FX,CFD相場メモ タイムリミット

FX、CFD等の使える情報を書いています。
主旨は自分本位の相場メモとして利用なので
他の方が使えるかどうかはわかりませんが…。

お金は悪いものではありません。金銭にまつわる悪い出来事は無知と誤った使い方から
生じるのであって、お金そのものに責任はないのです。_____ Joseph Murphy

お金があることで必ずしも、人を幸福にするとは限らない。 
しかしお金がないことによって生じる不幸はたくさんある。_____

1円を馬鹿にする者は、1円のために泣く_____



【投資で勝つ極意】
「車は急には止まれない」






ぺた  ←もどうぞ。
読者登録  ←こちらはよろしければどうぞ。

テーマ:
※お知らせ
次回更新は8/28を予定しています。よろしくお願い致します。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,500(15:00→6:59 -45)
ドル円    :100.21(15:00→6:59 -0.03)


[来週に向けての所感]
夏枯れ相場継続でレンジ相場継続の展開と予想。ただ、緩い下落トレンドが継続しているため、積極的に仕掛けてもうまみが少なそう。無理に攻めるほどの価値があるかどうか。



--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
「夏季休暇をとっている企業も多く、露骨にドル買いは入らない。」(国内金融機関 8/15)
(ドル円101.41)「事業法人はことごとく休みで、フローらしいフローはない。上がりもしないが下がりもしない。」(国内金融機関 8/15)
(ドル円101.21)「事業法人はことごとく休みで、フローらしいフローはない。上がりもしないが下がりも「朝方から、ほとんど動きが止まっている。」(国内金融機関 8/16)
「(前日のNY市場の下げは)迫力のある下げではなかった。投機筋は下方向を攻めあぐねている感じだ。」(国内金融機関 8/16)
(ドル円100.55)「(ユーロ円の急落で)ドル円も引きずられたようだ。」(国内金融機関 8/16)
(ドル円100.62)「レンジプレーの短期筋が中心。」(国内金融機関 8/16)
(ドル円100.43)「薄商いの中で100円割れを試す動きが出ているのではないか。」(国内証券 8/16)
(ドル円100.50) 「米国債のクーポン・ペイメントで円転需要があり、薄商いのなか、こうしたフローでドル/円が下押ししたところに、投機筋が円買いで便乗した。その後はストップを巻き込んで下げが加速する場面もみられた。」(みずほ証券チーフFXストラテジスト 鈴木健吾氏 8/17)
(ドル円100.05)「下を試したい投機筋がドル売りから入り、買い戻したり、また売ったりしていた。」(国内金融機関 8/18)
(ドル円100.32)「足元の市場では、来月の日米の金融政策要因より、トレンドやフローが主体の値動きとなっている」(証券会社 8/19)
(ドル円100.30)「足元の市場では、来月の日米の金融政策要因より、トレンドやフローが主体の値動きと「少しずつ様子を見ながら(ドルを)売っていく参加者が多いイメージがある。」(国内銀行 8/19)
(日経16850円)「夏季休暇入りで市場参加者が少なく、方向感が乏しい。」(国内証券 8/15)
(日経16850円)「夏休みシーズン入りで、動意に乏しい。日銀のETF買いにより、調整しない分、割安感などが出にくいことも買いの勢いを削いでいる。」(国内証券)



[日経について]
(日経16800円)「参加者が少なく方向感も乏しい。」(国内証券 8/16)
(日経16700円)「大型バリュー株への資金流入も顕著となりつつある。」(国内証券 8/17)
(日経16700円)「商いが薄いなか、短期筋などによる需給的な要因で動いているようだ。方向感が出ているわけではない」(国内投信 8/17)
(日経16550円)「過去の傾向からみて日銀のETF(上場投信)買いが入ってもおかしくない水準だったが、注文が見当たらないとの市場観測が流れており、失望売りにつながっている。」(国内証券 8/18)
(日経16500円)「原油価格もこのところしっかりしており、世界的に株価が崩れる恐れは今は小さい。バリュー株への資金流入も継続している。」(ネット系証券 8/19)



