桜林美佐の新・国防日記

防衛ジャーナリスト・桜林美佐がお送りする「新・国防日記」です。
桜、咲いてます!


テーマ:

大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は元日から首・肩・腕の激痛に苦しみ4か月近く治療の日々でしたが、その後は運動もかなり控えめに(例えば、夜勤明けに走ったり格闘技的なことをしないなど)し、鍼灸治療を続けたためか健康を維持しました。ただ、今年は身内が入院など何かと年末年始はばたばたしますね~。

 

 

さて、今年最初のおしらせです。1月12日(木)の東京MXテレビ「モーニングクロス」に出演します。時間は午前7時~8時半です。お楽しみに!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

オスプレイが訓練を再開したことについて、早すぎるだとか言われているようですが、では、いつならばいいのでしょうか。

 

何か事故が起きた時、自衛隊でも長期にわたり訓練を中止する傾向がありますがナンセンスだと思います。

 

機体の不調が原因ならば整備が必要となりますが、人為的ミスであれば速やかに訓練を再開し練度向上に努めてもらったほうがいいのでは?なぜ反対するのでしょうか。

 

自衛隊にも導入されるため、大丈夫なのかという声が聞かれますが、この点について私は、ハッキリ申し上げて現状の陸自にオスプレイが導入されなくてもいいと思っています。理由はこれまでも各所に書いていますが、コストの見積もりが全くできないことや、人員含めそこに払う労力が多大すぎることがあります。そんな余裕はありません。余裕ができたら欲しいですけど。その他、運用面についてもありますが、そのあたりはまた改めて。

 

今はそれよりも、「危険か危険じゃないか」などという低レベルな議論が跋扈していますので、そこから修正しなければなりませんね。乗り物にリスクのないものはない。自転車だって死亡事故が起きるのですから。

 

 

さて、最新の「国防ニュース最前線」はこちらですhttps://www.youtube.com/watch?v=fkcg6nl5VU0

 

今回は、中露のミサイル事情などです。これによって米国の戦略はスパイラルに変更されるところがあり、注視しなければなりません。それ以前に日本は射程に入っているのですから・・。

 

また、先日の空自「妨害弾」事案についての記事が掲載されましたhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000008-ykf-soci

 

 

空自のスクランブルは右肩上がりに増えており、手に汗握るやりとりが繰り返されているというのに、法的に最終手段を担保せずにいる日本、これでいいのか?という思いです。

 

こうした中国による台湾をにらんだけん制、南シナ海での米潜水機事案のように残り少ないオバマ政権のうちに強硬策に出るなど、これからエスカレートする可能性は大です。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

最近の日本、勘違いも甚だしいと言われても仕方がないですね。トランプ大統領になったら駐留経費を全額負担か、さもなくば米軍撤退か、などという話は現実的ではないことはそろそろ多くの人が分かってきたようですが、これらの言葉は確かに選挙キャンペーン中のことではあれ、新大統領のキャラクターを表しているとしてしっかり受け止めておく必要はあると思います

 

在日米軍は日本のためだけではなく、アジア・太平洋地域の安定を支えるという意味で、米国の国益にも繋がるものです。

 

でも、だからといって、「駐留経費の75%を日本は払っているじゃないか」などという態度はいかがなものでしょうか。ドイツや韓国と比べて多いといっても、安全保障環境はそれぞれ違いますし、今、北朝鮮のミサイルに対処するために海上自衛隊だけでなく米軍の艦船が常時配備され、また各基地の戦闘機や爆撃機の存在、そして数千人の人員を擁した空母・・・という全てをひっくるめれば、米国の負担ははるかに多いという見立てもあります。もちろん、これらはいずれも日本の抑止力になっています。

 

 

怖いのは私たちの慢心です。甘えです。先般の米海兵隊岩国基地所属のFA18戦闘攻撃機墜落事故に対し、政府が公式に哀悼の意を示したという話を私はまだ聞いていません。

 

 

