先日、不二家の「ミルキークリームロール」をみなぞうちゃんから、頂きました。

有難うございます。ありがとうございます

不二家といえば「ママの味」でおなじみのミルキー。

練乳たっぷりのまろやかな味が特徴のキャンディで、1951年より販売されるロングセラー商品です。

ミルキーがそのまま大きくなったみたい?

包みがいつもと違う青!?

季節限定の美也子の雪塩を使ったミルキークリームロールだそうです。

フィルムをはがすと、真っ白なロールケーキが登場。生クリームと練乳を使った“ミルキークリーム”を、ロール生地でくるりと一周、包んであります。

なめらかなミルキークリームは、練乳の味わいたっぷり。

 

甘みは強いものの口どけはしゅわっ、塩が効いていますのであと味は思いのほかすっきり。

キャンディのミルキーよりも上品です。まいうー

練乳好きはもちろん、クリームたっぷりの贅沢な味わいがクリーム好きにもたまらない一品です。

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

AD

俺のフレンチ TOKYO

テーマ:

『俺の~』レストラン。

 

『そば俺のだし』は早々に体験できましたが、イタリアンやフレンチに行きたいなぁとずっと思っていました。

 

しかしながら、並ぶし予約全然取れないし、立ち食いだし・・・。

 

何度か電話予約を失敗してから、すっかり忘れた存在に。

 

まうちゃんと恒例のライヴ前に、お祭りの慰労食事会を開催するにあたり、色々と調べていたらキラリトギンザは予約が取りやすい状況になっていました。

 

しかも、web予約が使えるようになったみたいで、楽々予約~。

あぁ~、楽ちん~音譜 web予約、楽ちんだよぉぉぉぉぉぉ。音譜音譜

キラリトギンザの両店は着席出来るし、フレンチはこの4月から12:00オープンしているそうで、遅いランチとして行ってきました。

 

店内はとても広いですが、2時間制と時間が区切られています。

 

単価を下げて回転率を上げる工夫ですねぇ。

 

居酒屋のような雰囲気で、夜はピアノ演奏等もあるので会話をじっくり楽しむ雰囲気ではないです。

 

リサイクル


お通し。 シュー生地に、生ハムなど入ったペースト入り。

 

しょっぱいので、なんとなくアテにはなります。

 

シューがイマイチかな??まぁ、お通しだしね・・・。

ウニのムースを包んだサーモンマリネ 580円。

柚の香りをまとったウニのムースをサーモンで巻いてます。

上の黒いモノは、竹墨のお煎餅との事。

居酒屋的な大箱なのに、盛りつけも頑張っているところに感動です。

フライドポテト トリュフとパルメザンの香り 380円。

 

ケチャップはなくてもよいかな?、ターメリック&ガーリックマヨソースがなかなか。

 

そのままでも、パルメザンがきいてて十分美味しい。

 

ただし、トリュフ感はありませんでしたが、380円ですから!!


貝類の白ワイン蒸し 980円。

 

帆立貝、ムール貝、ハマグリにあさりとなかなかの種類です。

 

火入れもGOOD!

 

貝のエキスがたっぷりのソースをパンにつけていただくと美味しいこと!


牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ 1980円。


オープン当初からは500円ほど値上がりしてしまったようです。


因みに、この日は朝からこのフォアグラの事を考えてました。笑

これをこの値段で食べちゃうと、結婚式で出てくるちょこんと乗ったフォアグラにフィレといいつつもイマイチなお肉を切ない思いで食べなきゃいけなくなりますねぇ・・・。

 

断面図です。

お肉も柔らかく、フォアグラもドーンと食べごたえがあり1980円でもCPよし。

ソースを吸ったマッシュポテトもまいうー。まいうー

 

もう、この時点で満腹でしたが、デザートへ。

俺のバナナクレープ オレンジの香り 580円。


紅茶が香る大きなクレームブリュレ 580円。

 

クレームブリュレ美味しかったのですが、もう限界を迎えていたのでお味の感想が書けません。


頑張って食べましたが、お腹いっぱい過ぎて残してしまいました。えーん

デザートもお料理もボリュームがありますので、注文はお気をつけ下さい。

 

特に、大きいやたっぷりはなかなかの量がきます。


撮影し忘れましたが、スパークリングワインは並々と注がれます。

ソフトドリンクがややお値段高めかなぁと思いますが、そこも利益のポイントですかね~。

あと、お料理は効率的にある程度注文がきてから一気に作っているので、私達のテーブルは大丈夫でしたが、料理の順番がバラバラなテーブルもありました。

しかしながら、上記料理にドリンク類6杯&パンをいただいて1人5000円以内とは、素晴らしいCPです。

 

フランス料理だけどフランス料理店としてのサービスはなく、みんなでワイワイ料理をシェアしながら食べられるというのがこのお店の良さ。

 

