クルキャリ・キャビンアテンダント(客室乗務員)絶対合格法ブログ!美槻はるか☆CA就活アドバイザー

キャビンアテンダント、客室乗務員、グランドスタッフに本気でなりたいあなた!元JAL(日本航空)客室乗務員でエアラインキャリアアップスクール/クルキャリ・チーフアドバイザーの美槻はるかが、横浜、大阪で航空業界への絶対合格法、教えます!

NEWS




クルキャリ代表 美槻はるか著「30日前からでも間に合う!CA採用試験スピード合格テキスト好評発売中!  


JAL 鶴丸元JAL(日本航空)客室乗務員/認定キャリアコンサルタントの美槻はるかが運営するマンツーマンレッスンを基本としたエアラインスクール クルキャリ です。

大阪&横浜にてキャビンアテンダント、グランドスタッフを目指すあなたへ絶対合格のコツ、教えます!!


クルーアンドキャリアズ お問い合わせは jimukyoku@crew-careers.com まで。


星5/22UP! 横浜校6月期グループクラスは間もなく受付締切!この半年以内に内定したい方は→こちらをクリック★
星5/21UP! PEACH、春秋航空日本、フジドリームエアラインズ(FDA)、客室乗務員既卒内定、おめでとう!!内定者さんの声は →こちらをクリック★
星3/24 UP! クルキャリ・無料レッスン説明会受付中!(完全予約制)→こちらからお申込みをどうぞ★

 jimukyoku@crew-careers.com


みなさん、こんばんははーと

横浜、大阪にて4名グループクラス

全員CA内定を目指す

クルキャリ・美槻はるか ですCA





今日は広島から

はるばる

大阪校のレッスン説明会に

お越しいただき・・・


既卒のKさん、お会いできて

よかったです^^

ありがとうございました~



さてさて。

先日のつづき。

「アラサー&アラフォーのみなさん、必見!

CA内定就活方法!」


の第3話、完結編ですドキドキ


星前編はコチラ

星中編はコチラ


前回までは20代後半~40代の方の

未経験の方へのお話しがメインでしたが。


今回は経験者の方、現役の方に対して。


実際、周りでも転職活動や

CAと別業界に行こうと

思っている人もいらっしゃいますが・・・

やっぱり一番多いのは

A航空会社飛行機 → B航空会社飛行機


とトランスファーする方。



実際にクルキャリからも

OGの方や現役の方が他社へ転職しようと

思っている方に対してサポートすることも多いです。



美槻は「キャリアコンサルタント」という

「お仕事全般に対する相談役」

でもあるので

エアラインの相談以外にも

他の業界を含めた転職支援も

ご相談にのることがあります。



ですが、その中で

「やっぱり航空業界が好きはーと

という方は

年齢やキャリア、経験に関わらず

応援していきたいなと思っていますニコニコ




(@クルキャリ合格者さんたちのお写真の一部♪)




で。

それを踏まえて

最終話は「経験者の方々」へのポイントです。



1 客室乗務員のお仕事を極めるつもりの転職なのか、客室乗務員の仕事しかないと妥協しているのか自分の中で明確にする

エアライン経験者の方で、「たくさんのお仕事の中でやはりCAだ」と思われるのか、「他の仕事はできないだろうからCAに戻ろう」なのかで全く採用側への印象は変わってくるはず。他業界もしっかり見た上で、その中でも客室乗務員→客室乗務員を選ぶ理由をはっきりと自分の中で整理すること。



2 入社後の環境の変化(フライトパターン、待遇、同僚との関係)が本当に自分に合うのか再確認する

過去にいた会社の待遇や環境と新しい会社がよくなるとは限らない。メリット、デメリットも両方把握した上で、転職、トランスファーする価値があるのか考えてみる。




3 最近の航空業界の情報収集は怠らない

2、とも関わってきますがブランクがある方、過去の経験が長い方ほど「過去の航空業界のルールが当たり前」という考えに知らず知らずになっているかも。また「自分がフライトしていた会社のルールが当たり前」とも思っているかも?自分がフライトしている(していた)頃のことが当たり前ではなく、他社はまったく違うルールで、最近の航空業界はこうなんだ、という業界研究もカンペキに。



4 次のエアラインの契約満了の時に自分のキャリアビジョンに合うエアラインなのか冷静に考える

次に選ぶ航空会社もいずれ満了の時期がくる。その時の年齢と経験、体力をイメージした上で、自分のキャリアにおいて合うエアラインなのか、もう一度冷静に考えてみる。




5 客室乗務員の経験を評価してくれるエアラインなのか、未経験者と同様にまっしろな状態の人が欲しいエアラインなのか線引きをして考える

経験者対象の試験と通常の既卒試験で分かれていてもそれぞれエアラインによって評価項目は全く違う。客室経験者だからといって前面にその経験を出すのが評価される会社と、まったく反対評価になる会社が実際にある。自分のPRはどちらなのか、転職先のエアラインはどちらなのか採用側のニーズをしっかり分析すること。



6 家族(夫、子供、親)の理解、サポートが本当にできる環境にあるか考える

生活パターンがある程度出来ている中、再度訓練で大変な期間を過ごすことになるはず。生活がガラッと変わっても理解してもらえる環境にあるか、周りのサポートは十分か再度考えてみる。





いかがでしたかはてなマーク

実際に経験者の方にお会いして

感じるポイントや

自分はどうだったかなぁという

内容をご紹介しましたハート




厳しい航空業界ですが

経験者の方。

そしてアラサー、アラフォーだからと

年齢を理由に諦めている方。



ポイントを押さえると

絶対に道は開けてきますからねチョキ


・・それでも

不安な方は。

クルキャリの6月期・横浜校グループクラスで

お待ちしていますね。


↓↓

http://www.crew-careers.com/gc-20160506.html



さぁ、前向きに頑張りましょ上々


美槻はるかとアドバイザーたちが

応援していますよ~はーと


クルキャリ・美槻はるか でしたCA











いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


みなさん、こんばんははーと

横浜、大阪にて4名グループクラス

全員CA内定を目指す

クルキャリ・美槻はるか ですCA





今日は1日雨ですねー。

もうすぐ全国的に

梅雨入りの気配^^



さてさて。

先日のつづき。

「アラサー&アラフォーのみなさん、必見!

