TD4日目

テーマ:
16時スタジオ集合

昨日、今日と割と気温が低めで

いくらか移動も楽でした

{8D9715BA-2614-49E7-9471-03D455F84823}

最終日よろしくお願いします!


{F30F4D79-E2BC-4420-A79F-D0C30B4C2707}

10. 踊らされたくないのなら

11. 頬杖と有限の夜

の2曲の作業です

”踊ら〜”は

アップテンポ、キャッチー、ドラマチックな

ロックンロールナンバー

ライブっぽい仕上がりになりました

わかりやすいけど

少しひねりもある

コンパクトにまとまりました


”頬杖〜”は

スケール感の大きい

バラードではなく

ミディアム〜スローなナンバー

カラフルな音になったと思います

アルバムを聴き終えた時の

余韻感が最良になるような

エンディングのアレンジです

順調に作業終了後

昨日一旦TD終えた

7. DON'T STOP THE R&R MUSIC

の最終サビに出てくる

ハモのラインの

ボリュームを再調整


雑談を交えながら

20時には全作業終了しました♪


{AE64D420-896F-429B-8CDD-2DD578CA29E7}

タロウさん

4日間お疲れ様でした!!

最後まで自転車で通い倒せましたね


{C85A7C91-1A3D-4F61-9F46-F123A2EC7113}

赤波江さん

今回も

素晴らしいミックス

本当にありがとうございました!!

連日お疲れ様でした


TD作業終えたところで

来月頭に発売になる

シングルコレクションのプロモーション

ラジオ用のコメント録りでした

{BFB7007E-0EDF-47D8-9AFC-57ECE1601F0E}

{A3B716B6-CF35-4B0A-BCFF-766022350D73}

各局用のフォーマットを元に

小一時間で8本を録音

このアルバムは3枚組41曲

シングルのカップリング曲を網羅しているのが

嬉しいですね

アルバム未収録の曲が結構あるので

まとめてパッケージされていると

自分的にもとても助かります


ニューアルバム『2017』はいよいよ

月末のマスタリング作業を残すのみです

今回はめちゃくちゃ達成感あります

{75C99C30-D057-4D90-8792-1AA47AA38613}

これからゆっくり

聴いてみます 






















AD

TD3日目

テーマ:
朝からの雨

ライブから逆算すると

髪染めに行く日が今日か明日しかない!!

急遽予約を入れ

昼からヘアダイ

終了後

スタジオへ

{192FAE55-7EF9-471A-B2A4-208BD6C7AEF6}

赤波江さん

ちょっと引きで撮ると

巨匠感溢れますね

今日は

7. DON'T STOP THE R&R MUSIC

8. MAKE A STAND

9. I CANNOT GET ENOUGH

の3曲のTD作業でした

{D5313B17-AD44-4EA0-AE5F-2A0162ADA44B}

タイムテーブル的に

今日もスタジオで遅い昼食


{A86E397D-7C70-4C68-85C6-F91D811EBCE1}

7. DON'T〜は

アップテンポの

ハードロック寄りのロックンロール

80年代半ばに

エアロスミスの『闇夜のヘヴィーロック』

的なノリでもう少しヒステリックな

感じのものを作ろうとして

お蔵入りになっていたものを

今回思い出しながら

再構築

新しいパートを付け足し完成しました

結果叙情性も多少加味されたと思います


8. MAKE〜は

アルバムの中で一番ヘヴイー

適度な泣きもあり

『CRAWL』辺りの

ダークな匂いを感じてもらえるかも


9. I CANNOT〜は

シャッフルのリズム&キャッチーなサビ

リズムチェンジして

ハードなビーチボーイズ的な展開は

ありそうでなかった作風では?


正味3時間半程で無事終了です!

{06AA4D2D-5034-44D1-9981-21C58E106B56}

連日お疲れ様です!

{42721D4E-48E3-4586-A0AA-47E3D0E1022D}

明日はTD最終日

赤波江さん

タロウさん

明日もよろしくお願いします 








無事終了

テーマ:
19時には

3曲のTD作業が終わりました♪

きわめて順調

4. 虹を見た

5. 月明かりの下で

6. 君のままでいいから

の3曲です

{7AD9B6C6-A94E-4404-90F4-137A5B4A2605}


”虹を見た”は70年代のポップスを彷彿させる

『ZOO&RUBY』に入っていても

おかしくないナンバー

タロウと2人でコーラスパートを分け合ってる

自分1人でコーラスを重ねるより

明らかにレンジ感が増す

(坂井紀雄さん、白浜久さんの

素晴らしいコーラスは

”ZOO&RUBY”や”CRAWL”を

さらに奥行きのある

作品にしてくれてると思います!

スネイク以降の作品での津谷っちも!!)

アコーディオンやマンドリンが登場すると

異世界にワープしたよう


”月明かりの下で”はミディアム〜アップテンポの

マイナーなナンバー

ハノイロックスの哀愁感が大好きなんだけど

自分というフィルターを通すと

”東京シティーナイト”や”誓い”

そして”月明かりの下で”のようになる♪


”君のままでいいから”は

丁度去年の今頃プリプロしたんだと思う

憂歌団の

”キスに願いを”を

CREATURES OF THE NIGHT!で

セッションするお話しになり

木村さんの歌を聴いて

改めて

歌の包容力について

感じるところが多く

未熟ながら

自分もそんな包容力を感じてもらえる

歌をイメージして

アレンジしました

英二と清のリズム隊の有機性

佐藤さんのローズピアノの優しさ

タロウの歌心ある

ギターワーク(コーラスワークも!)

がバンドそのものの音を奏でてます

{41218F7F-405E-43DD-B181-CE1E1FE4E4AF}

帰りも雨に降られずに

無事帰宅できました

赤波江さん

タロウちゃん

お疲れ様でした!

ありがとうございました!!

明日はアルバム後半分の作業スタートです

よろしくお願いします