1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-24 21:00:00

赤と青

テーマ:ブログ
 ブルームバーグ社のUK離脱に関するリアルタイムの地区別状況を見ていると、投票区ごとに離脱か残留かで色分けしていき、中々興味深いものでした。明日はマネックスグループの株主総会のため、今日はつぶやきを早めに書いているのですが、今これを書いている正午過ぎで、ほとんど勝敗は付きました。離脱です。

 ブルームバーグ社のサイトでは、離脱は赤色、残留は青色で投票区を塗り潰しているのですが、スコットランド、北部アイルランドとロンドンだけが青色で、後はほとんど赤色です。ザックリ云って、青色地域は残留6割・離脱4割、赤色地域はその真逆で、残留4割・離脱6割です。因みに青色地域は、ロンドン・エジンバラがあり、金融センターです。

 この地図を見ていると、大西洋を渡った大国の地図を見ているような気もしてきました。アメリカでは青色は民主党、赤色は共和党です。イギリスの地図を時計と逆回りに90度回すと、左、即ち西に大きな面積のカリフォルニアがあり、右・東に小さな面積のニューヨーク・ボストンがあるようです。イギリス同様、限られた地域、金融やテクノロジーで進んでいるニューヨークや西海岸のみ青色、即ちヒラリーが勝ち、大体の内陸部は赤色、即ちトランプが勝つことを暗示しているような。むーん。

 しかしこのUK国民投票、事前予想より遙かに大差を付けて離脱派が勝ちそうですが(注:この原稿を書いている時点。この後、離脱が決定しました)、それでも尚、残留派が約1600万人もいます。禍根を残さないですかねぇ。ロンドンとスコットランドだけ独立してEUに残りたいなんて云い出さないでしょうか?直接民主主義の二者択一投票は水ものです。現代のように複雑に利害が絡み合う時代に、二元論的政治決断は最善の方法でしょうか?色々と考えさせられることがありますね。それではまた来週。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-23 21:00:00

シェルター

テーマ:ブログ
 先日、ベルリンの難民保護施設=シェルターを訪れる機会がありました。シリア人を中心に多くの国からの子供から大人まで、150人くらいがいるシェルターでした。テニスコートの上に、かまぼこ形のバルーンで作られたシェルターは、外から見るとイベント会場のようです。シェルターの中は清潔で、秩序が保たれており(さすがドイツ!)、数名の常勤の職員と、ボランティアによって運営されていました。運営費は主に市から出ているとのこと。

 シリアからの難民、ボランティア、職員と順番にゆっくり話も聞きましたが、例えば自国内で災害が起きた時に、自国民同士が支え合っているような、そんな印象を持ちました。自分にここまで出来るかな。そんな自問をする経験でした。

 さて、今晩はブレグジットの国民投票です。それについてどう思うかは昨日のつぶやきで書きました。今日・明日は色々楽しみですね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-22 21:00:00

国民投票

テーマ:ブログ
 ブレグジットを問う英国国民投票まであと1日となりました。さてどうなることやら。マーケットは、残留か離脱か、それぞれのケースでどうなるかを考え、それにそれぞれのケースの確率を掛けて期待値を出して、価格を形成してます(その筈です)。なので結果が出れば、片一方の期待値が剥がれますから、マーケットは必ず動きます(その筈です)。

 ただ、どちらに転ぶかに目が行き過ぎて、それぞれのケースで経済やマーケットがどうなるかに対する注意が足りなくて、単純なモデルを考えがちなので、実際に結果が出ると、一旦大きく動いた後に、正しいモデルを(価格を)探して、そこから更に彷徨うことになるかも知れません。初動に対して揺り戻しが起きることもままあります。トレーディングをするには楽しい環境です。

 この時点では残留か離脱か、拮抗している状況です。アメリカもトランプかヒラリーか分かりません。英国がEUに残留してヒラリーが米国大統領になる世界と、離脱してかつトランプが大統領になる世界が、背中合わせで、どちらでもあり得る状況に、今我々はいます。無茶苦茶ですなぁ。一旦後者に行ってしまうかも知れません。

 それでも世界は回る。地球が回り、四季が来るように、行き過ぎれば戻ってくる。そんなもんでしょう。多くのことは、思うほど大変ではないものです。さて、ビールでも買って、見物の準備を始めましょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-21 21:00:00

