さて、ツァガンサル前にいくつか引き受けていた翻訳原稿を納品し、ちょっと懐が豊かになってきて余裕が出てきました。

飛行機のチケット予約も、ビザ切り替えに手間取ったおかげで第一希望はウェイテンングだけど、ツァガンサルをあきらめればなんとか取れそうな感じと、自分の中では、また少しずつ前に進んできた感じ。

2-3時間のお留守番でもトムのトイレ粗相はなく、親子犬でおとなしくしているようだし、トイレの躾をマスターできたのはホントに嬉しい。

飛行機の予約が確定しなかったので、せっかく手袋の中に$100札を重ねて折りたたんでいれて、文字通り握り締めて、AIR MARKETに行ったというのに、汗で湿ってちょっぴりよれたお金はそのまま手の中。。。

ただ帰宅するのも悔しいけれど、帰国が決まれば、あんまり大量に食料買出しする必要はないし・・・。でも、お犬様の餌が・・・蛋白源があまりにも乏しく、せっかく骨粉とかでがんばっているのに栄養が偏っちゃうのも残念なので、なんだかギャラが入った、ギャラが入った、みたいな妙なハイテンションで気が大きくなった私は、MARSショッピングセンターの3Fにあるペットショップへ。

お店の位置が変わって、すわ、つぶれたか!と思ったけれど、むしろ逆に拡張してましたよ。

大型犬用のケージ(これなら犬の輸出も可能だ!)は150,000tgで売ってた。
トムのセーター、今のもまだまだ使えるけれど、ちょっと色を変えてツァガンサルのプレゼントにしようっと、と3000tg。
そして、いつもトムのいたずらや短時間の散歩で多分フラストレーションがたまっているソートンのために、キューキュー音がするボール3000tg。

そして、本命の餌。
半年前には、13kgで27,000tgのぺディグリーのドライタイプ商品があったのですが、それはもうなくって、量り売りドッグフード。
成犬用は4000tg/kg。子犬用は4500tg/kg。
体重で適正な一日の餌量がわかるようになっていて、ソートンは1日470g、トムは1日380gという。
これをそれぞれ2kgずつ購入。
従来の粟とふすま、オーツ麦のおかゆとまぜれば、一時帰国のちょっと前までは持たせられる計算です。

それにしても、、、野菜中心でほとんど肉の消費をしない私の1週間の食費の約2倍。
でも、バランスのよい食事で、私が不在中に落ちていた体重が元に戻ってきたところなのですから、このまま健康状態をベストまで持ち上げておきたいと思います。
AD
フブスグルの友達が飛行機のチケット代を出してくれたんだって。
正吉、無事ウランバートルに戻ってきました。
1泊2日、移動時間37時間トイレ休憩とご飯休憩以外はノンストップの強行陸路行程で風邪引いたらしく、とてもウル峠(Өлийн даваа)を越えて厳寒のダルハド盆地、しかも凍りついた湖のすぐ傍の村なぞ行ったら肺炎で死ぬぅー、ぐらいのことをお兄さんに言って、とんぼ返りでしかも空路。

韓国に出稼ぎにいってヤワになりやがって!みたいにかなりしかられた模様。

それにしてもモンゴルの国内便がフライトスケジュール通りに飛んでくるとは驚きです。
出迎えに行っていた正吉君の愉快な仲間たちも驚いたらしいです。

さて、私は・・・

えっと、さんざん甘ったれたことをいいながら、ツァガンサル、一緒に過ごせないかもぉ?
世の中、うまくいきませんね。

罪滅ぼし(?)にこの前やった翻訳仕事で、明日報酬がいただけるものがあるから、ちょっと奮発して、正吉君のお父さんにオーツとヘビーンボーブでもプレゼントしちゃおっかなと考えています。
AD
1月25日から2月6日まで、ウランバートル市のヤラルト広場(勝利広場-うーん社会主義っぽいネーミング!)にて、遊牧民の皆さんが、自慢のヒツジや乳製品を持って終結しております。

「健康な国産食品フェア」みたいです。

例によって写真のアップができないので、ぜーんぶ、次回の一時帰国まで待っててねー。

ヒツジの皮をはいだ丸ごと(生皮の方も売ってた)はオーツというツァガンサルにかかせないもので、塩蒸しにします。

今は原材料の販売が盛んですが、多分、今週末くらいからは、そのオーツを塩茹でや塩蒸しにするサービスが盛況になります。

アパート街のほんの小さな隙間にゲルをたてて、
「オーツ、牛の胸部 煮ます(Ууц, өвчүү чанана.)」という手書きの看板が指してあります。

あんまりにもでかいので、そんじょそこらのなべ釜じゃゆでられないのですが、こればっかりはパーツ別に分けられるものではないので、特製の蒸気でゆでるための装置にかけてじっくりと塩茹で(塩蒸し)にするんです。これがうまい!
脂身たっぷりなのですが、なんか、胸部(ウブチューと読む)やヒツジの尻尾の脂肪分って、なんかコリコリした歯ざわりで、いわゆるぶよぶよした脂身とは全然違うんですよ。
ボーズは嫌だけど、このオーツは好き。大好き。
お年始で挨拶にいった先々で、家のご主人から渡されたナイフで自分でさくさくっと切っていただくんですが、もうたまりません。
自分の好きに切れる、というのもいいんだろうなぁ。

くえくえ、のめのめの強制は食欲がとんで消えます。

私の大好きなアイラグ(馬乳酒)も、美味しい産地のボルガン、ウブルハンガイ、ドンドゴビのエルデネソムからも売りに来ています。
さっそく利き酒。むふーん、冷たくて、おいすぃー。
あっちでぐびぐび、こっちでぐびぐび。
もうそのうち、味比べもわかんなくなっちゃって、いい感じにほろ酔いのピンクほっぺに・・・。

とりあえず、一番愛想がよくて美味しかったおじさんたちの写真はとったんだけど、、、。

「あれあれ、いい飲みっぷりだねぇ。お姉ちゃん!うちのも飲んでってよ!」みたいな感じでおよばれしてもうご機嫌です。

ウォッカはだめなんだけど、乳製品原料で作られるアイラグやシミンアルヒならイケル口なんです。うっふん。

本日はもうお夕飯はいらないくらい満腹です。

なんとなく景気のよい気分になって、シャーベット状に凍った自生コケモモを2kgばかり買っちゃいました。
これとハーブ蜂蜜を使ってコケモモジャムや砂糖漬けを作るのじゃ。

お正月準備、いよいよ佳境。
遊牧民の皆さんもしっかり自慢の畜産品を売りさばいて、ツァガンサル用によいお土産をどっさり買い込めますように。
AD