離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!! 

現在、夫からモラハラを受けているけど、
事情があって今すぐ別れることができない貴女!
そんなあなたの為の、
モラハラの弱点を掴み、離婚せずに自由を取り戻す方法!!
《離婚しないモラハラ対策カウンセラー》Joe

【無料メール講座】
離婚しない モラハラ対処の超裏技(全11回)


モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座が
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方

詳しい説明は、こちらをご覧ください▼
http://www.reservestock.jp/subscribe/21625

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

【おことわり】
このブログでは原則的に、
「モラルハラスメント(モラハラ)」という言葉を
自己愛性人格障害の人からの被害』
という意味で使用しています。

そして、この「自己愛性人格障害」という言葉は、
各記事に個別に説明が無い限り、
医師によって「自己愛性人格障害」と
診断された場合に限らず、
『他人を傷つけずにおれないほど、
 自己愛が肥大化した状態』
と言う広い意味で使っています。


また、このブログの記事では、
私の個人的な解釈に基づき、
最も典型的なモラハラの特徴を記載しています。

読者の方のモラハラ夫の個別の特徴については、
別途ご相談いただければと思います。

離婚しないモラハラ対策カウンセラー
Joe(ジョー)
NEW !
テーマ:


まさかの、
明治「カール」、
東日本で販売中止。

これは、
ちょっと嫌なニュース。。。






さてビックリマーク
こんにちわ。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。






前回の記事に続き
このコメントについて

==============
>(モラハラ夫は)
>「これをやることで、離れて行ってもいいや」
>と、決別を「覚悟」をしているわけでも無い。

と本文にあり、
自分が受けていたのは
モラハラではなかったのかもしれないと
不安になりコメントします。

自分がよく言われる言葉です。


「俺はこれを伝えることで
お前に捨てられてもいいと覚悟をして
厳しいことを言っているんだ。

そういう覚悟ができるくらい
お前のことが大切だし
お前のためを思っている。

だから厳しいことも言える。

ここまで言ってくれる奴が他にいるか?

お前のことを思っている俺だから言えるんだ。

だがそれに対してお前は感情的になって

反論
[同じことがあなたにも
当てはまるのではないか]



弁解
[誤った解釈をされることが多いため
そういう意味ではない]

と返してきた。

それを言うことで
俺がお前から離れる覚悟ができて
そんなことを言っているのか?

