楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

日本の試合が始まります。


岡山大会


桃太郎アリーナ 日本vsチェコ
5/30(土) 14:00
5/31(日) 14:00


岡山・京都・大阪と開催地が西日本だけなのは、会場確保の事情によるそうですが、東日本の住人にとっては残念ですね。
私は生観戦の予定はありません。


テレビ放送予定


日本と韓国で行われる10試合が放送予定ですが……


フジテレビ(地上波)※関東ローカル 5試合
CS(ONE) 2試合
CS(NEXT) 3試合
BSフジ(BS) 1試合
うち1試合はCS(NEXT)と関東ローカル両方。


地上波は関東ローカルだけですか……
いつも不思議に思うのですが、関東以外はバレー放送を視聴する人が少ないんですか?


今週末の放送予定は下記です。


第1週 岡山大会 日本×チェコ
5/30(土)【録】 5/30(土)26:10~27:50 フジテレビ(地上波)※関東ローカル
5/31(日)【生】 5/31(日)14:00~17:00 CS(ONE)


うちはケーブルで、CS(ONE)は視聴可能ですが(NEXT)は契約していません。
とりあえず第1週は見られるのですが……
3試合のために(NEXT)契約する人って、どれくらいいるのでしょう?
新たに契約するのなら(ONE)と(NEXT)で5試合ですから、ありですかね。
でも、567と3ヵ月ですから、ちょっともったいないような。(笑)


毎月継続的にバレー放送があるのならいいのですけれど……
今年は7月のユニバーシアードが韓国ですから、放送してもらえないでしょうか?
アジア選手権とかアジアクラブ選手権とか世界ユース選手権とか続きますし。
世界U-23選手権は出られないけれど……
9月のワールドカップまで、ずっとバレー放送あるのなら、CS加入したいですよね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/30(土)10:00~ 駒澤大学玉川キャンパス体育館


第1試合 東京経済大学(2部11位) - 平成国際大学(3部2位)


第2試合 東京農業大学(2部12位) - 立正大学(3部1位)


第3試合 専修大学(1部11位) - 日本大学(2部2位)


第4試合 慶應義塾大学(1部12位) - 駒澤大学(2部1位)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土日と観戦しましたが、閉会式は見られませんでした。


2015春 男子1部 最終結果(PDF)


優勝 中央大学 11 勝0敗
準優勝 早稲田大学 9勝2敗
3位 順天堂大学 8勝3敗
4位 国士舘大学 7勝4敗(セット率 1.500)
5位 東海大学 7勝4敗(セット率 1.043)
6位 筑波大学 6勝5敗
7位 法政大学 5勝6敗
8位 明治大学 4勝7敗
9位 東京学芸大学 3勝8敗(セット率 0.577)
10位 日本体育大学 3勝8敗(セット率 0.448)
11位 専修大学 2勝9敗
12位 慶應義塾大学 1勝10敗


最優秀選手賞 関田誠大 (中央大学・1番)
敢闘選手賞 福山汰一 (早稲田大学・1番)
ベストスコアラー賞 黒田彪斗 (慶應義塾大学・23番)
スパイク賞 石川祐希 (中央大学・14番)
ブロック賞 小野寺太志 (東海大学・19番)
サーブ賞 石川祐希 (中央大学・14番)
レシーブ賞 喜入祥充 (早稲田大学・12番)
セッター賞 関田誠大 (中央大学・1番)
サーブレシーブ賞 井上航 (東海大学・18番)
リベロ賞 山本智大 (日本体育大学・13番)
新人賞 樋口裕希 (筑波大学・12番)
会長特別賞 石川祐希 (中央大学・14番)
Best of support賞 東海大学


スタメン等は下記で。いつも、すみません。(笑)


2015年度関東大学春季リーグ男子1部・10日目


2015年度関東大学春季リーグ男子1部・11日目(最終日)


中大の全勝優勝、昨年の春と同じ結果になりました。


最終週ということで、少し観客が増えたかな?
12大学なので関係者が多いですが……
会場が日体大だったので、日体の学生さんも多かったようです。
石川くんを見に来た人たちにも、大学バレーのイロイロな部分を楽しんでもらえたらいいなあと思います。
普段、大学を見ない方々は、どんな風に感じられるのでしょうか?


