Minako Ikeshiro' s Tokyo Journal

音楽ライター、池城美菜子のblog。2016年8月19日に『ニューヨーク・フーディー〜マンハッタン&ブルックリン・レストラン・ガイド』を出しました。

レゲエ、R&B、ヒップホップのアーティスト・インタヴューやイヴェント・レポート、ライナーノーツの執筆、対訳が業務内容。連載は、Woofin'にレゲエ情報ページ“Labba Labba Train”を書いています。。 Twitterはminakodiwriter です。

テーマ:
 昨夜、ひょい、とエリック・ベネイを観てきました。14年のブライアン・マックナイトとのツアーを見損なっていたので、とってもうれしかった。
 
 東京のブルーノートで3日、コットン・クラブで1日、ブルーノートの名古屋でも1日と計5日間10ショウ。ヒット曲もあるし、何度もグラミー賞にノミネートされているし、たしかに大物。それでも、5日間はすごい。日本でも愛されているのだなぁ、と認識を新たにしました。
 
 ニューヨークで見たのは、10年以上前。高い歌唱力を誇るシンガーですが、さらにパワーアップしていてびっくり。美貌に渋みも加わって、理想的な年の重ね方です(これで50歳って!)。理想のおじブラになっていました。
 
 あ。「おじブラ」は「おじさんブラザー」の略で、ディスではありません。国際結婚をした友だちとの会話に頻出する用語。もちろん、親しみと敬意を込めて使っています。では、エリック・ベネイの「素敵なおじブラ・ポイント」を解説してみましょう。
 
1. 以前より声が出ている!
 伸びやかなファルセットが素晴らしかったです。体もきちんと鍛えていて、隙がないし(お腹は出てない)。
 
2.ブレないファッションと現役感
 Tシャツとジーンズに、ハットとサングラス、スカーフの小物3点セット(ちなみに、バンドも3ピースでした)が似合っていました。うん、まだスーツでは歌って欲しくないな。セットリストには、セルフタイトルの最新作や、一つ前の『Lost In Time』からヒットした「Sometimes I Cry」も歌ってくれて、バランスが良かったです。カヴァー曲は定番の「Feel Like Makin’ Love」をバッチリ歌ってくれましたが、個人的にTOTO「Africa」を聞きたかったなー。代表曲の「Georgy Porgy」もTOTOの曲ですよね。
 
3.酸いも甘いも嚙み分けた余裕
 バンドのメンバーを紹介するとき。ステージから客席に手を差し出すとき。いちいち優雅で、余裕がにじみ出ていました。才色兼備のエリックさんですが、私はディアンジェロ、マクスウェルら天才肌組とデビューが近かったせいで、割を食った人だとも思っています。ネオクラシック・ソウル・ブームの先発隊でもあったけれど、90年代後半のR&Bシーンはとにかく激戦だったため、少しエキセントリックなところがないと目立てなかった。エリックさんは、佇まいも曲もお行儀が良すぎた気がします。でも、そのおかげで周りとあつれきを起こすこともなく、コンスタントに良質のアルバムを出し続けて、今があります。これって、すごいこと。
 
4. 荒波をくぐり抜けて、今が最高。
 「あつれきを起こさず」というのは、あくまでほかのアーティストとの比較で、彼自身も荒波をくぐり抜けています。デビュー前に最初の奥様が亡くなって、長女を一人で育てていた話は有名。00年代前半は、ビヨンセ以前に「もっとも美しい黒人女性」の肩書きを欲しいままにしていたハル・ベリーが奥方でした。彼女がアフリカン・アメリカンとして初めて主演女優賞を獲った際に、レッドカーペットで隣に立っていたこともあり、離婚の際はだいぶニュースになりました。
 
 で。昨夜のハイライト。「たくさんの偉大なタレントが逝ってしまって寂しい‥モーリス・ホワイト、ナタリー・コール、(デイヴィッド・)ボウイー、ジョージ・マイケル。それから、僕らに多大な影響を与えて、すべての人の人生を豊かにしたあの人‥」と言ってから、「How Come U Dont' Call Me Anymore」を歌ったんです、完璧に。私も大好きな曲。そのときは「プリンス亡き今、これがセカンド・ベストだなぁ」と鳥肌モノで聞いていたのですが、帰り途、「ちょっと待てよ」となりました。
 
 シャンボールとアマレットを使ったスペシャル・カクテルでポワンとしてすぐ出てこなかったのですが、エリック・ベネイの今の奥さん、マヌエラさんってプリンスの2番目の奥さんでもあるんですよね。エリックがハルさんといた時期に、彼女はプリンスと結婚していました。
 
曲名と同じチョコレート・レッグス。甘めですが、
後味がすっきりしていて美味しかったです。
 
 つまり、エリックさんは、奥さんの元旦那の曲を、歌い上げたわけです。
 
 プリンスとマヌエラさんは円満な離婚だったらしいので、それもあるかと思いますが、なんかこう、器が大きいですよねぇ。やっぱり、おじブラの鑑だわ。
 
 こちらも代表曲。昨夜は「この曲を結婚式でかけました」というアメリカ人のカップルも来ていて、素敵でした。一人でタミアのパートも歌っていましたよ。懐かしい名曲。
 

おっと。途中で切れてるけど、公式なので。
 
 
 今晩を入れてあと3日。迷っている方は、ぜひ。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。