オレオレ

テーマ:

夕飯を作り終え、さー食べるべ~~と

席に着いた途端、家の電話が鳴りまして

まったくも~~!ご飯のジャマしないでよっパンチ!と、

ブチブチ文句垂れつつ

「はい、もしもし」と受話器を取りましたところ


「もしもし。オレだけど・・・・」





おおお!!

もしや、コレが噂に聞いてるオレオレ詐欺ってかビックリマーク叫び






当然、こんな電話には応答無用むかっとばかりに


「どちらにおかけですか?ウチはそーいうのとは関わりありませんっ!!」と

受話器を叩き落とす勢いで、冷たく言い放ったところ

電話口の向こうから、すっごく困惑したよな声で




「え?え?あせるおかしいなあ~~~

だって、かーさんだよねえ。オレだけど~~~~~」





あれはてなマークこの声は、たしか聞き憶えが。。。



おおっ、そいえば現在航海中のわが息子のような気が・・・

あのさあー、電話かけてくる時はとりあえず「オレ、オレ」は禁句だからさ。

名前があるでしょ。一応。名乗りなさい。





で、どうしたのさ。




「あのさー。今度帰る時に、釣ったカツオ持ってくからさ。

港まで迎えに来て欲しいんだけどさ。ムリ?」


「ムリ。そんなもん、袋に入れて電車に乗って帰ってくれば?」



「でもさー。他の荷物もあるんだよ。持てねーよ。

じゃあ、何時なら来れる?それまで船の中で預かってもらっとく」




ふうん。一人で提げて来れないほどに大漁だったのなら

ともあれ、メデタイ。





今回の航海では、高知県沖でのカツオ漁の操業がメインだったため

お土産として、水揚げ後に残ったハンパ品のカツオの船凍モノを

生徒全員に割り当てで頂けるコトになってます。





来週初めに船を降りたら、彼らはそこからながーい夏休みとなります。

洋上ボケからさっさと目を覚まさせんとな。

船の上は、地上とはまるで時間の流れが異なるそうですので

シャバの空気に馴れさせて、ちとシャキッとしてもらわねばっパンチ!

AD