昨日は港区の高輪白金にあるここへ。
5月21日(日)に都内で開催される日経ヘルスケア特別セミナーのグラビアじゃなかった。顔写真撮影のため。同時に日経ヘルスケアの村松編集長と拙稿担当の豊川副編集長と打ち合わせ。
 
セミナーは今回で3度目になる㈱メディチュアの渡辺 優代表とのデータ分析&戦略だ。過去2回との違いは架空の二次医療圏ではなく、実在の二次医療圏からの分析を行う。
 
ホームページやセミナー告知等でけっこう若いときの写真を使っていて、現物が違う方もいるが、こちらの写真はリアルタイムで行く。
 
最近のプリクラのようにおメメパッチリなんて加工はしません。したいけど。昨日はその後、神奈川県内クライアントへ。
 
本日から金曜まで神戸→福山→東広島(西条)→京都の3泊4日ツアー+土曜は長野日帰りの死のロード突入。
 
こんなスケジュールを組みやがってブラックで訴えてやると息巻いても被告と原告が同一人物。
 
日経ヘルスケアで話をしていて気がついたのだが、日本三大酒処は兵庫県の「灘」、京都府の「伏見」、広島県の「西条」になる。今回はそれを一気に制覇する日本酒ツアーであった。
 
実はこの日本3大酒処が来月号の日経ヘルスケア拙稿のオチにつながるのだ。ともかく「肝臓にご自愛」となるが、すでに昨日からフル稼働させてしまっている。
 
これは日経BP社受付にあった同社発行誌の展示キャビネット。
わが日経ヘルスケア1月号は4段目真ん中の右にある。
 
有料購読をしている日経ビジネスは1段目真ん中の左だ。「トランプに負けるな!」という特集なのでトランプ大統領と豊田社長との対面顔写真がしっかりと見える。
 
ボクのコンセプトは「クライアント・ファースト」だ。
 
 
 
AD

昨日は今週の出張準備で在宅JOB。本日はゆいいつの首都圏だが、明日から金曜まで神戸→福山→東広島→京都3泊4日ツアー。

 

金曜夜に在宅復帰で自宅トランジットして土曜は長野日帰り。2017年度初の死のロードウィークだ。

 

2015年1月からスタートして2年を超えた「極力、炭水化物抜きダイエット」だが、どうなったと聞かれる事が多い。いちおう現在も継続中だ。

 

身長169センチで目標体重は65キロと定めている。2014年の人生最大体重72.0キロからは▲7キロの数値だ。

 

グラフが覚醒後朝一番の「月別平均体重」だが、目標65キロ以下になったのは4ヶ月間だけだ。2年間の最小体重は63キロであった。

ところが最近は目標2キロオーバーの67キロ前後となり、なかなか体重が落ちなくなっている。

 

やはり、炭水化物制限だけではなく、運動もしないといけないのは重々承知だ。自分にコミットして精進せねばならない。

 

AD

昨日は午後の新幹線で新青森から帰ってくる。グリーン車のさらにアッパーのグランクラス乗車とした。

料金は高いけど、新青森駅から東京駅間の約3時間強の快適なアメニティの中でそれ以上の労働生産性を生み出せば問題ない。

 

和軽食or洋軽食がついてドリンクは国内線のJALファーストクラスやANAプレミアムクラス同様に飲み放題。

 

昨日も仙台あたりでエビス缶ビール3本を空けて爆睡。覚醒したら大宮であり、「グランクラス料金>労働生産性」となってしまった。

 

 

 

AD

昨日は青森へ。いつもはJALで空路だが、新幹線3時間強でじっくりとやりたい仕事があったので陸路で行く。

 

青森市内の積雪は30センチもなくエライ少なかった。積雪が1メートルを超えることもある青森市内では30センチ弱だとなんの影響もない。全くのフツーの生活を送っている。

 

東京で30センチだと大パニックになり、陸路も空路も遮断されてしまう。残るは海路だが、これだと行ける場所が限定だし、港までのアシがない。

 

これは青森市内の銀座+六本木+歌舞伎町と言われる昨夜の「本町」の入り口。

車道には雪はなく、歩道はこのように雪かきの雪を集めた最大2メートルくらいの雪の壁ができている。

 

でも歩道もボトルネック的に狭い箇所もあるけど、いちおうアスファルトがでている。「ボクの前に道はある、ボクの後ろにも道がある」だ。

 

良い子の皆さん。高村光太郎の「道程」は「僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る」だから間違えないように。

 

昨日は自宅と横浜の事務所で久々に在宅&オフィスワークであった。

 

横浜の山下公園にある展示船「氷川丸」のクサリに整列して停まっているカモメたちだ。

一羽くらいイデオロギーが違って右を向いていてもいい気がするのだが、全羽みごとな左向きの同ベクトル。カモメの水兵はやはり大したものだ。

 

一方、「医局の医師を全員、同じ方向に向かせるのは、自由奔放な猫の群れを整列させるのと同じくらい難しい」という名言を聞いたことがある。

 

これには全く異論はない。

 