覚悟ができていないのに
どうしてそんなことが言えるの?」


と言われます。

きついことを言われ、
それでも現状を解決したく
必死に話をしているので、

自分としては
離れることを前提にはしておらず
そんな覚悟はできていません。

一方で相手は覚悟ができて
話をしていると言っています。

決別の覚悟もできずに
感情的に話をしてしまう自分こそが
モラハラなのでしょうか。

相手はいつも冷静です。

わからなくなってきました。
覚悟ってなんですか?
===============



前回の記事では
この夫をモラハラとして解説しましたが、

今回は、
モラハラでは無い場合、

あるいは、
その辺が曖昧な場合に

相手方(被害者)が
どういう対応をするべきかを
解説をします。



要するに夫は、

コメ主さんが
「話し合い」だと思っている
その行為について、

==============
それ(コメ主さんにとっての話し合い)は、
俺にとっては
お前を捨てたくなるほど嫌な行為である

そんなことをするくらいなら、
お前とは別れた方がマシだ
==============


と言っているわけです。


つまり、
夫は、相手に対して、

============
「夫と別れるか」

「夫に反論せず従うか」

この、どちらかかを選べ
============


と言っています。


その上で
コメ主さんは、

別れることもせず、
でも、反論はする


という、

夫が
「それだけはしてくれるな」と言っている行為を
繰り返していることになります。


まずは、
そういう事実が
目の前で起こっているという事実を
色眼鏡無しで受け止め、

その行動で良いかどうかを
考える必要があります。


そうしないと、
判断を間違えます。


この場合に、

映画とかご近所で見た、
一般的な夫婦は、そうじゃないから

とか、
そういう一般論は不要です。


なぜなら、
あなたが見た映画の夫婦と
あなたの夫は個性が違うから。


全ての人間には個性があって、

あなたの前では

そういう個性の夫が

その個性に沿って
そうしているわけだから、

それについて
自分がどうしたいかを考えるのが良いでしょう。


映画とかご近所の夫婦像を
引っ張り出すことは不要と思います。

その人たちは
個性が違うから。



その上で、

どうするべきかですが、

もし、既に、
上記のような話し合いを散々して、
同じことが繰り返されている場合、


この時点で
基本的に

被害者側には、
3つのオプションがあるように思います。

1別れる
2反論せず、夫に従う
3今の状態を続ける



この3「今の状態を続ける」
ということは、

夫婦、
どっちから見ても

「相手から嫌がらせを受けている」

と見える状態のことです。

つまり、
それ以前の状態がずっと続くってこと。


その場合、

当然、
夫から捨てられる可能性があるので、

速やかに

最悪そうなった場合の
覚悟なり、

実際にそうなるかの予測なり
をするべきです。

なぜなら、
夫は明確に
その通告をしているわけだから。


上記のどれを選ぶにしても
あなたの自由ですが、

どれを選ぶにしても、

妻側にとっては
リスクのある話で、

そういう意味で、

先日まで解説してきた

「自分で生きる覚悟」

が必要になるでしょう。



ちなみにですが、

もしこの状態から
妻が

1別れる

を選択して

妻の方から
夫にそれを伝えた場合に、


もし、
夫が直ちに

「わかった。別れよう」

と言わずに、

別れない方向で粘ってきたり、

別れられないように
状況を操作してきたり、

妻が
別れたく無くなるように
威圧などして来たら、

その夫は
高度な確率でモラハラだと思われます。



そして、
実は、

上記の

1別れる
2反論せず、夫に従う
3今の状態を続ける


以外に、
もう一つオプションがあります。


それは、

4反論もせず、
自分の嫌なことは、夫にも従わず
のうのうと居座る


です。



やり方は、

その状況によって
様々ですが、

いずれにしても、
コメントの状況だと、

「最悪、別れても仕方がない」

という
妻側の覚悟が必要になるでしょう。


その上で、

その、

「最悪、別れても仕方がない。
 そうなったらそれを受け止めるか」


という
最低限の覚悟を
自分の中での担保にすることで、
自分の心を強くして、

逆に、別れないまま、

あなたのやりたい事をやり、
やりたくない事をやらない


ということを

話し合いもせず、
喧嘩もせずに


一方的に
突破していきます。


これは、
このように文章にすると、
大層なことのように感じますが、

これも、
先日から言っている

「自分で生きる覚悟」

の一種で、

多かれ少なかれ、
このような気持ちを持つからこそ、
他人はあなたを尊重します。


実際、
別れる覚悟までする必要があるかどうかは、
その状況によりますが、
(コメント内の状況は、必要な状況)

いずれにしても、

生きるために、
自分を押し通す覚悟は必要で、

被害者体質の人は
この覚悟が無さすぎるから、

当たり前みたいに
他人から支配されます。


そして、
不思議なことに、

そのような覚悟を持った人に対しては、

人は逆に、
そもそも無茶を
言ってこなくなる傾向にあります。


どこに行っても
支配されたりモラハラに遭う人は、

その覚悟が無いから、
他人から尊重されないのではないか


と考えてみてください。



そして、
このやり方は、

「Joeメソッド」での
モラハラ対処にも
共通しています。


要するに、
他人の要求に対して、

自分の中の原則に基づいて、
グッと押し返す覚悟です。


そして、
モラハラ対処の場合、

あるいは「覚醒」した
元・被害者体質の場合は、

その「グッと押し返す」行為を
戦わずして行います。


これについて
詳しくは、

【無料メール講座】
の11ステップをご覧ください。







にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581


_____ _ えんぴつ大
モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全10回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312





読者登録してね





いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:



新千歳空港、
札幌から遠いのよね。。。

成田から東京と同じくらいかな。。。




さてビックリマーク
こんにちわ。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。





前回に引き続き、
モラハラについての解説をしていきます。


==============
>(モラハラ夫は)
>「これをやることで、離れて行ってもいいや」
>と、決別を「覚悟」をしているわけでも無い。

と本文にあり、
自分が受けていたのは
モラハラではなかったのかもしれないと
不安になりコメントします。

自分がよく言われる言葉です。


「俺はこれを伝えることで
お前に捨てられてもいいと覚悟をして
厳しいことを言っているんだ。

そういう覚悟ができるくらい
お前のことが大切だし
お前のためを思っている。

だから厳しいことも言える。

ここまで言ってくれる奴が他にいるか?

