1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, January 19, 2017 23:28:03

うめは~さいいたか さく~らはまだかいな?

テーマ:ひとりごと  草花たち

 

 

って、イヤイヤまだではありませぬ。  

 

 

 

   image 

 

満開とはいかないものの7,8分咲きといったところかな? 

 

 

 

   image

 

 

この木が上野公園で一番早い桜、だと思う。 

 

噴水から国立博物館正面を見て左手側。 

 

 

 

 

逆に一番遅いのは

 

   image 

 

清水観音堂前のジュウガツザクラ。 

 

これは昨年の11月30日に撮ったものだから 

 

一ヶ月ちょっと前だね。 

 

 

 

 

 

馥郁たる香りも喜びだけれど

 

寒さのときの桜は特別に心が弾む音譜 

 

明日は大寒、身に沁みそうです。 

 

どうぞ皆様暖かくなさってくださいませ。 

 

 

 

 

紅梅  キラキラ 桜咲く キラキラ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, January 15, 2017 00:59:09

三兄弟、バガンからジャパン

テーマ:今日の遠くの国

 

絹子さんがこの年末年始にかけてお出かけしてきた先のお土産を送ってくださった。 

 

 

 

 

 

image 

 

 

image 

 

 

すっぽりと掌に納まる可愛い器。 

 

ミャンマーはバガン生まれの漆塗りのお茶碗。

 

彼の地の太陽が暖かく伝わってくるようなぬくもりを感じるよ。 

 

一体どんな人が作ってくれたのかな!? 

 

飛行機に乗って遠くの国にまで旅をするなんて 

 

作り手もこの子だって思ってもみなかっただろうな~ニコニコ 

 

 

 

 

実はねこの子の兄弟たちもウチにはいるんだよドキドキ 

 

昨年、アジアのたびびとさんからいただいた子達。 

 

image 

 

 

image 

 

 

 

 

 

 

 

バガンの三兄弟、ぺいとんさんちにようこそ!! 

 

バガンのジャパン(漆)、ジャパンへようこそ!! 

 

いつか絹子さんとたびびとさんとぺいとんの3人で 

 

このバガン三兄弟でお茶を飲もうね~~~~ラブラブラブラブラブラブ 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sun, January 15, 2017 00:35:33

見える人には見える

テーマ:ひとりごと  絵や工芸品などなど

いわゆる霊感、わたくしには無いなぁしょぼん 

 

皆に見えない物が見えたら面白いだろうな~と常々思っているが 

 

いざとなるとやっぱり怖いか。。。。。 

 

 

 

 

改修工事の(とっくに)終わった恵比寿の、 

 

image  

 

 

image 

 

 

image

 

東京都写真美術館へ。 

 

 

 

image 

 

image 

 

1970年 バンコク生まれの映画と現代アートを手掛ける美術作家。 

 

明らかに「うわ~っ叫び」というポスターに惹かれて娘と行ってきたのだ。 

 

不思議でこっちとあっちのギリギリの緊張感があるような、 

 

肉眼なら見過ごしてしまうかもしれないが 

 

プリントや映像、特にそれがコマ送りだったりすると 

 

何かが写っているのを見える人にはしっかりとわかるだろうな、 

 

そんな感覚になる展覧会だった。 

 

いくら信仰篤い仏教徒と言っても自然の中に精霊が沢山いる 

 

ピー信仰の国の作家だからその作品に映り込んでいても何の疑いもないだろう。 

 

ちょっと背中がひんやりするような、 

 

でも目には見えなくても確かに居られる方々を懐かしむことができそうな、 

 

新年早々とても印象に残る展覧会に出会えた気分。 

 

 

展示室の片隅に学芸員さんが居られるのも 

 

普通の展覧会とは異なり何やら怪しく怖い気がしなくもなくべーっだ!  

