初積雪とかやの実。

テーマ:


今季、初めて雪が積もった~~

きれ~い。



水墨画の世界みたい!

木の枝に、積もったのが特にすき!



一週間、灰汁に浸けていたかやの実。

洗って乾かしてるところ。



あ~~っ。

見てるだけで、あの、独特の風味が思い出される!

一年に一度しか味わえない大好き💓♥❤なかやの実。


昔の人って、灰をうまく使うよね。

火をたいて、炭を使って暮らしてきた、灰が身近にある生活だったからこそ、色んなことに灰を利用したんだよね。

灰の汁で、あくをぬく。
灰の汁と書いて灰汁(あく)。

こんにゃくだって、灰汁で、えぐみをとって、芋とは別物のこんにゃくを作るすごさ。

かやの実の灰汁も抜いてくれる。

見つけ出した人には、脱帽です。

そして、テレビもラジオさえもない、交通手段だって馬?!くらいしかない時代に日本中に、灰汁抜きが伝わっていったというのもスゴすぎます!

昔の人は、凄いなー

そんな、昔の知恵、残していかなくちゃね。
AD

蜜蜂の内検。

テーマ:
今日は、風も止み、暖かかかったので
内検。

冬の内検は、刺されることがあるから
しっかり防御して。

パチリ




元気です。
穏やかな群です。

おりおりさんからの群。


う~~ん。

孫分蜂な長女。

蜂数少ないのは仕方ない。

でも、どうなんだろ?
すごく怒ってきて追いかけられた!

給餌すべきでしょうか?
明日も暖かかったらやってみます!

アカリンダニで、自然群がいなくなったこの地域。

なんとしても無事春を迎えねば!!

AD

かやのみ。

テーマ:
友達から、大好きなかやの実、もらった。


初めて知ったんやけど、かやの実って、親木によって、実の大きさや味までも違う不思議な木なんだって!

毎年、母の生まれた家から灰汁抜きされた実をもらう。

少しヤニくさくって、何とも言えない美味しい実。

今回は、生の実と灰汁抜き用の草木灰がついていた。

灰汁を作って、そのなかに浸けて一週間。

乾かして、そして、炒る。

実を取り出すまでにも、皮をとって洗って、乾かして。と手間隙かかる。

かやの木は、樹齢300年以上たった木から、たくさんの実を落としてくれる。

自然の恵みだぁ。
そんな、かやの木、山では伐採されて少なくなっているそう。

今回は、生の実をいただいたから、植えてみます。
でも、なるのは、20年後かしら?
もっと後かも。

昔からなんでも種をみると蒔くのがすきだった私。
父が急になくなって、地震の津波でも沢山の人がなくなって、死を意識し種を蒔くことをしなくなってた。

でも、どうして木を植えるのか、種を蒔くのか?

それは、後の人のためと思ったとき、また、種から芽が出るのを楽しみに出来るようになりました!

さあ、かやの芽ってどんなんかな~~

ちょっと、ワクワクしています🎶
AD