岐阜のライター悠木の【シゴトジン(仕事人)】

岐阜を拠点にライター業やその他色々やっています。

岐阜を拠点に、愛知や三重に出没するライター。

独立までに複数の会社で様々な職を経験。

ライターとして活動をはじめてからも多くの「しごとじん」とお会いして、

頑張ってる人って、本当にカッコイイと思う日々を過ごしています。



岐阜 ライティングoffice

dibre(ディブレ)





テーマ:

ライター@岐阜 悠木です。

 

卒業式シーズンですね。

卒業式って人生の中でも

結構大きなイベントのひとつだと思いますが、

何も覚えていない・・・。。。_| ̄|○

 

さて、うちの2番目の姪っ子も

今年学校を卒業して

4月からは社会人です。

 

新しい世界に飛び込むときは

期待も不安もいっぱいだと思います。

 

特に、不安でいっぱいになってしまっている人に・・・

 

もし、怖い先輩がいたらどうしよう、

もし、友達ができなかったらどうしよう、

もし、仕事が難しかったらどうしよう、

もし、〇〇〇〇〇が起きたらどうしよう、

もし・・・・

もし・・・・

もし・・・・・

 

と、考えても

実際どうなるかなんて誰にもわかりません。

 

その「もし」に準備できることがあって

それで不安が除けるならば

準備しちゃいましょう。

 

考えてもどうしようもないことなら

忘れちゃいましょう。

 

わからないことを考えていても

不安になるだけで

解決できることがありません。

 

その分、今、楽しいこと、

自分の心にプラスになることを

いっぱいやっておきましょう!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ライター@岐阜 悠木です。
 
かつて就職活動をやっていた頃、
「ご縁がありませんでした」連絡をもらうたび、
 
私って、世の中に必要とされていないのでは?
なんて凹んだもんです。
 
でも、たまたまその会社と私が合わなかっただけ
と考えて凹み過ぎないようにしていました。
 
勤めていた会社でパソコン教室のインストラクターを
募集していたとき、ひとりの青年が面接に来ました。
パソコンのスキルは問題ないんです。
しかし、話をしてみると、接客が難しい印象・・・
 
どうしたものかなぁ、と考えて、
同じ会社のシステム部(プログラム組んだり、
サーバを管理する部署)の部長を呼んで、
急きょシステム部の面接をしてもらいました。
 
彼は無事に入社して、システム部で頑張っていました。
 
もしも、その会社にシステム部がなかったら、
彼には「ご縁がありませんでした」と
お返事しなければいけなかったでしょう。
 
それは任せたい仕事と彼がマッチしていなかったから。
 
会社は採用で、その人のスキルや姿勢とともに、
自社に合っていて一緒に頑張れるか?とか、
任せたい仕事にマッチしているか?とか
色々な面から判断しています。
 
だから、いくらスキルが高くても
不採用になっちゃうこともあり得ると思います。
 
だから、やるべきことをちゃんとやったら、
不採用になっても「合わなかったんだな」と考えて
あんまり自己否定はしないようにしてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ライター@岐阜 悠木です。
数々の仕事をしてきた中で、
面接官というものも担当したことがあります。
 
面接をしていると、かなり色々なことが見えるものです。
パソコン教室を運営する会社だったため、
パソコンスキルは必須でした。
 
テストでもスキルは確認しましたが、
面接でも確認させてもらっていました。
 
「パソコンが使えるか」「パソコンができるか」を
質問したときの返事で、その人が本当にパソコンを
使えるか否かを知ることができました。
 
「パソコンができます」と答えた人はできない。
「パソコンができない」ことを答えた人はできる。
 
矛盾しているでしょう?
 
つまり、
「パソコンができます」と答えた人は、
パソコンに対する認識がフワッとしているわけです。
 
逆に
「Word、Excel、PowerPointは使えますが、
Accessは使ったことがありません」」
と答えられる人は、パソコンでどれだけ色々なことができて、
自分がその中で何ができて、何ができないのかを
認識できているわけです。
 
自分ができないことをきちんとわかっている人は、
仕事の中で必要になったときに、
どの知識を習得すればよいのかを分かっている人とも言えます。
 
だから「できないこと」を答えられた人の方が
パソコンができる人・・・と判断していました。
 
色々な業種があり、面接でその業種に関することを
聞かれることがあるかもしれません。
フワッとしていることを自信満々に「できる」と答えても
面接官には見抜かれているでしょう。
 
だったら、
「今は〇〇〇しかできませんが、
■■■について勉強をしているところです」
というように、素直に答えた方が好感が持てますし、
やる気も感じると思いませんか?
 
面接では、自分をできるだけ良く見せたいと
思ってしまうかもしれませんが、
素直にきちんと答えた方が良い場合もあるのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。