Capital-time《素敵な時間をあなたと》

mixの適当を綴りましょう♪



せっかく出合ったんだから楽しくあそぼ!

現在ネトゲどころじゃない日々仕事にアップアップ状態です><
とりあえず、日々の出来事でも更新するかなぁ~とか。

ま、わかりませんけどね!

テーマ:

おはこんばんちゃ!mixです!

 

見終わったのに、なんか忘れてる~と思ったらこれでしたw

また!?オ・ヘヨン」です

 

 

最終回終了後にスペシャルもあったので

終わった感じがしてませんでしたわw

 

三食ごはんで見事な料理の腕前を発揮してて

普通に・・料理する人?って思ってたら・・・

ドラマにもでるなんて・・って、歌手なんですかね?

色々できる人ですねw

 

 

あらすじは動画でどうぞw

 

 

 

同じ名前で不遇な時代を過ごしたオ・ヘヨン

 

 

 

 

 

同じ名前のせいで結婚寸前で復讐の相手として刑務所に入るおとになった婚約者

そのせいで結婚寸前に婚約破棄・・家族にも見放されるという

最悪なオ・ヘヨン

 

音響監督で結婚式当日に花嫁が逃げられたエリックさん

 

 

 

何故か未来がみえるようになったというエリックさん

 

いい時代もあったんですけどね~美人のほうのオ・ヘヨンさんと・・

 

 

 

破滅させた相手にもかかわらず愛し合ってしまう・・・

 

 

 

さてさて、見えていた未来・・どうなるんでしょうねw

 

 

さて、私は今回のドラマ面白かったんですけど

メインのお二人の先行きよりも~こちらの二人のが気になるwww

 

 

 

はちゃめちゃすぎて面白すぎるwww

 

どうなるんだ??って気になる気になるww

 

 

つーか・・

トイレに大をつまらせて、流れないからって引っ越すとか・・

そして、その始末に仕事をしている人を呼びつけて掃除させるとかw

いやいや、ないから!!!って突っ込みいれまくりw

 

こちらの二人もおかしなカップルでしたねw

 

 

 

どうなるの?って思いながらそろぞれの恋の行方を是非ご覧くださいませw

 

あ、わすれちゃいけないこちらの夫婦

 

 

悲しむ娘のために一緒に狂ったようにからおけで

歌い踊りまくるとかww

色々なところに、ぷっって笑える要素があって楽しかったですねw

 

ではでは最後にOSTをどうぞ

 

 

 

こちらの音楽結構好きでしたw

 

結構視聴率もよかったようです

少しかわったラブロマンスでしたけど、それぞれの恋の形

是非楽しんでくださいませw

 

みちゃ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはこんばんちゃ!mixです!

 

本日は午後から神戸にいってましたよ~

飲むかな?と思ったけど、なしで現在自宅ですw

雨も降りそうだったので、降りだす前に帰宅できてよかったかもw

 

 

さてさて、ミノはちゃーんと頑張って公益勤務してますねw

そのうち会いにいきますよ~~!場所変わらないかな??

 

さてさて今回紹介するドラマは

ボイス」です

 

 

 

ラブロマンス好きな方にはちょっとハードなドラマですけど

私はかなーーーり好きですね。こういったドラマは

 

再放送で録画していたのですが

面白くなったので通常放送時間で視聴してましたよ~w

 

ま、さすがに面白いってドラマ内容ではないですけど

設定がいいですね。

通常は聞こえない音が聞こえる捜査官

 

奥様を殺された刑事

 

内容もなかなか捕まらない・・

毎回警察でも上層部を操る財閥ってのは

韓国ドラマの定番ではありますけどねw

 

動画にてざっくり紹介をどうぞ~w

 

 

 

 

数々の難事件を解決してきた腕利きの刑事ジニョク(チャン・ヒョク)は、3年前のある夜、突然の悲劇に襲われる。逃亡犯を捕まえて祝杯を挙げていたところ、妻が何者かに惨殺されたのだ。まもなく有力な容疑者が逮捕されるが、通報を受けた警察官のグォンジュ(イ・ハナ)は法廷で犯人の声と違うと証言。ジニョクは激怒した。――3年後、グォンジュはアメリカ留学から帰国し、ジニョクのいるソンウン地方警察庁の112通報センター長に就任。ジニョクは喰ってかかるが、そのとき、殺されそうだと助けを求める女性から通報が入る。ジニョクが現場に向かい、聞こえないはずの音が聞こえるというグォンジュの言葉に従って無事に女性を救出。ジニョクはグォンジュを信じきれないが、グォンジュの力は確かに人々を救うのだった。そして、グォンジュの父もまた3年前の事件で命を落としていたことを知る。ふたりは真犯人を突き止めるため捜査を進めるが……。