 

 


ちょぴっとホラーな感じで始まったけれど 

 

今年も沢山いろいろな展覧会に行きたいな~~~音譜音譜音譜音譜音譜 

 

沢山の展覧会に出かけられますように。 

 

遠くの国からの宝物にいっぱい会えますように。  

 

そして、わたくしが探している何かにどうか会えますように。 

 

 

 

 

 

カナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎカナヘイハートカナヘイきらきらカナヘイうさぎ

 

昨年10月以降出かけて何も書きとめなかった展覧会は 

 

 鈴木其一  サントリー美術館 後半展示  

 

 小野田直武と秋田蘭画   サントリー美術館  前半・後半展示

 

 ゴッホとゴーギャン  東京都美術館

 

 デトロイト美術館   上野の森美術館

 

 クラナーハ   西洋美術館 

 

 ラスコー  科学博物館

 

 円山応挙  根津美術館 

 

どれもみんな楽しかったな恋の矢 

 

特にラスコー、壁画の前に立ったら 

 

「あ、これは私が描いた絵。。。。」と前前前前前前前前前世の遠い過去世を 

 

思い出したらどうしようという期待で足が震えたけれどまったく思い出せなかった~~~ゲラゲラ

 

 

 

 


 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, January 14, 2017 21:47:07

春のお便り

テーマ:ひとりごと  草花たち

あっという間に新しい年も2週間が過ぎようとしている。 

 

 

久しくブログをほったらかしにしていたにも関わらず 

 

お越しくださる方々がいらしたとは本当に有難いこと。 

 

たまたま指先が滑って不本意ながらアクセスしちゃったのよ~大泣きうさぎというお方も 

 

ありがとうございます ニコニコドキドキラブラブドキドキラブラブドキドキ 

 

 

 

もう10年以上この地に住んでいるのに何処か愛着が持てないでいるのは 

 

お寺も神社も教会も殆どないから、だと。 

 

生まれて育った町内会にはお寺さんが沢山あって 

 

庚申塚や神社もすぐ手が届くような場所にあったからそう思うのかもしれない。 

 

でもただ一つ好きなのは生産緑地と立札のある梅林。 

 

今年は少し早いかな? 

 

冷たい朝のベランダで聞こえてきた馥郁という香り。 

 

 

 

image 

 

 

image 

 

 

image 

 

 

image 

 

 

image 

 

 

 

去年会った遠くの国の人たちに

 

この香りを葉書に閉じ込めて送れたらどんなにいいことか!! 

 

 

赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅赤梅梅紅梅 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, November 10, 2016 23:21:37

白井根子

テーマ:ひとりごと  草花たち

 

お台所で米の研ぎ汁に紛れてかトマトが植木鉢で芽を出すことがたまにある。 

 

9月に旅行に行く前に黄ばらのきーちゃんの鉢に 

 

「あ、双葉が出ているニコニコ」と見ていた子が 

 

どんどん大きくなってわたくしの背丈よりももっと高くなったのだが 

 

もう11月になりこのままベランダでは冬を越せなくなってしまった。 

 

だからといってもウチの中での栽培も難しく 

 

ごめんなさいと言って花だけを切って小さなグラスで楽しんでいた。  

 

 

image 

 

 

 

 

 

トマトは強い子なのだ。 

 

水が少なくても土が痩せていても一生懸命に生きていく。 

 

こんなグラスの中でもそれは同じ。  

 

 

 

 

image 

 

 

 

 

白い根っこは命のあかし。 

 

この姿を見てしまったら、 

 

やはり部屋の中で育ててあげたいなと思う。 

 

 

 

 

 

 

実を付けなくてもいいからね、 

 

近いうちに植木鉢のお家にお引っ越ししようね。 

 

また大きくなってくれたら嬉しいよドキドキ 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Thu, November 10, 2016 22:39:20

悲しき出会い

テーマ:ひとりごと  食べ物いろいろ

 

コンビニ探訪。 

 

わたくし的にとても驚いたもの発見目 

 

 

 

おにぎりの棚にて、 

 

東南アジアごはんブームの昨今、コンビニまで登場とは。。。 

 

 

 

image 

 

わたくしの愛する愛するチキンライスが~~~~ 

 

コンビニおにぎりって!?!?!?!?

 

 

image 

 

基本的にコンビニおにぎり普段は買わないけれど 

 

ブタブタブタブタこの子が入っていちゃ絶対絶対食べないよドクロ 

 

あ~~~~~南の国で食べたい~~~~~~~汗汗汗しょぼんしょぼんしょぼん汗汗汗

 

 

 

 

お茶の棚にて、 

 

image 

 

 

フツーの紅茶じゃないかって思うでしょ。 

 

んがっ、げげげのげ~~~~~~叫び 

 

 

 

 

image 

 

 

このカップの柄は、わたくしの大好きなシリーズ。  

 

廃盤となってしまったので大事に大事にしているもの。 

 

それなのに何だかコンビニで見るってショック!

