ひとつ前の記事の続きになります。

 

魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる<1> 知られざる虐待の実態

 

 

CNNからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-35099549-cnn-int

魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる<2> 感情の動物

8/20(日) 9:31配信

 

(CNN) タイのプーケット島にできた初のゾウ保護施設、プーケット・エレファント・サンクチュアリ(PES)。その共同創設者であるルイーズ・ロジャーソン氏は、PESで初めてゾウに近づいた時のことを覚えているという。

同氏は「ゾウが近くにいると(その大きさに)思わず息を飲むが、彼らは穏やかで落ち着いており、私の声に耳を傾ける」と、その時の様子を振り返った。

広さ約12ヘクタールのPESには現在5頭のゾウがおり、そのうち3頭は昨年12月に救出された。

PESは、島の人脈を通じて救出を要するゾウがいると連絡が入ると、そのゾウを所有者から買い取る。

ゾウたちは、日中は自由に歩き回り、夜間は28メートル×12メートルの巨大なシェルターの中で過ごす。

PESの来場者はゾウには乗らないが、その代わりゾウに餌を与えたり、ゾウが歩き回ったり、遊んだり、水浴びをする姿を眺める。

「驚くのはここに引き取られてくるゾウたちが非常に短期間で回復していることだ。中には60代のゾウもいる。彼らは人間への服従を強いられながら一生を送ってきた」とロジャーソン氏は言う。

「ゾウは感情の動物で、幸福や悲しみを感じ、愛情を示す。そしてここでは、彼らは何も恐れず、彼ら本来の姿を取り戻している」

「虐待」の事実、地元関係者も知らず

ロジャーソン氏がゾウについて学んでほしいと思っているのは旅行者だけではない。

同氏は、「プーケット島の新しいゾウ保護施設ということで、これまで好奇心旺盛な何人かのタイ人ツアーガイドがPESにやってきた」と述べ、さらに次のように続けた。

「ある女性は、ゾウたちがどれほどひどい扱いを受けているかを知り、見るからに動揺し、私に『10年間、旅行者たちに(ゾウに乗るアトラクションのある)トレッキングキャンプに行くよう勧めてきたが、ゾウが虐待を受けていることや、自然環境の中にいる時の彼らの姿を全く知らなかった。ここ(タイ)は私の母国であり、ゾウはタイの国獣だ。これまでキャンプを勧めてきたことに強い罪悪感を覚える』と語った」

「鞍を外す」運動

ロジャーソン氏率いるPESのチームは、ゾウがゾウらしく生きられるようにするために、次のことを世界に広めようとしている。すなわち人々にゾウを観察し、理解してもらえば、それが生涯にわたる重労働を強いるアトラクションの代わりになり得るのだという考えだ。

「われわれはこの取り組みを鞍(くら)を取り外すという意味の『サドルオフ』運動と呼んでいる。変化を受け入れ、活動に賛同するキャンプがあれば、われわれは喜んで、あらゆる方法で支援する」(ロジャーソン氏)

 

 

~転載以上~

 

 

こちらで写真が見られます。

 

写真特集:虐待からゾウ救え、タイの保護施設を訪ねる

https://www.cnn.co.jp/photo/35099545.html?ref=yj

 

 

 

★関連記事

 

【拡散希望】 ゾウに乗ることは虐待です!暑さと過労から使役されるゾウの死が後を絶ちません!

 

最も残酷な10の動物アトラクション〜客の笑い声の裏には動物虐待があった

 

ゾウさんに乗ってはいけない理由

 

トリップアドバイザー、野生動物や絶滅危惧種と接触する観光ツアーのチケット販売を停止

 

 

 

【署名】

 

タイの観光地でゾウを乗り物として使わないでほしい

https://support.peta.org/page/967/action/1

 

AD

CNNからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-35099548-cnn-int

 

魂に安らぎを、タイのゾウ保護施設を訪ねる<1> 知られざる虐待の実態

8/19(土) 17:00配信

 

(CNN) 「彼らは彼女を思い通りに操るために、彼女の頭部の最も繊細な部分に何度も留め金を取り付けた」

タイのプーケット島にできた初のゾウ保護施設、プーケット・エレファント・サンクチュアリ(PES)の共同創設者ルイーズ・ロジャーソン氏はこのように語り、施設内にいる盲目のメスのゾウ、ガウ・タが、救出されるまで人間の手でどれほどひどい扱いを受けていたかを説明する。

