*★Moani 'ala Ribbonlei★* 

ハワイのクラフト,リボンレイの紹介と食物アレルギー児の子育てを
綴っています。

*★Moani 'ala Ribbonlei★*  *★ E KOMO MAI ★**★Moani 'ala Ribbonlei★* 


ハワイやアメリカンなものが大好きですラブラブ

沖縄や珊瑚礁、キレイな海も大好きです。

Hawaiiのクラフトであるリボンレイに魅了され、アトリエ・リボンさんのディプロマを

取得後、2009年に,ALOHA協会のMellie Enos先生とリボンレイ創始者である

Ui Carole Mito先生からCertificateをいただいています。


中学生の息子は食物アレルギーがあります。卵・乳製品・練りごまなどを完全除去しています。→加熱卵は解除になりました。

アレルギーがあっても工夫してHawaiiに行ったり、日本でHawaiiを感じたいと思いますドキドキ


 ☆食物アレルギー・喘息のカテゴリでご紹介している食べ物は、息子が食べて大丈夫、または表示がきちんとしてあるもの、なので、食物アレルギーをお持ちの方が召し上がる場合は重度な方は全く症状が出ないという保証はありませんのでご了承下さい。微量コンタミがある場合や、表示が間違っているということもあり得ます。(記事は参考程度にして下さい。私自身、参考程度でも他の方の記事は役に立つので自分でも紹介しています。)

NEW !
テーマ:
旅行には私と主人はこっそりと行きました。
結構知ってる子も居るので、なるべく目立たないようにして。これが本当に大変でした‼

現地での私達のサポート内容は

☆食事のときだけ、そのレストランの近くで待機(予備の食材持って)、何かあったら駆けつける。

☆朝食用のパンを生徒達が来る前に朝食会場に届ける。持参した朝食用のパンは要冷蔵だったので私の部屋の冷蔵庫を使用しました。息子の部屋の冷蔵庫は同室の子も使うので息子のパンで占領できないと旅行会社の方に言われました。

☆持っていく食材が予備も含め大量だったので、息子と私で手分けして持っていきました。私のスーツケース入ってるもので夕食などで使うものをその日の朝に添乗員さんに渡す。

☆サムライスさんの弁当を買いに行って、旅行会社の方と待ち合わせして届ける。

ナイトサファリの夕食会場と、日帰りでマレーシアに行く日がありましたが、その2ヵ所には行きませんでした。

Wi-Fiを借りてたので息子とはLINEでやりとりしました。でも必要最低限のことしか連絡してこないので、詳細はわからずです。
子供たちのスケジュールも忙しいので連絡も大変だったと思います。

結局は息子はレストランのものは食べなかったそうです。持って行ったものでお腹いっぱいになったし、やっぱり怖かったそうです。

行く前に息子には、

メニューに○×を付け(乳とそのものの卵を避けました)、○のものは少しだけ、例えば餃子や小籠包なら1個、食べても良いし食べなくても良い。

マレーシアと機内では持って行ったもの以外絶対に食べないように。

と言ってたのですが‥‥‥


シンガポールで息子が食べたものは

☆スーパーで買ったオレオクッキー
→帰国生の子と一緒に原材料を確認したそう。しかもホテルの部屋で食べたそうです。



原材料が何ヵ国語分書いてある?英語を頑張って見つけます。



インドネシア製です。



☆サムライスさんのおにぎり弁当
→事前にアレルゲン確認済、HPに写真があります。

☆マリナベイサンズのフードコートのチキンライス

息子から画像が送られてきました。



☆夕食で寄せ鍋の日があり、一人用鍋を用意してもらい、加工品以外を食べた。

☆マレーシア滞在のときのお昼に白米
→手違いがあって、食べることにしたそうです。バターライスとかじゃなくて本当に良かった‼息子は『バターライスって何?』と、存在も知らなかったので、そんなものが出てくる可能性も考えなかったそうです。知らないって怖いです‼

☆帰りの機内食

旅行には付いていったけど、私はそばにいるわけではなく、添乗員さんも先生もアレルギーの知識が少ないし付きっきりでは全くないので、全て息子が判断したことです。
もっと経験を積めば、判断しやすくなるかな。

家族旅行なら色々試せたかもしれませんが、学校行事なのでより慎重にしないといけません。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
旅行会社から各レストランに5大アレルゲンが含まれるか聞いた解答が来ました。

