FX,CFD相場メモ タイムリミット

FX、CFD等の使える情報を書いています。
主旨は自分本位の相場メモとして利用なので
他の方が使えるかどうかはわかりませんが…。

お金は悪いものではありません。金銭にまつわる悪い出来事は無知と誤った使い方から
生じるのであって、お金そのものに責任はないのです。_____ Joseph Murphy

お金があることで必ずしも、人を幸福にするとは限らない。 
しかしお金がないことによって生じる不幸はたくさんある。_____

1円を馬鹿にする者は、1円のために泣く_____



【投資で勝つ極意】
「車は急には止まれない」






ぺた  ←もどうぞ。
読者登録  ←こちらはよろしければどうぞ。

テーマ:
※お知らせ
更新が遅れまして申し訳ありません。
次回更新は5/29を予定しています。よろしくお願い致します。
当レポートの内容に関するご意見がありましたらコメント欄でお知らせください。
直接返答いたします。
市場関係者の方の発言内容については各発言者の方にご確認ください。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,735(15:00→6:59 -4)
ドル円    :110.15(15:00→6:59 -0.01)


[来週に向けての所感]
今週のドル円は売り優勢と判断。109.80以上で売り、ストップは110.40、利益確定は適宜。株先物も売り優勢と判断。16700以上で売り、ストップは16900、利益確定は適宜。センチメントは買い方向に盛り上がっておらず、チャートの形も下方向。突発的なサプライズも期待しにくい。



--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円109.00)国内実需筋のドル買いはひとまず一巡したとみられ、投機筋が売買の主体とみられる。(5/16)
現行水準付近(ドル円110.00)でも、断続的にドル売りが出ている。(5/20)


[日経について]
「消費増税先送りは株価にある程度織り込み済みだが、報道を口実に短期的に買い上がる動きが出ているようだ。もっとも25日移動平均線がらみでの一進一退の範ちゅうは出ず、方向感が明確になったわけではない。」(国内証券 5/16)
「売買高が増えず、戻り待ちの売りで上値が抑えられている。週末のG7仙台会合などもあり主要な投資家が様子見姿勢を継続する中、小口の先物売買で上下に振れる展開だ。」(国内証券 5/17)
「下がれば年金など国内勢の買いが入るものの、上値を買う投資家が不在。大型株の動きが鈍く、指数も戻り切れない。」(国内証券 5/17)
多くの投資家が模様眺めの状況。(5/19)
「売買が増えていない。投資家の様子見姿勢は変わらない。」(国内証券 5/20)




--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
「一方向にどちらに向かうかはまだ見えにくい。」(みずほ証券チーフ為替ストラテジスト 山本雅文氏 5/16)
「底割れしていく様子はない。過度に悲観する必要はないだろう。」(みずほ銀行マーケットエコノミスト 佐々木貴彦氏 5/16)
中国株が値崩れしなかったことで安心感が出ている。(5/16)
「しばらくは様子を見る期間に入りそうだ。」(外為どっとコム総研調査部長 神田卓也氏 5/17)
「世界経済の波が高く、円高・株安で儲けようとしているヘッジファンドがおり、そうした中で来年すぐに消費増税を実施するのは反対だ。」(内閣官房参与 浜田宏一米イエール大名誉教授 5/18)
「参加者はポジションを傾けることに消極的だ。」(外銀 5/20)



[日経について]
「6月の日銀によるサプライズ的な緩和もあり得るため売り込みにくい状況だ」(岡三オンライン証券チーフストラテジスト 伊藤嘉洋氏 5/16)



--------------------------------------------------------------------------------




【その他】
--------------------------------------------------------------------------------
OPEC 2016年6月まで原油減産見送り。



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
※お知らせ
次回更新は5/22を予定しています。よろしくお願い致します。
当レポートの内容に関するご意見がありましたらコメント欄でお知らせください。
直接返答いたします。
市場関係者の方の発言内容については各発言者の方にご確認ください。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,385(15:00→6:59 -27)
ドル円    :108.65(15:00→6:59 -0.08)


[来週に向けての所感]
ドル円の買いは108.40、売りは109.60で週前半はレンジで推移する展開を予想。それぞれのレンジ幅での利食いがよさそう。株先物は16600で戻り売りか。16700超えるようなら買いに切り替えしたほうがいいと判断。


--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
連休明けは実需のドル買い。
108.50以上で短期筋の利益確定売り。
足もとのドル円上昇は前日の海外時間から強まった投機筋によるドルショートの巻き戻しが軸。(5/10)
実需勢の動きもほとんど見られないといい、ドルは方向性に乏しい値動きに終始している。(5/12)



[日経について]
「先物買いに加え、売り込まれた業種への買い戻しも加速している。」(国内証券 5/10)
「為替の動きが乏しく、仕掛け的な要素は乏しいが、週末でもあり小口の換金売りに押される展開だ。4月米小売売上高など重要指標の発表を控えていることもあり様子見ムードが強い。」(大手証券 5/13)



--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
「雇用統計でも動かなかったので、次の材料待ちという感じ。」(国内金融機関 5/9)
「中国リスクに対するマーケットの感応度はこのところ低下している。海外勢の間ではむしろ、日本の介入期待などが、短期的なドル買い戻しの材料として使われている。」(国内銀行 5/10)
ドル円は調整をこなしながら上昇してきたことからムードは悪くない。(5/11)
「108円後半が居心地のいい水準。」(国内金融機関 5/11)


[日経について]
「全体としては円高の影響をまだ気にしている印象。」(国内証券 5/9)
上値を試すだけの力強さも感じられない。(5/11)
原油高に伴うリスクオンムードが持続している。(5/11)
持続的に上値を試すだけの力強さも感じられない。(5/12)



--------------------------------------------------------------------------------



【来週に向けての市場の関心、注目】
--------------------------------------------------------------------------------
「投資家の関心はG7伊勢志摩サミットや財政出動に移りつつある。」(国内証券 5/12)



--------------------------------------------------------------------------------



【その他】
--------------------------------------------------------------------------------
OPEC 2016年6月まで原油減産見送り。



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※お知らせ
次回更新は5/15を予定しています。よろしくお願い致します。
今週より、内容を一新して更新したいと思います。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,115(15:00→6:59 +8)
ドル円    :107.12(15:00→6:59 -0.10)


[来週に向けての所感]
GW週のドル円ボラは低位。市場心理的にどちらかのバイアスに傾いているわけでもない。突発的な事件がない限りはリスクオンか。ドル円はストップ106.40で押し目買い。日経は15800でストップで押し目買い。どちらも利食いは適宜で臨機応変に考えている。
ただ、108.00以上や16500以上では買いたくないところ。



--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
106円前半ならドル買いが入っている。
国内勢は連休モード。



[日経について]
「あすからの3連休中に円高が進む懸念もあり、安易に押し目買いは入れられないが、連休前に売りポジションも積み上げにくく、16000円の節目付近で売り買いが交錯している。」(国内証券 5/2)



--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
日本政府のドル売り牽制発言で市場にドル売り警戒感がある。
5/6は市場に様子見ムードが強い。
「107円後半まで戻せば利益を確定したくなる。」(国内金融機関 5/6)
米雇用統計が市場の注目を集めつつある。


[日経について]
為替動向に注目する市場参加者が多い。



--------------------------------------------------------------------------------




【その他】
--------------------------------------------------------------------------------
OPEC 2016年6月まで原油減産見送り。



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!(6)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。