「われわれがPESを設立するまで、この島には高齢のゾウ、病気のゾウ、負傷したゾウ、疲労したゾウ、働き過ぎたゾウたちが行く場所はなく、彼らの終のすみかはなかった」「彼らは死ぬまで働かされていた」

美しい海岸とのどかな熱帯風景で知られるタイ最大の島、プーケット島には、ここ数十年間に数百万人の旅行者が訪れ、その多くは、各観光地に十数カ所あるトレッキングキャンプでゾウに乗るアトラクションを楽しむ。

島中の丘に点在するキャンプでは、わずかな料金でゾウの背中に乗って15分間散策できる。

旅行者たちはゾウの背中に取り付けられた硬い竹製の座席に座る。ゾウの首にはゾウ使いが乗り、スパイクの付いた棒でゾウを操る。

PES設立の目的は、こうしたアトラクションで酷使されて健康を害したゾウの救出並びにゾウが味わう苦痛の実態を人々に広めることにある。

ゾウの魂を打ち砕く

PESが提供するツアーの参加者はまず、タイ語で「(精神を)打ち砕く」という意味のパジャーンと呼ばれる陰鬱な調教について解説したビデオを視聴する。この調教はゾウを人間に服従させる目的で行われる。

それは赤ちゃんゾウを母ゾウから引き離すところから始まる。母ゾウはこの過程で殺されることも多い。

その後、子ゾウたちは人間に服従するように訓練されるが、その過程で狭い空間に閉じ込める、殴る、睡眠を奪う、餌を与えないなどの虐待が行われる。

その結果、ゾウはおとなしく従順になるが、一方で魂は粉々に打ち砕かれている。
 

 

 

米テレビドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」のジェシー・ピンクマン役で知られる俳優アーロン・ポール氏が昨年11月、プーケット・エレファント・サンクチュアリ(PES)をサプライズ訪問した

 

 

~転載以上~

 

 

こちらでその他の写真が見られます。

 

写真特集:虐待からゾウ救え、タイの保護施設を訪ねる

https://www.cnn.co.jp/photo/35099545.html?ref=yj

 

 

 

★関連記事

 

【拡散希望】 ゾウに乗ることは虐待です!暑さと過労から使役されるゾウの死が後を絶ちません!

 

最も残酷な10の動物アトラクション〜客の笑い声の裏には動物虐待があった

 

ゾウさんに乗ってはいけない理由

 

トリップアドバイザー、野生動物や絶滅危惧種と接触する観光ツアーのチケット販売を停止

 

 

【署名】

 

タイの観光地でゾウを乗り物として使わないでほしい

https://support.peta.org/page/967/action/1

 

 

杉本彩さん主宰のEvaより。

http://www.eva.or.jp/2017sympo

 

 

 

2017.9.19(火)
16:00~18:20(開場15:30)

 

会場:衆議院第一議員会館 大会議室
定員:300名

 

 

今年3月から開催された、「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」の動物愛護管理法改正に向けたプロジェクトチーム(PT)では、毎回多くの問題点が議論され、6月の総会では、中間報告をまとめました。

 

そこで今回のシンポジウムでは、議連PTで議題に上がった8週齢規制、飼養施設の数値規制、マイクロチップの方向性、動物取扱業の許認可制、また動物虐待における罰則規定など、現実的かつ実効的な法改正にむけて議論を行います。
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

杉本彩
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長

 

 

第1部
■ペット流通について(朝日新聞社 太田匡彦)
■法改正のポイント(細川敦史弁護士)
■動物虐待について(Eva 杉本彩)
■動物取扱業における不適正飼養の対処と課題(未定)
■移動販売の現状と課題(アニマルライツセンター 岡田千尋)■登録制と許認可制について(佐藤光子弁護士)

 

 

第2部
パネルディスカッション「動物愛護管理法の改正について」
松野頼久、福島みずほ、環境省、日本獣医師会、太田匡彦、吉田眞澄、島昭宏、杉本彩

※プログラム及び講師は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。