そんな中でオスプレイの不時着事故が起きました。懸命な操作で市街地を回避したので「不時着」なのです。このことについて、海兵隊のニコルソン中将が、感謝されるべきと発言したと沖縄副知事がメディアに言ったようですが、それをそのまま文字化するとはあまりにもおかしい。

 

 

ニコルソン中将が激高したとありますが、それほどのことを副知事が言ったのではないですか?副知事の発言も一語一句載せなければフェアではありません。

 

 

前述したように海兵隊では先週、パイロットが殉職しています。今回の事故は幸いにして死者は出ませんでしたが、日本側は文句を言うばかりです。組織のトップとして怒り心頭に発してもおかしくないでしょう。

 

 

トランプ大統領になったらどうなる・・などということを考える前に、日本人として、人としての在り様を省みる必要があるのではないですか?

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(6)

テーマ:

先日は久々に読売テレビ「そこまで言って委員会」に、ちょっとだけVTRで出演させて頂きました。関東では観られない・・と思っていましたが、読売テレビのサイトで少しの間、視聴できるようですhttp://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/20161211_00/

 

番組の後半で、歴代防衛大臣ベスト3を発表させて頂きました(汗)

 

 

また、昨日の夕刊フジ「ぴいぷる」欄を書きました。今回は長年、在沖縄海兵隊で政務外交部次長を務められていたロバート・D・エルドリッヂさんです。

 

後日、夕刊フジのサイトZAKZAKにも掲載されると思われます。

 

img_5260

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

今週、水曜の夜、岩国基地所属の米海兵隊FA18戦闘攻撃機が高知県沖に墜落し、ベイルアウトしたパイロットの捜索のため、自衛隊などによる捜索がなされました。翌木曜、海自US2によりパイロットが発見されましたが、死亡が確認されました。心より哀悼の意を表します。

 

 

海での捜索は米粒を探すに等しいと言われ困難を極めます。しかし、冬の海ということもあり、一刻も早く見つけ出したいという思いで夜を徹し必死の活動になったようです。執念の発見でした。

 

奇しくもこの日は日米開戦の日である12月8日、かつての敵国も今は戦友、両国の英霊にどうか助けて欲しいと祈りましたが叶いませんでした。

 

 

亡くなったのはジェイク・フレデリック大尉32歳、小さな息子さんと、近く赤ちゃんも産まれる予定だったそうです。

 

 

お父さんもご兄弟もやはりパイロットで、空を飛ぶことを夢見て育ち、その夢を叶えたのだとお母さんは語っています。

 

 

日本では「米軍パイロット死亡」とだけ無味乾燥な報道しか出ず、防衛大臣会見でも原因究明の申し入れをするということしか出ていませんが(これを言わざるを得ないとはいえ)、日本人が亡くなる事故や事件ではニュースで被害者の人となりをやたらととり取り上げるのに、冷めた反応だと感じます。

 

 

まして、岩国への米軍機配備や基地反対などの運動に利用されるようなことになるのは耐え難い思いです。イデオロギーに関わらず日本人として相応しい対応を求めます。

 

 

以下は、かつて海自・岩国基地で航空部隊指揮官を務められたOBの方のメッセージです。

 

 

「洋上での特に低高度夜間飛行は生死を賭けた最も厳しく、しかも、最も必要とされる高度な技能術科の一つです。亡くなられた海兵隊パイロットのご家族、同僚、部隊の事を思うと、西太平洋地域での平和と安定に命を賭して寄与された、そのご功績と忠誠に対し、同盟国日本の国民の一人として哀悼のまことを捧げたいです。」

 

日々の出来事に忙殺され、私たちにとっては今回の事故もいずれ過去のことになってしまうのでしょうが、ご家族の悲しみはずっと続きます。

 

クリスマスを控えた今、米軍基地はどこもデコレーションで輝いています。この特別な日を愛する家族と迎えることができなかった同盟国のファイターにrest in peaceの祈りを捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(3)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。