生命の起源

テーマ:ブログ
 私は生命は宇宙から来た、という謂わば地動説を信じていますが、そのことを或る意味裏付けるような発見がありました。東京大学のチームの発表によると、地球から約400光年離れた、生まれたばかりの恒星である「原始星」の周りに、メタノールなどの有機物で出来た大量の分子がリング状に分布していることを発見したとのこと。

 つまり、或る星の上で有機物が誕生したのではなく、宇宙のどこかで出来た有機物が移動して或る星の周りに分布したということです。やはりそうか!確率的には当たり前です。

 有機物が宇宙空間を移動することが確認出来れば、地球上の生物も宇宙から移動してきた可能性が高くなるでしょう。ま、それがもし明らかになっても、すぐに何かが変わる訳ではないですが、私たち人間を含む地球上生物を科学する上で、重要な一歩を踏み出すことになるでしょう。

 しかしこの手の話を聞いていつも思うのですが、電子望遠鏡で何光年も先の空間の有機物とか酸素とかの存在を確認するのって、どういう方法を使っているのでしょうね。興味津々です。いつか時間がある時に、調べてみたいと思います。宇宙って面白いですね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-20 21:00:00

シャッフル

テーマ:ブログ
 マーケットは反転しました。BREXITもアメリカ大統領選も、取り敢えず今日は、潮目が変わったように感じたのでしょう。しかし二者択一って、乱暴ですよね。さてどうなることやら。潮目や風を感じることが大切です。さて今日は音楽の話。

 私は音楽を聴くのが好きですが、ウルトラ雑食であることは、前に何度も書きました。ジャズ、ロック、クラシック、ポップス、歌謡曲、なんでもあれです。どのカテゴリーにも入りにくいようなものも聴きます。それらが一杯、iPodに入っています。二千曲ぐらいでしょうか?飛行機に乗ると、ノイズリダクション・イヤホンをして、このiPodを全曲シャッフルで聴きます。国際線だと時間が長いので、特定のアルバムとか一々選ぶもの億劫だし、一方同じ人ばかり聴いてても飽きてしまうので、全曲シャッフルとなるのです。

 延々と聴いていると、元々好きな曲ばかりですから耳に心地いいのですが、「お!これはいいね!」と感じるのは、特定の人たちです。誤解しないでいただきたいのですが、入っている曲は皆いいのです。どれも好きなのです。ただ特定のアルバムは、いい意味で耳に付くというか、聴覚に刺激を与えるのです。それは、マイルス・デイビスのビッチェズ・ブリューと、ピンク・フロイドのウマグマと、エリック・クラプトンの461オーシャン・ブルバードと、ジミ・ヘンドリックスのエレクトリック・レディー・ランドと、そしてビリー・ホリデイです。

 これらは、音自体から違う気が、私にはします。ビリー・ホリデイは存在自体がそんな感じで、アルバムに関係ありません。声ひとつが、もう楽器で、音楽を奏でています。そして上に挙げた他のアルバムも、音ひとつからが、全然違うのです。ま、あくまでも私の個人的な感覚ですけどね。しかしこのことは、シャッフルで聴かないと気が付きません。何ごとも比較してみることは、色々な発見がありますね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-17 21:00:00

お休み

テーマ:ブログ
 今日の東京は、朝からカラッと夏らしい天気になり、とても気分のいいものでした。それが原因とは思えませんが、久し振りに株価も上昇し、マーケットも今日は晴れたかな、という感じでした。

 この天気と気分、気分と投資行動、とは、やはり何かしらの関連があるように、私には思えます。しかしここでいう晴れは、昼の晴れであり、夜の晴れではありませんから、マーケットが24時間オープンに変わっていくと、そんなとこでもマーケットは変質していくかも知れません。休めないマーケットというものは、それはそれで困ったものである場合もあります。

 BREXITの行き先はいよいよ混迷を極めてきましたが、週末はマーケットがお休みになります。ほっ。今週はマーケットを見ていて疲れました。良い週末をお過ごし下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-16 21:00:00

弾力性

テーマ:ブログ
 マーケットが弾力性を失っています。UKのEU離脱問題、テロ、日米中央銀行の動き。それら全てにマーケットが怯え、何かあればリスクを外すという行動パターンになっているように見えます。マーケットが一方向に或る程度動けば、その動きは反転するだろうと考えて逆張りをする投資主体が出てくるものですが、今のマーケットの中には、そういう主体がとても少ないように見えます。理屈で考えると、いずれ巻き戻しが起きて反転するように思われますが、マーケットは理屈で動くものではなく、むしろ動きたい方向に動くだけなので、流れがある間は逆らうのは難しいものです。