お前のことを思っている俺だから言えるんだ。

だがそれに対してお前は感情的になって

反論
[同じことがあなたにも
当てはまるのではないか]



弁解
[誤った解釈をされることが多いため
そういう意味ではない]

と返してきた。

それを言うことで
俺がお前から離れる覚悟ができて
そんなことを言っているのか?

覚悟ができていないのに
どうしてそんなことが言えるの?」


と言われます。

きついことを言われ、
それでも現状を解決したく
必死に話をしているので、

自分としては
離れることを前提にはしておらず
そんな覚悟はできていません。

一方で相手は覚悟ができて
話をしていると言っています。

決別の覚悟もできずに
感情的に話をしてしまう自分こそが
モラハラなのでしょうか。

相手はいつも冷静です。

わからなくなってきました。
覚悟ってなんですか?
===============



この方の状況については、
詳しい事情が分からないので、

この夫が
モラハラ体質であると
断定はできませんが、

今回は、

この例をモラハラと仮定して
【罪悪感型】の
モラハラテクニックを解説します。



まず重要なのは、

前回言った通り、

あなた(コメ主さん)が、
モラハラの教科書に出てきそうなほど、
典型的な被害者っぽい上に、

私から見ても分かるほど、
「別れたくないオーラ」
出まくっている

という点です。


だから、
もちろん、夫には、

その、
あなたの「別れたくない」という意思は
伝わっていると思われ、


そうなると、

あなたに対しては、

「そんなことしたら、
 俺と別れることになっちゃうよ」


という脅しがよく効きます。



まずは、
この、

夫には
「妻が別れを恐れている」
という認識がある、

という前提を踏まえた上で
以下、考えていきます。



まず、
この夫が、何と言っているか、

簡単に言うと、

==========
俺の言うことに
反論しないでね
==========


と言っているわけですね。


つまり、
どういう理由か、
詳しい状況は分かりませんが、

とにかくこの夫は、
自分の言うことに対して
妻に反論してほしくないわけです。


なぜなら、

妻の発言の
どこがおかしいのかを
話し合うことも、するな
と言っているわけだから。


でも、

妻も人間なので
当然、反論する権利は認められているし、

しかも
よく考えたら、
夫自身も妻の言うことを否定していますね。


夫としては、
普通にしてたら、この状況は、

自分は相手の言うことを
否定しているのに

相手には
「俺の言うことを否定するな」
と言っていることになり、

このままだと、
いかにも自分が酷い人みたいです。


だから
本来なら
夫は、

=============
俺が妻の言うことを否定するのは正当。
なぜなら、、、

でも、

妻が俺の言うことを否定するのは不当。
なぜなら、、、
=============


という、
対照的な、説得力のある理由を
作る必要があるわけですが、、

でも、
その妻の主張一つ一つに、
落ち度をつけていくのは面倒臭い。


そこで
モラハラ的なテクニックとして、

上記で書いた、

「妻は夫との別れを恐れている」

という心理を使います。


つまり、

妻に対する

「俺の話を否定すると、
 俺は別れたくなるけど、
 それでもいいの?」


という脅しです。


これだと、
夫との別れを恐れている妻は
喋れなくなりますね。



ところが、
それでも、

いかにも自分(夫)が、
自分の勝手で

妻を脅して
黙らせているように見えてしまいます。

だから、
できればそれを
脅していない感じでやりたいわけです。


そこで思いつくのが、

「逆に、俺の方は
 お前の言うことを否定する時、
 お前に嫌われて、 
 捨てられる覚悟で言っているよ」


という設定。


つまり、

先に、自分の側を
「捨てられる覚悟ができている人」

という設定にしてしまいます。


そうすると、

夫自身は
覚悟ができている立場に立つわけだから、

他方の

その覚悟ができていない相手を
説教できる立場に立てるわけです。


つまり、
それが一般的かどうかはともかく、

こうして、

覚悟ができていない妻の方が
劣っている


という設定ができあがります。


そうすると
夫は妻に、

=============
俺は、
お前に捨てられる覚悟できていて、
そのリスクを負いながら
お前を否定してるわけだけど、

お前は、
そんなふうに
俺を否定しているってことは、
俺に捨てられてもいいってことね?
=============


と言える立場になるわけです。



この時、
おそらく皆さんが気になるのは、

=============
じゃあ、妻が
「それなら別れて」
と応えたらどうなるの?
=============


という疑問だろうと思いますが、


上記で書いた通り、

夫の中での大前提が

「妻は夫との別れを恐れている」
ということなので、

とりあえず、
その可能性は低い
と見ているわけです。


つまりこの時点で、
妻の選択肢は、実質的に

「夫の主張を認める」

という
一択に絞られることになります。


でも、
その可能性(妻が別れを切り出す可能性)
はゼロでは無いので、

もしモラハラ夫が
その時点で、
本当は別れることを恐れている場合は、

「嫌なら、
 俺と別れればいいじゃん」


