1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月11日(水)

読者からのご質問:アルファチャンネルの編集について(2)

テーマ:◆読者からのご質問
みなさんこんばんは。
アドビ認定インストラクター・まきのゆみです。


5月になりだんだん暑くなってきました。
あっという間に夏になりそうですね!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?


さて、本日は、
Photoshop しっかり入門の読者の方より、
以下のようなご質問がありましたので、
回答したいと思います。
このたびは、拙著をご購入頂き、誠にありがとうございます。

Photoshopしっかり入門


?6Lesson4-7「アルファチャンネルで選択範囲を編集する」

楽しく読ませていただいています。
早速ですが、質問させていただきます。
Lesson4-7 「アルファチャンネルで選択範囲を編集する」の
P89の手順06の箇所なのですが
ブラシでアルファチャンネルを塗ることができません。
(円の内側は塗れるが、円の外側が塗れない)
何か方法が間違っているかと思うのですが、
どこを確認すればよいでしょうか?



ご質問ありがとうございます。
こちらは、1つの基本ステップ(選択を解除)を省いており、
うまくいかなかったようで申し訳ありません。
選択範囲の解除については、
Lesson4-5 「選択範囲の解除と保存/読み込み」
をご参照下さい。


手順03で円の選択範囲を保存後も、
円の点線の点滅は継続されます。
この状態だと、選択範囲のみ操作の対象となります。
つまり、ブラシでアルファチャンネルを編集しても、
円の内側だけが対象になるわけです。

選択範囲2


<アルファチャンネルを表示>

選択範囲


[選択範囲]メニュー→[選択を解除]を選択し、
選択を解除しましょう。
解除すると、円の点線の点滅はなくなります。

選択範囲解除2

選択範囲解除


選択を解除後、手順04に進み、
以降の操作を行ってみてください。


「円の内側は塗れるが、円の外側が塗れない」という現象は、
円の選択範囲が継続されているため、
選択範囲外(円の外側)には操作が及ばない状況だったのです。


選択を解除すると、このように編集できます。

選択範囲解除後編集


選択範囲の基本操作として、
①選択範囲を作成
②選択範囲を保存
③(選択範囲を解除)
④選択範囲を読み込む
という一連の流れを整理しておきましょう^^


★★★schoo(スクー) WEB-campus★★★
録画授業で復習しよう!

つくりながら楽しくマスター まきのゆみのABCレッスン
0621schoo
いいね!(31)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>