無事、パワースポット・ハマリンヒード寺院近くの「エネルギーセンター」でエネルギー充填してきましたよー。

道中は、ゴビへ行くというのに、すごいぬかるみ。

つまりは先日から断続的に続いている集中豪雨で土漠地帯であるゴビの土壌がぐじゃぐじゃの粘土状になっているのです。

ウランバートル-チョイル間は快適なアスファルト舗装道路なのですが、チョイルをちょいと越えたあたりからは、まるっきしのオフロード。
でも、一応、地図には幹線道路として載ってるんだけどね。。。

炭鉱などの鉱山と街などを往来する大型トラックや重機などで道がガタガタになっている上に、さらなるぬかるみ。大きな道のど真ん中が、馬が膝まで使って水浴びできるほどの大きな池に阻まれていたり、私の背丈ほど
あるんじゃないか、というスタックで跳ね上げられた泥が固まったところなどがありました。

でも、我々が行った旅程はちょうど絶好のお天気!

地面は乾いてる、というほどではありませんでしたが、チョイル以南の炭鉱で仕事をしているうちのドライバーのガナー君の弟達からの最新道路情報のおかげで行きはスタックするほどのこともなく、道に迷うこともなくいけました。

去年行ったときとまた、様子が違ってて、、、というか、まぁ、ゴビなんかいくらでも走る道はあるわけなのですね。
鉄道沿いの道を進むだけってわけでないのですね。

今回は、GPS、持って行きました。地図もね。

行きは、1時間ごとにチェックポイントをマークし、さらに20-30kmごとにもマークしました。
このマメマメな行動が帰り道でいかされたのでした。

天候に恵まれ、あっちっちーな中で寝転んだエネルギーセンターは、相変わらず、というか去年よりもビリビリ感があり、なんか、岩盤浴状態。気持ちよかったです。

夜明けも堪能しました。

ただ、同行者というかお客様は、ガタガタオフロードのせいで、かなり体調を崩され、帰りは寝台列車に乗って帰ることに。勇気あるなぁ。
私、ここ15年くらい列車を使ってなかったので、かなりおのぼりさん気分。
あ、そうそう、国内列車でも、パスポートとか身分証明書要りますよー。
今回は、お客様も予定外のことで、なんとパスポートを家に置いてきちゃった、ということなので、窓口であーだこーだと交渉を重ね、とりあえず、寝台コンパートメントをパスポートなしでゲット。

同室のおばちゃんやら、車掌さんやらにお願いしますねー、とお願いして、彼女1人旅を見送りました。

無事に帰宅していた彼女の話だと、「過剰なまでのケア」だった模様。
教訓「指差し会話帳」は出すタイミングを間違えると、ずーっと、自分にとってはあまり興味のない身の上話をジェスチャーつきで根掘り葉掘り聞かれて大変です。

彼女が乗る寝台列車と併走するように、我らのラブワゴンも走ります。
ほぼ真っ暗で星明りだけが頼りな状態で、ガナー君もかなりがんばったのですが、ちょっとしたところで、迷子に。。。

迷走して、なんとまたもやサインシャンド方面へ逆走しかかりました。
ちょっとうつらうつらとほったらかしにしちゃった私も悪い。
なんとなく、いやーな予感がして、目を覚まして、GPSをチェックしてみて、ストップさせました。

そのときで深夜1時過ぎ。
その前から、泥沼スタックで、私がラブワゴンを、ぬぉおおおおおーーーーと、まるで押しまくるハメになったりしていて、深夜のゴビ走行は危険ではないか、と思ってたので、断固「ビバーグ」を主張。

ラブワゴンは、ラブシート・・・じゃなかった、フラットシートになるので、早速、寝床を作って眠りました。

迷子になったとき、モンゴル人は、丘の上で寝たがります。
目が覚めたとき、360度を見晴らして、現在地とかこれからの行く先などをすぐに確かめられるようにってことみたいです。

夜が明けてみれば、「なんで、こんなところで迷子になったのか?」というようなところで迷子になるもんなんです。往々にして。

その後は快適に進めました。
リフレッシュした気分のおかげか、腰痛に苦しんでいたガナー君もなんだかご機嫌でした。

舗装道路になってからは、約100km弱は私が運転。
一応、日本では普通自動車免許を持っているのですが、ほんとはラブワゴンは12人乗りでマイクロバス扱いなので、バス用の免許もいるのですが、、、ってか、私、実は、まだモンゴルの運転免許に書き換えしてないんですよね。