--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円101.21)「迫力のある下げではなかった。投機筋は下方向を攻めあぐねている感じだ。」(国内金融機関 8/16)
(ドル円100.27)「目線は以前下向きだが、前日の(ニューヨーク連銀)ダドリー総裁の発言もあり、下攻めはしにくい雰囲気はある。」(外為アナリスト 8/17)
(ドル円100.56)「東京時間は、前日のように100円を割り込むような下値リスクはなくなっている」(金融機関 8/17)
(ドル円100.99)「戻り待ちの売り圧力で上値が押さえられているが、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表を前に、売り込みにくさもある。」(国内金融機関 8/17)
(ドル円100.15)「(米FRBは)利上げのスタンスを維持しながらも、急がない姿勢を示すという見方が多い。」(国内金融機関 8/19)



[日経について]
(日経16920円)「日銀のETF買いの思惑が働いている。円高基調は気掛かりだが、日本株は投資家のイメージに沿った動きとなっており、当面無難な展開が続く感触もある。」(岩井コスモ証券投資情報センター長 林卓郎氏 8/15)
(日経16800円)「米国での低金利が続くとの見方が世界的に株式市場への資金フローを後押しし、日本株にとっても底堅さにつながっている。」(国内証券 8/16)
(日経16700円)「足元ではさらなる円高警戒も残っており、投資家の慎重姿勢は崩れていない。」(国内証券 8/17)
(日経16650円)「TOPIXの下落率が0.5%近辺となっており、過去の傾向からすれば後場にかけて日銀のETF買いが入る可能性は高い。ただルールが明らかではないため、やや慎重な姿勢もみられる。」(国内証券 8/18)
(日経16500円)「商いが乏しい中での売買に過ぎず、方向感が出る感じはしない。」(国内証券 8/19)
(日経16474円)「前日に日銀のETF(上場投資信託)買いが入らず、肩透かしを食らった印象。」( 東海東京調査センターチーフストラテジスト 隅谷俊夫氏 8/19)



--------------------------------------------------------------------------------



【市場関係者の今後の相場”予想”】
--------------------------------------------------------------------------------
外為市場はドル売り継続。(ロイター 8/19)
ドル円はもみ合いの継続が予想され、下値のめどは99円ちょうどを想定。上値は102.50銭近辺か。(モーニングスター 8/19)
金曜日までは方向感の乏しい展開となりそうだ。(ZUU online 編集部 8/21)



[日経について]
株式市場は、ボックス相場になるとみられている。日銀のETF(上場投信)買いに対する期待から下落局面では押し目を拾う動きが見込まれる。だが1ドル100円前後と円高基調で推移する為替が日本株の重しとなりやすい。今後のドル/円の方向性を見極めたいとの心理も働き、積極的に上値を追う姿勢は限られそうだ。(ロイター 8/19)
動きづらい展開が想定されるものの、ドル円相場での円高進行や株価の水準訂正の可能性を考慮すれば、中立からやや弱気で考えるのが妥当だろう。(ZUU online 編集部 8/21)



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※お知らせ
次回更新は8/21を予定しています。よろしくお願い致します。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,825(15:00→6:59 -94)
ドル円    :101.27(15:00→6:59 -0.81)



[来週に向けての所感]
今週はレンジ相場が続きそう。ドル円は101-102円、日経は16600-17000円の価格幅を中心に積極的に利食いを行っていく戦術が賢明か。


--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円102.00)「国内実需筋の動きは目立っていない。」(国内金融機関 8/8)
(ドル円102.33)「夏季休暇の参加者が多くなってきている上、材料に乏しく、目先では、方向感を伴う大きな値動きは見込まれていない。」(国内金融機関 8/9)
(ドル円101.44)他通貨に対してもドル売りの流れが出ているが、市場では、明確な材料は見当たらないとの声が多い。(ロイター 8/10)
「商いがかなり薄くなっている。米雇用統計後につくられたドル買いポジションを閉じる流れが出ている。地合いは弱い。」(国内金融機関 8/10)
(ドル円101.33)「お盆なので腰の入ったドル買いが出ない。」(国内金融機関 8/10)
(ドル円102.09)「特段力強い材料はないが、株高についていっている。夏季休暇で市場が薄い中、値幅は出やすい。」(国内金融機関 8/12)