感想はぼちぼち…


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

千葉県高体連サイトに掲載されました。


平成27年度(第69回)関東高等学校男子バレーボール大会


男子組合せ(PDF)


5月30日(土) 競技開始 午前9時30分
大網白里アリーナ(2面)JR外房線大網駅よりバス約10分 
茂原市市民体育館(2面)JR外房線茂原駅より徒歩約20分
東金アリーナ(2面)JR東金線東金駅よりバス約10分
城西国際大学(2面)JR東金線求名駅より徒歩約2分


5月31日(日) 競技開始 午前9時30分
大網白里アリーナ(2面)


遠いし他の用事もあるので観戦は難しいですけれど……気になります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレーの観客が少ないことを書こうと思っていたら、こんなニュースが飛び込んできました。


公益財団法人日本バレーボール協会 理事会決定について


公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)は、本日5月18日(月)に臨時理事会を開き、羽牟裕一郎会長(代表理事)と西脇克治業務執行理事・事務局長の解職を動議に続き議決しましたのでご案内申し上げます。


協会マネジメントのトップとして、羽牟前会長と西脇前業務執行理事は、赤字決算からの脱却を最優先課題に掲げてきましたが、2年連続の赤字決算が決定的となったことを機に、新体制に移るべきとの意見が理事会では出ました。


赤字続き、会長・事務局長を解職 日本バレーボール協会


協会は3月の理事会で、2014年度決算が7400万円の赤字となる見込みを報告。赤字は11年度から4年連続で、11年2月の公益財団法人移行後、単年度では最大の赤字額となることが決定的になっていた。


赤字ですか……赤字と成績不振が解職等の二大要因と思いますけれど……この先にまた成績不振が問題になるかもしれないので……


収入減はつまり観客減ですか?
支出は強化費?
2020東京に向けて合宿や遠征等が増えたようですけれど……
上からの強化費は、結果が出そうな競技に向けられているのでしょうから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日は第1試合の終わりごろから観戦。
日曜日は用事ができてしまい、行けませんでした。


スタメン等は下記で。いつも、すみません。(笑)


2015年度関東大学春季リーグ男子1部・8日目


2015年度関東大学春季リーグ男子1部・9日目


土曜の第1試合はどちらも熱戦だったようですし、日曜の東海vs法政33-31も気になりましたし、慶應の初勝利も見たかったのですが……残念。


感想だけでも書いておきます。


専修は、藤中くんが帰ってきたから、アタッカーの川端くんはもう見られないのか……それはもったいなかったと。

日体は、1年生3人(31高梨 25津田 29佐藤)出ているので、これから強くなるんだろうなあ……セッターがなんとかなれば。
緒方くんセッターがどうなのかは、まだわからない感じ。
でも、緒方くんは4年ですから、来年以降のことも考えていかないとですね。来年、即戦力のセッターが入る予定でなければ。

専修もセッターが安定してくれば、他は計算できるので。


今季筑波は、サーブとブロックが急によくなった感じ。
リベロなしでもやれているので、レシーブのレベルも上がっているんでしょうね。
もともと筑波と早稲田は、人数は少ないけれど高校で活躍した選手が多いので、ポジションが欠けなければ計算できるチームだと思います。


国士舘は開幕の勢いだけでなく、リーグ終盤まで上位に残っているのですから、本当に力をつけてきたということですね。
新チーム作りに苦しむ大学が多い中、去年のメンバーがほとんど残っているのは強み。


失セットゼロだった中大から初めてセットを奪ったのは法政でした。

中大関田くん、法政長谷川くん、両レギュラーセッター抜きの対戦でしたが、そんなことは感じさせない試合でした。
中大山下くんは関田くんに、法政神谷くんは長谷川くんに似ているのです。トスが。
山下くん、去年はそんなに似ていると思わなかったけれど、関田くんをお手本にしているような感じ。
神谷くんも、長谷川くん同様、無茶でもなんでも田中くんのクイックを使う。(笑)
中大の石川くんはもちろんスゴイのですが、法政の榎本くんもよくて、14番対決、第3セット以外はそんなに負けていない感じでした。
中大のブロックもイマイチだったのですが。
石川くんの対角、スタメンは柳田くんだったのですが、途中で谷口くんに代わりました。
東福岡ではレシーブの要だった谷口くんですが、大学のサーブには慣れていない感じでレセプションはよくなかったのでいすが、ライトからのスパイクはよく決まっていました。