 

登場人物はこちら

 

妻を殺された刑事にチャン・ヒョクさん

ちょっと追っかけるときの狂気じみたところは、さすがですね

 

 

 

ボイスプロファイラーのイ・ハナさん

わざと感情を抑えてるのか、もとからこういった女優さんなのか?

あんま見てないから、よくわかんないんですけどね~

 

でも、この役はあってましたねw

 

そして同僚になるゴールデンチームの方々

 

 

 

 

 

それぞれのキャラクターがあってよかったですねw

どの人も事件に巻き込まれますけどね・・・こら大変><

 

 

そしてなんといっても~犯人役

 

 

 

狂気に満ちた目だったり・・言動、行動すべてやばいの一言ですね

 

ほんと怖い・・この人

 

 

最後までやばい役をこなしてましたね~なんて俳優さんだろ?

普通の人間の役も見てみたいですねw

 

 

内容にはあまり触れませんよ~

こういったドラマは結末は見てのお楽しみ~ですからねw

 

色々な事件を解決しながら~ですので

それぞれの事件の結末も含めて是非ハラハラドキドキしてくださいねw

 

ではでは最後にOSTをどうぞ

 

 

 

 

ではでは~

 

みちゃ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはこんばんちゃ!mixです

 

昨日は企業駅伝を見に行ってきましたよ~

3時間弱ぐらいずっと立ちっぱなし・・結構きつい

走ってる人も大変でしたね~お疲れ様でしたw

 

今日はゆっくり過ごしますよw

 

さて本日紹介するドラマは「師任堂~色の日記」です

 

 

 

13年ぶりのイ・ヨンエさん、チャングムの時から

話し方とは変わってないですね~

語りかけるようなセリフの言い方がとても好きです

 

過去と現在をつなぐドラマ

まずはあらすじは動画でどうぞ

 

 


 

 

サイムダンって誰?ってなるのでとりあえずWIKIさんからw

 

申 師任堂(しん・しにんどう、シン・サイ신사임당1504年 - 1551年)李氏朝鮮中期の女流書画家。儒学者李栗谷(り・りっこく、イ・ユ)こと李珥(り・じ、イ・イ)の母。朝鮮では良妻賢母の鑑とされる。師任堂 申仁善(しにんどう・しん・じんぜん、サイ・シン・インソン、사임당 신인선)または、師任堂 申氏(しにんどう・しんし、サイ・シンシ、사임당 신씨)とも呼ばれる

本貫は平山。江原道江陵の出身。父は名賢と言われた申命和、母は龍仁李氏である思温の娘である。名前は伝わっていない。号は師任堂、思任堂、師妊堂、妊師斎、(女ヘンに思)任堂など。師任堂とは、古代中国周王朝の文王の母・太任を師として見習うと言う意味である。

 

お札にもなってる女性ですね

 

 

登場人物はこちら

 

 

チャングムの時代の中宗とまじこんなことして許されるのか!!

って思えるほどむかつく現代の教授と二役ですね

 

やることやばすぎでしょ・・ってなって途中からは

こいつを早くなんとかしてくれ~ってなりましたね

 

しっかし毎回憎たらしい役が多いですね。この役者さん・・

顔が・・・もうでてきた時点で悪役ww

 

複数の方が現代と過去ででてきますね

味方の人はどちらでも味方の役ってのがいいですねw

 

過去の強烈な悪役のこちら

 

 

現代ではでないね~って思ってたらw

最後に刑事役ででてきたw

 

 

そしてこの方の奥様役

 

 

こちらも強烈!

