一夜でキレイになって上質ボディーになれるシンデレラメソッド

心と同じように、体もプラスとマイナスが存在します。
体が喜ぶハッピー動作を生活に取り入れて
あなたを太らない・疲れない・歪まない・リバウンド0の世界にご招待します♪

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

 

今日、思いっきり背中を丸めて座って

スマホを覗き込んで、まるで背中が

丸まったおばあちゃん同様の

姿勢でいる女子中学生をみました。

 

 

 

「ああやって、自ら体を使いづらく

 させていくのね…」

 

 

 

と思いました。

 

 

 

子供には、自分の今の体が

いかに恵まれているかなんて

気づけるはずがないですもんね。

 

 

 

例えば正しい立ち方を大人に指導するときは

 

 

 

「親指の先端は必ず床につけてください」

「あ、でも、他の4本の指は丸まっちゃダメです」

「で、その上で母趾球を地面から浮かせて…」

「手の指ってチョップするときみたく、

 揃えることが簡単にできるでしょう?

 足の指も同じなんです。指を揃えるときに

 使う筋肉が、あなたの足の横のアーチを作るんです」

 

 

 

とかなんとか、ありとあらゆる説明をします。

もちろん、それでもうまく立てません。

 

 

 

すでに変形しているから、足はすんなりと

言うことを聞いてくれないのです。

 

 

 

でも、幼稚園児や小学生低学年は

どうかというと…

 

 

 

「ねーねー、こんな風にふんばってみて!」

 

 

 

というと、それだけでうまく立てます。

 

 

 

「そーそーそ!

 いつもそうやって立っているとね

 いつまでもキレイな脚でいれるんだよ~」

 

 

 

と褒めまくります。(ずっとやって欲しいので)

 

 

 

それくらい、歪んでいない体にとっては

朝飯前なことなんですが、

 

 

 

大人になると、行ってはいけない方に

ゆがみまくっているところがスタート地点です。

 

 

 

あーだこーだ解説して、

あらゆるケアをして、ビルケンを履いて

日々足に意識を向けて、練習して練習して…

 

 

 

という風にしないと、

なかなか進化できないのです。

 

 

 

だから、ちょっとでも早く知ってほしいです。

 

 

 

時間が経てば経つほど、

体で理解することが難しくなってきますから。

 

 

 

「本当にこっちの方向が正しいの!?」

「桃子先生は私を虐待しようとしているのでは…」

 

 

 

と、あやうく恨みを買いそうなくらい

その人にとってありえない、

難しいことを教えなければいけなくなりますぐすん

 

 

 

中学一年生のバレリーナに

「正しい歩き方はね、親指の先端を最後まで

 地面から離さないっていうルールなのよ」

 

 

 

というと、その瞬間に

 

 

 

「つまり、こういうことですね」

 

 

 

とド正解な動きをしてみせてくれます。

 

 

 

大人は10時間かかるくらいのことを

5秒で理解できるのです。

 

 

 

その差はデカい・・・

 

 

 

でも、今の大人から意識を変えていかないと

子供も変わってくれないです。

 

 

 

子供の未来のためにも

大人がその見本を見せ続けてほしいです。

 

 

 

・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*



【期間限定】ただ今募集中♪

貴女のカラダが90日で生まれ変わるカラダの魔法

書籍化予定の内容の一部を無料レポートでプレゼント☆

 

 

今までのストレッチは間違っていた!?
痛みもなく30日で実現する桃子の180度開脚トレーニング法



肩甲骨ダイエット&肩こり撃退!
あなたの肩甲骨を働き者にさせて
疲れない体質に変える30日プログラム



シンデレラメソッドのメルマガはこちら
(シンデレラメソッドの内容レポート無料配布中♪)

Facebookはこちら

(フォロワー大歓迎です♪)


桃子のインスタグラム

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)