明治は與崎くんの調子がイマイチっぽくて途中交代、終盤で原くん負傷交代でしたが、なんとか逃げ切った感じ。
代わったのが佐伯くんと気づかづに残念。
学芸と明治は、選手交代のタイミングと理由がよくわからないチーム。
私だけですかね?
ここで交代するのなら、なんで前の試合は交代なかったのかなあ?とか。
そもそも樫原くんと園田くんがどうしてどうなっているのか?とか。


順大のレセプションもよくなかったけれど、慶應がサーブで攻めて優位に立つ場面が何度もありました。
特にこの日は、去年までリリーフサーバーで出ることが多かった布川くんのサーブがよかった。
順大リベロの松崎くんはいい選手ですが、習志野ではエースでセッターだったので、レセプションはあまり得意でない感じ。
個人的にはリベロ以外で見たかった選手。サーブもよかったので。
今年の順大はミドル不足ですが、サイドは豊富で、交代で出てくる選手も決定力があって。


久原くんと小野寺くん、スタメン2人が抜けている東海。
主力が抜けているチームは他にもあるのですが、東海が一番影響を感じます。
もともとスタメン固定で交代も少ないので、代わって入った選手が力を出し切れてないような……
栗山くんと松林くんがよかったのですが、2人ばかりになりがちで。
早稲田は、山崎くんのミドルにハラハラさせられる場面もありましたが、全体的に安定しています。
山崎くんもサーブはよかった。
東海は前の週の中大戦もそうだったのですが、少し他の選手を使ってみてもよかったのではと思います。


続きは後ほど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月15日(金) 24:05~24:55 再放送  5月17日(日) 12:00~12:55


番組サイトはこちら


放送内容


黒鷲旗の模様をたっぷりと特集!
全日本男女代表発表後の選手たちを取材!


24:05からなんですね。


黒鷲旗観戦できなかったので、楽しみです。
サントリーvsJTが見たいけれど、メインはそこじゃないんでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書きたいことはイロイロあるのに、何から書いたらいいかわからなくなっちゃって(笑)進まないので、思いついたことを書いてみます。
とりあえず、大学リーグのシーズンなので、大学のことでも。


ちょっと前から気になっていることがあります。
男子バレーというと、上の方のレベルではサーブとブロックがいいチームが強いというイメージだったのですが、この頃、そうでもないようなのです。


サーブがいいチームが強いというのは、確かにそうだと思います。
今季の関東1部も、全勝の中大が圧倒的にサーブがいいので。
2敗で4位の東海もいいです。
1敗で2位の早稲田は七里くんが卒業してからそんなでもないし、2敗で3位の順大は以前からサーブでは目立ちませんけれど。


順大と早稲田は去年まではブロックがよかったですね。
今季の早稲田はスパイク決定率が高い。
順大はイロイロよくわからないチームです。(笑)


去年のリーグを思いだしてみても、春季優勝した中大も秋季優勝した東海も強力サーブが印象的でした。
でも、ブロックは印象に残っていません。
どちらも高さのあるチームですが、ブロックは……


東日本インカレ優勝の専修は、高橋くんを中心にブロックもいいチームだと思いますし、全日本インカレの時は優勝した中大の手塚くんがブロック賞でした。
去年の中大は、秋季リーグまで長身の大竹くん渡邊くんがミドルだったのですが、全カレで手塚くんを戻してブロックがよくなりました。
ブロックには高さだけでなく経験も必要ですから。


今季は小野寺くん兒玉くんという期待のミドルがブロック上位に入っているので、楽しみですね。


関東の大学は公式記録が公開されていないので、チーム技術成績はわからないのですが……
現在1位中大2位早稲田ともにブロックはよくないと思います。
3位の順大も廣瀬くんが抜けて、サイドの堤くんがミドルやっているくらいですから……
4位の東海は小野寺くんの成長でブロックはよくなりましたけれど。
そんな感じで、ブロックと順位はあまり関係ないようです。


