1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-28 15:02:29

サボっていたのはブログだけ

テーマ:日々のこと
サボっていたのはブログだけさ( ¨̮ )森川です。
めっちゃ働いてましたよ。一応。
今月は週一東京でKPM活動でした。
ライブツアーは4/7~14まで。みんな来てねー!
そんな感じに慌ただしく、していたのですが、そんな中で、フィールドワークの一つ、インプロのワークショップしてまいりましたのよ!
京都平安女学院さんにて( ¨̮ )
{14E8E85B-4F5F-413C-B7AF-C3CCE1E0273D}

みなさんホンマに可愛かったー!
残ってくれた皆さんとパチリ。

平安さんには去年の夏、ベルギー在住の太鼓女、堀つばさ氏にお誘いいただいて、潜入したのが始まり。
顧問の井上先生が超面白い方で、グイグイくるな!この人!って笑っちゃうくらい積極的な女性。
見た目は華奢な可愛らしい方なんですけどね(笑)
夏から遊びに行くねーといいながら、やっと今月行けたわけです。
みなさんの見込み早くて面白かったなぁ。
部活でも、いかせてもらえるといいなぁとおもいます( ¨̮ )

あんまり楽しかったので帰りに即電車の中でベルギーのつばさ氏にメール。

「架け橋になれたら嬉しいから、どんどん渡ってや!踏みつけて!」という心温まるお返事を頂戴した。
彼女とも夏には関西で、秋には私がベルギーにいって会えるんじゃないかなぁと思うと楽しみです。

それにしても若い子ががんばっているすがたは刺激になりますね!
私も頑張ろ!今日は大阪のグループレッスンの方!!がんばります!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-28 22:36:57

選択という贅沢!OYAKI COMPANY潜入捜査!

テーマ:幸せを求めて
新宿に行きましたら絶対よりたいのが、このお店、オヤキカンパニー!!!!
{66B0814D-403D-4A6D-8D75-C7C3AECAAC6C}


この店は凄いのですよ。
何が凄いかを今日は色々とお話したいと思います!
ごめん、愛と勢い余って長いわよ!(笑)

もともと、この店の隣のビルで森の上食堂という、新宿のオアシス的存在のお店を営んでおられたノムさんとコマッちゃん。

何度かライブもやらせていただきましたが、
個人的に完全に胃袋を掴まれていたので、
兵庫在住になってからは何故か逆に行く回数が増え、
「あなた本当に東京から出てったの?」と何回も聞かれました(笑)

特にノムさんとは、何度か外でも飲んでるんですけど、
そのノムさんと高円寺で飲んでいたら

「店締めます、ファーストフード業界を見直す為に、オヤキ屋をはじめる」
といってきたので、驚きました。

でも、意志を聞いていると私がつねづね仕事で抱えている葛藤をノムさん達も食の世界で持っているということがよくわかって、
これまでも、社会との繋がり方というか、自分たちが出来ることとは何なのか…
そのような話を、時には営業時間ということも忘れてオーダーが途切れたら我々のテーブルで一緒に飲みながら熱くかたり、
お客さんから控えめにオーダーが入っちゃうこともあるくらい、討論をたくさんしてきてたけど、

この時は益々、やべぇなこの人!と胸が熱くなりました。

(この時カレー食べてたから熱くなっただけかもしれんけど(笑))

ざっくり説明すると、この店は、現在のファーストフード業界に一石を投じる為にオープンしたわけです。

まず全部国産材料でメニューを作ってます。
しっかり選んだ小麦粉、ちゃんと選んだ麹、味噌、然るべき米、すべてに意味を持って選んでいます。

私はこだわりという言葉があまり好きではないので、
(執着、固執というような意味合いになっちゃうと思うんです。選ぶとは気持ちの余裕が違うと感じています)
ニュアンスが伝わりにくいかも知れませんが、兎に角ちゃんと選んだということがなにより重要で、それをお伝えしたい。

現代に於いて、選ぶという行為はとても大変な事のように感じます。

安いとか物がいいとか選択肢が多いということも難しくなる理由のひとつ、
あとはネットやメディア、情報過多ということもひとつ、自分で解析できるだけのベースがないから、人がいいって言ってるからいいってことになりがち。

