2016-03-07 舞浜

9日から20日まで、浜松市の鴨江アートセンターで

展覧会を致します。

「ドイツから戻って来たTEGAMI5年目展」

2011年の震災後に日本のアーチストからドイツに届いた、

気持ちを伝える355枚のTEGAMI(はがき大の作品)全てと

その時に参加したアーチストのうち42名による作品の展示

ドイツで見せるーから、日本で共に考えるーへ、

そして、、


5日の誕生日の早朝に出発、車で直接搬入を

してきました。

梱包を解いて、会場に置いただけの椅子作品。






会場となる鴨江アートセンターは、

昭和3年に建てられた元刑務所を改築し、市役所別館

だった所を、時代が変わって美術関連の展示場になった

ところとか!

地元では、アートセンターと行っても知らない人が多く、

「別館」と言った方が通りが良いようです。

今回参加される、浜松の作家乾久子さんが見つけてくれた

会場です。

浜松出身の映画監督,木下恵介氏の記念館の真ん前に位置する

その建物は、昭和初期の良き洋館の面影を残し、刑務所だった

とは思えぬステキな建物でした。





9日に開幕しますので、わたしは8日に浜松入り、

最終的な展示に立ち会い、10日には一旦帰宅し、後半また

浜松へ出掛けます。18日、19日、そして閉幕の20日まで

会場にいます。


お近くの方も、遠い方も、お出掛けいただけたら嬉しいです。

被災地だけではなく、日本全体のこととしてみんなで考えて

復旧だけではない、新たなヴィジョンでの復興、発展に参加

していただけたらどんなに心強いでしょうか!

11、12、13、19、20日には「語らいの場」、

ギャラリートーク、ワークショップやシンポジウム

レクチャーなどのイベントもありますので、ぜひ

いらして下さい。

詳細はまた追ってお知らせしますので、おたのしみに!










AD
2016-03-06 舞浜


2016年3月5日、昨日は誕生日でした。

毎年同じ月と日なのですが、気象も自分を取り巻く状況も

同じ時はなく、毎年新たな誕生を新鮮な気持ちで受けとめます。

新たな1年の始まりです。

叶えたい夢、達成したい願い、色々ありますが、どれも

簡単なことはなく、あまり野心家でもなく、目標実現に向けて

実際的に梯子をかけて、ということは苦手というか、どん欲でないと

言うか、要するに現実的、実際的な人でないことは、長く生きてきて

すでに実証済みというか、誰の目にも明らか、我が目にも明らかで、

いまさら変更も不可、、これまでどおりに自分らしくチンタラゆく

しか無さそうです。

今年実現したいことのひとつは、世界と日本のあまりにも常軌を逸し

た混迷、危険な情勢を少しでも良い方向へ向かわせたい、自分が気持

よく暮らせる世界に近づけたい。それと自分のあり方、暮らし方を

どう絡ませて行くか,、ということです。

今年に限ったことではなく、人間社会に生を受けて、社会的存在と

して生きている以上、避けて通れないことですが、美術に関わり、

創造と人生の日々刻々が分け難い生き方をする者として、自身の

歴史と世界の歴史との関わりとどうバランスをとって行くのが

良いかをチンタラ考え、行動する1年の始まりです。

それにしても世界の人々はいったいどこへ向かって日々生きて

いるのでしょうか?

今年も、大きななぜ?を考え続けて行くしかありません。


今年も友人たちからお祝いのことばをいただきました。

直接はお会いしたことのないfacebookの友人たちからも、

旧知の友人たちからも、それそれは沢山の方々からのメッセージを

いただきました。

本当に心から有り難うございます。


舞浜の空です。







去年の誕生日は春の名残の雪の中、

原村で迎えました。

今年は、2月の突然の個展や今月の浜松での展覧会のため、

山に帰れないでいます。

こんなに長く山の家を留守にするのは珍しいことです、、







AD
2016-02-24 舞浜

ほっとして、力が抜けて、背中を水面につけて

ぽかり、ぷかりと浮いている気分と言えばいいのだろうか!


ついつい夜更かしをして睡魔にそそのかされるけれど、

寝ている訳にもゆかないので、全館大掃除、、掃除機をかけ、

どこもかしこも拭き掃除。出掛ける用事もなく、ゆっくりして

いられる時に、気持ちをこめて丁寧に普段気にとめていない

そこかしこにあるものに改めて目を向け、認識し直す。

何事もきれいにするのは気持ちいいものだが、掃き清め、

拭き清めて、清々しさに包まれるのは、私にとっては格別な

ことのようだ。

とりわけ、問題を抱えて気持ちが転倒している時には、

落ち着かせ平常心に戻してくれる。

話せば長くなるからやめるけれど、NY時代最初に住んだ

アパートで大変なことが起こった時も、私は掃除をしながら

見事に切り抜けた。。今は問題を抱えていない。だから焦る

こともなく、趣味の掃除を楽しめる。

一人っ子の私に,母は根気仕事の愉しさを、それと気付かぬ間に

教えてくれた。兄弟姉妹がないので、もまれることもなく、

大人の中でひとりの子供、厳しくもあったけれど、甘やかされ

もした。

着るものも、おやつなどの口にするものも、虚弱児だった私の

ためにほとんどのものは手作り。集中力や根気を養うために、

和裁や洋裁の仕付け糸の絡まった山をきれいにほどいてまた

使えるようにする。

和菓子や洋菓子に使うあずきやナッツの虫食いを丁寧に選り

分ける。

次の人がいつも気持ちいいように、トイレは使ったら、

きれいを心がける。鏡やガラス、ストーブ台など、鏡のように

なるものはいつもピカピカが母のこだわり。だから今でも、

美術館などでガラスケースに手をついたり指で触るのを無頓着に

やってる人を見ると気になってしまう。


まあ、要するに、如何でもいいことなんです。愉しい自己満足。

私の場合は、花殻を摘んだり、靴を磨いたり、玄関のたたきを

拭いたり、アイロンがけをしたりが気持ちよくなる遊びなんです。

かといって、いっつもぴっかぴかじゃなく、散らかってる時は

ちゃんと散らかってます!


なぜそんなにほっとしたかと言うと、個展が終わってほっ。

3月~4月の2ヶ月間にわたるNJ(ニュージャージー州)の公立

図書館、Fort Lee Public Libraryで開催される『反核展」に作品を

発送して「ほっ!」としたからなんです。。。。

タイトルは、「安倍氏の安全、平和的 福島原子力発電所」







昨日は、郵便局の帰りにBOOK OFF へよってみた。

この本屋は面白い。いい本が安い。

結局、厳選して新書版を13冊、単行本を4冊、しめて9268円。

900円の割引券が帰ってきた。この間、銀座の教文館で哲学宗教

関係の本を買った。思い切って買った新刊本、しめて11368円。

今月はもう買う権利がない。

化粧品や美容院代などの支出が全然ない。洋服もめったに買わない。

画材もストックが大分ある。買うのは靴とか本とか帽子かな。


実に素晴らしい本が沢山あるものだ。心血を注いだ著者の想いが

どーん、ふわっ、こちょこちょと迫ってくる本、なによりも

価値がある。そして,背表紙につられて目次を見て行く。実に多くの

ことを,本当に深く知らないもんだと思い、知りたくなるのだ。


先日もバスクの作家、キルメン ウリベさんがバスク語で書いた本、

「ムシェ ちいさな英雄の物語 」を紹介したけれど、この世界の

素晴らしい本を、一冊でも多く読み、味わって死にたいものだ。。













AD