勝つためにはブレイクする必要があるわけですが、上位に入っているチームはブロックによるブレイクが多いわけではなさそうです。
特に首位の中大のブレイクはサーブですね。


高校6冠した星城もサーブが強力で、全国トップレベルの高さがありながらブロックは印象に残らないチームでしたから、この傾向は大学だけではないのかも知れません。

黒鷲旗で優勝したサントリーやプレミアリーグで優勝したJTは、サーブとブロックがいいチームと思いますけれど……

私はプレーヤーではありませんし、ブロックを中心に試合を見ることがナカナカできないのですが、重要なポイントだと思っています。
大学バレーのブロックについて、どなたか解説していただけると嬉しいです。


追記


ここまで書いてから下記の記事を読んだのですが……


石川祐希が見せたイタリア留学後の成長


海外プロはもちろん、プレミアと比べても、大学が差をつけられているのは、サーブよりブロックと思います。


2015年春季リーグ 関東1部男子 個人記録(4/26現在)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/10は1部観戦しました。


書きかけの記事が溜まっているので、簡単な感想だけ書いておきます。
思いだしたら、追記するカタチで。


結果は関東学連サイト で。


全日本大学バレーボール連盟公式アカウント@GakurenKohoで結果速報もあります。


スタメン等は、下記ブログに掲載されています。


2015年度関東大学春季リーグ男子1部・7日目


誰かが書いてくれると書かなくなりがち…(笑)すみません。


東アジア地区男子選手権大会アジアU-23男子選手権大会 メンバーが不在。


A1 順天堂 3(19-25 25-12 25-14 25-22)1 国士舘
B1 専修大 1(19-25 26-24 23-25 18-25)3 早稲田


家を出遅れたので、着いた時には、Aは終わっていて、Bも終わるところでした。
普段出ない選手が出ていたのに、見られなくて残念。


A2 東海大 0(18-25 20-25 17-25)3 中央大


不在選手が多い対戦なので、どんな試合になるのか予想できなかったのですが……
実力的に、それほど差があるとは思えないので残念でした。
石川くん栗山くんのサーブ、松林くん渡邊くんのスパイクなど、双方よいところはあったのですが……
東海の方がよくない部分が多かったというか、吸収しきれなかったというか、そんな感じに見えました。


B2 東京学芸 3(23-25 25-20 18-25 25-17 17-15)2 慶應義塾


全敗対決なので、双方から勝ちたい気持ち、気迫が伝わってきました。
どちらもバタバタする場面があり、取ったり取られたりの連続で、最後、学芸の方に……


A3 日体大 0(24-26 20-25 21-25)3 法政大


監督不在同士の対戦。
第1セットは日体かと思ったのですが、いつのまにか法政ペースでした。


B3 明治大 1(25-23 19-25 22-25 21-25)3 筑波大


明治は筑波が苦手と思っていましたが、筑波のスタメン3人抜けていてもこの結果とは……
筑波のサーブにやられたということでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜は関東1部はなかったので、2部に行く予定でしたが、用事ができてしまい行けませんでした。
2部は上位と下位の差が大きいので、前半戦は接戦が少ないのですが、後半戦からは上位同士下位同士の対戦なので、面白い試合が見られると思ったのですが残念です。


結果は関東学連サイト で。


全日本大学バレーボール連盟公式アカウント@GakurenKohoで結果速報もあります。


第7日 5月9日(土) 大東文化大学東松山総合体育館 第1試合 11:00

A1 亜細亜 3-0 桜美林 B1 駒澤大 3-0 青山学院 
A2 大東文化 0-3 日本大 B2 国際武道 1-3 山梨大
A3 中央学院 3-0 宇都宮 B3 東京農業 3-1 東京経済


第8日 5月10日(日)大東文化大学東松山総合体育館 第1試合 11:00

A1 駒澤大 3-1 中央学院 B1 東京経済 1-3 桜美林
A2 宇都宮 1-3 日本大 B2 国際武道 3-2 東京農業
A3 亜細亜 3-0 山梨大 B3 大東文化 3-2 青山学院


第8日(5/10)終了時点順位

1.駒澤大学(8-0)
2.日本大学(8-0)
3.中央学院大学(7-1)
4.大東文化大学(6-2)
5.青山学院大学(5-3)
6.宇都宮大学(5-3)
7.亜細亜大学(5-3)
8.国際武道大学(1-7)
9.山梨大学(1-7)
10.桜美林大学(1-7)
11.東京農業大学(1-7)
12.東京経済大学(0-8)  


