ミスズの水槽観察日記

 30年以上前にグッピー飼育からスタートしたアクア生活。カクレクマノミの商業的のようなブリードをしていた時期もありました。現在はKR93SPを使いミドリイシなどSPSを中心にサンゴ飼育に傾注しています。主にサンゴ ミドリイシblogです。


テーマ:

今年2月にラグーンダムゼル10匹を迎え入れ直後に1匹が行方不明になって以来9匹とも健在です。

入海当時ほぼ同じようなサイズでしたが約10か月で大きさに個性があり、なぜか2匹だけほぼ入海時のままの2㎝サイズ。

 

成長に伴いお互いを牽制するような行動を以前より見かけるように。遠巻きに見ていると水槽内でテリトリーを構築してあるようで興味深いです。

トミニエンシスタンは彼らに一切干渉はしないので水槽内のパワーバランスは適度に保たれていると思われます。

 

そんな中、トールボッツダムセル3匹入海しました。チョイスした理由は・・・何となく(笑)

とにかく小物が好きなんです。ch◎rmでも買えるのでメジャーな種種ですよね。

じつは8月に某所で見たときに買おうと思ったのですが体長が心配なサイズで止めました。B-BOX八潮店さんで最近入荷したとの事でとりあえずサイズを選びたかったので見たうえで3匹を購入しました。安価なスズメという印象でしょうか。

 

1匹はラグーンダムゼルの大きいものと似たサイズ、あとの2匹はそれ以下と同サイズくらい。

入海前から想像できる先住者からのトールボッツに対する無いわけがない攻撃がどうかが関心事です。

 

ただちに一番大きいトールボッツが一斉攻撃を受けました。

温厚だと思っていたトミニエンシスタンも威嚇を繰り返して追いかけてます。すぐ身を躱し隠れて警戒していましたが翌朝にはすでに瀕死状態になりダメでした・・・

しかし残り2匹はそれほど執拗な攻撃をされません。リーダーを排除すると残りはもはや敵ではないと認識したかのようです。まぁ体長がその明暗を分けたのでしょう。

そして2匹はエサも食べに来る際もあまり追われることなく入海から10日経過しました。何事もなかったような近況に一安心しています。2匹しかいないのは寂しいですが我が水槽のパワーバランスの限界点かもしれないですね。

それにしても分かっていましたがサドンデスマッチ状態は見ていられないです。

 

話は変わってオレンジ色が強いコモンはアバタコモンでしょうか。

【2016年8月撮影】

どちらも鮮やかな蛍光感が印象的で成長しています。

ところが手前の蛍光グリーンのコモンと接触していたようです。ちょっと分かりにくいですがオレンジの手前側が白く溶けだしていました。

【2016年11月末】

どちらもB-BOXさんでフラグ化されたものでオレンジ側に接触したところは、もともとバンドソー切断面で入海当初は露骨に白い面でした。いつの間にかそこまで育って覆われるほどグリーンの成長が早かったようです。鮮やかなグリーンでパープルなポリプが美しくブルーのイバラカンザシも生きています。

どうにかオレンジの方を強引に剥がして向きを変えて移動。よく見ると側面周辺も白いのは近くにあったマメスナに占領されてアワサンゴとも微かに接触していたようです(汗)

コモン同士で親和性があってほしいのですが、そんな人間の都合は通用しないですね。

アンバランスな姿にしてしまいましたが、ここから再び成長させねば!

AD
いいね!した人  |  コメント(14)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。