最後のほうはよかったですけどねw

 

 

紙品質対決での絵のシーンよかったですね

 

火花散らすこの二人

 

 

最後はサイムダンの勝ちですけどねw

 

 

写真がなかったのですが

チマに絵を描くサイムダンのところも好きでしたね

絵を描くシーンが色々でてきます

 

サイムダンとギョムが金剛山で絵を一緒に書くところも素敵でした

 

芸術を通して心で結ばれる二人って感じですね

 

 

 

 

 

現在では助手の役でしたけど過去のギョム役

 

イ・ギョム、ウィソングンを検索してみたんですけど

こちらはあまり出てこない・・本当に存在した人ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

このあたりのイ・ヨンエさんは

チャングムの王様の主治医のあと王様がなくなって

逃亡中の母の姿そのままw

 

なつかしい~~って思いながら見てましたけど

また、チャングムを見てみたいってなりますねw

 

 

そしてウィソングン役のソン・スンホンさん

あしながおじさんって感じで、影でサイムダンを助けてくれる人

心では思っているけど、母として妻として生きるサイムダン

つーか、母の鏡ですけど・・心は他の人思っててもいい?

お札にもなってる良妻賢母のサイムダンさんですけど

ご主人は浮気して子供つくったり・・?ま、過去ってそういうの緩いから

ま、現在でも不倫とかいっぱいだし問題なしなんですかね?

 

そして過去のサイムダンと現在のジヨンの遭遇シーン

 

 

昔のイ・ヨンエさん

さらに深みがましたって感じですねw

 

 

 

美しさの秘訣・・なんでこんな変わらないんでしょうねww

不思議w

 

 

回数は30回でそこまで長くはないので

チャングムファンの方々、是非イ・ヨンエさんの姿をご覧くださいませ

 

最後にOSTを置いておきますねw

 

 

 

 

|彡サッみちゃ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはこんばんちゃ!mixです


いよいよ本日入隊ですね…
わかってるけど寂しいですよね…


kstyleの記事を…

“明日入隊”イ・ミンホが心境吐露「軍隊に行くことより、終わっていく20代に対する寂しさが…」




目を閉じて、壁にもたれるだけでも人生に残るポーズになる。グラビアとはこういうものだろうか。イ・ミンホが入隊を控えて最後のグラビアをファッション誌「@star1」と撮影した。着る服はどれもカッコよく、カメラを当てる角度はどれも絵になる。イ・ミンホは「入隊前の最後のグラビアだから、記憶に長く残ればと思う」とし、豪快に笑った。2年のブランクの間、この愉快な笑い声が忘れられそうにない。


インタビュー記事がかなり長く掲載していただいてます。



――入隊が迫ってきています。最近は何をして過ごしていますか?

イ・ミンホ:SBS「青い海の伝説」を終えた後、色々と溜まっていた仕事をこなしました。もう入隊を待っています。

――上半期の入隊が有力です。(インタビュー時、入隊日未確定) 感慨深いんじゃないかと思いますが。

イ・ミンホ:平気だろうと思っていました。これまで入隊した時、泣いたとか妙な気分になったという方々にたくさん会ったんですけど、正直クールに何ともないだろうと思っていました。しかし、心残りがたくさんあります。軍隊に行くこと自体よりは、終わっていく20代に対する寂しさというか。もう30代になるので、歳を取ることに対する惜しい気持ちがあります。作品(演技) に対する心残りもありますし。ハハハ。




――デビューして丸10年を超える時間、20代のほとんどを“牛のように”働いてきました。何が惜しいでしょうか?

イ・ミンホ:あまりにも突っ走ってきたし、少し休みたいとも思いました。今、この時に充電しておかないと、30代に俳優生活をちゃんと続けていけるんだろうという疑問が生じました。入隊による自然なブランクが個人的には大きな意味のある時間になると思います。振り返ると、10年間一生懸命に働きましたが、この生活が自然に日常になって人間イ・ミンホは失われているような気がします。

――イ・ミンホを失ったというのはどういう意味ですか? 

イ・ミンホ:どうしても俳優として仕事をしながら、プライバシーやイ・ミンホの人生に統制されるものがありました。過去の自分の姿が忘れられたような気がします。(入隊をきっかけに) 今後追求する人生の意味や価値観などを考える時間を持てるんじゃないかと思います。

――入隊が遅いほうですね。

イ・ミンホ:ご存知のように20歳のときに、大きな交通事故に遭いました。21歳から22歳になる時期にすごく大変でした。精神的にもそうですし、仕事がうまくいくときでもなかったので、軍隊に行かなきゃと思いました。しかし、両親や事務所に引き止められましたし、実はそのときの体の状態では、行きたくても行けない状況でした。




