モモマルのスタホ手帖

スタホ3の発動馬記録や育成記録を載せていくヨ。

モモマルは、進撃で培ってきた経験を活かし、新チームを立ち上げました。コンセプトは「より多くの人にプレミアの興奮を」。コンセプトの詳細は、以下よりどうぞ。

進撃脱退 ―僕が目指すもの

・3.5万枚以上の殿堂馬を持っている人
・約束はちゃんと守る人上記を満たしていれば、別チームとの掛け持ちもOKです。
募集要項は以下の記事をどうぞ。

新構想‐メンバー募集

テーマ:


セメテサンマンネライ号
阪神JF1人気1着
WM 4.3倍3着(5.039)
WS 3.8倍1着
SW 4.1倍1着
WD 1.2倍1着
SW 2.7倍1着
WD 1.2倍1着
SW 1.8倍1着
WS 1.2倍3着
WS 1.3倍1着
SW 2.5倍1着
10戦8勝 28500枚

WM 1.2倍3着
WS 1.3倍3着
WS 1.3倍2着
SW 3.5倍1着
WS 1.3倍1着
SW 3.1倍1着
WS 1.3倍1着
SW 1.9倍2着
WS 1.3倍2着
SW 2.5倍2着
11~20戦 4勝17000枚 計45500枚

WS 1.3倍1着
SW 2.7倍1着
WS 1.3倍1着
SW 2.2倍2着
WS 1.3倍1着
SW 2.6倍5着
WS 1.5倍1着
SW 2.9倍2着
WS 1.2倍1着
SW 2.8倍4着
21~30戦 5勝17000枚 62500枚
WS 1.6倍2着
SW 3.1倍1着
WS 1.2倍2着
SW 3.0倍2着
WS 1.2倍2着
SW 3.6倍2着
SW 2.8倍1着
WM 1.4倍1着
SW 3.6倍1着
31-39戦 4勝20200枚 計 82700枚

43戦26勝
S成績 10-6-0-2/18
W成績 12-5-4-0/21

先月のダースモール号に続き、2か月連続の8万枚フィニッシュ!
“2頭目”を出すことが大事、と最初から考えていたので、嬉しさ爆発です♪
7万枚手前で相次ぎストップし、見えない壁にもがいていた頃が嘘のよう(笑)。

典型的な「Sに強い馬」で初SからS6連勝し、大事に大事に使ってきました。
しかし、序盤は颯爽とSを勝つ反面、W3着も多く、何度絶望してきたことか。。。
W勝てば7万枚!という状況で2回2着になって焦りましたが、着実に積み増しました。
初Wの単ライドからすると、素質はやや物足りない感じですが、序盤でSコケがなかった分、素質持ちが良かったと思われます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

年納めが迫り、公私ともに慌ただしく、更新が遅れてしまい申し訳ありません。
今回の更新は賛否両論が吹き出しそうなネタを書こうと思います。

それは、スタホにおけるINとOUT、つまり制御に関する話です。
機械における制御を理解、そして克服できれば、、、
高額殿堂馬づくりの近道になりそうですよね♪

記事タイトルで「INの正体」という表現を使いました。
ここでいうINとはスタホ界一般で使われている言葉とは少し趣が異なります。
まずはその前提からお伝えしようと思います。

【世の中一般のINとモモマル的INの違い】
世の中的に「IN」といえば、
■調教■餌■配合
などに使うメダル量を指しています。
逆に「OUT」とは、
■レース獲得賞金
を指しています。

これを踏まえて
たくさんメダルを使って、
なるべくレースに出さない、ことでINが貯まり、
発動が成功する、
こんなストーリーが一般的かと思います。

ここで疑問が生じます。
上記のINの定義でメダルをたくさん使っても、
それに見合った賞金を明らかに得られない点です。

世の中的なINは10万枚でも100万枚にもなりますが、
OUTはそこまで大きな差にならない、
本当にINとOUTの定義は正しいのか?という疑問です。


試行錯誤の末にたどり着いた僕の結論は以下の通りです。
IN→獲得枚数の期待値(自馬出走時のサイド枚数×補正)+α
OUT→レース賞金+α

補足として書いていますが、
獲得枚数の期待値とは、自馬出走時のサイド枚数を補正したものと捉えています。

具体的に書きます。
王道馬がWBCに標準PO1.3倍で出走した場合のサイド枚数はおおよそ1600~1700枚。
これに店舗POで補正した枚数がIN。
仮に1600枚とします。
この状態で1着となれば2000枚払い出されますから、
1600-2000=-400枚のOUT超過。
2着となれば400枚の払い出しですから、
1600-400=1200枚のIN
という考えです。

つまり、
■調教■餌■配合その他で使ったメダルと払い出されるメダルで制御するのではなく、
使ったメダルによって作り出された素質と払い出すメダルで制御している、
というのが現時点の僕の考えです。