フレンチ居酒屋という、アミューズメント施設なんだなぁと感じました。


キラリトギンザの店舗は、座れるし予約も取りやすいし、気軽に一流のシェフの料理を楽しめるので、また機会があれば利用したいと思います。

 

 

俺のフレンチTOKYO

中央区銀座1-8-19 KIRARITO GINZA B1F

03-6264-4921

[月~金]12:00~15:00、17:00〜23:00(L.O.22:00)
[土祝]12:00~23:00(L.O.22:00)
[日] 12:00〜22:00(L.O.21:00)

不定休

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

AD

バターチキンカレー

毎年恒例のお祭りもようやく終わり、ほっと一息つけました。ほっ

 

しかしながら、暑い&だるいでご飯作るのが面倒くさい。

 

そんな時の頼れる一品。

 

何度もリピしているのにUPし忘れていた、マスコットフーズから販売されている印度の味カレーペースト!!

 

難しいことは一切なし!

 

炒めて煮込むだけで本格的なインドカレーを作ることが出来ます。

 

1瓶で約3人前です。

私は辛いモノが苦手ですのでカレーはバターチキンを頼むことが多いのです。

 

コチラも本格的なスパイシーの香りがしますが、辛さはほとんどありません。

 

トマトの酸味がいい感じです。

 

作り方は超カンタン!!

 

玉ねぎ、鶏肉などを炒め、本品とお水を加えて煮込むだけ。

 

味付けやお水を計量する手間もなし!!

 

煮込み時間が10分程度で、店に負けないくらいの本格的カレーが出来るんです。

 

本格バターチキンにプラス日本人の好みに仕上がっていて、小さなお子様でも食べられますので、常備することをおすすめしまーす。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

随分前にまうちゃんからいただいていたのですが、

コストコで買ったでっかい鶏ガラスープの素がなかなか使いきれず、ようやく開封しました。てへぺろ

IMG_20160630_173536462.jpg

秋田のお土産『UMAMY(ウマミー)比内地鶏ガラスープの素』

 

秋田の会社が地元の美味しい味を全国に発信する目的で作った、うま味調味料。

 

その名も「UMAMY(ウマミ―)」このネーミングですもの美味しいに決まってます。

 

比内地鶏業界初だそうです。なんと、放し飼い比内地鶏のガラで作るガラスープの素です。

 

業界が一つになり原料となるガラの大量確保を実現したそうです。

 

粒の小さな顆粒タイプですので、さっと溶けます。

 

今日はたまごスープを作りましたが、なんということでしょう。

 

いつもより、お上品なたまごスープになっていました。

 

凄いぞ!さすが比内地鶏!!ガーン

 

炒飯や野菜の炒め物にもいいですね~。

 

ご馳走様でした。ありがとうございます

 

UMAMYは姉妹品もあるそうで、こちらも試してみたくなりました。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

PALETAS(パレタス)

テーマ:

鎌倉発のフローズンフルーツバー専門店パレタスさん。

IMG_20160629_021357096.jpg

メキシコ生まれの手作りアイスキャンディは、フルーツをそのまんま、アイスバーにしたよう可愛らしい姿でオープンしてすぐに大人気店に。

 

『機会があったら買おっ。』くらいのスタンスでしたが、ようやくその時がきました。笑

 

先日仕事で横浜に行った際、展示会にしては持ち帰る荷物が少なかったので買ってきました。

 

実はジャパンパレタスは、目薬やスキンケア用品で有名な大阪の大手製薬会社、ロート製薬さんの子会社なんですょ。

 

今まで培った、非加熱殺菌の新技術をスイーツ業界に活かした異業種参入だったのです。

 

からだにやさしく安全・新鮮な素材に徹底的にこだわり、その素材をいかすためにケミカルな添加物を極力使用せず、1本ずつ丁寧に手作りしているそうです。

 

減圧調理器などを用いた特殊製法と独自レシピによる糖度コントロールしているそうで、このこだわり方。

 

さすが医薬品メーカーです。

 

今回は、新製品のスイカピタヤと

IMG_20160629_021423657.jpg

IMG_20160629_021419407.jpg

ミックスイースト

IMG_20160629_021419745.jpg

沖縄マンゴーパイン

IMG_20160629_021426464.jpg

ピンクバニラミックスの4種を購入です。

 

お店で圧倒的な人気のミックスイーストは、リンゴジュースがベースで、リンゴ・オレンジ・パイナップル・キウイ・グレープフルーツがちりばめられて、見た目も可愛い&さっぱり美味しい&ヘルシーな感じもしますね~。

 

個人的には、ミルクジェラードベースの沖縄マンゴーパインがお気に入りです。

 

マンゴー好きなので。笑

 

因みに持ち帰りの際のドライアイスが有料です。

 

ここが無料になれば、嬉しいんですが・・・。

 

他店ではほとんど無料なのでなんとかならないかなぁ。

 

