只今、日本に一時帰国中につき、思いっきり、

 

和食を堪能しております。

 

パリでお留守番のダーリンには申し訳ありませんが、

 

美味しい名古屋めしが食べられて、幸せです。

 

ところで、お店にもよりますが、フランスと比較すると

 

日本は外食が安いです。

 

特にランチは1,000円+消費税で充実の内容。

 

ディナーに比べて、ランチがお値打ちなのは日本も

 

フランスも共通しますが、フランスのレストランで、

 

ランチを1,080円で済ますのはほぼ不可能です。

 

ファーストフードでも結構なお値段がしますから。

 

そんな外食事情のフランスにおいて、パリを

 

訪れる方にとっておきのお店をご紹介します。

 

ドリンク付で、なんと10ユーロ以下と超お値打ちで

 

ありながら、(そこそこ)美味しい!

 

しかも場所はパリの人気エリア、サン・ジェルマン・デ・プレという

 

「安い」・「旨い」・「場所良し」の3拍子揃ったお店です。

 

 

お店の名前は「Little Breizh(リトル・ブレッツ)」。

 

お昼時ともなれば、ご覧のとおり、満席です。

 

なので、きっと長く待たされるのでは?と思うでしょう。

 

ところが、お店の回転率も早く、オーダーしたものもわりと

 

早く出てくるので、それほど待たされることはないのです。

 

どんなお料理がいただけるお店かというと

 

ヒントは上の画像の左上にある白と黒の旗。

 

実はこの旗、フランスの北西部、ブルターニュ地方の旗なのです。

 

ブルターニュ地方の郷土料理といえば、Galette(ガレット)。

 

 

そう、ここはブルターニュ出身の姉弟が幼い頃に

 

食べたおばあちゃんのガレットを再現したという

 

Crêperie(クレープリー)なのです。

 

 

お昼限定のお得な Menu Tradition はそば粉のガレット+デザートクレープに、

 

シードルまたはりんごジュースが1杯ついて、9.90ユーロ。

 

 

なみなみに注がれたシードル。

 

 

お値打ち価格にもかかわらず、使用するそば粉はオーガニック。

 

 

ハムと玉子とチーズのガレット

 

パリッと焼かれて、美味しいです。

 

 

デザートのクレープは私が塩バターキャラメル、

 

 

そして、ダーリンはダークチョコレートをオーダー。

 

クレープの食感はやわらかめです。

 

コスパも良くて、若い店員さんたちも感じが良いので、

 

パリでサクッとランチしたい時にはおすすめのお店です。

 

 

同じ通りの向かい側にはあの一風堂もありますよ。

 

お帰りの際にポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。
           ↓ 

☆こちらにもお願いします。
          
 
  にほんブログ村

 ◆ Little Breizh

住所 11 rue Gregoire de Tours 75006 Paris
TEL 01 43 54 60 74
営業時間 12:00-14:30 / 19:00~22:30
定休日 日曜日、月曜日
最寄り駅 Odéon④⑩
Website https://www.facebook.com/LittleBreizhCreperie/
AD

コメント(4)