ミスズの水槽観察日記

 30年以上前にグッピー飼育からスタートしたアクア生活。カクレクマノミの商業的のようなブリードをしていた時期もありました。現在はKR93SPを使いミドリイシなどSPSを中心にサンゴ飼育に傾注しています。主にサンゴ ミドリイシblogです。

NEW !
テーマ:

2015年12月にフラグじゃないのにフラグとして販売されていたパープルのエダ系が入海から1年が経過しました。

翌1月(約1年前)にGoofyさんが我が家にスイハイに来たついでにショップ廻りをしたいとのご要望を受け、1日の工程に時間制限があったため事前に移動時間やランチなどの段取り確認をすべく妻と2人でリハーサルを敢行。

リハなのに立ち寄ったナチュラルさんで購入したという思い出のサンゴだったり(笑)

販売水槽内にこれだけが長い1本で隅に置かれていて所々が白骨化していました。

他の在庫は全てフラグ化されていたのですが、コレはあまり状態芳しくなかったようでフラグと同価格でOKとの事で持ち帰りました。

今思えばこの直前、マイブームだったコレでの接着が妙に楽しかったので素材探しというただの興味本位だったのかもしれませんね。

ダメ元のつもりで生き残り部分だけでもカットし、どうにかなるかなと期待を込めいくつかに分割して入海。先端部で一番長かったところだけはそのままにしました。

(この当時はオレンジフィルム持っていませんでしたので青被り画像です)

その他は短く破片で適当に接着しておきました。

 

この1年で諸事により置き場所は数回変わりました。

そのまま白骨したものもありますが最初の一番長いエダの1年後が赤字で書き込んだもの

じつはコレ、見えている以上に長くて土台は更に下方向へあり長さ約13㎝超。

1年で4㎝位伸びたと思います。敢えて斜めにしているのも他のエダとの視覚的バランスのためでした。

 

そして記事にこそしませんでしたが、だいぶ前に個人的にちょっとした水流における関心事があって検証実験の試みでこのフラグ1本をその対象に用いたことがありました。

実験の成果は、失敗は成功の基?というレベルで終えることにしました。

この時は意図的に水流を一か所に集中させることが目的だったのでその水流が常に集中的に当たり続けた結果、当たっているところだけが根元からジリジリ白くなり死に至るという事例のパターンになったわけです。

その実験を止めて懸念したのは、その個体が置いている場所などからLEDならではの強光障害にならないだろうかと心配でしたが大丈夫でした。

水流の全てを一旦元に戻したところ夏以降には緩やかに共肉を盛り返してきました。

(上の画像の所が回復している状態です)

独り言ですが現在の照明設定%には安全マージンがある範疇かも(?)と変な核心を得たと思ったり。

本題の水流についてはスピンストリーム導入に繋がった動機であったりもします

そして同時にその共肉の回復についてですが、(モトは同じ)他のエダを使い破片等を取り込むさまとはどのような差があるのかを試みようと人為的にエダの一部分に乾燥済みの凝固した接着剤を丸めた工作物を用いそれを接着剤で固着してみました。

 

ミドリイシでは同一個体の接触したエダ同士を取り込むのとは違ってスムーズにはいかないようで明らかに人工物を取り込むのには苦労しているかのようなゆっくりとした速度のように感じました。

大きさやサンゴの個体差にもよるでしょうが条件が同じならばカルシウム由来のサンゴ砂やメディア片ならもっと早い時間軸で埋まるのかもしれませんね。

現状そこそこ埋まりましたが、まだ完全に埋まらないです。 このままか⁉

ちなみ真横から覗くと分かりにくいのですが、こう見えて2本のエダを交差させ寄りかかるようにしています。

先端の分岐からニョキニョキ水面目指して伸びてもらいたいですが、いつか右隣のブルーのコエダと確実に日照権の争いになる日が来るのでしょうね。

2年目を迎えましたので今までのような悪ふざけとお𠮟りを受けかねないような不遇にはせず、今年の自ら企てたテーマに沿った見応えある成長を感じることが出来たらと思っています。

 

そうは言っても我が水槽では、切羽詰まるほどではないのですがちょっとした問題を現在進行形で抱えており先行き不安な事があるのは内緒です(汗)

AD
いいね!した人  |  コメント(9)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。