改善されれば、購入頻度あがりそうなんだけどなぁ。

 

 

 

PALETAS(パレタス)桜木町店 SAKURAGICHO

横浜市中区桜木町1-1シァル桜木町

TEL 045-228-8087

 

 

人気ブログランキングへ

 

レッドブル ~サマーエディション~

テーマ:

Red Bull Energy Drink THE SUMMER EDITIONが今年の夏も帰ってきましたね~。

 

お祭り飾りの作成も佳境になり、残業です。笑

このトロピカルフルーツ味はエナジードリンクっぽくないので、エナジー初心者の方にいいですょ。

 

しかし、エナジー注入感が薄いんだょなぁ。ビミョー

 

 

ブログランキングへ

 

ふわっとろ くりぃむわらび 黒蜜入り

テーマ:

なんだかここ数日、甘いものが食べたくてしかたがないんです。

ヤバいと思いつつも、セブンイレブンの新製品買っちゃいました。
IMG_20160625_224018662.jpg
ふわっとろ くりぃむわらび 100円。

嬉しいワンコインです。
IMG_20160625_224142283.jpg
甘さ控えめ黒蜜をホイップクリームで包み、さらにそれを口どけの良いとろっととろけるわらび餅の生地で包んだ洋風仕立ての大福です。

ちょっと甘いものが食べたい時にちょうどいいサイズです。

手で持ち上げると形が崩れちゃう柔らかさ。

和×洋がなかなかよい~。

ぷにぷに好きラブラブは、一度はお試しください。

 

 

気ブログランキングへ

 

枇杷羊羮

テーマ:

お客様からいただきました。

 

有難うございます。ありがとうございます

 

房総の名物、枇杷を使った羊羹です。

房州特産のびわを生かした羊羹です。

 

果物の枇杷は、高級なわりにはもっさりとした食感があまり好きではないのですが、ビワの実をジャムにして白アンに練り込んだこちらはなかなかです。

 

房総の枇杷はジューシーで美味しかったとのお話でしたので、いつか美味しい枇杷を食べに房総に行ってみたいですが・・・、枇杷の出回る時期は忙しくてなぁ~。

 

老後の楽しみになってしまいそうです。aya

 

 

 

 

私、プロ野球ファンです。

そんな私がつい観てしまう番組のひとつ『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』

今回の特番は応援していた選手が二人も入ってて感慨深かったです。



まずは、私が初めてファンになった選手。

青い稲妻こと、元巨人の松本匡史さん。

 

現役時代には、自慢の快足をとことん鍛えぬき、未だに破られていないシーズン76盗塁のセリーグ記録を樹立した俊足王。

 

因みに日本一は106盗塁の福本豊氏です。解説でも名言を残していますね・・・。

 

閑話休題

小学生低学年でしたかねぇ?当時は全く野球に興味はなかったのですが……。

初めて後楽園球場に連れていかれた際に、目の前で決めた松本選手の盗塁に釘付けになり、それからファンになりました。

 

苦労人として知られた彼を、陰日向なく支えた妻・由佳さんの健気な努力や、その支えを糧に活躍した彼の半生を振り返った内容でしたが、メニエール病とは現在もつきあいながら生活をしているようですが、やさしいほほえみは昔と変わらず。

 

元気な姿とミスターこと長嶋監督の健在ぶりと、彼らしいあたたかみのある言葉に泣けましたねぇ。



もう1人は、元横浜&近鉄で活躍し、昨年10月に他界した故盛田幸妃元さん(享年45)。


ドーム構想として、肩の弱い松本選手を戦力外にした巨人に不信感から、アンチ巨人になった私。

当時、スピードスター揃いの大洋ファンへ。それから、現在も横浜DeNAファンです。

 

盛田さんは横浜時代、抑えのエースで「大魔神」こと佐々木主浩氏へのつなぎ役を担っていた選手でした。

 

近鉄へ移籍してしまましたが、年齢が近かった&元所属していた選手は気にしておりまいsた。。

 

そんな近鉄時代に、盛田氏は脳腫瘍を発症。

 

奇跡の復帰といわれた翌97年10月の1軍再登板を経ながら、現役引退後に病気が再発し、昨年10月16日に45歳の若さで他界してしまいました。

 

闘病中に手術後の腫れによる影響で、利き腕の右手が動かなくなった時に「こんな右手いらねえよ、ちょんぎってしまえ」とか、病状が一進一退する中で「死ねる薬くれよ」と倫子さんへ語った再現シーンは衝撃的でした。

 

脳腫瘍であり、去年お亡くなりになったのは知っていましたが闘病がここまで壮絶だったとは…。

 

ホント奥さんもご本人も大変だったんだなぁと、また涙。

 

人それぞれですが、本当に色んな苦労があり支えていく姿。尊敬します。

 

改めてプロの世界は厳しいと感じました。