トステムTH大賞・リフォーム部門大賞受賞工務店・東京都荒川区西尾久にあるモノリス秀建です。
荒川区・北区・足立区・豊島区・文京区・台東区のお客様、小さなリフォームから新築注文住宅まで住まいのさまざまな事に対応しますのでお気軽にお問い合わせ下さい! 又、それ以外の地域でもリフォームは車で30分以内、新築住宅は車で1時間以内でしたら上記の区以外でも対応します。是非ご相談下さい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-03 08:56:01

4月のフラット35金利

テーマ:住宅ローン金利

桜が一気に満開になり、昨日は会社でお花見をしました。

今日からの雨が花散らしの雨になってしまうのではないかということで、

急遽の開催でした。


3月のフラット35の金利は、20年固定金利で1.47.%、35年固定金利で1.75%ということで、
20年固定が0.01%の引き下げ、35年固定は0.01%の引き上げでした。。


微妙な変動ではありますが、ほぼほぼ横ばいということですね。

日銀の短観では多くの経営者が今後の物価についてはある程度上昇すると

見込んでいるようです。


実感としては円安による燃料費等の上昇は目に付くものの、

物の値段が上昇している気はしません。

これを私たちが実感できるようになってくると、

いよいよそれに伴ない金利も上昇してくるのだと思います。


遠からずそういう日が来るのかどうか分りませんが、

今後の成り行きが気になります。



「急がない家づくり」それがモノリスの考え方です

~ 一生付き合える工務店 ~

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区
でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!
家のことならなんでもご相談下さい!

TEL 03-3810-0021
otoiawase@monolithsyuken.co.jp

PR
2014-04-01 09:37:39

2月の住宅着工

テーマ:住宅着工

いよいよ4月。

新年度が始まりました。

と同時に消費税の増税が始まりました。


昨日本日付の銀行振り込みをするのに振り込み手数料が消費税8%になっていて、

ああそういえばと気づきました。

巷では駆け込みで物がたくさん売れているとニュースになっていました。


国土交通省から2月の住宅着工数が発表されています。

http://www.mlit.go.jp/common/001033064.pdf


全体では18ヶ月連続の増加。

ただやはりこの数字に異変が。

持ち家、分譲が減少に転じ、賃貸のプラス分で全体が増加になっている状態です。

しかし、持ち家に関しては前年同月が非常に高い水準であること、

減少巾も小さいことを考えますと、勢いとしてはそれほど変わらない気がします。


分譲系は建売住宅も2月に着工したのでは今月の増税には間に合いませんので、

ついに減少に転じたものと思います。


いよいよこれから私たちの仕事の勢いもどのようになっていくのか、

楽観できない状態になってくると思います。


建設業に関していうならば、増税後も一時的な落ち込みはあるものの

それは長くは続かないという方がとても多いのですが、

果たしてそれはどうなのかなと、いささか疑問に思うところです。


いずれにしましても、駆け込み需要という大波は何とか終えることが出来ました。

この仕事の波をもう少し緩やかに出来ないものかと常々考えますが、

難しいものです。


「急がない家づくり」それがモノリスの考え方です

~ 一生付き合える工務店 ~

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区
でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!
家のことならなんでもご相談下さい!

TEL 03-3810-0021
otoiawase@monolithsyuken.co.jp

2014-03-11 09:08:20

あれから3年

テーマ:自然災害

東日本大震災から3年が経ちました。

時間と共にあのときの恐怖感だったり、

大混乱の中での生活の記憶が徐々に薄れつつあります。


まだまだ被災者の方々は大変な生活を送られている方も

大勢いらっしゃいますが、日常生活を取り戻した者は

完全にこれまでの生活に戻っています。


映像で、体験談でこれからもあの日の出来事は

受け継がれていくのでしょうが、根本的な問題として、

安心して暮らしていくことが出来るのかどうか、

ということが置き去りになってしまっているような気がします。


まだまだあのときの地震で大丈夫だったから、

家は大丈夫だよね?という声を聞くことがあります。

建物というのは何事もなくても劣化していくものです。


ましてや震度5強の揺れを受けてしまっているわけですから、

その際に確実に強度は弱まってしまっています。

ですので、3年前と同じ揺れが再び発生したとしても、

今度も大丈夫とは言い切れないのです。


3年前の地震で亀裂が入ってしまったり、不具合が生じているような

建物ではなおさらのこと、きちんと点検を行う、

必要に応じては耐震診断を行うこと。

そして、その結果に基づいた対応をきちんとすること。

これを皆さんが心がけていれば、少なくとも自宅は、

それが地域全体に広まれば地域が、安心して暮らせるようになります。


あの時こうしていればよかったと言えるようであればまだ良いです。

死んでしまってはどうすることも出来ませんので。


広域性害の直後は行政も誰も役に立たないということが

よく分かったと思います。

行政は、生き残った人に対して手を差し伸べます。

それまでのわが身を守るのは自分自身だということを

自覚しなくてはいけません。



「急がない家づくり」それがモノリスの考え方です

~ 一生付き合える工務店 ~

荒川区・北区・足立区・文京区・台東区・豊島区
でリフォーム注文住宅はモノリス秀建へ!
家のことならなんでもご相談下さい!

TEL 03-3810-0021
otoiawase@monolithsyuken.co.jp

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>