今回、ガナー君の腰痛とか寝不足とかいろいろ酷使していたため、行きも帰りも、まっつぐ一本道で交通量も少ない舗装道路で、警官の検問がないところだけ運転してました。まるで自動車教習所のようでした。

怖くはないけれど、やっぱりモンゴルの運転免許証も取得して、車も普通免許で乗れる車をゲットせねば、と思いました。
ウランバートルに帰ってきた途端、すさまじい交通量と空気のまずさにびびって、前言撤回しちゃったけど。。。

ともかく、パワースポットは人を積極的で前向きな気分にしてくれるし、過去の厭なことときっぱり縁を切るには最適な場所だと思いました。

詳細はまた後日・・・

いろんな意味で、私にとって思い出深い旅になりました。
AD
これから、再び、ドルノゴビアイマグにある、パワースポット「エネルギーセンター」に行ってきまーす。
今回は、4WDではない、元ラブワゴンなので、のんびり行くことになるかなぁ。
途中、ここ数日、断続的に続く集中豪雨のため、道が崩れているところが多いそうです。

昨日、ちょっとドライバーのガナー君と深刻な喧嘩をしてしまい、列車で行くことにしようかなぁ、と思っていたのですが、本日、ガナー君のお父さんの命日の法事があるというのに、仕事優先でやってきてくれたので、とりあえず休戦。仲直りしました。

まぁ、いろいろありますが、、、

このパワースポット、人間の煩悩、あらゆる悪業を断ち切り、浄化した上で、シャンバラにて、清浄なるエネルギーを体内に充填するという素晴らしい聖地なのです。

あー、楽しみだ。

というか、まだ全然、準備が終わっておりませぬ。。。
AD
結婚相手に求めるものは? ブログネタ:結婚相手に求めるものは? 参加中
結婚ってことに対して、もうちょっと憧れとか期待とかできればいいのですが、、、ま、してもしなくてもいいや、って感じで、あまり誰か特定の人と一生涯を共にするということを決心するに至っておりませぬ。
だから、口コミ番付に参加したものの、締め切り3日前だというのに、あまりよいマトメができないでいます。


結婚自体を「こういうモノ」と規定できない私ですが、まぁ、愛する異性と暮らすことになったとしたら、お互いが「相手をありのままに受け入れる」ってことが大事かなぁと考えております。

前につきあっていた人と比べないで欲しい、自分の生活ペースを乱さないで欲しい。
仕事に対して理解して欲しい。
欠点は個性として、カチンとくることがあっても受け流して欲しい。
結婚とは、とか、女とは、「こうあるべき」って決め付けないで欲しい。

言い出したらきりがない、相手に対して「求めるもの」。

その裏返しで、多分、似たようなことを相手から求められることと思います。

お互いが経済的に自立できているっていうことが結婚に踏み切るキッカケというか最低条件な気がしてます。
勢いだけで、好きだの、惚れただの、そういうことだけでは踏み切れないし、うっかり勢いで迂闊な行動をとったところで、情熱なんて、それほど長続きできるほどの持続力はない。飽きっぽいから。

結婚に責任だの世間体だのという余計なオプショナルがくっついてくるってことは、大人としては常識というか、そういうもんだって割り切らねばならぬ、と思いつつ、、、多分、身軽でありたいと思う自分がいるから、結婚相手にあまり多くを求めず、かつ求められず、軽やかで、結婚することによって、あるいはその関係を解消することになったときにも経済的なダメージを最小限に食い止めたいって思っちゃう自分って、打算的?

正直、複雑な人間関係を継続するのは苦手な気がする。
八方美人も長続きできないで、すぐに化けの皮がはがれちゃうから。

結婚相手、と意識した瞬間以降は、かなりの悪女っぷりを発揮して、「これでもか、これでもか」と相手に試練をだしてはフラレル、損な破滅的性格を、そろそろ直したほうがいいのかなぁ、、、もう手遅れかなぁ、なんてやけっぱちになりながら考えております。

相手に求められる存在でありたいと思いつつ、ほんと、天邪鬼だよなぁ。。。


こんな私でも、いつか結婚して幸せになれる日がくるのでしょうか?
AD