1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-22 21:00:00

お祭り

テーマ:ブログ
 お祭りや野次馬は江戸っ子には欠かせない性質。私は純正の江戸っ子ではありませんが、まぁ認定東京っ子として、早速昼休みにポケモンGOをダウンロードしてみました。その中身云々の前に、このお祭り感がたまらないですね。もちろんこれは東京に限る由もなく、全国的な、いや全世界的なノリでしょう。

 しかし、どうせ獲るなら本物の生きモノを獲りに行きたいなぁとも思います。歌の「故郷」のように、クワガタを捕まえ魚を釣った日々がちょっと懐かしいです。世界的にも普段家にこもっている人々が大量に外に繰り出しているようだし、暫くは、このゲームから派生するものも含めて、様々なお祭りが続くことでしょう。

 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々。楽しみます!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-21 21:00:00

新卒大量一括就職システム

テーマ:ブログ
 我が国が、グローバルスタンダードから外れている最たるものは、年功序列ではないでしょうか?プロのスポーツチームが年功序列でオーダーを決めたら試合に勝てる訳がない。これは誰が考えても分かります。組織が勝つためには、能力に応じたオーダーを作るべきです。ところが日本社会では、年功序列が長く幅をきかせてきました。

 年功序列の最たる組織は官僚組織です。なので監督官庁が存在する業界ほど、年功序列が強くなります。何故なら同級生・同期生が段々と偉くなっていくので、規制される側も同じように組織を作った方が、監督側との付き合いが上手く行くと感じられるからでしょう。当然ですが、規制業種以外にも、国・地公体をクライアントとする業界も、同様のことが起きがちになります。

 この年功序列を支えているのが、新卒大量一括就職システムだと私は思っています。新卒大量一括就職システムがあるので、社員は「何年入社」「年次」という得も云われぬラベルを貼られます。本人の努力・能力とは全く関係ない「年次」が、一生付いて回ります。それは単に入社した暦年だけでなく、我が国においては年齢を暗に示唆しており、誰が先輩であり後輩であるかを、ザックリと、しかし強烈に定義します。これが年功序列システムを支えていると思います。

 我が国で最もグローバルスタンダードから外れているものは、その意味で、新卒大量一括就職システムかも知れません。真剣になくした方がいいですよね。そんなことを思うキッカケがあった、昨日と今日でありました。
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-20 21:00:00

スマホを捨てて街に出よう

テーマ:ブログ
 毎日々々忙しくて、てんてこ舞いです。要領が悪いんですね、私は。仕事は増える一方な気がするのですが、兎に角スマホやPCの画面を見ている時間が長いです。メールの返事書いたりニュースを読んだり。もっと人の顔を見たり、街を見ないといけないと思います。思い立ったが吉日、今日は移動の時間に、ちょっとでも窓の外を眺めてみました。

 忙しい人がいる一方で、公園の木陰で涼しげに読書をしている女性もいました。暑い中、意外に多くの人が歩いていて、しかもそれが実に様々なタイプの人たちで、一体みんな何をしているのだろう?と興味が湧きました。お店も色々なお店がある。都知事選の看板が、どこか虚しく立っていて、そこに貼られた数枚のポスターも、それぞれの候補者に関して大して詳しい訳ではありませんが、随分違う性格で様々な政策を唱えていたり、或いは政策がなかったりで、まぁ本当に街中ってあらゆることがごった返しているなぁと、改めて思いました。街からビルに入り、今、或る会議に出席しているのですが、みんな違う顔で、性格も色々に違いないと考えると、本当に街も人もダイナミックで刺激に溢れています。

 スマホを捨てて街に出よう。寺山修司みたいですが、いいフレーズです。実践します!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-19 21:00:00

日本のメディア

テーマ:ブログ
 トルコでのクーデター未遂事件。英字メディアでは連日、というかリアルタイムでバンバン情報を流していましたが、日本語メディアではのんびりとしたもので、1日遅れ、早くても半日遅れぐらいで、ポロポロと限定的な情報が流されている程度でした。今回は、その展開が速く、30分、1時間あたりで状況がめまぐるしく、そして大きく変化していたので、いくつかの日本語での報道は滑稽な感じさえしました。

 恐らく昔もそうだったのでしょう。しかし今は英語を読めば、特別なテレビ等がなくとも、活字メディアがリアルタイムで情報を供給してくれるので、誰でも世界標準の情報を得ることが出来るようになり、日本語メディアの偏りが大きく目立ちました。もう少し変わらないといけないですねー。今日も新聞休刊日だしなー。ま、そんなことを“またも”思った週末でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-15 21:00:00

テロが止まらない

テーマ:ブログ
 テロが止まりません。本当に悲しいことです。被害に遭われた方々の御冥福をお祈りすると共に、御家族などのお気持ちを考えると、本当に辛くて言葉が見つかりません。同時にこれからの時代、自分の身の安全は自分でも気を付けて確保するよう努めねばならないと思うに至りました。何が出来るか分かりません。しかし何か出来るかも知れない。リスクを分析して、リスクの高そうなところを避けるとか、マクロ的にもミクロ的にも、出来ることは何かしらあるかも知れません。

 一方、もちろん世界中のどこにも完全な平和な所などありませんが、比較的かなり安全な場所は、その価値はとても高く、その安全性は評価されるべきであるし、その安全性は真剣に維持するよう努めるべきだと思います。世界のメガシティの中で東京は、数少ない比較的かなり安全な場所でしょう、今のところ。この今のところというのが肝で、これは不断の努力が必要だと思います。警察などの実力の他に、文化とか、社会的相互監視とか、色々あると思うのですが、東京の場合にはテロとは違う地震というリスクもあるし、対応すべきことは盛り沢山ですね。

