前日の木曜日の夜に行こうかなとも思いましたが、木曜日の外来は、土日の採卵を決めたりと、かなり重要なので、昨日はいつも通り外来を行って、今朝5時半に起きて出てきました。羽田から福岡空港、そこから地下鉄で博多。博多から新幹線で小倉。小倉から在来線で下関へ。かなり長旅です(^_^;)

      16
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 誕生日

      誕生日、といっても自分のではなく、11月13日はうちの愛犬フランの4才の誕生日でした。4才というともう成犬ですが、1才を過ぎてからはずっと1.8kgのままで、どこに行っても「小さい、小さい」と言われます。うちに帰ると、毎日散歩とおやつを楽しみにしていて、その言葉を発するのを待っています。誕生日なので、大好きなおやつを多めにあげました。また一年、健康に気をつけて、仲良く過ごしていきたいと思います。

      6
      テーマ:
  • 07 Nov
    • 11月

      11月も早1週間が過ぎようとしています。この間まで、季節外れの台風が来たりしていましたが、秋も深まり肌寒い季節となってきました。10月は、9月以上に多くの患者様に御来院いただきました。ブログは久しぶりの更新になってしまいましたが、その間に、新しい治療の導入をしたり、そのための準備などを行なっていました。11月初めに、Web雑誌「DRESS」の記事を更新しました。【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】ということで、ここ数回にわたって、体外受精や、治療にまつわるトピックスについて書いていく予定です。ご参考にしていただけましたら。【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】それでは、今月もスタッフ一同、頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

      7
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 10月に入りました

      10月に入り、気が付くと、朝夕は肌寒い季節となりました。9月は、「医療内容の充実」と「患者様へのサービスの拡充」を中心に、いろいろと動いていました。クレジットカードでのお支払いも、間もなく可能となります。ちょっとしたことですが、排卵誘発の最後に使う点鼻薬、以前は1本で処方していたのを、「小分けボトル」にして1回分で使えるようにしました。1-2回しか使わない方にとっては、1本の購入は余りがでてしまいますし、点鼻薬ではなくHCG注射を使いたい場面もありますので、治療の上でも選択の幅が拡がります。いくつかサンプルを試しましたが、中身の分かる透明なボトルで遮光袋にいれてお渡ししています。今月もまたスタッフ一同、頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

      18
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 仕事をしながら治療を継続していただくために

      体外受精を検討されている方の中には、「仕事をしながら、治療を継続できるだろうか」という不安をお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。オリーブレディースクリニックは、9月から「火曜日」と「木曜日」の最終受付時間を、18時半までとしています。体外受精では、採卵を行う周期の、月経「3日目頃」から採卵が決定する「10-12目頃」までの期間に、3-4回クリニックを受診する必要があります。その受診の間隔は、約2-4日間隔になります。火曜日と木曜日の仕事のあと、18時半までに受診できる方でしたら、それ以外は週末の土日と組み合わせて、採卵までの治療を組み立てることができます。また、出張など一定の不在期間がある場合は、ピルで月経開始日をコントロールすることで、その期間を外して計画をたてることもできます。「胚移植」を行う周期では、子宮内膜のホルモン調整法を行うことによって、受診日の融通はかなりききますので、通院できなくなるという心配はほとんどありません。排卵誘発の方法は、自然周期から調節卵巣刺激まですべて対応しており、その方法によって受診回数も変わってきますので、できるだけ早い時期に、「受診になりそうな日」や「採卵や移植になりそうな日」をお伝えするようにしています。

      18
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 新しい人工授精カテーテル

      新しい人工授精カテーテルを導入しました。カテーテルを、子宮の頚管の向きに沿って曲げられることは、これまでのカテーテルでもできましたが、この芯の硬さにちょうどよい柔軟性があります。そして、画期的なのは、カテーテルの付け根付近に弾性があって、そこは自由に曲がるということです。これによって、子宮の前屈あるいは後屈が強い方でも、カテーテルをよりスムーズに進めることができます。またカテーテルの先端の処理も丸みをつけて、出血の軽減効果を持たせています。

