1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-09 21:00:00

ニューヨークを後に

テーマ:ブログ

 このつぶやきを出す時には、私は既に日本に帰国しています。そして会社のBo-Nen-Kaiにいることでしょう。ですがこのつぶやきを書いているのは、実はまだニューヨークです。一週間未満の濃密な出張を終えようとしています。

 

 ひと月ほど前の一週間以内5都市3万キロ移動出張に比べれば、物理的にはあまりにも楽ちんですが、脳内的にはかなりの仕事量ではありました。ただ前回の弾丸出張時に確立したストレッチその他のルーティンが、体調管理には威力絶大で、脳内活動の効率も高く維持してくれました。何事も工夫ですね。

 

 さて、ニューヨークに仕事だけで来るのは、といっても100回中99回はそうなのですが、あまりにももったいないと思います。この街の奥は深い。音楽あり、アートあり。トランプに大統領が変わることで、人々の心に様々な波が立っている今こそ、色々な所や店に顔を出して、この街の素になっているこの街の人の心模様を知りたかったです。

 

 ちょっとしかいなかったので良く分かりませんが、それでもひとつ云えることは、この街の人は”違う”と云うこととか変化が当たり前なのです。そして明るい。いいな、やっぱり、ニューヨーク。また早く戻って来たいと思いました。もう今年は後は日本にいます。年末に向けて色々と仕上げていきたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-08 21:00:00

ディナー

テーマ:ブログ

 今日は、ゴールドマンサックスの Retired Partners' Dinner なるものがありました。私もゴールドマンのジェネラルパートナーを辞めてリミテッドパートナーになってから、早18年が経ちます(ゴールドマンはその後パートナーシップを止めて株式会社になったので、リミテッドパートナーなるものもなくなりました)。案外長い時間が既に経っているので、私は若い方ですがパートナーの年次としてはもう古い方で、知らない顔の方が多くなっていました。

 

 御存知かも知れませんが、アメリカではゴールドマン出身で政権に関わる人間も多く、ガバメントサックスなどとも云われることもあります。政治・行政に限らず、色々な形で社会的に活躍している人間も多い一方で、悠々自適の生活をしている人間も多くいます。元トレーダーは、やはりヘッジファンドなどをしている人間が多いですが、必ずしもそうとも限りません。今日は250人ぐらい集まったでしょうか。幅広くパワフルな人間が多くいます。

 

 ディナーの進行も、全体の運営も、とてもスマートです。しかしやはり一金融業者に過ぎないとも感じます。金融だけであり、かつリテール=個人のお客様と関わらないでやってきたので、狭い範囲での自信と云うか、シンプルな強い部分がある一方で、或る意味でモロい部分があると思いました。ま、単なる同窓会ですから、色々な感じ方があるでしょう。これで今回のニューヨークの用事は終えて、明日金曜日の午後には東京に着く予定です。

 

 あ、そうそう、トランプタワーの周りはバリケードあり、警官だらけで、夜になると多くのテレビ局がタワーを背景に中継をしていて、それをまたスマホで写真を撮る人が大勢いて、普段の観光スポットとはまた違う様相の観光スポット化していました。でも雰囲気は明るいです。ディナーの帰りに前を通った時には、「NOT MY PRESIDENT」と云う大きなプレートを胸に掛けている背の高い青年も、テレビ局などの間に立っていましたが、観光客もみな無視していました。ま、そんなもんなのでしょう。ではまた明日。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-07 21:00:00

トランプ@ニューヨーク

テーマ:ブログ

 マスターカードの取締役会が終わり、マンハッタンに移動してきました。昨日までは夜部屋に戻るとさっさと仕事をして、それからサプリを飲んで歯磨きなどして、すぐにパジャマに着替えて寝床についていたのですが、マンハッタンに来て定宿に入ると、どうも慣れからか或る意味でだらしなくなり、寝るべきタイミングでもうたた寝してしまったりと、ペースが崩れると云うか、いやいつものペースに戻ってしまいます。

 

 そんな中でいつもと違う点がひとつ。定宿はトランプタワーの近くなのですが、目の前の通りが警察によってブロックされているのです。ソフトブロックとでも云うか、一切の車両が入れない訳ではないようなのですが、事実として目の前の通りは車が一台も通っていません。二十年近くこの宿に泊まっていますが、こんなこと初めてだなぁ。トランプがホワイトハウスに移るまで、こんな状況が続くのだそうです。

 

 テレビの中でも、私がビジネスで付き合いのある人たちの中でも、トランプに批判的な話だらけですが、マンハッタンに移る車の中でずっと私とお喋りをしていた運転手さんは、自身もトランプに投票し、今までのプロ政治家は話は上手だけど何も出来なくて、ビジネスマン出身であるトランプはちゃんと何かが出来るのではないかと、大きな希望と確信を持っていました。このギャップが今回の選挙で明らかになった最大の問題だと思うのですが、トランプが何故勝ったかを皆もっと良く考えるべきでしょう。

