香辛料を混ぜたような、強い匂いがした。
トイレを出ると、そこは別世界。槍が無い。
煙る香りに、目を開けていられなかった。なんだよ、これ?
乱雑に積まれ、崩れ落ちた書物や、怪しいガラクタが円錐形に、山のように、雑多に散らかっており、その間にかろうじて設けられたような通路を、縫うように進む。薄ぼんやりした明かりが先に見え、どうにかこうにか、歩を進める。

「あのーすいません。ここって……」
「…!」
「あの」
「んなぁっ!?」

悲鳴にも似た叫び声『んなぁっ!?』が、ハモった。見つめ合う。
身かわしの服に似たフード付きのローブ姿の…女の…子?明るいピンク色の、髪がチラリと見えた。
ランプの明かりを手元に、何か作業していたようだった。

「いきなりで、ごめん。えー…と、迷子になっちゃって…」
「アンタ、誰?」
「巡礼に来た者、なんですけど…」

間違っては、いないよな。

「…アタシは【まじょ】。
地下神殿内部に住み着いてるから、気をつけなよって、誰かから聞いたこと無いのか?」
「えと……」
「あぁもぅ!ホンットに初心者の、迷子が多いんだから」
「ご、ごめんね」

腕組みのまま唇を尖らせている魔女に、素直に謝る。

「で?アンタはもう、最深部まで行ったのか?」
「いや……まだ……」
「まだ?ああそぅ。また間違って来られても、アタシは正直、困るからねぇ…。リレミトは、しないでおくか。
 アンタが出てきた…扉の中の鎖を二回引けば、戻れるからね。わかった?」
「ん?何?」
「話…聞いてんのかっ!?」

およそ魔女に似つかわしくない、弾むような声だったので、魔女っ娘……じゃね?という言葉は飲み込んだ。

「いい?さっきの所に、戻るの!?」
「うん…。凄い散らかり方だよね…。僕さっき、掻き分けるようにして……」
「ああ、うるさいな!そん位、アタシにもわかってるわよ!?」
「あ、ごめんっ」

じっと睨まれる。や…べぇ…怒らせちゃった?

「ホンットに……覚えてないん…だね」
「…え?」

い!?千影ちゃんの気配!?
見つめ合う。いや、違う。口調が違う。何だか温かみがあるし。視線が。

「魔女さん……?」
「んーん。忘れちゃったかぁ~。
ま、ボーッとしてるのは、今も健在ってコトかぁ」

…何だろう。一方的に納得されていて、ムカついた。

「それ…どういう意味?
あと、リレミトって何?呪文?何の呪文?」

抜け目なく。



続く
AD
誰も子供扱いしてはならなかった。
一人前の、可愛くも、か弱い女の子であり、誰かしら、血縁のある妹だった。
嫉妬や嫌悪をするよりも、連帯しなくてはならなかったからだ。
記憶を失った兄へ、かつて片時も忘れることなく注いだ愛を、慈しんだ事実を無くしたくなかったし、無くされたくなかった。忘れられてしまうことが、一番こたえている。
無理にでも思い出させれば、あの兄は、あの関係は、直ぐにでも駄目になってしまう……壊れてしまう……。皆に共通している危惧である。抜け駆けしようにも、 あに は、眠ってばかりであった。

□■□■
あまり頓着してない・衛。
悲しみは屁のつっぱり・春歌。
私の運命は、嵐を呼ぶわ・咲耶。
ずっと…………私のターン…………千影。
あにチャマ観察日記完成デス・四葉。
資金が尽きて町が発展しない・鈴凜。
亞里亞もおやすみなさ~い。
つねに応援ガンバ!花穂。
多忙過ぎますの・白雪。
教会に入り浸る・可憐。
ミカエルがいないと寂しい・鞠絵。
おにいたまはお寝坊さん・雛子。
■□■□

どうして 忘れてしまったの?

身を切られるような思いにも、心が張り裂けんばかりの悲しみにも、耐え切れなくなった妹が一人。
咲耶であった。

「ー」

皆(特に花穂&雛子)の、強い希望により、咲耶の行き先を、水晶で占ってみたが、何も映し出さない。

「今は…………見えない……ね…………」
「そんなぁ~…」
「もう一回だけ、やってみせてよ?」

水晶に掌を翳してみただけで、何も念じていなかった。
目一杯の不安を滲ませ続けている花穂に、無垢な雛子に対して、千影は冷静過ぎだった。それで余計に、花穂らが不安がるとしても……。
誘いの洞窟から、他所の地方には移動できるが、そう遠くには行けない筈だ。船も鍵も、無いのだから。レベルの差もあるし、私達より 『先に』 進むことも無いだろう。
だが、うなだれてアリアハンに帰還する咲耶の姿も、携行型簡易棺に納まる姿も、想像できない。

「…………おかしい……な……」
「どうして?」
「すまない…………」

彼女の意思は強く、尊い。
皆と同じく、永い間……様々な継承を経て、彼女は彼女だけの、揺るぎない、譲れないものを有しているのだがら。
湧いたものに従っただけのこと。素直に導かれている。

際限無く占いを懇願する二人に、疲労度があると告げて、集中できなかったことを詫びる。水晶を携え、自室に戻る。



続く
AD