 

 

 

 

 

 

 

コンビニが悪いというわけでは当然ないし 

 

敵意を抱いているわけでもないのだけれど 

 

なんだかとても悲しいのは何故だろう。。。ハートブレイク

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, October 15, 2016 21:39:01

アラ・ガンダーラへの道  その15

テーマ:今日の遠くの国

 アラ・ガンダーラへの道  ガンダーラな日常を羨ましく思うの巻

 

 

 

 

トン蔵の好きな街は緑がいっぱいあるところ momi2*木momi2*sei桃の木木 

 

神社仏閣、教会がいっぱいあるところ神社寺キリスト教 

 

モスクがあればなおよろしいモスクニコニコ 

 

そういう街は本当に気持ちが良いんだもん「ラブラブ 

 

 

 

さぁて、ガンダーラは三蔵法師様も足を運ばれた尊いお国、 

 

この時代になっても沢山の祈りの場があるところ。 

 

 

 

 

image 

 

フマユーン廟から見えるシク寺院

 

 

 

 

imageimage 

 

ラールキラー(レッドフォート)に突き当たるチャンドニーチョークは別名宗『教通り』  

 

ジャイナ、ヒンドゥー、シク、キリスト教(カトリックかプロテスタントかは不明)、 

 

仏教などなど並んでいるそうだ、って歩きたかったよねこういう道を!!

 

 

 

デリーからアグラへの移動中車

 

image 

 

宗教っぽければ何でもパチリカメラ

 

image 

 

 

 

コレは絶対モスクだよね~タージマハル

 

imageimageimage 

 

白い建物が夕陽に染まって綺麗だったな~恋の矢

 

 

 

 

アグラのホテルの屋上から 

 

image 

 

密林の中の古代遺跡か!?にひひ 

 

 

 

 

imageimage

 

ハム蔵の横の白いとんがり屋根、てっぺんに何かついているんだよ。 

 

ん~~それっぽいと思うのだけれど。。。。 

 

 

 

 

image 

 

なんでもかんでもそう思えるのか!?

 

 

 

 

ジャイプルの街で、

 

image 

 

アーメンキリスト教 

 

ここではないけれど青い衣のマリア様のご像のあるカトリック教会も見たよ。 

 

マリア様は教会の門のすぐ近くに居られて車の中からもはっきりと 

 

ご挨拶することができて嬉しかったニコニコ 

 

 

 

白い影は心霊写真ではありませぬ。

 

image 

 

 

 

image 

 

 

 

image 

 

アンベール城へ向かう途中ですれ違った御一行。 

 

信仰の種類が多ければお祭りも多いわけだが 

 

これは何だったのか分からない。 

 

ガイドさんが分からないと言ったのでそれ以上の追及無理ハートブレイク

 

 

 

 

image 

 

白いお帽子わが兄弟音譜 

 

 

 

 

image 

 

歩道のあちらこちらに小さな祠。

 

 

 

 

 

 

image 

 

夕やみ迫るジャイプルの街中で。

 

 

 

 

 

image 

 

ピンクシティと呼ばれるジャイプルだけあって 

 

このお寺も可愛いピンクだった、ってちゃんと撮れていないけれどもべーっだ!

 

 

 

デリーへ戻るよ。

 

image 

 

山肌に点々と丸っこい屋根。 

 

でも塀の近くには青っぽい後姿の像があるからヒンドゥーだわね、きっと。

 

 

 

 

 

 

image 

 

トン蔵的にはツボ恋の矢 

 

これを御禁制の象牙で彫ったなら良い感じの置物になると思うのだ。 

 

わ~~象さんごめんなさいあせるあせるあせる 

 

 

 

 

 

 

 

image 

 

 

image 

 

どの頭の形も凝っていていいな~ラブラブラブラブラブラブ 

 

 

 

 

もうデリー。 

 

 

image

 

ん~~、カーアクセサリー屋さんの屋根ではないことを祈る。

 

 

 

 

 

image 

 

足場の竹、煉瓦、時が止まっていたように思える場所のこのお寺は。。。。 

 

芋羊羹細工のような色合いだと言ったら罰が当たる!?

 

 

 

 

 

 

image 

 

なんだろなんだろ~~~ストゥーパっぽいようなはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク 

 

行ってみた~い !!