CA内定就活方法!」



の第2話、中編ですドキドキ


星前編はコチラ


前回はミツキが設定した

アラサーの方々へのご説明をしましたが

今回のミツキが考える

アラフォーの方々po*

(33歳~40歳あたり)


に対しての就活方法、

ご説明していきますね。




(@模擬面接。アラサーで頑張るクルキャリ生さん^^)



まずは。



1 収入とやりがいのバランスをもう一度冷静に考えてみる。

キャリアを重ねていてある程度の収入も維持できてる方も多いはず。その点を踏まえて憧れや現状の航空業界を踏まえて転職する覚悟があるのか再度冷静に考えてみる。



2 家族(夫、子供、親)からのバックアップがちゃんとあるか。

年齢とともに周りの家族の状況も変わってくるはず。仕事との両立についてきちんと家族のサポートがあるか、周りの方から確実にフォローしてもらえるのかも採用側にハッキリと伝える必要がある。



3 職歴の表現方法をうまく出すこと。

キャリアとともに職歴も増えていくのが素晴らしいこと。職歴に関しては派遣先をたくさん並べてしまうとマイナス要素になることもあるため、うまくまとめて記入するコツをマスターするのも大切。



4 年齢の低い先輩ともキチンと付き合えることをPRする。

チームワークを重視するエアラインにとってその輪に入ってくれる人かどうかは重要なポイント。その点について自分からこれまでの経験を踏まえ積極的に伝えていくこと。



5 体力面は存分にアピール。

これはアラサーの方々とも同じ。実年齢以上の体力については聞かれる前に伝えられるよう。





いかがでしたか?


今回はさらにリアルなネタになってしまいましたが

ぜひぜひこの点も踏まえて

アラフォーの皆さんを

応援していきたいと

思っていますよメラメラ上々



最終回は経験者の方についての

就活方法。

解説していきま~す音譜



おたのしみに~ハート



(最終編☆へつづく飛行機



クルキャリ・美槻はるか でしたCA











いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みなさん、こんばんははーと

横浜、大阪にて4名グループクラス

全員CA内定を目指す

クルキャリ・美槻はるか ですCA





さてさて

ここ数日またまた

暑くなりましたよねー。


そんな夏を前に。

今回からは

ちょっと就活に

行き詰まっている?

アラサー&アラフォーさんへの

記事をご紹介。



まずはミツキの中での

アラサー世代(28歳~32歳)を

勝手に設定させていただき

ご説明させていただきますねチョキ目



ちなみに。

クルキャリ(Crew & Careers)

アラサーの方々、

まったく珍しくないです。



・・・というよりどちらかというと

そういう方に合うのが

クルキャリのカラーかな、と

思ったりしてますはーと



(@30代で内定したクルキャリ生の先輩たち。

後輩たちからの質問にざっくばらんにお答え。)




で、そんな生徒さんからいろいろと

感じたことをお伝えしますと・・・



アラサーの年代の方は

新卒の方や第二新卒の年代の方々とは

ちょっと就活の進めかたを

基本的に変えたほうがいいです。




まず。


1 焦らない。

年齢の暗黙のボーダーを感じて焦る気持ちは十分分かりますが、そんな焦っている受験生ほど面接官は魅力を感じないモノ。



2 新卒の方との比較をしない。

新卒の方と同じフィールドで戦わない。年齢の比較やフレッシュさを売りにしても結局無理をしていることが分かる。


3 年齢を言い訳にしない。

私は〇〇歳だから・・・、若い人が好まれているから・・・と言葉に出した段階で負け。



4 謙虚な気持ちを忘れない。

キャリアもそこそこ積んできた人が多いので、責任のあるポジションにいる人も多いはず。その経験の中で「自分一人でこれだけやってきたのよ」というコトよりも、「チームで何かをなしとげられたのは同僚のおかげ、感謝している」コトの方が魅力がある。



5 実年齢以上の体力を維持すること。

実際にやっていないことを言うと必ずバレる。仕事の中で心がけていることやライセンスがあればより証明になる。「毎日」コツコツやっていることと趣味や特技の両面で出せるように。



6 「慣れている感」を出さない。

堂々としていることは大事だけれど、落ち着きすぎて「慣れている」感を出すのは×。緊張しているならばその姿をそのまま伝えることもアリですし、面接に来れて「うれしい!」という生き生きとした話し方ができるように。



7 「年齢制限が撤廃されたので」を志望動機にしない。

エアラインはどんな人でも魅力があれば採用したいはず。ホンネとしてCAを目指す大きなきっかけは「撤廃されたから」という事実でもそれを言うのは×。それ以外の志望動機はないの?と採用担当者は思うはず。





いかがでしたかはてなマーク

(ミツキが設定する)アラサーの皆さんに

当てはまるところ、

ありましたはてなマークはてなマーク




次回はアラフォーの方々について

ご説明しちゃいますよ上々


おたのしみに~はーと



(中編☆へつづく飛行機


クルキャリ・美槻はるか でしたCA











いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)