      8
      テーマ:
  • 07 Sep
    • オリーブレディースクリニック

      9月4日より、オリーブレディースクリニックの院長として勤務が始まりました。8月は移行期として、クリニックに顔をだしながら、いろいろと準備をしておりましたので、比較的スムーズに診療に入ることができました。患者様に信頼されるクリニックであるためには、高い医療技術を保つことはもちろんのこと、安心して通院していただける環境も大切だと考えています。クリニックの開院時間、料金体系、ホームページなどすべてを見直して、さらに細部にまで改善を進めています。クリニック自体にこれまでの実績がありますので、スタッフも僕の要望をスムーズに理解し動いてくれて、よいチームワークを築けているように感じています。これまで通っていただいている患者様も、新しく来院される患者様も、そして前のクリニックから転院いただいた患者様も、よい結果が得られるようスタッフ一同、最善を尽くしていきたいと思います。

      14
      テーマ:
  • 26 Aug
    • 麻布十番祭り

      この土日、麻布十番祭りです。クリニックの目の前がお祭りなので、少しのぞいてみましたが、例年通り、たくさんの人で賑わっていました。来年あたりは、クリニックで何かやってみるのも面白いかもしれません(^-^)。

      10
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 写真撮影

      スタッフが、ホームページ用の写真を撮っていたので、ついでに一緒に撮ってもらいました。常勤と非常勤を合わせますと、12-13人でクリニックを動かしています。比較的コンパクトなクリニックなので、外来と培養室の連携がスムーズなことが、このクリニックのよいところのひとつだと思っています。自分はまだ入ったばかりですが、どの部署も協力して、診療を支えてくれています。

      5
      テーマ:
  • 23 Aug
    • Web雑誌DRESSの記事を更新しました

      Web雑誌DRESSの記事を更新しました。https://p-dress.jp/articles/4687今月からは、体外受精について詳しく書いていく予定です。これまでの記事では、卵子凍結、着床前診断、出生前診断などのトピックスについて書いてきました。https://p-dress.jp/users/2086前職のクリニックの患者様から、これを読んで検査を受けて、安心して出産にのぞめますというお声をいただいて、うれしく思いました。多くの方が読むものですので、できるだけ分かりやすく表現できるよう試行錯誤しています。

      4
      テーマ:
  • 22 Aug
    • LIVE!

      日本武道館のLIVEに行ってきました。初の長渕剛のLIVEです。長渕ファンと言うと、意外と思われることもありますが、中学生の時に初めて買ったCDが長渕だったので、30年来ということになります。でも、生粋の長渕ファンには敵いませんね。髪型からタオル、Tシャツまで揃えている方がたくさんいました。LIVEの始まりから終わりまで2時間半、一度も席に座ることなく、声援を送ったり、歌ったり、エキサイティングなステージでした。60才を迎えてもこれだけの影響を与えることができる、勇気づけられるLIVEでした。

      2
      1
      テーマ:
  • 21 Aug
    • クレジットカードを導入します

      これまでオリーブレディースクリニックでは、現金あるいは銀行振り込みでのお支払いとなっていました。診療の度にその用意をするのが大変というお声もいただき、クレジットカードでのお支払いができるよう、すでに準備に入っています。もうしばらく御不便をおかけしますが、審査にもう少し時間がかかるようですので、御時間をいただけましたらと思います。