 かのブラック博士は、マーケットのことを、象の大群が走っている時にはそこに出て行っても踏み倒されるだけだ。群れが通り過ぎた後に出て行かねばならない、と説きました。今は、この流れ・群れが去るタイミングを計ることが肝要ですね。しかしそれはそんなに遠くのことでもないでしょう。耳を澄ましたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-15 21:00:00

持つべきものは

テーマ:ブログ
 持つべきものは友達である、との言葉があります。最近、友達がいないおじさんが延々と迷走したあげく、本人にとっても最悪の形で一応終わりを見た事件がありました。何とも醜いものでありました。解説の多くで、その人には友達がいないので、いま周りにどのように見られているか、自分の置かれている状況がどうなのか、見えていないのだと語られていました。

 しかしなぁ。どれだけ友達というか知り合いが少ないのだろう。声なんて、友達がいなくても、ネット上でいくらでも聞ける訳で、結局は友達が少ないのではなく、聞く耳を持ってないのでしょう。持つべきものは耳ですかね。

 そういえば、驚きの会見をした地方議員のNさんも、今回の方も、会見中に耳に手を当てたりしてました。聞く気がないことのカムフラージュでしょうか。聞く、読む、肌で感じる。大切にしたいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-14 21:00:00

刑事政策

テーマ:ブログ
 私は大学時代、全く授業に出ない最低の学生でしたが、パラパラと教科書はめくったことがあります。法学部という、これまた私としては選択を明らかに間違った学問で、中々興味を持てなかったのですが、そんな中で唯一、”或る程度”読んだ教科書が、刑事政策でした。

 刑事政策とは、刑法など関連する諸政策やそれを論じる学問で、実際の刑法が機能するための制度や、実際の犯罪の予防・対策などを、犯罪の実際や実務の動向を考慮した上で研究するものです。

 日本は比較的、刑事政策が成功している国だと思います。一方最近アメリカで起きた事件では、それに対する米国を代表する要人たちの発言を聞いていると、刑事政策的な視点が足りないような気がします。

 平和って、本当に価値がありますよね。アメリカがもっと平和になることを切に願います。
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-13 21:00:00

ソニービル

テーマ:ブログ
 銀座のソニービルが来春で営業を一旦中止し、解体、2020年まで銀座ソニーパークとしてフラットな空間を提供し、2022年秋に新ソニービルの完成・営業開始をするとのこと。そうかぁ、中々感慨深いものがあります。

 ソニービルの竣工は1966年春。私が初めて訪れたのは多分その直後、もしくは1年後くらいで、もしかすると私のもっとも古い幼少期の記憶かも知れません。歩くと音の出る階段が人気でとても混んでいて、本当に音が出た時には驚きまくった記憶があります。確か近くのパーラーに連れて行ってもらい、焼きリンゴなる当時の私には意味不明で不思議でとっても都会的・国際的・文化的な食べ物を見て、ソニービルと共に、大きな衝撃を受けたことを憶えています。

 マネックスを創業する直前には、よくソニービルの中で、創業時に50%出資下さったソニーの役員の方々と、ミーティングを開きました。当時の私には、幼少期と同様、ソニービルは高嶺の花というか、なにか遠くて高い所にあるものの雰囲気を強くまとっていました。

 1999年8月24日晩、マネックスの開業記者会見の前夜、ソニービルの壁面に、当社のあのマークとGiant Stepと書かれた大きな懸垂幕が掛けられました。私は同僚と共に、夜の数寄屋橋交差点に行き、その光景を見て、これから起きるドラマの前触れを感じながら、大きく心を躍らせました。

 その後も、ソニービルとの縁は深くなり、普通の人の知らない出入り口を使うこともあったり、ビルの関係者とも顔馴染みになったり、地下駐車場まで続く深い構造などにも自然と詳しくなりました。一時期、ソニービルの4階に、マネックスラウンジなる小さなスペースも運営していました。懸垂幕は都合(確か)4回掛け、一階の晴海通り沿いの広告スペースにも広告を出した時期もあります。マネックスセゾンカードが出来た時、当社以外の人と初めて私のマネセゾカードを使ったのも、ソニービルの中のイタリアンレストランでした。

 ソニービル、思い出が一杯だな。来春まではまだ時間があるので、色々と再訪してみたいと思います。また新しい文化・情報の発信起点になることでしょう。未来が楽しみです!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。