という発言は、しないわけです。


これが、
【罪悪感型】のモラハラの特徴。


どうするかと言うと、

代わりに、

徹底した、
「善人」の立場をとるわけです。


つまり、
上記の

=============
俺は、
お前に捨てられる覚悟できていて、
そのリスクを負いながら
お前を否定してるわけだけど、

お前は、
そんなふうに
俺を否定しているってことは、
俺に捨てられてもいいってことね?
=============


この主張を、

もっと自分が「良い人」で「被害者」
に見えるように加工します。



まず、
前段の

=============
俺は、
お前に捨てられる覚悟できていて、
そのリスクを負いながら
お前を否定してるわけだけど、
=============


については、

「妻を否定している」
という部分が
夫としての、いい人感が足りないので、


==============
俺はこれを伝えることで
お前に捨てられてもいいと覚悟をして
厳しいことを言っているんだ。

そういう覚悟ができるくらい
お前のことが大切だし
お前のためを思っている。

だから厳しいことも言える。
==============


というふうに
言い替えます。


どうですか?

非常に美しいですね。


つまり、
これであれば、

夫が
妻の言うことを否定しているのではなく、

妻の(成長の)ために
自分は犠牲を払っている


という
立場をとれるわけです。


そして、

なぜ妻が、
この主張を信じるかと言うと、

上で書いた通り

「妻は夫との別れを恐れている」から。


つまり、

夫が仲良くしてくれることを
渇望している
妻にとっては、

夫のこのような 思いやりの言葉は
大好物なのです。



そして後段

===============
お前は、
そんなふうに
俺を否定しているってことは、
俺に捨てられてもいいってことね?
=============



このままだと、
ひょっとしたら妻が

「いいよ」

と言うかもしれないので、
次のように言い換えます。


=============
それを言うことで
俺がお前から離れる覚悟ができて
そんなことを言っているのか?

覚悟ができていないのに
どうしてそんなことが言えるの?
=============


つまり、

「俺、捨てるよ?」

と直接的に言うのではなく、

「どうしてそんなことが言えるの?」

と言う感じで、

これも、
妻のためを思った

未来志向の、
「妻を成長させている」
と言うスタンスをとります。


でも実質は、

ただ単に
妻は、自分の気持ちが
言えなくなるだけです。



要するに、
【罪悪感型】のモラハラというのは、

自分(夫)は、
思いやりのある人間

相手(妻)は、
自分の事しか考えてない


という設定を作って
それを相手に伝えることで、


相手は心情的に
申し訳なくて

別れることも
反論することもできなくなります。


複雑に思うかもしれませんが、

要するに
この状況で何が言いたいかと言うと、
とても単純で、

========
俺の言うことに
反論しないでね
========


ということです。


どういう事情で
そう言うことに至ったのかはわかりませんが、
この夫はそう言っています。


ただ、
それだけの事です。


それを、

自分が酷い人間になる
リスクを避けるために

相手を思いやっている
善人みたいな言い方


で表現するのが

【罪悪感型】のモラハラです。



以上、

上記コメントの夫が
モラハラである場合について
解説をしました。



次回の記事では、

この夫が
「モラハラでは無い」場合

「モラハラかどうかわからない」場合

の解説と、

この場合に
被害者が
どうするべきかを解説します。







にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581


_____ _ えんぴつ大
モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全10回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312





読者登録してね





いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(0)

テーマ:



1ヶ月以上、
家を空ける予定で出かける時の、

戸締りとか、
電気の消し忘れチェックは、

ウザいくらい
神経質になるよね。





さてビックリマーク
こんにちわ。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。





ブログの記事に
コメントをいただきました。

==============
>(モラハラ夫は)
>「これをやることで、離れて行ってもいいや」
>と、決別を「覚悟」をしているわけでも無い。

と本文にあり、
自分が受けていたのは
モラハラではなかったのかもしれないと
不安になりコメントします。

自分がよく言われる言葉です。


「俺はこれを伝えることで
お前に捨てられてもいいと覚悟をして
厳しいことを言っているんだ。

そういう覚悟ができるくらい
お前のことが大切だし
お前のためを思っている。

だから厳しいことも言える。

ここまで言ってくれる奴が他にいるか?