――その代わり一生懸命に仕事して、今のイ・ミンホになることができたんですね。 

イ・ミンホ:あのとき軍隊に行っていれば、「花より男子」に出会えなかったと思いますし、あんなに幸せな20代を過ごせなかったんじゃないかと思います。早く行かなかったのは良い選択だったと今も思っています。10年以上ドラマをやりながらできることは、全部やってみました。ドラマに対する心残りや後悔はないほうです。良い時期に演技をして、海外でもたくさん愛されて、韓流コンテンツを知らせるうえでそれなりに貢献したと思えて幸せでした。





―ドラマというとイ・ミンホですが、映画に対する渇きは相変わらず持っているみたいですね。「江南ブルース」以来、休んでいますね。 

イ・ミンホ:そうですね。元々の目標は軍隊に行く前に映画をもう1本試みることだったんですが、「青い海の伝説」が元々の予定より遅く撮影を始めるようになって、もう1本をやるのは難しくなりました。でも20代前半から漠然と「映画はちょっと遅い年齢でやりたいと、いつも思ってきたのでこれからを期待している。どうしても人間イ・ミンホとしての重量感、俳優イ・ミンホとしての奥深さをもっと出せるときに映画をたくさんするほうがいいんじゃないかと思う。除隊後には欲を出して、さまざまなジャンルとさまざまな監督とやってみたいと思っています。





――これから出演してみたいジャンルはありますか?

イ・ミンホ:やってみたいジャンルは、アジア全体の市場をターゲットにした「007」シリーズや「ミッション:インポッシブル」流のジャンルをやってみたいです。昔の香港映画のような感性たっぷりの恋愛映画にも出演してみたいです。僕もアナログとデジタルの間に挟まれた世代であるので、以前のアナログ感性に対する思い出があります。その時代に合う社会像、価値観が盛り込まれた映画もやってみたいです。今回参加したMBCドキュメンタリー「DMZ、THE WILD」のように、なにか自分の考えが反映されて、興味のある分野を取り扱うものです。コン・ユ先輩が映画「トガニ 幼き瞳の告発」に出演したように、俳優として自分の関心を多くの人々に知らせることができるのは、非常に有意義な作業になるんじゃないと思います。

――イ・ミンホの休みの日の日常を教えてください。

イ・ミンホ:何もしません。ハハハ。本当に何もしないのが問題です。以前はわざわざ探してやってみたりしたんですけど、今はそういうのがありません。プライベートで何か情熱を燃やしたり、勉強をしたりとか、そういうのがない状態です。これからは探して作ってみようと思います。何もしないのは慢性疲労がかなりの影響を与えていると思います。ハハハ。




――好きな食べ物はありますか?

イ・ミンホ:え? 典型的すぎる質問じゃないですか? うーん……“お母さんのご飯”が好きです。だから理想のタイプは料理が上手な女性です。ハハハ。お母さんがすごく家庭的な方でずっとそれを見ながら育ってきました。お母さんの姿が入っている女性が好きです。





――もう一つ典型的な質問をさせていただきます。美貌の秘訣は何ですか?

イ・ミンホ:ハハハ、もう……何もしていません。おそらく一般男性の方よりやっていないと思います。最近はルックスの管理に興味を持っている方が多いじゃないですか。よくある話ですが、基本をしっかりやるタイプです。ちゃんと落として、ちゃんと塗ります。





――外出や旅行は楽しむほうですか? 

イ・ミンホ:家の外を出る瞬間、少し疲れる部分があります。例えば、僕がどこかに行ってご飯を食べる。そういうことを後で他人を通して聞くのも嫌です。最近、SNSが発達して、自分が知らないうちに写真が撮られて、あちこちにアップされたり、そういうことがつまらない噂を作り出すことが精神的に辛いです。そういうことで大きく被害を被ったり、事件を起こしたことはありませんが、僕のことを知らない誰かが僕についてあれこれ言ってると疲労感を感じます。





――でも10年以上、事件や事故なしに静かにやってきたんですね。 

イ・ミンホ:そんな感じです。ハハハ。おとなしく普通に暮らしました。だから自分自身を忘れた部分もあります。性格も少し変わりました。デビュー当初は後で有名になっても隠れたり、顔を隠したりしないつもりでいたんですけど、徐々に自分も知らないうちに隅っこに引きこもって、変わりました。すごく外向的なほうだったんですけど、多くの部分で保守的に変わりました。もちろん今も一緒に作業している人々の間では、外向的にちゃんと付き合っています。その他に時間や生活において、どうしても保守的になったと思います。

