美的な押し花・カリグラフィー・花生活

輪湖もなみ公式ブログ。植物の力を生活に取り入れる進化した押し花ボタニカルプレスアート。アフターブーケ保存のプレストブーケ(ブーケの押し花)を制作しております。東京のサロンで押し花教室、カリグラフィー教室を開催中。材料やキットも販売しています。

NEW !
テーマ:
こんにちは。ボタニカルプレスアート作家の輪湖もなみです。

今週はプレストフラワーレッスンで、押し花あり生花ありと

様々な作品が出来上がっています。

こちらは、プレストブーケテクニカルレッスン第1回のKさまが作った、

生花のウエルカムボード装花です。


「ぶどうの葉」のグリーンの葉の陰にかくれて、

ごく小さいぶどうがちゃんとついています ^^

ナチュラルであまりに素敵なボードだったので、

Kさま以外の生徒さんもみなさん激写!していました(笑)




ところで、ウェルカムボードって花が額にどんなふうにくっついているのかご存知ですか?

造花ではありませんので、当然保水をしっかりしなくてはいけません。

また結婚式のゲストを迎えるためのものなので、

屋外で雨や風にさらされる環境で飾らなければならなかったり、人がぶつかったり、と

いろいろなアクシデントにも耐えうるような、しっかりしたつくりにしておく必要もあります。





なぜブライダルブーケの押し花のレッスンなのに、

生花のウェルカムボードまでレッスンするかというと

せっかくブライダルの世界に身をおいてお仕事をしていこうとするなら

ブライダルフラワー全般について、色々な知識を身につけておいていただきたいからなんです。



たまにお客様から、ブーケでなくウエルカムボードのお花をプレストしてほしい

といったご注文もいただきますが

いざ現場に行って、額から花がはずせずまごまごしているわけにはいきません。

こんなときも、一度でも自分で作った経験があれば慌てず作業をすることができます。


また、カリグラフィーとお花が両方がプロレベルでできるようになれば

それだけお仕事につながるチャンスも大きくなるわけです。






レッスンの名前は「プレストブーケレッスン」ですが


生花ブーケも、ブートニアも、ウェルカムボードも

または高砂席のお花からテーブル花まで

ありとあらゆるウェディングフラワーに関することを

ぎゅぎゅぎゅっと詰め込んだ内容になっているはずです。




ウェディングの世界で、本気で何かしてみたいと思っているかた、

宿題のたくさん出る(笑)「プレストブーケレッスン」に

ぜひチャレンジなさってみてください!





今なら初回限定押し花ラベルつき♪



§お気に召していただけたら応援ポチを♪   いつもありがとうございます§

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは。ボタニカルプレスアート作家の輪湖もなみです。

今週の3連休から年末まで、今年最後のブライダルのピークがやってきます。






今年、とても流行っていて1ヶ月に1回はお預かりするかすみ草ブーケ。

一昔前はブーケで見かけることはほとんどありませんでしたが

かすみ草のあのクセのある香りが全くない品種が登場したことで、流行りだしたそうです。

小花がたくさん集まりふわりとしたエアリーなブーケ、すごく可愛いです。

もちろん、プレストブーケの押し花の出来も上々です ヾ(@°▽°@)ノ



この仕事は、著名なフラワーデザイナーが作る

素晴らしいブライダルブーケをたくさん見る事ができ

ブーケの最旬の流行もわかる。

花の仕事に携わっているんだな~と実感できます。

作業は地味で大変ですが・・(^_^;) 






今シーズンから、プレストブーケレッスンを卒業し

新たにプレストブーケデザイナーに加わってくれた新戦力も数名います。


ウェルカムボードをはじめ、様々なアイテムを手作りするご新婦は大勢いますが

プレストブーケだけは、プロじゃないと絶対に作れない!

それだけにたいへん希少価値のある技術と言えると思うのです。



お花屋さんに比べ、全国でも作れる人がとても少ないので

この技術を習得したのち、各地域で独立開業する方もおおぜいいます。




ご興味をお持ちの方は、ぜひモナミアンドケイHP「スクールレッスン」をご覧くださいね。

プレストブーケデザイナーになるための道筋を詳しくご紹介しています。









今なら初回限定押し花ラベルつき♪



§お気に召していただけたら応援ポチを♪   いつもありがとうございます§

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは。ボタニカルプレスアート作家の輪湖もなみです。

今週はカリグラフィーレッスンウィークです。


お花とカリグラフィーの教室 シンシア先生が書いているのは

「アンシャル体」という、古い書体。

二世紀ごろにローマ帝国で非常に影響力を持っていたカトリック教会の

公式書体として用いられた、歴史ある書体です。






文字部分だけでなく、周囲の飾り部分もすべて手書き。

スタジオには私がコレクションしているカリグラフィー関連の書籍がたくさんありまして

その中の一つをモチーフとして、ご自身でデザインしていただきました。

秋らしくぶどうの葉っぱ模様。

シンシアさんのブログでも、楽しく詳しく書いてくださってます♪

 →★ 「カリグラフィー果敢にチャレンジ」




最近押し花やカリグラフィーのレッスンにお越し下さるかたで

目立って増加傾向なのが、プリザーブドの先生。

お花をひとつひとつ開花させ、ワイヤリングしてデザインして・・という

手作りのクラフトワークに押し花やカリグラフィーを組み合わせ

特別な手作り感を演出したい、という方が

シンシア先生の影響からか?! 続出中です ^^




上の記事のように、ボックスにいれたプリザーブドに添えたり・・

カリグラフィーと花冠を組み合わせたり、

★ 花冠新旧2種類作っちゃうレッスン@松村工芸

アイディアもりもり~~。ヽ(゚◇゚ )ノ  

デザイン次第で展開は無限大ですね!





手作り品の温かさに、手書き文字はとてもよくマッチし

貴女のクラフト作品を、よりいっそう輝かせる事と思います♡





今なら初回限定押し花ラベルつき♪



§お気に召していただけたら応援ポチを♪   いつもありがとうございます§

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード