百葉メディカルケアセンターでは、520日に総合防災訓練を実施しました。

今回は、地震を想定した安全確認・避難誘導を訓練しました。

地震発生時の一次避難(自分の安全確保)から利用者様・職員・訪問のお客様などの安否確認・所在確認では、有料老人ホームでは全ての部屋に訪問し確認する作業がどうしても手間取り、今後はいかに分担し効率よく行えるかという課題となりました。



また、余震を警戒し、屋外へ二次避難をしました。避難誘導でもデイサービスの利用者様の避難後の見守りでデイサービスの職員がその場を離れてしまうという意識不足がありました。また、有料老人ホームでは利用者様の搬送方法のバリエーションについてこれからの研修が必要という課題が見つかりました。





震災が多発する昨今では、我々もこれから様々な研修・訓練を通じて職員全員が防災に対して強い意識を持ち、いつでも誰でも同じレベルの防災スキルを身につける必要があると痛感しました。



平成28525日 百葉メディカルケアセンター 管理部 西村 治郎

AD