一日の始まりは二種類ある

テーマ:

古典占星術で使う一日の始まりは二つあります。

 

一つは深夜0時を基点とするもの、もう一つは日の出を基点とするものです。

 

両方を知らないと古典占星術を語れません。両方の知識は古い本に併記されているからです。現代私たちが鑑定でホロスコープを作成する際に年月日時とプラネタリーアワーの両方を記載するのと同じです。両方を知らないと、古書を読んでも理解できません。


深夜0時を基点とする方法は、メソポタミア由来です。紀元前のメソポタミアではすでに深夜0時を使って日付の変更をしていました。この方法は西洋社会の暦(カレンダー)の作成に使われ、現代社会でも広く継承されています。中世の占星術の本でプラネタリーアワーに併記して年月日時が記されているものはこのメソポタミア由来の時刻です。

 

深夜0時を基点としていたメソポタミアではバビロニア占星術など発展しました。メソポタミア一帯では黄道12星座を使った占いが盛んになりました。この知識はヘレニズムにギリシャ占星術に取り込まれました。


もう一つの一日の始まりは、日の出を基点とするものです。占星術で使う一日の始まりが古代エジプト由来と書いている本を実は私は自分で一次資料を読むまで本で読んだことがありません。そういう本を探してもなかったのです。エジプトの知識で書かれていたのはデカンだけです。それが原因で、私はアセンダントの起源を自分で調べるに至りました。ホロスコープのアセンダントは時間帯を特定する情報源です。私が一次資料を直接調べて 占星術の起源 にまとめて公表したのが2010年です。一次資料のメインはセティ一世の王墓の壁画ですが、センムトの墓、第一中間期の木棺の対角線暦なども調べました。


私でさえ一次資料を理解し、古代エジプトの暦と星時計の仕組みがそのまま占星術に取り込まれていることが理解できたのですから、私は、私以外にもおそらく他にも古代エジプトの知識が西洋占星術に取り込まれていることを知っていた人はいると考えています。

 

ただ、シャンポリオンによりヒエログリフが解読されるまでの長い期間は、この星時計の仕組みを理解するのは現代よりも困難だったろうと思います。


最後に一つ付け加えます。古代、日の出を一日の始まりとしていたのは古代エジプトです。エジプトで星時計が使われた3千年間は、雨がほとんど降らず、どの場所にいても東の地平線の空の観測がたやすい時期でした。別に王宮でないと観測できなかったわけではありません。どこでも可能でした。一方、メソポタミアでは星時計は使われませんでした。天候や観測条件が悪いからです。その酷さはアッシリアの資料でも見ることができます。日の出を基点にする理由が物理的になかったのです。

 

古代エジプトの知識について詳細を確認されたい方、どうか 占星術の起源 をお読みください。

 

* この記事はスターメディアのアーティクルに掲載済みです。

AD

準備と勉強

テーマ:

占う力を発揮するために大事なことは何でしょうか。

 

ホロスコープを目の前にしたとき、そこから必要な情報を引き出すには日ごろの準備と勉強が不可欠ですよね。

 

夕方、仕事に気持ちを集中させるべく、上記についてあえてタロットを一枚引いてみました。

 

 

ペンタクルのペイジの正位置。

準備と勉強、責任をもってまじめに諸々取り組むことが重要。

 

心の目を開いて、自分をもっとよく知り人を見つめ大切なことに集中するように努めたいと思います。照れ

 

AD

今年、お世話になっているこの場所、アメーバさんでブログの運営がずいぶん変化しました。

 

公式ジャンルの登場がその一つです。現状の運用を生かすべく、とりあえずブログの下部にある「いいね」欄を復活しました。

 

コメント欄はまだ閉鎖した状態にしておきます。

 

AD

そそられる

テーマ:

写真の活字の表すところで古典占星術のマンデン占星術にそそられる人、いるんじゃないでしょうか。照れ

 

The Fourthのところ。 コーヒーのシミじゃないですよ。

 

 

古典占星術の歴史は、記録上は古い順番に マンデン、ネイタル、イレクションやホラリーというところでしょうか。

 

マンデンの古さは蝕(食)など予兆の記録で明白です。ネイタルは最古の出生図の情報が紀元前4世紀に存在しています。カタルケはギリシャ(ヘレニズム)ですが、いけにえを捧げる時間とか、事の起こりとして例えば病の始まりとか、そういう事の起こる基点として重視されたという点でイレクションと繋がります。ホラリーは古そうで新しいですね。それでもホラリーはドロセウスの本に出ていますから歴史上は古いです。

 

古代の暦や時計は占星術と密接です。マンデンやイベントの記録は天象と合わせて記載されていること、度々です。西洋だけでなく、中国や日本の記録も同様ですね。地震の直前に空に何があったとか、そういう記録もありますね。

 

太陽とイシスが同時に昇る日といえば古代エジプトの新年元旦。

上はシリウスをイシス、太陽を太陽神ラーのヒエログリフで表したもので、セティ1世の王墓の天井など遺跡に記されています。暦と星時計です。この日はイシスラーの時間で始まりました。古代は紙がまだなかった時代、カレンダーなど販売されているわけではなく、直接天体を暦や時計として使っていたのですね。

 

ちなみに月の位相の記録は各地の遺跡に多数残っています。

 

古代エジプトの1時間は約40分間です。各々を神々が司っていた上にイシスの時間やホルスの時間など縁起のいい時間帯もあり、今使っているプラネタリーアワーと原理は大差ありません。占星術の知識があれば古代エジプトの暦と時間の面白さは倍増します。

火星さそり入り

テーマ:

9日17時57分、火星はさそりに入りました。

火星にとっては自分の居所のサインです。

* 天文データ:Stargazer占星暦2017年版参照。

 

さそりの火星が表すことは、生存本能、エネルギーを冷酷に使う、野望、目的を意識、批判的、エネルギーの消散、批判する衝動、故意に破壊する衝動などです。力と権力を切望、自分本位、身勝手、両立し難い、性格の不一致などを表します。

 

 

社会の中では、利己性の問題がクローズアップされるでしょう。私たちは成長のためにこの利己性と向き合うことが求められます。

 

古典占星術で多い質問の一つは、ドミサイルの天体(惑星)に示される人や物事は良い(善い・好い)のかどうか、です。ドミサイルのようなエッセンシャルディグニティは基本的に人格や徳分を表すのではなく、影響力を表します。ただ、チャートと占断によってはドミサイルで良い人が出て来ることはあります。

 

火星が他のマレフィックな天体に悩まされていると、困難を打破することを意味することもあれば、事故や怪我を表すこともあります。あるいは悪い影響を周囲に及ぼすこともあります。どれが起こるのか、というところは勉強しないと判断できません。

 

 

晴れ 古典占星術通信講座 お月様


古典占星術(伝統的占星術)を学んでみたい方、興味のある方。

郵送の通信講座で古典占星術を学んでみませんか。

受講、お待ちしております。

 

星 スターメディア 星