――いつの間にか後輩たちもたくさんできる年頃ですが。

イ・ミンホ:機会があれば、助けが必要な後輩たちが頼ることのできる先輩になりたいと思っています。実は芸能界で生活をする俳優や歌手の中で8割ほどは、良い環境でスタートしてないみたいです。僕もそうでしたし、何かにぶつかった時、客観的な話を聞くことができる環境が必要です。意思決定をする時に難しいと思う場合もあります。僕が20代前半にそうでした。最近後輩たちに会うと、そんな難しさを打ち明けられます。

――俳優ではなく軍人として暮らしながら、挑戦してみたいことはありますか?

イ・ミンホ:規則正しい生活自体が僕としては物凄い挑戦です。ハハハ。学校に通う以外では決まった時間に起きて動いたことがありませんから。個人的にお酒も楽しんでないので、夜遅くまで街を歩くこともないですが、家にいるとやることがたくさんあります。夜行性なので、家で遅くまで寝ないで何かをしながら、疲れて眠ってしまうことがたくさんあります。

――入隊を控えている状況で、ファンに伝えたいことは?

イ・ミンホ:実はファンの気持ちが完璧には分かりません。僕は誰かを好きになって熱狂的になったことがない人でした。特に好きな芸能人とかそういう経験がありません。ファンに僕のブランクができて、しばらく見られない感情がどういうものなのか全部は理解できませんが、寂しく思う気持ちや応援する気持ちは僕にも伝わっているし、感じています。お互いに元気にそれぞれ自身の生活を充実させれば、時間というのはすぐに経つんじゃないでしょうか。元気に行ってきて、良い作品でまた癒しを与えたいと思います。



かなり長い記事でしたね
このぐらいやってもらってもいいよね!


今朝の様子はどうなんてましょうね
気になりますが…


とにかく


二年間、自分磨きをしながら
ミノを待つことにしましょう

やりたいこといっぱいだから
ミノのいない間もミノのドラマを見ながら
様子をチェックしながらまってまーす!






いってらっしゃい!
みちゃ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはこんばんちゃ!mixです!

 

 

さて、やっと今回残り1作になりましたよ~

いやぁ、今日最終回見終えましたけど、、2はいつやるの??

って感じで、終わったのが残念でしたね

 

そんなドラマ「シグナル」です

 

 

 

朝に放送されていたのでドラマ保存は余裕なのに

毎日帰ったら続きがきになって早速見てましたね

 

まずは動画であらすじをどうぞ

 

 


 

衛星劇場さん、なかなかいい感じの解説をいただきましたねw

 

 

過去と現在をつなぐ無線での通話

 

 

 

過去が変われば現在がかわる!

え??文字がいきなり消えたり、中身が変わったり

死んだはずの人が生き返ったり

 

 

今回のイ・ジェハン役のチョ・ジヌンさん

正義のためには、何があってもあきらめない

 

こんな刑事ばっかりなら世の中捨てたもんじゃないんでしょうねw

誠実な刑事役、ほんとこのでかいからだが頼もしくなりましたね

 

そして、キム・ヘスさんが過去と現在でキャラが違うw

 

まだまだ新米刑事から、ベテランにまで

話方やしぐさまで変わっててそこも面白いですね

 

目つきも鋭くなってますよw

 

 

 

 

ドラマのストーリー展開が

見ながら、おお~こうきたか!!!

 

とか

 

謎解きも多少しながらも、どんでん返しもあったりで

続きが気になるドラマです

 

 

 

 

たまたま見ていたのが今回こちらのシグナルと

そして同じくサスペンスで「ボイス」

 

両方見どころのあるサスペンスで

韓国ドラマが面白い!!ってなりますよ

 

 

こちらの3人

 

 

 

再会してお酒を酌み交わすことができるのかどうか!

 

 

 

つーか!!

 

是非続きをやってほしい!!

そう思えるラストでしたね><

 

どんな内容って?

 

 

詳細は是非ご覧になってからどうぞw

ラストは内緒ですよ!

 

 

ではでは

|彡サッみちゃ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。