 いずれにしても、リスクというものを感じる世界になってきていることは嫌ですが、目を背けないようにしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-14 21:00:00

あい

テーマ:ブログ
 あいとはLOVEのことです。経営者は、経営するのが仕事で、情を持つのが仕事ではありません。然しながら、やはり会社に対して、これはお客さまだったり社員だったり理念だったり、そしてもちろん株主だったり、広く曖昧な意味ですが、この会社に対して愛がなければいけないと思います。愛があっても、即ち経営は出来ません。しかし愛はあるべきだと思います。

 政治家も、特に地方公共団体の首長となる人は、これも当該地公体に対する愛情だけではその仕事は務まりませんが、しかし当該地公体に対する愛がなければ、やはりその仕事は務まらないと思います。少なくとも、当該地公体の住民は、首長に愛がなかったら、可愛そうだと思います。そんなことを感じる今日この頃です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-13 21:00:00

お手紙

テーマ:ブログ
 今日、八十五歳になられたお客様から、御礼の直筆のお手紙をいただきました。こちらこそ本当にありがとうございます。直筆の手紙とは、いいものです。私は、現代に於けるこの年齢の人間としては、平均よりも直筆の手紙を書く方でしょうか。とっても少ないですけどね。

 思い出に残る手紙というものがあります。自分で書いたもの、自分宛てに書かれたもの、私のために他人宛てに書かれたもの。しっかりとした書式で便箋・封筒によるものから、一筆箋とか、或いは簡単にメモに書かれたものまであります。以前、飲み代の割り勘を翌日に現金書留でいただいて、その中に小さなメモ書きがあってその方の温かい心を強く感じたこともありました。

 手紙は、形ではなく、気持ちなのだと思います。気持ちを届けるためのコンテナ。大切にしていきたいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-12 21:00:00

行ったり来たり

テーマ:ブログ
 政治家って変わってますね。片や東京都知事選は、色々な人が出てきてビックリしますが、片やイギリスに於いては、国民投票に勝った離脱派のリーダー達も、今度は首相選の対立候補も、サッサといなくなっていき、これもビックリです。これは日本人とイギリス人の性格・民族性の比較分析の材料として使えるでしょうか?

 イギリス人の方がより個人的な楽しみ・日々楽しい人生を大切にする?或いはイギリス人の方が、やはり近代政治・民主主義の発祥の地だけあって、政治的リーダーになることに対するプレッシャーが高いのでしょうか?やっぱりイギリスの方が、少なくとも過去には、立派な政治的リーダーがいたのかなぁ。誰でも出来るとは思ってないのかも知れませんネ。

 いずれにしろ、このようなことが起きたりもするので、マーケットは行ったり来たりします。昨日・今日も大きく動きました。動きが激しいので、売りと買いを絡ませたアクティブなヘッジファンドなんかも投資対象として気になります。当社では最近、アメリカのBATS上場の、ヘッジファンドETFなども、主要オンライン証券で唯一取扱いを始めました。御興味のある方は御覧下さい。最後
は営業になって失礼しました!
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-11 21:00:00

いずれ国民投票か

テーマ:ブログ
 参院選は、皆さま御存知の通りの結果となりました。すると突然、憲法改正が各紙朝刊のトップの見出しとなり、大ニュース用に横に寝ましたが、昨日までの報道内容から考えると、少々違和感があります。と云いますのも、世界中で第二次大戦後憲法の修正を行っていない国はほとんどありませんから、私は憲法改正を頭ごなしに反対する気はありませんが、この問題については各政党は選挙前にあまり語らず、マスコミも選挙後から大きく採り上げるようになっていて、今後のことを考えると、大きな改善が望まれるエリアだと思うのです。

 ブレグジットでも明らかになったように、国民投票と云う民主主義に於ける大砲のような手段を使う前に、くれぐれも入念に、予めその投票の意味を、広く深く国民に理解してもらわないといけない訳で、選挙や投票を巡るメディア各社の今後の対応は、待ったなしで改革されていくべきだと思います。例えば選挙前日の土曜日に多くの特番が組まれれば、投票率も上がり、選挙ももっと意義のあるものになるかも知れません。

 日本に於ける実質的に意味のある国民投票の実施が、絵空事ではなくなった日。それが昨日だと思います。我が国の民主主義、それは間接民主主義・議院内閣制だけど、直接民主主義・国民投票もあると云う、どこの国も一般にそうですがハイブリッドな仕組みになっている訳ですが、この作用を良く理解し、適切に機能させていく努力が国全体で必要だと強く感じた、昨日と今日でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-08 21:00:00

新時代のポートフォリオ運用

テーマ:ブログ
 マイナス金利なんておかしい、あり得ない、なんて云う意見もありますが、私はそうは思っていません。世界の中央銀行は、恐ろしいスピードでせっせとお金を刷り、流動性を供給してきました。大量的緩和です。そうして世界中に”お金”と云う、流動性とよく云われますが、モノと云うか、それは価値交換手段や価値を計る手段であって、本来は価値そのものではないのですが、短期的には価値にもなる、何とも云えない存在を、大量に供給してきました。出し過ぎちゃったので、マイナス金利にして少し吸い取っても、なんら不思議ではないようにも思うのです。

 然しながら、このような環境では、”お金”と云うものは、価値を保存するモノとしては、前よりもその性能が劣化してきているように思われます。今まで以上に、或いは今までと異なって、価値を保存し、殖やす方法を、新たに考えていかねばならない時代でしょう。預金、株、債券、外貨。今までのポートフォリオ運用と云うとこの辺りが主要な手段・要素でしたが、これからはもっともっと違う資産タイプや、或いは資産でないモノも活用して、価値を維持しないといけないと思います。新時代のポートフォリオ運用ですね。マネックスでも、それが何か、考えていきます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
松本 大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。