でもこんな感じです。







これとは別に、英文でカゼイン、ホエイなどの乳製品が含まれるかの問い合わせの文も送ってましたがなかなか返事が来ないので、何回も何回も催促した結果、ぎりぎりにメールで日本の旅行会社の方からの解答が来た(現地からの英文ではなく)ので本当に聞いてくれてたのかは不明です。

でも、ここまでで限界なのかも、と思い、あとはこの情報を信じるか信じないかというところ。

メニューは中華料理がほとんどなので乳製品は入ってないと思われます。つまり息子は食べられそうなのですが‥‥‥

一応全て食べなかったらと仮定して、レトルトと缶詰で息子と相談しながら代替えメニューを決めました。
レストランで温めていただくので、いつの食事にどんなものを、という細かい表を作り旅行会社に提出しました。






そしてそれぞれのレトルトを何日のいつの食事か毎に大きなジップ袋に入れて名前も英語で記入しました。

朝食は、トントンハウスの卵乳なしのクロワッサンなどを持参し、あとはビュッフェからサラダとフルーツを食べることにしました。ドレッシングは持参です。

1日だけ班行動する日があり、この日のランチをどうしよう??
班には現地の大学生が一人付いてくれますが自由行動です。
フードコートで食べることにして、予定が変わったら弁当(当日の朝、サンドイッチを作って持たせる)を食べることにしました。
チキンライスは食べれそうと聞いていたので、マリナベイサンズのフードコートのチキンライスを調べてみることに。
旅行会社経由で、材料に乳製品とごまなどが使われてるか聞いてもらえるよう頼みましたが、契約がないお店とのことでなかなか返事が来ないので、直接マリナベイサンズのHPから問い合わせをしました。
英語で返事が来て、息子は食べられそうでした。
あとは当日、食べるか食べないかです。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の旅行はシンガポール航空利用とのことでした。
機内食のアレルギー対応と機内へのエピペンの持ち込みのために、旅行会社から2つの書類を用意するように言われました。

①英文の診断書(アレルギー対応機内食のため)
②シンガポール航空所定のエピペン持ち込みのための英語の書類(MEDIF)
   →実際には「特別なお手伝いが必要な乗客の情報」の用紙のようです。

この2つは主治医に頼みましたが、②の方は間違えると厄介みたいで、私もよく目を通し、主治医がわかりやすいように書き方のサンプルと付箋を付けたりしました。

アレルギー対応機内食ができるかてきないかは、検討してみないとわからないと言われ、けっこう直前に対応機内食が出ると決まったような気がします。でも、シンガポール航空で小麦アレルギーの方にパンが出てきたことがある話を聞いていたので、機内にはお弁当を持ち込むつもりでいました。

航空会社への機内食のリクエストは
no milk and dairy
no egg
no fish egg
no nuts
no sesame
no buck wheat (soba)
にしました。

JALだったらアレルギー対応機内食は辻安全食品さんのを出してくれるので安心なのにな~(ハワイに行くときもいつもJALにしてます)、なぜJAL(かANA)ではないの?と思ったけど、仕方ないですね。



食事は
朝食は全てホテルのビュッフェ、
あとはほとんどレストランで、2学期に入ってからメニューをいただきました。
それから、乳製品やナッツが入ってるか聞いてもらうようリクエストしましたが、他にもアレルギーがある方がいるので、5大アレルゲンを調べるとのことでした。
これがなかなか返事が来なくて、結構待ちました。
 
合わせてそれぞれのレストランの住所を聞いて地図で調べたり、お店の感じ(例えば同じ店で私が食事を摂ると目立つかどうか、など)を聞いたりと何回も旅行会社の方とメールでやりとりをしました。
子供たちのスケジュールも聞いて、隠密行動の私のスケジュールもたてたり。。。
 
ある日の夕食(バイキング)に、息子にはシンガポールのおむすび屋さん『サムライス』さんのお弁当を手配しようと思い、サムライスさんに材料の問い合わせもしました。
『サムライス』さんは、B君のお父様が見つけてくれたお店で、7月頃にHPから原材料について問い合わせると日本語で返事が来ました!
旅行の2週間前くらいにおにぎり2個とお惣菜、唐揚げが入ったお弁当を注文しました。
 
続く。

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。