土日の試合前にツイッターで関東2部の注目選手などつぶやきましたので、掲載しておきます。


上位6チーム、全勝の駒大・中院・日大と1敗の大東文化・青学・宇都宮の差は亜細亜に勝ったか負けたかです。
全勝の3チームは、他より得点力があると思いますが、相性もありますから、これから6チームで潰し合いになるかもしれません。


4/19現在の個人記録を見ると、最多得点ベスト10に二人入っているのは、中院、日大、宇都宮です。
宇都宮はセット数が26で一番多いのですが、中院、日大は19、20と多くないので、落合くん佐藤くん、郡くん石井くん、決定力のあるサイドにトスが集まっているチームです。
駒大は最多得点に一人も入っていないし、スパイク決定率には大野くん柴田くん佐々木くんと3人入っていますから、バランスのとれたチームだと思います。中院、日大はエースに力があるチームです。
2部はそんなに見てないので、私の見た範囲で。


まず駒大の大野くん。現在、スパイク決定率1位。ブロック2位の愛甲くん。189のミドルですが2部では大きい方です。
駒大は1部にいたときの選手が何人か残ってます。


中央学院の落合くんは大きなフォームで高さのあるOP。西武文理出身の4年生、東レ小宮くんの1つ下ですね。二人がいたとき、どんなチームだったのでしょう?
サイドの佐藤望実くんはサーブ1位。得点力があります。184ですが、もっと大きく見えます。


日大は主将の石井くん2年の郡くん、175と192のサイド二人が中心。入澤監督にも注目!!(笑)


大東文化は主力が卒業して、メンバーがかなりかわりました。林くんのサーブは相変わらず強力ですが、まだメンバーが固まらないようです。一年生も起用しているので、今後に期待。


青学は卒業したのは岩橋くん一人ですが、ケガ人などで厳しい前半戦でした。辰くんがたくさん打ってがんばってます。後半戦はメンバーそろうといいのですが…


宇都宮も主力が卒業して厳しい前半戦でした。まだしっかり見る機会がないのですが、多賀谷くん勝本くんがたくさん打っているようです。


亜細亜は上位に3勝しました。3つともフルセット!!スト負けは駒大戦だけで、粘り強くなりました。
OPの高野恭平くんは聖徳学園出身でFC東京木村築くんの2つ下です。最多得点1位ですが、木村くんとは違うタイプ。182ですが上手くて面白い。
サイドの井原くん穂満くんもいい。亜細亜は足技も上手い。セッターの中島くんが一年生なので、合ってくると、もっと面白くなりそうです。


武大は上位からセットも取り競る場面もあるものの、全敗。下級生が活躍しているので、今後に期待。
一年生の佐藤将吾くんは185ですが、スパイクもサーブも力強い楽しみな選手です。


昨年最下位の山梨大は、掲載10人で心配したのですが、現在9位。上位には全敗ですが、2試合フルセット!!身長は低いですが、サーブでも攻めていました。
日本航空出身173の中澤くんが、よく打っています。長野日大出身168の北沢くんも。甲信越出身の選手が多いです。


東京経済も掲載11人ですが、掲載されてない選手も出ています。一年生かな?東大和出身のセッター田中くんのサーブがいいです。


桜美林もしっかり見る機会がないのですが、佐藤くん前田くんのサーブがいいようです。


東京農大も主力が卒業して、厳しい前半戦でした。しっかり見る機会がないのですが、得セット0なんですね。まだメンバーが固まらないようです。


関東2部にもVリーグの人が来ていましたから、有望選手はいるんですよ。見つけてくださいね!!


結果を見ると、土曜日はわりとあっさりだったようで……やはり上3つ駒大・中院・日大が強いようです。
日曜の駒澤大vs中央学院は3-1で駒澤大でしたから、残り2つの直接対決で上の入替戦が決まるのか?
次の3つ大東文化・青学・宇都宮が土をつけることができるのか?
下の入替戦争いも激しくなってきました。
山梨大が武大に勝ちましたか……すごい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。