従来的IN測定:■調教■餌■配合その他で使ったメダル -賞金
モモマル的IN測定:サイド枚数 -賞金
従来的なINと僕の考えとでは、INをためる(=勝ちやすい状態をつくる)ためには、メダルを使うだけではダメで、メダルを使って積んだ素質で“負ける”必要性がある点が決定的に異なります。



【なぜサイド枚数に着目したのか】
どうしてこんな考えに至ったのか、少し経緯を補足します。

■調教■餌■配合その他で使ったメダルと、レース等で払い出されるメダルは直接的に制御の対象となっていない、という感覚は以前からありましたが、自分が無尽蔵に使った経験がないため、確かなことは言えない状況でした。

これが確信に変わったのは、
スタホ大会「Z-GAME」からです。
この開催にあたって、全国津々浦々のプレイヤーが
「オレは●十万枚入れて馬をつくった」など具体的な数値が開示されました。
その結果、入れた枚数と出る枚数にあまりに乖離がありました。


このあたりから僕はメダルをたくさん使えないアドアーズ千葉から移籍し、様々なことを検証し始めました。

そのうちの一つが「連帯率を下げるためにわざと負ける」です。
これは一部の人に信じられていることの一つで、僕の従来のプレイスタイルに反するものでした。

試行錯誤の結果、
連帯率そのものではないと検証し、その後に期待値と密接な関係のあるサイド枚数に着目し、各種データ収集の結果、記事公開に至っています。


【意味ある負けと意味のない勝ち】
読者諸兄の皆様からすれば、
「で、どうすりゃいいの?」
という話になると思います。

僕からお伝えできることは、
1.意味のない負けはない
2.意味のない勝ちはある
という2点です。

つまりは、
意味ある負けを積み上げつつ、
意味のない勝ちを極力減らせば、
高額馬が作りやすくなる、ということです。

積み上げた負けはどのような時間軸で還元されるのか、
ということについても、検証済ですが、まだこれは秘密。


ちょっとだけ僕が実践していることを書きます。
■初W、初S勝ち後に注意する
■早期の発動を見切る
■発動馬以外でレースに使える馬をちゃんと確保
■G1ではなるべく1着賞金に近づける2頭だし
(メダル節約する環境でないなら、低オッズ赤権W勝ちは絶対ダメ)
■裏ドバイ・香港を有効利用

長くなってきたので、今日のところはここまで。
リクエストが多ければ、続報を書くかも?!しれません。


【今後の予定】
■続・INの正体とは何か?
■果たして、パラメーターは競争成績に影響するのか?
■トーナメントのダメージは一体どれほどなのか?
■「マンノウォー?イラネ」という人に知ってほしいマンノウォー系の使い勝手


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログ更新再開を機にしばらく停止してきた厩舎の状況報告も復活させようと思います。

今のプレイ状況は以下の通りです。

【エース津田沼】
■モモマル厩舎
■ペッピイ厩舎
■ププ厩舎
→どれも均等にプレイ。

【アドアーズ船橋】
■モモマル厩舎
■ペッピイ厩舎
→気が向いたらたまに行く程度。

今回は津田沼のモモマル厩舎の現況を報告します。

1. 発動馬:チャリオラスカルン(ゴドル系)
朝日杯1着
WM 4.2倍7着
WC 4.3倍1着
SW 4.3倍2着
WL 1.3倍1着
SW 3.0倍8着
WL 1.3倍1着
SW 2.9倍1着
WL 1.2倍6着
WL 1.3倍1着
SW 3.0倍7着
10戦5勝 14300枚

WL 1.4倍1着
SW 3.6倍1着
WL 1.3倍2着
SW 3.2倍2着
11~20戦 8400枚 計22700枚 

実はこの馬、ゴドル、バイアリー、マッチェムのインブリを入れたヤリスギ配合。
相馬眼でパラを確認したところ、芝・ダ・右・左・坂・遠征・小回り◎という両パラの極み♪

しかし、負けるときは見るとこなく負けるという。。。
やり直す気はないので、稼ぐところまで稼がせます。


2. 発動失敗馬:ムテエロ(ゴドル系)
朝日杯1着
WC 4.3倍5着
WDT1 1.6倍3着
WC 4.6倍3着
WM 3.5倍2着
SW 4.5倍7着
WC 3.1倍2着
SW 4.3倍1着
SW 3.1倍1着
WM 1.2倍2着
SW 2.7倍2着
10戦2勝 12630枚

WD 1.3倍2着
SW 2.5倍1着
WM 1.3倍2着
SW 3.7倍8着
WM 1.4倍1着
SW 3.9倍5着
WM 1.5倍1着
SW 3.7倍3着
スプリンター 1.7倍1着
JC 1.2倍1着
11戦~20戦5勝11450枚 計24080枚
香港 1.2倍1着
シンガ 1.2倍1着
シンガ 1.2倍1着
計27080枚