 

 

 

 

 

image

 

短い時間のスコールの後、インド門の近くで。 

 

遠くに見える屋根は大きな寺院なのだろうか。 

 

 

 

 

 

仏教を篤く信仰し保護されたアショカ王が建てられた獅子柱頭が付いた建物を 

 

大統領官邸や政府機関が数多く集まるエリアで見たのが驚きと共に喜び。 

 

レプリカだと当然わかっていてもあのお獅子さま方は 

 

タージマハル以上にインドを表しているのだから。

 

図柄では3匹しか見えないがサルナートの考古学博物館でいつか本物とご対面して 

 

4匹いることを確認するのも夢しし座しし座しし座しし座 

 

 

 

 

 

信仰の中に人々がいるのか、信仰あっての人々なのか 

 

そのようなことどちらだって構わない。 

 

人と祈りは共にあるべきだから。 

 

それらが溢れているからガンダーラはあれ程までに心地良いのだキラキラキラキラ!!キラキラ!!キラキラ!!キラキラキラキラ 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sat, October 15, 2016 14:50:51

行ってらっしゃい

テーマ:ひとりごと  生き物たち
 
 
今日の日差しは強くて暑いくらいだったけれど 
 
これからどんどんと秋も深まっていく。 
 
ちょっと心配、でもこれが自然。 
 
わたくしができることなど何もない。 
 
ただその一生を無事に終わらせるよう祈るだけ。 
 
新しい命を繋いでいくことができるようにと。
 
 
 
 
今日、生まれた子。
 
{845455AF-5AC1-4707-ABDB-DFCCF311DDFD}

 

 
 

 

 

{62F95C58-7D00-426D-8C19-0BDF45D980B4} 
 
さあ、行ってらっしゃい。 
 
力の限り生きるんだよ。 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, October 15, 2016 00:51:46

アラ・ガンダラーへの道 その14

テーマ:今日の遠くの国
 

アラ・ガンダラーへの道    ガンダーラな日常を垣間見るの巻 

 

 

ふとした瞬間に目に飛び込んでくるもの、 

 

それは一人ひとり全く違うもの。 

 

トン蔵に見えてもプン蔵には全く見えない物もあるしそのまた逆も。 

 

9割9分9厘の人に見えなくても1厘の人にだけ見えるようなもの、 

 

トン蔵は前者だけれどねべーっだ!  

 

 

 

 

何でも美味しそうに見えるトン蔵には 

 

image 

 

何かの柑橘とハーブ風味の冷たい水に思える。 

 

炎天下、ペットボトルの水より絶対こちらが美味しいに違いない。 

 

1人旅なら絶対に飲んでいた。

 

 

 

image

 

ココココココココ、ココナッツ~音譜音譜音譜音譜 

 

アイアイアイアイ、アイランド~~音譜音譜音譜音譜あ、島じゃないかあせる 

 

 

 

 

 

image

 

みどりの木陰でムスリマのお姉さん何を買うの? 

 

 

 

 

image 

 

ガンダーラで髪の毛切りたかったんだ。 

 

写真無いけれどジャイプルで見た路上散髪屋さん、イケメンだったのに~残念しょぼん 

 

 

 

 

 

image 

 

今では御禁制の品クジャク 

 

昔はあちこちのお家にあったよね。 

 

 

 

 

image 

 

アイロン屋さんかクリーニング屋さんか?

 

 

 

 

image 

 

勝手にお菓子だと思っています。

 

 

 

 

 

imageimage 

 

何処の国でもときめく花輪屋(?)さん。 

 

ジャスミンだけを売っているお店もあったよ。 

 

 

 

 

image 

 

明らかにキケンな後姿ドクロ

 

 

 

 

image 

 

イスラムちっくな窓の感じのバス。 

 

お金持ちのムスリム専用かな?

 

 

 

 

 

imageimage

 

ジャイプルの街はただ今地下鉄工事中地下鉄マーク 

 

 

 

image 

 

ドラえもん、辛そうあせる 

 

 

 

 

image 

 

唐辛子とライムの魔除け。 

 

ホテルのドアやお家の玄関先に吊るしてあったよ。

 

なんだかメザシと柊みたいだよね。

 

 

 

 

 

image 

 

何の顔?