 

 明日はトランプタワーの目の前まで行って観察してきましょう。変化を求める国アメリカと、変化を求めない大陸ヨーロッパ。どちらの方が成長があるかは、自明のことのように思われるのですが、さてどうなることやら。明日は一日中様々な人に会う予定なので、更に観察と思考をしたいと思います。

2016-12-06 21:00:00

入力と出力

テーマ:ブログ

 日本時間で云うところの昨日と今日は、米マスターカードの取締役会に出席しています。早朝と深夜は日本の仕事をし、日中は完全に丸一日取締役会、もしくは委員会などのミーティングに時間を費やしています。丸一日とは、朝の7時15分にミーティングが始まり、それがディナーまで休みなしにメニューが詰まってますから、文字通りの丸一日です。寝る時間が無くなりそうですが、或る程度無理をしないとこなせないのは仕方ないことで、しかし眠くてはきちんと役を果たせないので、様々な工夫と規律の実践をしています。

 

 マスターカードの取締役会は年4回で、それぞれが丸二日間です。日本の営業日は250日程度ですから、250分の8だと凡そ3%の時間が費やされる訳ですが、同時にテクノロジーや金融、マクロ環境、世界中の人々の生活のトレンドや課題、政治動向も含めたかなり幅広い様々なことが必然的に頭に入りますし、多くの刺激を得ます。特にテクノロジーやグローバル化の分野では、当社グループの経営を考える際の大きな刺激になります。一方でもちろん、色々と意見も云います。

 

 ニューヨーク郊外は今朝、雪も降り、やはり東京に比べて寒いですが、体調管理も今のところ万全。入力・出力、全開で過ごしたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-05 21:00:00

またニューヨークへ

テーマ:ブログ

 いくつか用事があって、またニューヨークに来ました。用事の内容は、追って書いてまいります。何度来てもニューヨークは、空港の建物は古くて汚くて、入国管理官はほぼ必ず態度が悪くて作業が遅くて、空港を出ても道は悪いし、住宅の光景もボロいというかがさつで、先進国らしからぬ状態です。トランプ次期大統領が、アメリカのインフラはボロボロで先ずはそれを直さねばならない、と云うのは、とても頷けます。

 

 そしてニューヨークは金融ビジネスの中心地であって、テクノロジーやライフスタイルでは西海岸に遅れている感がありますが、良きにつけ悪しきにつけ、私にはニューヨークしかないと云うか、世界中の海外都市でニューヨークだけが断トツに馴染みがあり、私と云う人間の様々な、そして多くの要素が、この街で造られてきたので、文字通りニューヨークは第二の故郷みたいな場所なので、これからも自然と何度もこの街に戻って来るのでしょう。

 

 ニューヨークはこんな感じで遅れているように見えるのですが、それなのに新しいことがこの街では常に起きていて、私もいつもここで新しいコトを発見したり、新しい考えが生まれたりするのです。色々な意味で激動の世界の今、目も耳も大きく開けて、脳みそをフルに活性化したいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-02 21:00:00

休眠預金法

テーマ:ブログ

 本日成立した休眠預金法。銀行に預けっぱなしで10年以上放置されている預金が毎年1000~1100億円あり、預金者から後で求められた払い戻し分を引いても毎年500~600億円のお金が銀行の収入となっていたところ、それを民間公益活動に活用出来るようにするとのこと。今後、毎年500~600億円が子どもの貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用されるようになるそうです。

 

 細かい所、深い所はまだ私には分かっていないので、強い確信を持っては云えませんが、普通にこの話を聞くと、いいことばかりのように聞こえます。もちろん銀行の収入・利益が減る訳ですが、そもそも得るべきではなかった収入と思われます。

 

 因みにこの法律、議員立法とのこと。国会は立法府であり、国会議員は元来は法律を作るのが仕事ですから、何も不思議ではないのですが、実態としては官庁が作っているのがほとんどだと思われるので、何でこれに限って官庁が今まで作ってこなかったのか、その経緯は不思議ではあります。或いは政治家の方々が、自らのお手柄にしたかったのかも知れません。ま、いずれにしろいいことなので、そんな重箱の隅をつつくことはやめましょう。

 

 今後、このお金がどのように使われていくかが重要です。我が国は本件に限らず、眠っているお金が多すぎます。もっとお金を動かす知恵を出さないといけないですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-01 21:00:00

