空即是色

嫌韓・嫌中ブログです。
日本を愛しています。
日本人でほんとによかった!と思う今日このごろ…
今後は「日本のためになること」をしていきたいです。


テーマ:

以前に、母校の大学について記事にしたことがありましたが、今度は中学高校です。

横浜雙葉は、帰国子女だった私を両親が心配して、小学校5年生の時にカトリック学校繋がりで学校にお願いして、お情けで編入させてくれた学校です。

小5から高3まで8年間通いました。


私が通っていたころには、韓国に行くなんていうイベントはありませんでした。

校長が変わってからなのでしょうか。

私がいたころの校長はシスターでした。

厳しいけれど、まともな人だったんだと思います。


今はこれですからねえ…↓


恥ずかしい、反日加担校 横浜雙葉中高  《大拡散希望》 


偶然なのですが、つい先日、横浜雙葉から同窓会のお知らせ通知が届いていました。

それを見た直後にこのBBさんの記事を読んだので、とても複雑な気持ちになりました。


ゲス校とはいえ、懐かしい母校です。

なんだかなあ…


いろいろ考えたのですが、要するに「カトリックは左巻き」だということなんだと思います。

人類みな兄弟、世界中の人が仲良く、なんていうカトリックのうたい文句は、左巻きの思想ですもん。


幸いなことに、私はカトリックの学校に通っていても、信者になったり左巻きに傾倒することはありませんでした。

ずーっと、「お花畑」だったんです(笑)


母校が韓国大好きとは、なんともショック叫び

そう言えば、同級生に在日韓国人がいました。

(さらに偶然なことに、同窓会通知には、彼女の名前が幹事として載っていました)

子供心に、どうして日本人じゃない人を入学させるのかなあと思いましたが、カトリックの寛大な心からきているんだろうと自分なりに納得していたような気もします。


同窓会に出席しようと思ったのですが、BBさんの記事を読んで躊躇しました。

とてもじゃないけれど、楽しい時間になりそうな気がしません。

出欠席の通知の締切は、もう少し先なので、ギリギリまで考えようと思います。。。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近は、経験談をブログにすることが多くなりました。

実際に自分の身の上に起きたことは強烈ですし、その時はたいていテンションが下がりまくるのですが、すぐに「あ、これはいいブログネタだ!」ということになりまして(笑)


昨日のことです。

毎月1度ある写真クラブのワークショップの帰りは、たいてい食事&飲み会にも参加します。

昨晩は私の隣が先生でした。


何かの話の流れで「皇室」が出てきました。

また先日の友人と同様、わかっていないんだろうなあと思ったら、その通りでした。


「戦後の皇室は財産を全部取り上げられたかわいそうな人たちなんだよね」


えーーーー

そうなんですか?

国民の税金で優雅に暮らしている人たちだとばかり思ってたけど…


「雅子さんは病気になってしまったかわいそうな人だし」


うわ!

でた~~~~~叫び




さらに韓国の話も飛び出しました。


「韓国は日本に支配されてかわいそうだった」


先生の目線って、「かわいそう」という上から目線なんだなあ…


それに、かなりの左巻きだわ。





私が「竹島は日本の領土です」と言ったらその答えにひっくり返りそうになりました。


「竹島なんて韓国にあげてもいいじゃん」


そういう問題じゃないでしょ、先生~~~~ショック!




私がパソコンの上に旭日旗を飾っていると口走ったら、


「桃子さんって過激だねえ。それって右翼でしょ」


と言われました。


「いえ、私は愛国女子です」


「まあ、それもいいけどね」


「日本人が日本が大好きっていうのは駄目なんですか?」


「いや、それはいいことだよ。そっかあ、桃子さんは愛国女子ね…」



私の周囲の友人や知人と、この先ずっとこういう調子で話をしなくてはいけないかと思うと、ほんとうにゲンナリします。


少しでも日本大好きと言ったり皇室批判や韓国批判をすると「ウヨク」と言われてしまう現実。


私は左でも右でもなく、ただ日本が大好きな日本人だと思ってますが、それはまだまだ一般的ではないことなのだと痛感したしだいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


親しい友人同士で話していて、皇室の話題が出てくるとドキっとしてしまいます。

先日も、一緒に電車で移動中に話題が飛び出しました。


「ねえねえ、平成30年になったら年号が変わるんだって?」


まだ決まったわけじゃないのに…


「80過ぎてもあんなに働いて。お気の毒だよね」


うわ、きたきた。

こう思っている人が日本人の大半なんですよ。


「あのね、天皇というのは職業じゃないの。今やっている公務っていうのは、仕事じゃないからやらなくてもいいのよ」

「え?そうなの?」

「そう。天皇陛下は日本のために祈っていてくれればいいの」

「そういうものなの??」


友人はなんだか腑に落ちないようでした。


日本人なら、もっと天皇陛下のことを知ってほしいと思いますが、誰も教えてくれないし、テレビは間違ったことばかり言うし、第一、たいていの人は天皇陛下にたいした興味はありません。

ほんとに悔しい。


毎度紹介しております、井沢満先生の本日の記事が、まさに私の言いたいことでした。

書きたかったことだったので、グッドタイミングにびっくりしています。



天皇の本分は一に祭祀、ニに祭祀 他は不要です


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。