 

 

 

image 

 

この左端のゴミ箱のようなもの、小さい街路樹の覆い。 

 

お牛様に食べ尽くされないようにとの保護カバー。   

 

 

 

 

 

image 

 

竹で組まれた足場。 

 

やや斜めになっているところが何とも美しく思えた。

 

 

 

 

 

アグラの街で一番大きな郵便局。

 

image 

 

ゆったりとした敷地で、日本のガチャガチャとした郵便局のイメージとは程遠い。

 

 

 

image 

 

ポスト3兄弟。 

 

 

 

 

image

 

中だってこんなに素敵。 

 

シャンデリアを取り巻くインド国旗色の布が舞踏会会場のよう。 

 

ここでハガキを出したよ年賀状 

 

郵便局のおじさん、思いっきり切手を舐めて貼ってくれた切手切手

 

 

 

 

初めて見た形。 

 

imageimage

 

チューリップの花形便座チューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ かわいい~~ニコニコ 

 

 

 

 

 

image 

 

シンプル イズ ベスト かもしれない箒 ホウキ 

 

 

 

個性的な皆様

 

imageimageimage

 

類人猿のようなお猿っぽいのと不思議なターバン形の頭の人が握手をしている 

 

衝撃的な看板を見たのだがカメラが間に合わず非常に悔しい。 

 

一体何を訴えていたのか。。。。謎である~~~~叫び 

 

 

 

 

image

 

インド亜大陸の夕日はどこか切ない気持ちを呼び起こす。 

 

右に見える白っぽい塔のようなものは煉瓦の焼釜の煙突だそうでそれは 

 

広い広い土地のあちらこちらで見ることができた。

 

煉瓦を頭に乗せて運ぶ子供の額や眉間には重さに耐えるために 

 

深い深い皺が刻まれている様子を最近知った。 

 

 

 

 

 

 

いつものわたくし達とはかなり違うガンダーラな日常、 

 

感じてきたことを忘れたくない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Fri, October 14, 2016 21:51:53

アラ・ガンダーラへの道  その13

テーマ:今日の遠くの国
アラ・ガンダーラへの道   ガンダーラはオーケストラの響きがするの巻

 

 

 

 

 
 
 
ガンダーラ、インディア、どういうイメージだろう!?  
 
ごっつい?緻密それとも雑どころかいい加減? 
 
そんな中、いったいこれは誰の趣味はてなマークはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク 
 
 
image
 
タレ目でひょうきんなお顔のガネーシャさま。 
 
見上げるおチューねずみ 
 
可愛い~~~~~~恋の矢恋の矢恋の矢 
 
 
 
 
imageimage 
 
ガネーシャ様を取り囲むのはお星様星星星とお花お花あじさい黄色い花コスモスブーケ2クローバー 
 
可愛すぎる~~~恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢 
 
 
image 
 
このガネーシャちゃんの門を入ってすぐ上、  
 
あら、天井にお花がって、 
 
 
 
image 
 
しっかりと中に入って壁側に立って見てみれば 
 
まるで金のレースが咲いたようにピカピカキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ 
 
うお~~~~~んラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ 
 
 
 
 
image 
 
鏡鏡鏡、シリアで作られた無数の鏡キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ 
 
 
image 
 
写真を撮っているのはだ~れ? 
 
 
 
 
image 
 
百合と蝶のようだけれど細工を隠すと象やサソリ、芋虫にも見えるって 目 
 
 
 
 
image 
 
ステンドグラスもキラキラって眩しいキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
 
 
 
image 
 
描かれてすぐはどんなに鮮やかだったろうねキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
 
 
 
image 
 
銀色に見えるのも鏡キラキラキラキラキラキラキラキラ
 
 
 
 
 
 
image 
 
蓮の花の門蓮蓮蓮蓮蓮蓮 
 
 
 
 
image
 
昼間、こんなにちいさな窓から市民の自由な暮らしを覗き見目
 
 
 
image 
 
夜、宮殿の中に明かりがともれば煌びやかな夢にいざなわれるキラキラキラキラキラキラ 
 
可愛いの、キラキラなの、そういうのは 
 
王様の趣味? 
 
それとも後宮の女性たちのため?  
 
大理石や赤砂岩の彫刻もミラーワークも象嵌もそれらの高貴な人々のためであっても 
 
名もなき職人さん達の競い合う技術や腕自慢の結晶の数々に違いない。 
 
 
 
 
 
 
 
沢山の可愛さが意志を持たされて集まり美しく束ねられていく。 
 
一つの建物ごとの主題にまとめられて完璧なまでに調和している。 
 
交響曲や協奏曲が形になった世界があった。 
 
image
 

「カノンが空間になった」、ここでそう思ったのはトン蔵だけかなぁはてなマーク 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。