今年最後の1ヶ月

テーマ:ブログ

 今年も12月になってしまいました。光陰矢の如し。時の経つのは本当に早いものですね。あと12分の1しか2016年もないと思うと、焦ります。今年は何を出来ただろう?今年は、日本に限らずグローバルなグループ内で、組織の大きな変更、重要な人事の数々を行い、特にアメリカでは大きな人員削減も行いました。そういった様々な改造が始まったのが今年の一月で、一月はあまり眠る時間もなかった記憶があります。

 

 そんなことをして、改造をしても改造をしても、そしてシステムやサービスの改善・開発をいくらしても、中々ビジネス環境は良くならなかったのが、11月以降、思い掛けずトランプ次期大統領が風景を変えて来ており、そして私たちの内的努力もようやく実を結ぼうとしている-そんな11ヶ月だったでしょうか。今日からの1ヶ月はその仕上げの1ヶ月です。気を引き締めて、広い視角でやらねばならないことを漏らさず把握し、取りこぼしのないように取り組んでいきたいと思います。

 

 師走というとわっせわっせと慌ただしく流されがちなイメージがありますが、今年はそうならないようにしたいと思います。日々是精進。頑張るぞ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-30 21:00:00

公職

テーマ:ブログ

 トランプ政権は、ゴールドマンサックス出身のスティーブ・ムニューチンを財務大臣に指名するとのこと。実は私は、彼とはゴールドマンのパートナー同期で、部署も債券部で一緒、歳もほぼ同じ(彼の方が一歳年上です)と云うことで、それなりに近い間柄です。

 

 少なくとも最近、ゴールドマンから政権の公職に就く者は多いです。ムニューチンはゴールドマンを辞めて久しいですが、やはりかつて財務長官になったボブ・ルービンやハンク・ポールソンは、ゴールドマンから直接公職に就きました。

 

 アメリカではいわゆるリボルビング・ドアーと云う、民間と公職の間を行ったり来たりするのはよくあることです。日本でもリボルビング・ドアーかどうかは分かりませんが、民間から公職の重要なポジションに就く人も増えてきました。前例が多いから自ずと分かるように、この手の起用は案外上手く行くことが多いようです。

 

 さてムニューチンの場合はどうなることやら。アメリカの重要な公職は世界に影響を与えるので、頑張って欲しいですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-29 21:00:00

デモ

テーマ:ブログ

 韓国の朴槿恵大統領が、任期途中の退任も含み、その行方を国会に委ねたとのこと。遂に投了した、という感じですね。やはりあの大規模なデモの前に、もう駄目だと思うに至ったのでしょうか。

 

 しかしあのデモ、テレビで見ると恐ろしい人数で、しかしきちんと統制が取れていて、あの人数が一方に動き出したらしたら、前方の人は圧死しそうで危なくてしょうがないと思うのですが、それでもあれだけ集まって、驚きです。更に、それぞれが手に持っている光を一斉に消したり点けたりして、これもまたその統制に驚かされます。当然、ツイッターなどのSNSを使って、同時一斉に一対多でコミュニケーションを取っているのでしょう。

 

 デモの在り方も、この数年で大きく変わったのでしょう。私は好奇心旺盛で、何でも覗きに行くタチですが、デモはそうもいきません。しかしあの100万人の群衆がどのようにコミュニケーションを取っているのか、その実態には興味があります。違う国だったら、SNSでのコミュニケーション自体をブロックしたでしょうか?お国柄も出ますね、色々な所に。今回の「投了」の行方に注目したいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-28 21:00:00

筋肉痛

テーマ:ブログ

 今日は珍しく筋肉痛です。昨日はマネックスカップという社内のゴルフ大会だったのですが、慣れないことをしたからなのか、ちゃんとそれなりに体を使ったからなのか、ゴルフのあとに家でストレッチをしたからなのか、適度な筋肉痛があります。なんてことを云ってたら、昨日一緒だった社員に、「昨日は寒かったからですね。私も珍しく筋肉痛があります」と云われ、密かにちっぽけな充実感を持っていた私はガッカリしてしまいました。なんだ、そう云うことだったのか。

 

 しかし筋肉痛になったり丁寧にストレッチをしたりすると、こんなところの筋肉を使っていたのか、或いは使っていなかったのか、と気が付きます。ストレスを掛けると見えてくるものがある、と云うのは、何事にも共通することです。或いはまた、見えてくることから逆算して、何がそれ(物事である場合もあるし、人である場合もあります)に対してストレスになるのかも分かることがあります。

 

 マーケット関係に話を振ると、アメリカではトランプ氏が、少なくとも正式に大統領に就任するまでは、ツイッター等でふんだんに情報を提供してくれているので、マーケットが何を気にしているかとか、或いは彼が何を気にしているかを読み解くヒントが多いように感じます。筋肉痛を感じながら、そんなことを思ってしまうのでした。変態ですかね?

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。