[日経について]
(日経16550円)「英国の欧州連合(EU)離脱決定時に株式のウエートを落としたファンド勢がポジションを再構築する動きもみられる。」(国内証券 8/8)
(日経16700円)「海外勢が短期的なポジションを組む動きも見られるが、上値は重い。決算に絡む銘柄の売買が中心だ。」(国内証券 8/9)
(日経16750円)「海外勢による買いも散見されるが、11日の祝日やお盆休暇などを控えて商いが乏しく、本格的に上値を切り上げるイメージは乏しい。」(国内証券 8/9)
(日経16800円)「日銀のETF買いが入るのではとの思惑が広がり、先物主導で買い優勢となっている」(国内証券 8/10)
(日経16750円)「夏季休暇入りする投資家も多く、売買高が膨らまない中、小口のポジション調整売りに押されている。強含みの円相場も重しだ」(国内証券 8/10)
(日経16900円)「インデックス中心の商いだ。週末で売り方の買い戻しも入っている。日銀ETF買いの心理的な効果から下げにくくなっている面もある.
」(国内証券 8/12)




--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円102.04)7月の米雇用統計は市場予想を上回る結果となり、米国株や日本株の上昇につながったが、ドル/円では上げ幅が1円程度となったことで、東京市場ではドル買いに慎重な雰囲気が広がっている。 (ロイター 8/8)
(ドル円102.38)「為替市場は全般に材料待ちだが、どちらかと言えば、リスクの方をより考えている状況だ。」(FX会社 8/9)
(ドル円102.46) 「どんどん買い上がるような材料はないが、売り込む材料もない。」(国内金融機関 8/9)
(ドル円101.63) 「円高基調のため株高による支援は期待しにくい。」(国内金融機関 8/10)
「アジアの時間帯は夏休みムード一色.。」(FX会社 8/12)



[日経について]
(日経16650円)「リターンリバーサルの動きに一巡感があり、直近売り込まれたセクターが買い直されている。日銀によるETF(上場投資信託)買い期待もあり、売りでは仕掛けにくい。」(国内証券 8/10)
(日経16700円)「主力株が総じて堅調だが、投資家の物色意欲は盛り上がりに欠けた。」(国内証券 8/10)
(日経16850円)「世界的な株高ムードも高まりつつあるが、東京市場はお盆休み入りで市場参加者が少ない。17000円を試すには材料不足だ。」(国内証券 8/12)



--------------------------------------------------------------------------------



【市場関係者の今後の相場”予想”】
--------------------------------------------------------------------------------
ドルの下値がある程度支えられる状態は続くだろう。ただ月末のイエレンFRB議長講演など、市場全体の動向を左右しそうな手掛かりを前に明確なトレンドは形成されにくいか。ユーロは主体性に欠けた推移が継続か。動意を促す独自材料は乏しく、引き続きドルやポンドに影響を受ける時間帯が長くなりそうだ。(FXWave 8/13)



[日経について]
200日移動平均線(17217円)ここからは戻り売りの圧力も増すと予想され、上値を試すには一段の売買高増加が必要になる。 (ロイター 8/12)
日銀のETF買い期待により日本株の積極的な売り仕掛けは難しくなっている。そのため、来週の日経平均は今週までの底堅さを引き継ぎ、ジリ高基調となりそうだ。(モーニングスター 8/13)
これといった材料もなく、こう着感の強い相場展開が続きそうだ。(フィスコ 8/13)



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※お知らせ
次回更新は8/14を予定しています。よろしくお願い致します。


※当レポートの見方
当レポートと単なるファンダメンタルズとの「違い」について判断できる方にはこの情報が有用です。
相場動向の分析判断には、1時間足、日足を用いています。


【週末データ】
--------------------------------------------------------------------------------
[NY市場クローズ時レート (日本時間 土曜早朝6:59)]

日経先物CME :16,410(15:00→6:59 +155)
ドル円    :101.79(15:00→6:59 +0.73)



[来週に向けての所感]
来週も、相場の様子を見ながら押し目買い継続がいいか。ただし、夏枯れてきている部分もあるように感じるので、しばらくは稼げない時期が続くかもしれない。