本日から一泊二日で青森へ。

昨日は鳥取県米子市の皆生(かいけ)温泉に宿泊。

 

全国20以上のクライアントがあり、毎月、北は青森から南は岩手。ではなく宮崎まで行くけど宿泊地で間違いなくナンバー1なのがここだ。

 

大山(だいせん)、日本海、温泉、旨い魚とフルラインナップになっている。

ゆいいつのウィークポイントは米子鬼太郎空港ではANAしか飛んでいないので、JAL派のボクはアウェーになるところだ。

 

昼にはANAで米子から羽田に戻り、品川で20年以上ぶりに病院現役時代の2つ年上の元同僚に合う。その勤務先の社長とビジネスの話をする。

 

元同僚はムカシはスリムだったけど、その面影がなく、声をかけられたとき本人だと気がつかなかった。

 

本日は今週ゆいいつ出張がない日。横浜の事務所で明日の青森出張の資料作りを行う予定。

 

昨日は昼から米子鬼太郎空港へ。平地の雪はだいぶ溶けていたが、大山(だいせん)はこのように真っ白。雪雲もたっぷり。これから羽田に戻り都内で打ち合わせ。

昨日は朝からMac BOOK AirのMacメールソフトがクラッシュ。労働生産性なく寝ていたIT関連の院生である扶養家族を叩き起こして修復を試みさせるがダメ。

 

Googleメールとずっと使っていなかったOutlookを代替使用して世の中と情報のやり取り。

 

スマホがあるのでPCがダメでも情報のやり取りはできるが、やはり両手が使えるPCキーボードがよい。

地域包括ケア病棟(病床)の届出病院数について、長崎の大村市民病院の福田医事課長が本年1月15日付けの地方厚生局ホームページ調べのデータを送ってきてくれた。

昨年12月届出(一部本年1月届出)までの病院数であり、毎月の定点観測に大感謝。

 

地域包括ケア病棟の届出病院数は前月の1,764病院から26病院増加の1,790病院となった。

 

昨年10月の7対1看護必要度経過措置切れから2ヶ月経ったので増加については一段落したようだ。これから次回2018年改定までは緩やかな増加で行くのだろう。

 

都道府県別の病院数は下記のようになる。昨日は17病院の届出がある福島県へ日帰りだった。本日はこれも17病院の届出がある鳥取県の米子市へ。

 

鳥取県は全体の人口、病院数ともに少ないため、地域包括ケア病棟も「人口10万人あたり」や「病院数あたり」だと相当に高くなる。

 

最も地域包括ケア病棟が少ないのが香川県7であり、これに山梨県11、沖縄県12が続く。

 

■昨年12月までの都道府県別病院数
福岡県 132
兵庫県 108
大阪府 92
東京都 92
北海道 87
神奈川県 65
熊本県 62
広島県 60
岡山県 59
愛知県 58
埼玉県 47
大分県 47
鹿児島 47
長野県 46
長崎県 44
愛媛県 41
京都府 38
千葉県 37
群馬県 34
新潟県 34
山口県 33
岐阜県 32
石川県 29
高知県 28
宮城県 27
茨城県 27
宮崎県 27
和歌山県 26
静岡県 25
佐賀県 24
青森県 23
秋田県 22
奈良県 22
徳島県 21
山形県 18
福井県 18
滋賀県 18
島根県 18
福島県 17
鳥取県 17
栃木県 16
富山県 16
岩手県 12
三重県 12
沖縄県 12
山梨県 11
香川県   7

昨日は京都や広島ではけっこうな雪だったが、神奈川県大和市周辺は寒いけど晴れていた。

 

自宅で今週の出張準備を行う。今週は本日が福島市日帰り。火曜、水曜は米子、金曜からは青森といよいよ2017年も芸のない旅芸人移動が本格的になってきた。

 

これは昨年12月、青森空港への到着機から写したもの。

除雪で空中待機となったが、そこは有名な滑走路除雪隊「ホワイト・インパルス」の神業により降りられた。

 

中部空港や広島空港は欠航便もあったが、今日も雪がはるかに多い青森空港ではホワイト・インパルスのおかげで欠航無しで全便飛んでいた。

 

常態として雪が降るところはやはり基盤整備(インフラ)が全く違う。

 

「寒い」の温度差があった

テーマ:

昨日は宮崎チキン南蛮空港から羽田江戸前あなご空港へ昼に戻る。

 

宮崎のタクシードライバーも昨日は「寒い」と言っていたが、雪が降っているわけではない。北国生まれだと全く寒くない。

 

昨日、北海道では零下29度を記録したという。これは寒いを通りこしている。いずれにしても札幌、宮崎、那覇では「寒い」の基準温度が全然違う。まさしく「温度差」だ。

 

病院の「忙しい」もそうだ。
 

再び宮崎空港のGUITAR SHOW 2017からの写真。ビートルズ時代のポール・マッカートニーといえば一番左のヘフナー社の左利き用バイオリン・ベースだ。

し〜・らぶず・ゆ〜・いえい・いえい・いえい〜。