酋長のブログ

日々のあれこれ思うことをつづります。


テーマ:

私が殺人医師を振り返るにあたり、

どうしても、

触れておきたい試合がある。

 

1990/3/6 日本武道館

▼世界タッグ選手権・60分1本勝負

<王者組>天龍源一郎、スタン・ハンセン VS <挑戦者組>テリー・ゴディ、スティーブ・ウイリアムス

 

殺人医師が、全日初参戦シリーズの最終戦で、

初挑戦にして世界タッグ王座を奪取します。

 

このとき、天龍は足首をかなり悪化させており、

このシリーズ中に、

ジャンボ鶴田のデスロックにギブアップするぐらいでした。

その天龍が、

動画21:00過ぎ、

ふたたび殺人医師のデスロックにギブアップ。

 

そしてハンセンが天龍と仲間割れ、

ハンセンが天龍の足首を攻める。

そこをジャンボが救出に入る。

多くの人が、鶴龍コンビ復活か?!

と思ったのも束の間、

助けに来たジャンボに天龍はブルロープ。

 

のちに天龍は全日本を離脱し、

SWSを旗揚げします。

 

天龍のいる全日本最後の武道館大会は倉持アナの最終実況となり、

6月に新生全日本最初の武道館、

虎の仮面を脱いだ三沢がジャンボに勝つ、

そういう分岐点となる武道館大会でした。

 

ゴディ&ウイリアムスの王座奪取に、

全日本の天龍の終焉、

さらにはそこから三沢率いる新たな流れに、

大きなターニングポイントとなる、

殺人医師の全日本世界王座初戴冠でした。

 

大きな、試合でした。

 

ちなみに、当時中2か中3だった私は、

動画24:00からの試合ダイジェスト&コメントの裏に流れる、

天龍のテーマをテレビから必死にカセットテープに録音し、

毎日のように聴くことになりました。

 

この頃、放送の試合後にわずかながら流れるテーマ曲を、

毎週収集し、

その後に、テーマ曲マニアの道を歩むことになるのです。

 

この武道館大会の天龍のテーマ曲は、

かなり最後の方まで流れました。

それゆえ、当時の宝物になっていました。

 

それから20数年後、

オリジナルの会場使用編集バージョンも入手し、

まさかライヴで演奏することになるとは、

当時は夢にも思いませんでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。