--------------------------------------------------------------------------------



【市場フロー】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円102.58)安値付近では本邦勢からの買いフローも若干観察されたという。 取引は全般に低調。(ロイター 8/1)
(ドル円102.58)「(取引低調なのは)先週の疲れがでている。」(証券会社 8/1)
(ドル円101.08)重要イベントを控えて積極的にポジションを傾ける動きはなく、調整主体の取引という声も出ていた。 (ロイター 8/4)



[日経について]
(日経16500円)「短期筋が中心で利益確定売りも早い。政策の詳細や実行力を見極めたいとして、中長期資金の動きが止まっている。」(国内証券 8/2)
(日経16100円)「円高に加え、原油安や7日連続安の米ダウの動きが投資家心理を冷やしており、買い手不在のなかで先物の動きに振らされている。」(国内証券 8/3)
(日経16100円)「特に売る材料は見当たらない。為替と連動しているため、海外ヘッジファンドなどが株売り・円買いのポジションを作っているのではないか。もっとも海外の年金筋が好業績銘柄を拾う動きもみられる」(外資系証券トレーダー 8/3)
(日経16300円)「安心感が広がっているものの、米雇用統計発表を控えた週末でポジションを積み上げる投資家も少ない。指数は動きにくく決算絡みの個別物色が中心だ。」(国内証券 8/5)



--------------------------------------------------------------------------------


【市場センチメント】
--------------------------------------------------------------------------------
(ドル円102.61)ドル買い/円売りがワークしない一因は、米利上げ期待の後退。 (ロイター 8/2)
(ドル円101.79) 「リスク回避ムードへの警戒感が出ている。」(国内金融機関 8/2)
(ドル円101.79)「ドル安もドル円の重しになっている。」(国内金融機関 8/2)
(ドル円101.11)「この程度の下落は織り込みの範囲内。さらに下げを広げるかどうかが重要。」(国内金融機関 8/3)
(ドル円101.20)「米国がドル高を警戒する中では為替介入は難しそうだ」(国内金融機関 8/3)
(ドル円101.23)積極的に円を売る材料もなく、地合いは引き続き脆弱との見方も根強い。(ロイター 8/3)
(ドル円100.77)「米経済指標でこのドル売りの流れを止められるかどうか。海外時間まで目線は下方向になりそうだ。」(国内金融機関 8/3)
(ドル円101.26)「(金融庁、財務省、日銀が3者会合を開いたが)いつもと同じメッセージしか出てこなかった。9月会合でスキームチェンジがあるかもしれないという不安がある限り、ドル円は上がりにくい。」(外資系金融機関 8/4)
(ドル円101.29)「(あす発表の米雇用統計で)積極的には動きにくい。」(国内金融機関 8/4)
(ドル円101.04)「米雇用統計がほぼ予想どおりだとしても、予想外の低い伸びとなった4-6月期の米GDPの記憶も新しく、上値をトライする流れにはなりそうにない。」(証券会社 8/4)
短期筋の間ではドルの下攻め気運が根強い。(ロイター 8/4)
(ドル円101.10)米雇用統計を今夜に控え様子見ムードが広がっている。 (ロイター 8/4)



[日経について]
(日経16550円)「円高に一服感があるほか、日銀がETF(上場投資信託)の買い入れを増額を決めたことで、需給的にも売り込みにくい状況だ。」(国内証券 8/1)
(日経16600円)「日経平均は前週末の高値を抜けられず、戻り待ちの売りも出ている印象。下げにくいが上抜けるための材料もない。この為替水準が続けば、株の上昇トレンドは描きにくい。」(国内証券 8/1)
(日経16450円)「大手行の決算が予想よりも弱い内容となったことが水を差したが、マイナス金利の深掘りが見送られたことによる安心感は継続しており、上昇余地はまだ残っている。」(国内証券 8/2)
(日経16100円)「日本株には相対的な割安感があり、下値ではショートカバーが入っている。自動車、商社などの決算も懸念されたほど悪くない。日本株が一方的に売り込まれるイメージは描きにくい。」(国内証券 8/3)



--------------------------------------------------------------------------------



【市場関係者の今後の相場”予想”】
--------------------------------------------------------------------------------
底堅い相場となりそうだ。(モーニングスター 8/6)
ドル円は下値余地を見極め。(FXWave 8/6)



[日経について]



--------------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。