9月からBullet Journalを取り入れています。

唐突ですが、

来年の手帳構成が一応決まりました。

  • ミスドのスケジュールン ブラック
  • 測量野帳 スケッチ
  • スパイラルリングノート シロクマ A6スリム

です。

 

 

今日は、測量野帳について。

 

カバー等は基本的に、2015年の手帳として測量野帳を使ったときと同様です。

 

現在はこんな感じ。↓

 

 

赤青鉛筆はTrackerを始めてから使っていますが、長いのでポケットの中には入りませんでした^^;

前に使っていた時に折り紙とマステで鉛筆キャップを作って使っていたのが、意外と便利で気に入ってます(笑)

赤青鉛筆使いだしたらマルチ8の役目が減ってしまいましたw

 

基本はプレスマン。ガシガシ書けて見やすい。

万年筆は今はカクノ。気分でプレラかサファリかサーフに変えます。エントリー万年筆万歳!

インクは全部色彩雫シリーズです。

前にアマゾンで買った吸取紙も挟んであるので安心!

後ろの方にはココフセンカードとかポケットセクレタリとかも入ってます。

 

 

以前は、月間や週間を手書きでかいたりしていましたが、9月からBullet Journalを取り入れていたので、11月からはスケジュールンと併用して使っています。

スケジュールンがあるから手帳要素はいらないかなとも思ったのですが、転記しておくだけでとても便利なので継続しています。

今月のマンスリーは無料でトラベラーズノート用マンスリーを配布していらっしゃるサイト様のをお借りして縮小しペタっと。

手書きも楽しいのですが、スケジュールンがあるので、手抜きですw

 

本当はBuJoだけで1年やってみようと思っていたのですが、やはり『手帳』というものが使いたい気持ちは抑えられませんでした。

 

ちなみにBulletJournalについてはちょこっと調べてみると結構情報が出てくると思うので、そちらにおまかせします(;^_^A 丸投げじゃないよ!

実際、インスタとかでも投稿が多かったり、画像検索で見るだけでも結構楽しいです。

方眼ノートと手作り手帳が好きな方にはおすすめ。

 

 

Tracker(習慣化したいことのチェックリストみたいなもの)やMealLog(レコーディングダイエット代わり!)も新たに取り入れました。
病院が2週間に1度あるため、1ページに2週間分の出来事や状況を書き込めるページを作ってみたり。

次のノート切替時には、CALENDEXを試してみようと思ってます。

 

あと個人的にはスプリングゼムクリップは必須。
栞代わりに使用しています。測量野帳のページ一気に挟める!(笑)

 

 

BulletJournalが自分に合っているなと思うのは、

  • 1日のページ数が決められていないこと。
  • 自分でも決められますがある程度のルールを作っておけるので、悩まずに書き込めること。
  • 例えばToDoの管理も、月でも週でも日でも、当日の朝に決める!とかでも自分が使いやすいように決められること。
  • 自分にとって必要なページを好きに用意出来ること。

はやりの日付シートを取り入れたり、スタンプやマステでデコったり、逆に本当にただただ文字だけのページとか。

 

目次があることでページも作りやすいし、いろいろな人の使い方を見ていて、「自分だったらこういうページを作ったら便利かも」とか考えられるのも楽しいです。

 

 

なぜ測量野帳なのかといえばやっぱり好きだから。

本当はもっと大きめでページ数も多いほうがいいみたいなのですが。

測量野帳ってコスパいいし、持ち歩きやすいし、1冊使い切った!っていう爽快感が気軽に味わえるのも嬉しかったりします。

書き込んだりするのにも、それほどページの狭さは気になりません。

 

ずっとSKETCHBOOK使ってるけど、たまにはLEVEL BOOKやTRANSITもいいかもなーとちょっと悩むのも一つの楽しみですね♪

AD