音楽活動を一生続けるためのヒント集 音楽専門カメラマン宮原那由太のブログ

音楽専門のカメラマンとしてフリーランスをしている宮原那由太による、ミュージシャンのための音楽活動のヒント。
プロになるかならないかではなく、音楽活動をずっと継続できるように、「音楽を辞める」という選択をしなくて済むようなヒントを書いていきます。


テーマ:

こんばんは、宮原那由太です。

 

 

 

ちょっと前の話になりますが、

10月に開催したリーダーミーティングで、

僕が30分お話させて頂いた内容を、

13分ほどの動画にまとめました。

 

 

 

 

 

 

タイトルは、

音楽を仕事にするための3つのポイント

~僕が会社を辞めてフリーになるまで~

です。

 

 

 

 

僕は現在、音楽系の映像・写真の撮影をやっているフリーランスです。

MV・PV、ライブ映像・ライブ写真、アー写・ジャケ写、YouTube音楽番組の撮影などを行って生計を立てています。

僕は、「映像の仕事をしている」「写真の仕事をしている」という自覚はあまりなく、「音楽の仕事をしている」と思って毎日過ごしています。

音楽を仕事にするのに、必ずしもプレイヤーである必要はないからです。

(今でもシンガーソングライターとしてライブ出たりしてますけどね!!)

 

 

 

 

 

 

 

この動画では、某コンサートホールの裏方スタッフだった僕が、どういういきさつで映像撮影をするようになったか、そしてその経験から、音楽を仕事にするための3つのポイントを解説しています。

もちろん、これは自分の場合の話で、これが誰にでもあてはまるものではないかもしれません。

ただ、僕という一人の人間の実例を出していますので、全く参考にならないということもないと思います。

お時間ある時にご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

過去の動画も貼っておきます。

 

 

 

 

 

2016年2月リーダーミーティング

インディーズアーティストに必要な「オウンドメディア」的な情報発信の提案

 

 

 

 

 

2016年3月リーダーミーティング

インディーズアーティストに必要な「SEO型」と「SNS型」の情報発信の提案

 

 

 

 

 

 

 

 

※12月28日に、リーダーミーティング主催の忘年会(オープンマイク付き)があります!

https://www.facebook.com/events/534100476799080/

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、宮原那由太です。

 

 

 

皆さん、ライブ活動の調子はいかがでしょうか。

どのくらいの頻度でライブをしていますか?

月1?

週1?

それとも、年に数えるくらい?

きっとそれぞれ色々な頻度があると思いますし、それに正解はありません。

ただ、ライブ1回1回に、ちゃんと意味を持たせてライブしているかどうかは、人それぞれだと思います。

 

 

 

 

自分たちがやっているライブ、

一体誰のためにやっているのでしょうか。

考えたことはありますか?

 

 

 

 

もちろん、「ファンのため」っていうのが一番正解だと思います。

じゃあ、今あなたにファンはいるでしょうか?

 

 

 

 

 

もしかしたらですが、あなたは、

「ライブをやってファンを増やす!」

と思ってライブをしていたりしませんか?

これは個人的な意見ですが、僕は「ライブでファンを増やす」というのがあまり正しいやり方だとは思えません。

順番が逆なんじゃないかなって思います。

正しい順番は、「ファンを増やしてからライブをする」じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

ライブハウスで自分たちが呼んだ人達以外は、

他のアーティストさんが呼んだ他のファンということになります。

もし、ライブハウスでファンを増やそうとしているなら、

それは乱暴な言い方をすれば、他のアーティストのファンを横取りすることなのかもしれません。

もちろん、ライブハウスに来ている時点である程度音楽に興味のある人が多いと思いますので、あなたのファンに「も」なってくれるかもしれない。

でも、その方法でファンを増やすのって、限界あると思うんです。

 

 

 

 

 

 

僕なら、ライブ以外でファンを作って、そのファンが、あなたを生で見れる現場を作るためにライブをすると思います。

ライブをやって、たまたまそこにいた人が新しいファンになることは、偶然そうなることはあっても、それが主軸にはなり得ないと思います。

つまり、それだったら、ライブを月に何回もやっているよりも、

ライブハウス以外の場所でファンをいかに作るかを考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

もしかしたら、ライブをしていないと不安になるかもしれません。

しかし、ライブの本数が少なくて困るのは、一体誰なのか?

それによって困るファンがいるのだろうか?

もしかしたら、それは、ライブをやっていないと音楽をしていないことになるんじゃないかという、自分たち自身なのかもしれないです。

 

 

 

 

 

ちなみに、一般の人が、好きなアーティストのライブに、1年間で何回足を運ぶでしょうか?

僕は、毎月3本の対バンライブをするくらいなら、年に3回ワンマンライブをする方がいいと思っています。

 

 

 

 

 

そのライブは、一体誰のためにやるんですか?

考えたことがなかった人は、一度考えてみてください。

 

 

 

 

 

↑募集中です!TwitterのDMか、フェイスブックのメッセージ、LINE@からどうぞ!!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、宮原那由太です。

 

 

突発的に思いついたことなのですが、

12/11(日)に、オフ会をしようと思います。

 

 

14時~16時、池袋で、近くの喫茶店などに入ってお話をしようかと思います。

内容は、音楽活動に関するあれやこれやに関して、色々雑談したいと思います。

最高で僕を入れて6人くらいでやろうかなと思っています。

参加費は、自分のコーヒー代くらいですね。高くて700円くらい?

 

 

 

参加希望の方は、ツイッターのリプorDM、フェイスブックのメッセンジャー、もしくはmy_acoustic_design@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

もし人数が上限に達したら、僕と直接会ったことのない方を優先させていただきます。

 

 

 

 

何故こんなことをしようかと思ったかというと、

もっとリアルの場での交流の機会を増やしたいなと思ったからです。

僕は、リーダーミーティングだったり、例えばライブ映像だとかMV撮影だとかのお仕事を頼んだりすることで、ネット経由で僕を知り合った方と会うことができる。

でも、やはりそれらは、初めて会うという時には、少しハードルが高いのかな、と思うわけですね。

 

 

 

 

 

僕、ネット経由で僕のことを知ってくれた方と初めて会うと、「宮原さんってもっとお堅い人なのかと思っていましたけど、すっごい話しやすい人だったんですね!」と言われることが多いのです。

確かにブログで真面目な内容を書いたりしてるのでそういう雰囲気で思われる方が多いのかなって気もするんですけど、それってすごく損してるというか、キャラクターまでは伝わってないのかなっていう感じです。

 

 

 

 

というわけで、「一度、理由をこじつけて、お会いしてお話しませんか?」っていう会をしたいな、と思ったのがキッカケです。

もちろん、単純に音楽活動のやり方に悩んでいる人が悩みを解決するためだけでもいいんですけど、一度お会いしたいなって方、お待ちしています!!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。