お前のことを思っている俺だから言えるんだ。

だがそれに対してお前は感情的になって

反論
[同じことがあなたにも
当てはまるのではないか]



弁解
[誤った解釈をされることが多いため
そういう意味ではない]

と返してきた。

それを言うことで
俺がお前から離れる覚悟ができて
そんなことを言っているのか?

覚悟ができていないのに
どうしてそんなことが言えるの?」


と言われます。

きついことを言われ、
それでも現状を解決したく
必死に話をしているので、

自分としては
離れることを前提にはしておらず
そんな覚悟はできていません。

一方で相手は覚悟ができて
話をしていると言っています。

決別の覚悟もできずに
感情的に話をしてしまう自分こそが
モラハラなのでしょうか。

相手はいつも冷静です。

わからなくなってきました。
覚悟ってなんですか?
===============



この会話の範囲内での
私の解釈ですが、

要するに、
この夫は、

============
お前には、
黙って俺の言う事に従うしか
選択肢がないよ。
============


と言っているように見えます。



詳しい状況が分からないので
断定できないですが、

いずれにしても
私には、

夫が
それ以外の選択肢を
あなたに与えているようには見えません。



この夫が、
モラハラかどうか断定はできませんが、

以下、
モラハラである場合の
分析をしていきます。


仮に
彼がモラハラだった場合、

この夫は、

実際には
別れる覚悟は無く

ただ単に、

============
俺には別れる覚悟がある
お前にはあるのか?
============


という言葉を使っているだけ

である可能性が
極めて高いでしょう。


なぜなら、

あなたは、
モラハラの教科書に出てきそうなほど、
典型的な被害者っぽい上に

私から見ても分かるほど、
あなたからは、
別れたくないオーラが
出まくっているからです。


だから、
もちろん、夫には、

その、
あなたの「別れたくない」という意思は
伝わっていると思われるし、

そうなると、

あなたに対しては、

「そんなことしたら、
 俺と別れることになっちゃうよ」


という脅しがよく効きます。



【威圧型】のモラハラ夫の場合は、
それをダイレクトに、

「じゃあ、
離婚で良いんだな!」


というふうに、
脅すケースが多いです。


そのように勢いよく言うことで、
話し合いは拒否し、

相手に、

「別れるか、従うか」

の究極の二択を迫り、

離婚を選べないであろう妻に対し
自分(夫)に従う方を選ばせる作戦です。


その上で、
もし万が一、
妻が離婚を受け入れてしまったら、

その時はその時で、
適当に翻って、

再び脅したり威圧したり、

あるいは逆に
泣いて土下座に切り替えたりして、
結局元さやに戻させる。

これが
【威圧型】のモラハラ。



他方で、

【罪悪感型】の
モラハラ夫の場合は、
上記コメントのような展開を好みます。


つまり、
【威圧型】のように、
明確な言い切りは極力避け、

どっちにしても
自分にリスクが無いようにしながら、

相手の心理面、良心に訴え、

相手を
自分(夫)が望む選択肢しか
選べないような心境にしていきます。


「お前のためを思っての行為だ」

とか、

「俺はこうなのに、お前はそうなのね」

などの、
心情的な揺さぶりを使って、

自分(夫)に不利な選択をさせない
ようにしながら

自分(夫)が提示した、
自分(夫)に有利な、唯一の選択肢に
相手を誘導します


要するに、
【威圧型】と違って

よほど
大丈夫だと確信しない限り、

============
俺の言うことに従えないなら、
別れてほしいんだけど
============


などと、
明確な言葉で脅すことは
避けるのが、

【罪悪感型】の特徴です。



では、
次回の記事では

上記コメント内の会話を使って、
【罪悪感型】の
モラハラテクニックを解説します。







にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581


_____ _ えんぴつ大
モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全10回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312





読者登録してね





いいね!した人  |  コメント(41)  |  リブログ(0)