序盤モゴモゴした感じながら、S2連勝したため、やめるにやめられない状況に。
しかし、S3着後に赤権が来ない状況に陥ったため、発動中止となりました。
S3勝しておきながら、こうなってしまったのはダメダメな見本ですね。。。


3. 素質足りない馬:エトランゼ(チューベローズ族)
阪神JF1着
英ダービー 2.3倍(割)1着
WS 3.8倍2着
レア株配合から発動を狙いましたが、思ったよりもオッズが弱く、発動中止。

4. 素質足りない馬:ムテコロ(ゴドル系)
朝日2着
菊 2.1倍3着
だいぶ使い込んだ発動失敗馬に怪物上を当てつけて再発動狙いましたが、素質が甘いうえ、初戦オッズも弱いため、終了。

5. ゴドホー(ゴドル系)
6. ピピー(ピピングズダム族)
両方とも大爆発配合の当たり馬をC回しした二代目。
性別が合うので、トレセンで回して配合予定。


厩舎全体が何となく噛み合っていない状況です。
唯一の発動馬はさあこれからというタイミングで流れを止められ、その他の馬たちは素質が微妙に足りないという。

今後は、5と6を配合して、牡馬なら3と、牝馬なら4と配合する方針。
2の馬はだいぶ使い込んでいるため、発動寸前くらいの馬を用意した上で再発動を狙います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今シーズンまで競争馬のパラメーターは
芝、ダート、重、スタートの表4種類のみ現役時に表示され、
引退後にスピード(SP)とスタミナ(ST)、瞬発力と勝負根性が判明する、というものでした。

が、今シーズンからは「怪物爆誕」演出またはアイテム「相馬眼」使用によって、SPとST以外のパラメーターが現役時代からわかるようになりました。

で、
この2枚の画像をご覧ください。







上記の2枚はどちらも僕の殿堂馬のパラ情報です。
撮影した時期が少し違います。
問題のパラは「勝負根性」。

○だったものが△になっています。
そして最終的な引退画面はこちら。




○に戻りました。
同じような現象が別の馬でも起きています。

つまり、
■レース結果
もしくは
■調教
によって、パラメーターは現役中すら変わりうるということです。

思い返せば、
これまで調教で迷ったら、
(ポリトラック)
を選ぶことがほとんどでした。

その結果、どうなったか。
直近の殿堂馬をみると、
8.0万枚→瞬発◎根性△
6.8万枚→瞬発◎根性○
6.7万枚→瞬発◎根性◎
6.7万枚→瞬発◎根性◎
6.6万枚→瞬発◎根性○
5.9万枚→瞬発◎根性◎
と見事なまでの瞬発偏重!

ちなみに、現役の発動馬(パラ判明のみ)の2頭も
瞬発◎根性○です(笑)。
おそらく、発動馬の調教だけでなく、歴代の底上げ馬の調教も塵積もってこういう結果になっているかと思われます。

ここまで偏っているのは異常なので、
最近はポリトラック主義を改めています(笑)。

みなさん、日ごろの調教の仕方にも気をつけてみてはいかがでしょうか。
今日はここまで。

【今後の予定】
■果たして、パラメーターは競争成績に影響するのか?
■INの正体とは何か? 意味ある負けと意味ない勝ち
■トーナメントのダメージは一体どれほどなのか?
■「マンノウォー?イラネ」という人に知ってほしいマンノウォー系の使い勝手
など。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
エヒメシンキューシャ
50120枚

二歳1着
WM 4.3倍3着
WC 3.9倍3着
WDT 1st 1.6倍2着
WDT 2nd 1.6倍1着
WDT 3.7倍1着
SW 5.4倍3着(割)
WL 1.6倍1着
SW 3.4倍1着
WL 1.3倍1着
SW 2.3倍2着
10戦5勝 15870枚

WL 1.3倍1着
SW 2.1倍1着
WL 1.3倍1着
SW 2.8倍1着
WT 1.3倍2着
SW 2.2倍3着
WC 1.5倍1着
SW 2.6倍1着
WC 1.3倍1着
SW 2.4倍6着
11戦~20戦 23650枚 計39520枚

WD 1.6倍1着
SW 2.8倍2着
WC 1.2倍1着
SW 3.0倍4着
凱旋門 1.2倍1着
WC 1.3倍1着
SW 3.3倍3着
ドバイW 1.3倍1着
WD 1.7倍4着
凱旋門 2.4倍5着
21~30戦5勝10250枚 49770枚

エリ女1.7倍2着
WC 6.8倍4着
東京大賞典 2.2倍2着
川崎 2.3倍3着
WC 7.7倍6着
香港C 4.2倍3着
WT 7.2倍9着
WM 10.6倍11着
31戦~0勝 350枚 計50120枚

通算成績
42戦21勝
S成績4-2-3-2/11
W成績 9-1-2-5/17

折り返し約4万枚から、わずか1万枚しか詰めないという。。。
最後は刻むに刻んで、ギリギリの5万枚。
素質が甘いと赤Wのオッズが悪くなる典型的な例でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。