      3
      テーマ:
  • 20 Aug
    • 神宮外苑花火大会

      東京に出てきて15年目になりますが、初めて神宮外苑の花火大会を間近で見てきました。子供の頃、近所の川原で、年に一度行われていた花火大会を、楽しみにしていたのを思い出しました。当時は、もしかしたら今でもそうかもしれませんが、まとまって花火が上がったあと、しばらく準備の間があって、また次の花火が上がるという感じでした。今はコンピューターで制御されているのでしょう。神宮外苑の花火は、1時間の間に、ほぼ絶え間なくうち上がり続け、飽きることなく楽しませてくれました。僕の大学の母校がある山梨県、その中の市川大門町は花火の町として知られています。毎年、8月7日、ハナ(花)の日に花火大会が行われていて、数年に一度、自分の休みと重なったときに、旧知を訪ねがてら見に行っています。都心の花火も美しいですが、地方の花火大会では、都心ではあげられない大きな尺玉が見られ、それもまた迫力のある花火らしい花火だなと思います。

      8
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 採卵室のベッドの向きを変えました

      先日、診察室の配置を変更しましたが、同じ頃、採卵室内の配置換えも行ないました。これまでは、部屋の縦方向に対して、平行にベッドがありました。奥の棚を移動して、ベッドの向きを90度変えました。採卵室では、胚移植や人工授精も行ないます。培養士が患者様にご説明をさせていただく場面では、ベッドに対して横からお声をかけさせていただいた方が、お話も聞きやすいのではないかと思います。写真の奥の部屋が培養室になります。扉のすぐ向こうにクリーンベンチと顕微鏡が見えています。培養士は、ここで採卵後すぐに卵子の状態をチェックしたり、移植時には移植胚をカテーテルに吸い上げる作業などを行なっています。採卵室と培養室は、卵子や胚が行き来しますので、より安全でスムーズな治療を行なうためには、この間の導線がよいことと、培養士と介助に入る看護師、そして医師の連携が大切になります。

      9
      テーマ:
  • 18 Aug
    • ドライシッパー(凍結胚の輸送用タンク)

      ドライシッパー(凍結胚の輸送用タンク)を購入しました。ドライシッパーは内部に液体窒素の吸収材が入っており、そこに液体窒素を吸着させることで内部を極低温に保ち、その中で凍結胚を移送することができます。液体窒素がそのまま液状になっているわけではないので、万一、転倒してもこぼれ出る心配はありません。専用のハードケースに入れることで、さらに安全に運ぶことができます。タンクの容量にもよりますが、この中で1週間程度は凍結胚を維持することができますので、長距離の輸送も可能となります。当院へ胚移送のご希望がある患者様や、転居などで他のクリニックに移送する必要のある患者様にお貸出し致します。通常、一般的な宅配便では取り扱ってもらえませんので、患者様ご自身で運んでいただく形になります。航空便など長距離になる場合は、専門の業者に依頼することも可能です。

      12
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 診療時間の延長

      9月より、「火曜日」と「木曜日」の最終受付を、18時30分までと延長する予定です。体外受精の採卵を行なう周期は、多くの場合、排卵誘発剤を用いた「排卵誘発」を行ないます。その過程で、卵胞が育ちすぎたり、逆に反応が悪かったりということがあった場合、それに合わせた対応をとる必要があります。排卵誘発の状況を確認するためには、「超音波検査」と「ホルモン検査」を行ない、卵胞の発育状態を評価しています。1回の確認で2~4日先の状態まで予測することが可能ですので、基本的に連日検査を行なう必要はありません。お仕事をされている方で、土曜日または日曜日の融通がききやすい方でしたら、火曜日と木曜日のお仕事終わりの受診と、土日の受診だけで、「採卵日」まで進めることができます。あるいは、土日にお仕事されている方の場合でも、土日の受診がないように調整することも可能です。また採卵は朝9時~10時頃に行なっており、採卵日の決定につきましては、卵胞の発育状態が優先されますが、可能な限り、ご夫婦にとってご都合のいい日になるよう調整を行なっています。

      10
      テーマ:

プロフィール

オリーブレディースクリニック 山中智哉

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
医学博士 日本産科婦人科学会専門医 日本生殖医学会会員 日本抗加齢医学会専門医 米国ISFN...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。