日本リハビリテーション病院・施設協会の澤村誠志名誉会長は6月15日、衆院第二議員会館で開かれた民主党の「安心社会の構築に向けたリハビリテーションを考える議員連盟」(土肥隆一会長)の設立総会で講演し、国民が安心できる社会を創出するには、消費税増税によって社会保障の質を確保すると同時に、国民社会保障番号の導入や電子カルテの普及によって医療・介護情報の共有化を急ぐ必要があると訴えた。

 澤村名誉会長は、欧州の先進諸国が社会保障の充実によって国民の将来への不安を取り除き、内需拡大を促していると指摘。「日本でも医療・介護などの社会保障の充実によって、国民が安心できる社会を創出し、個人消費を伸ばすことで経済成長を実現する必要がある」と主張した。

 また、国民が安心できる社会を実現するには、▽消費税を増税し、社会保障の質を安定化させる▽地方への財源・権限の移譲によって地方分権を推進し、より地域に密着したサービスを実現する▽国民社会保障番号と電子カルテの普及によって、医療・介護関係者の情報共有を徹底する―などが必要と訴えた。

 設立総会では、「医療や保健、福祉及び生活にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合う活動の充実を目指す」などの方針が明記された設立趣旨や、同議連の規約、役員人事が承認された。同議連の事務局長に就任した山口和之衆院議員は、「今後は勉強会を重ねると同時に、議連からの政策提言も実現したい」と意気込みを語った。


【関連記事】
リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党
日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」
【中医協】回復期リハ入院料1の届け出、1年で4倍超に
脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」-民主議連・石森幹事長
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加

荒井氏の事務所費問題、民主内から説明求める声(読売新聞)
首相動静(6月13日)(時事通信)
<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
民主党の参院選公約「米軍基地見直し」削除(読売新聞)
「間違いを反省」=拉致犯の釈放嘆願署名―首相(時事通信)
AD