ぐ~たらアメリカ生活

毎日、ぐ~たらに過ごす主婦のアメリカ生活情報のブログです。

遊びに来ていただき、ありがとうございます。


アメリカ中西部で、まったり、ぐ~たらに過ごしている


主婦の日記です。

色々な事を書いております。


どうぞお付き合いくださいませ。





テーマ:

私の父は日本におりましたが、いつ急変してもおかしくないくらいの

病気を抱えており、数年前から気がかりな状態でおりました。

先月、私と一緒の骨折をしてしまい、しばらく大きな病院に入院。

その後、地元の病院に転院して5日、、、

抱えていた病気が急変し、とうとう旅立ってしまいました。

 

その知らせを聞いて、急遽日本に帰国。

それでも時差の関係もあって、父の死後2日遅れで日本に到着。

私は一人っ子だし、親戚中が一目父に合わせた方がいいと配慮をしてくれて、私が帰るまで火葬を待っていてくれました。

2年前に会った父とは随分変わってしまって、もう私が知っている父ではなくなってしまっていたけど、それでも父の亡骸に会えてよかった。

家族葬にして、こじんまりと葬式も済ませ、父を送り出せました。

 

父の家、、まぁ、私の実家ですが、やはり年寄りの家と言う物はすごいですね。体の調子も悪かったと言うのもあったとは思うけど、とんでもないけど、私なら住めないレベル。

しかも寂しかったのか、近所の野良猫たちにえさを与えていたようで、猫達がうようよしていて、とんでもない事に・・・。

 

帰国した時から私の体調が悪く、通夜や火葬時、葬式から頭痛がひどく、薬を飲んでも効かない状態。時差ぼけや疲労もあり、食欲もまったくなく、日に日にげっそりする中、父の家の片付けを始めた私。

でももうどこから片付けてよいやら、お手上げレベルな状態で、一先ず父の服から手をつけました。ゴミ袋30袋。ただこれ、まだ一部。

私もアメリカに戻らねばならず、残りは親戚の人たちにお願いしてきました。

 

また色々な父の保険や役所関係の手続きも私ができる範囲でしてきましたが、もう日本に住民票等がない為、印鑑証明や謄本を取る事もできず、そこでまた手間がかかり、父の弟の叔父に頼むしかなく、娘なのに日本に住んでいない為にできない事が多かったです。

 

祖父母、両親のこれからの供養の事をお寺の住職さんにも相談し、

また実家の処分もどうするかを叔父とも話しをし、父の1周忌が過ぎたら、動いてもらうように手配してきました。

本当に親戚中に迷惑や世話をかけてしまっていますが、まだまだやる事はあるけど、こちらに戻ってきました。

 

空港で私を迎えにきた主人、私を見て一言、痩せたな。と・・・。

もうこれで毎日不安な日々を過ごす事がなくなりました。電話にびくびくする事もないでしょう。両親の面倒をまったく見れなかった親不幸な娘だったけど、私からしたら子供孝行な両親で感謝してます。

 

父さん、母さんにそちらで会えましたか??

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。