以前こちらのブログで、私が日頃からスーパーではなく、なるべくは肉屋で肉を買うはなしを書いたのですが、

良いもの、自分の納得のいくものを選ぶ行為って、
難しいし、食べ物に関してはお金もかかりますよね。
でも、本質的には、やはりそれが良かったりするし、意外とお金もなんとかなっちゃったりするというか、対価と思うとさほど高くなかったりするし、
やっぱり、然るべきところにお金を落としたいという選択肢が私の中では確固たるものなのですよ。
それを人に押し付けようとは思わないけれど、
真面目にものを作っている人程貧乏になりがちな世の中が少しでも変わって欲しいと願うから、
自分に出来る範囲のことはしたいと思うのです。

それに、選ぶという行為は本当に贅沢で、
誇り高く、尊厳のあることなのですもの。
人に強いられず、自分で選ぶこと。
私は人間関係なんかはあきらめが異常に早くて、
面倒に感じると、流されておくことも多いので(というか、全然人の話聞いてない)
何かを選ぶことで、欠落したものを取り戻しているところもあります。

それに、買い物は投票です。
好きな店に投票しているのです。
自分で働いたお金を出すのだから、ちゃんと選びたいじゃないですか。

安さの為に生産者は無理をしているのではないか、
不眠不休で働かされている人はいないのか、
むりするところはそこじゃないよ!!
そんな所にも目を向けているのが、このふたり。

営業時間、聞いて驚け8:30~15:00

以前の森の上は夜中まで開いてる店だった。

「健康な食事提供してるのに、自分達が不健康じゃ意味無いから〜」

そのとおりですね!!(笑)

作ってからは保存もできるからファーストフードなんだけど、作るまでにコマッチャンは粘るから超スローフードになりがち(笑)
でも、
その粘り強さが一番の旨味成分だよねー( ¨̮ )
{CF10F266-C9E2-489E-B339-02D97EAAE2BC}



ショッピングバッグも新聞紙を折って作ってる。
ノムさん「買えば早いんだけどさぁー(笑)」
なんか違うって思ったんだよね、わかります。
{B8C73E7D-8C32-4E98-9B9F-ECEB3B76A204}


今後のケータリングや持ち帰りの方向性も、面白い形で纏まりつつあるようで(まだ内緒にしておきますね)楽しみだし、
わたしも来週行く時はジップロック持参しようと思っている(笑)
あと味噌汁持ち帰る用の魔法瓶も!

私的にはドリンクバーと呼んでいるほうじ茶のパック(3回くらいは余裕で煎じることが出来るパックを提供してくれる)が好き(笑)
味噌汁やお茶は水筒持参で持ち帰りもOK!

肝心のお味の方はどうなんや?とお思いでしょうが、そこは行ってくださいよって話ですね。

まずは行ってください。食べて、2人と少し話して下さい。
きっと好きになって下さると思うわ。

ちなみに、ここで最初に食べた鹿肉ポテサラおやきと飲む点滴・甘酒ラテ。
私は、これらを午前に食して、お腹ポカポカで夜までお腹空かなかった。
{5BFBC47B-E59D-4722-B3C9-8EF38D7B2C08}

{57158D3E-7909-4477-8F4D-3B9E7A0FC8CB}
今回はりんごカマンベールをレコーディングにお持ち帰り。

{59A8A0AD-F34B-41C6-A6ED-67A1BC1208C5}

{E8F19015-35A5-44C7-B25F-38C34AD013D2}

食べたら元気モリモリ!
レコーディングで1発OK出るほどの栄養が体をかけ巡ったようです!(笑)

正しさを振りかざすつもりはございません。

何事も、正しかろうと振りかざした時点で暴力的になってしまうので。

でも、どこの業界でも真面目に取り組んでいる人の方が、苦労が多いように思います。

その苦労をも力にすることも可能ですが、それはまた別のお話。

私は目に付いた努力家には少ないながらもコツコツ応援したいとおもいますし、その逆の立場での思想も持ち合わせています。

例えば大阪の田波楽器さんは、社員さんも含め、田波さんご一家の皆様全員で、私によくしてくださってます(もちろん、分け隔てなく、私以外の演奏家にもですが)
それは、田波さんに限らずですが、私を応援してくださってる方々は、私の底を見てくださってるとおもいます。

私利私欲でなく、楽器の存亡をかけて使命感もって活動しているつもりなので、
そこを理解して応援してくださってることを私は理解しています。
だから益々、潰れるわけにはいかない。
いい仕事をし続けないと行けないのですよ。

これって、ほんまにしんどいです。
が、ドMなんでね。いや、自分に対してもドSなんでね、いけます。全然まだまだいけますって感じです(笑)



というわけで、オヤキカンパニーに話を戻しますが、

よく「本物の〇〇」とかいう言い回しあるじゃないですか?

あれもあまり好きではないけれど、
今のままでは本当に素晴らしいものが時代を超えて残るとは思えないけど、
それでも残って欲しいとは痛烈に思うわけで、
わかる人にはわかるとか、わかってくれる人だけわかってくれればいいとか、
そういうことになりがちだし、それもそうなんだが、
やっぱり、わかってもらう努力をするというのも大事なことです。

そういう努力を怠らないふたりが私は好きなんだよ。

別れ際に
「この店は潰れるわけにはいかんで。ここが潰れるということは、今の飲食のあり方が正解ってことになる、真面目なひとたちの敗北を意味する。絶対負けてはいけない試合に出てしまってるんやから」

という、お前誰やねん!何様やねん!と自分で突っ込みたくなるような謎のエールを送って、
ふたりを怯えさせてから仕事にいきました(笑)

私のこんな文より、まぁ、兎に角1回行ってください。
いい話ができるとおもいます。

みんな本当はモヤモヤしているのです。
でも、モヤモヤしてても始まらないので、やれることからやるしかないのですよ。
で、いまからやれることってなんだろ?って思ったらぜひ行ってもらいたい名店です。

オヤキ食べて、胸とお腹をいっぱいにして、1回頭を空っぽにして、一から考え直しましょ。


OYAKI COMPANY 新宿
03 3356 2570
月曜定休
JR 新宿 東南口徒歩6分
メトロ 新宿3丁目 徒歩2分


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-26 23:19:40

喉が喜ぶの

テーマ:幸せを求めて
{8C6D482B-2D67-439D-A0F6-0E3EFB54C569}

{CCC02F2B-2421-4408-94EA-67FDD5CDF96A}

{6503C7BB-8C2A-4C69-B3A9-6FC593D99214}

{543E81B5-4345-4CD3-A880-CE63084FAE4B}

{976790EA-D32F-4A7E-8C41-DAE7D5DC0B2F}

{002955A0-D88E-49ED-8E55-A19BD384A33D}

{A73D5E0F-4F5F-4068-94F2-42886AC1384A}


KPMレコーディングでした。
朝からの長丁場でした。

今日は録らないメンバーもいたのに、
参加して意見を述べてもらい、和やかに。

まーちゃん、せいやさん、ほんまにありがとう!

まさかまさかの歌は1発でOKがでました!!
うれしい!
歌いきった時に、エンジニアの中村さんもうんうん頷いてくださり、
リーダーもめちゃくちゃ良かったと言ってくれるもんだから、
なんというか、ほんとに嬉しかった。

好きな歌だったし、今は亡き人との大切な思い出とか、自分の人生の中でイメージしやすい風景や残像がいくつもあって、
歌っていると、次から次へとその映像が流れてくるんですな。

自分の喉を通して、その時の情景を歌っているような錯覚になるんですよ。
歌詞とは全然繋がっていないのに。

なんだろうか、この感覚。

自分自身の供養のような感覚。

「ごめんね、自由になるよ、わたし」みたいな感覚。

兎に角、清々しい気持ちになりました。
ちょっと不安だったし、なんだかんだで緊張していたのです。
タウリンも補給したのに、夕飯食べてたら、精も根も尽き果てました感。

今日は1曲だけのレコーディングだったのですが、そこがまたイイなとおもいました。
最近こなす事がゴールというか、血眼で間に合わせる事がゴールになってしまっている事がおおくて、
自己嫌悪にもなりますし、それでよしということになってしまう業界自体のヌルイ感じが、ちょっと気を付けないといけないなって思っていたところで、音楽家仲間ともその様な話しをしていたのです。

しかし、このKPMは、リーダー廣瀬の納得いくところを攻めるために、じっくり時間をかける。
私はKPMのそういうところが好きなんですよ。

縁あって、ここに来て、本当に良かったと思うし、
私は所属恐怖症というある種の病を抱えているのにも関わらず、
ここにはいられると思うし、実際居られてる。


歌える事が本当にありがたいし、
皆の持ってる空気もすきだし、
真面目にやってきて良かったと思ってます。

まずは来週の青山月見ルを張り切りたいと思います!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。