尾道 パステルアート★ふんわり天使画 サロン すずらん

玄関から海が見える田舎の自宅サロンです。
天使画をメインとしたパステルアートを描いております。
ふんわり天使、ゆるかわ天使、キレイな天使を描いています。
水彩画も時々描いております。

はじめまして(*^_^*)

尾道ふんわり天使画サロン すずらん
北村留美です。



ふわふわ、ふわ~んと癒される可愛い天使画を描いたり、レッスンをしています。


ヒーリング、不思議な世界、不思議なこと、
猫、犬、綺麗なもの、美しいもの、
スイーツ、甘いものなどが大好きです。


私を言葉で例えると、ほんわか、ふんわりという
感じでしょうか(*´艸`*)ァハ♪


絵を描くこと、愛猫に触れることが私の癒し♡

今は、天使画のパステルアートがメインですが、
今後は、水彩画、油絵に挑戦します!

天使画にご興味ございましたらご連絡くださいませ!

ふんわり天使画レッスン

ご予約・お問合せはこちらから







NEW !
テーマ:


こんにちは。
天使画家Rumiです。



雪も降ることなく、、
晴れております。



何個か書き溜めている記事があるので、
少しずつ公開していきますね。


ヒメが亡くなる前々日、頃から、
ふつふつと湧き出て来ました。



今日は、
ヒメから私に届いたメッセージをお届けしたいと思います。



ヒメが亡くなった夜、、
感じてみました。




『ママー、ママー!!!
ありがとう。

もう苦しくないよ。
今はすごく楽になったから心配しないでね。


ママのところに来て、ホント幸せだったよ。


ママに会った時、一目惚れしたの。


あっ、この人なら大切に育ててくれるって
直感したから、ママのとこに駆け寄ったの。


お兄ちゃん(ミロ)の匂いもして、、
いい匂いだったから、きっと仲良くなれると思って


しばらくはお兄ちゃんに怒られたけど
一週間したら、認めてくれて、
超仲良しだったね!



お兄ちゃんが急に居なくなって、
私もすごい寂しくて、
ママにすごく甘えちゃった。
ママの太ももに爪たててごめんね。



ママがいつも出掛ける時は、ホント寂しかったけど
我慢したよ。


ずっと24時間いつも一緒に居たいけど、
ケーキ屋さんのお仕事も頑張ってたしね。
ママは気づいてなかったけど、
甘い匂いがしてたよ。



ママのパパが死んだ時、悲しかったね。
でも私が居たから、段々寂しさが紛れたでしょ!!


私は、ママが大好きで、大好きで、、
どこにでもついて行きたかったけど、、
お外は苦手だから、、
しょうがなくお家で首を長くして待ってたよ。



もう、ママさえいれば、他は何もいらなかったよ。


せっかく、猫型のベッドとか買ってくれたけど
全く入らなくてごめんね。
ママの布団とママの布団の中が一番寝心地が良かったんだ。



最後はさすがに体力がほとんどなくなったときは
ターちゃんのベッドが気持ちよさそうだったから
ちょっと寝てみたけど、、
やっぱりなんだかゴソゴソして
いつもの椅子の上が落ち着けて良かったんだ。



ママとは色んな思い出があるね。
よく遊び道具の紐を作ってくれたり
ネズミのおもちゃを投げてくれたりして
遊んでくれたね。


ネズミは、私が毛を噛んじゃうもんだから
危なくて、それ以来出てこなかったなぁ。。。


もっと遊びたかったなーー!



私が最後に逝く時、
ママにあまりお顔を見せたくなかったから
最後の力を振り絞って、うんことおしっこして
そっちに気をとらせたの。
ごめんね。


でも、ママすぐ気づいてくれて、
すぐに私をターちゃんのベッドに寝かしてくれて
その時のママの真剣な顔は、なんだか神様に見えたよ。ありがとう。



私がなかなか逝かなかったのは、
ママのこと心配してたんだ。


私が居なくなると、
ママはすごく寂しくなるんじゃないかって。。



今でもビービー泣いてるんでしょ!?(笑)



ママが心配で、、、


でもママがもういいよ!って何度も言ってくれたけど
なかなか逝けなかったな。



もう少しママの温もりを感じていたかったんだ。
ママとの残りの時間を噛み締めてたんだ。
もっと側にいたいなって思ってたんだ。



でも、お兄ちゃんとママのパパと、ルーク姉ちゃんとおとめ姉ちゃんがお迎えに来たので、、
そろそろ逝かないとなーーって
思ったので、椅子のところに行って、
最後の力を振り絞ったんだ。


ありがとね。ありがとね。ママ。
ママに出会えてとってもとっても宇宙一幸せだったよ!


またどこかできっと会えるよ。


ママが天国に来る時には、必ず迎えに行くから
それまでは元気に過ごしてね!


それから、ちゃんとご飯食べてね!
お片付けもしてね(笑)



愛してるよ♡ママ    』
{616B6A22-0A53-49A9-821F-F7202DCC84F0}
↑唯一私の膝に乗ってくれた時の写真。




布団で寝ていると、
スラスラとヒメの気持ちが伝わってきました。



天国でみんなに会えて、
またゴロゴロと遊んでいるようです。



いつも、最後までお読みくださりありがとうございます。
愛を込めて。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは。
天使画家Rumiです。



悲しいお知らせです。


昨日、
2017年1月19日お昼12時頃。
愛猫ヒメが天国へ行きました。
6歳4ヶ月17日目でした。
早すぎる死です。



ご心配してくださった皆様、
本当にありがとうございます。



リアルに最期を書いていますので、
読みたくない方はスルーされてくださいませ。



長文です。



長い時間、ほぼ一日苦しみましたが、
亡くなってから苦しみがなくなり
とても安らかな顔でした。



本当に眠っているかのような綺麗な顔でした。



ホントによく頑張りました。



苦しそうに口呼吸をしていたので、
「もう逝ってもいいよ!ありがとう」って何度も
言ってもなかなか逝く気配がなく、、
最後の最後まで踏ん張っていました。



私を一人にするのが心残りのようだったのか、
私は大丈夫だよ!って伝えたり、
色々と声をかけました。



一階のお部屋で寝るようになってから、
定位置が、2階の毛布を積んだ上と、
ストーブの前か、私の布団の上か
台所の椅子の上でした。


部屋が暑すぎたり、誰かが来たり、
調子が悪くなると
台所に移動して椅子の座布団に座っていて、、



最期も
ほとんど動けないのに、
痩せた体で踏ん張って起きて
フラフラしながらも、椅子に飛び乗って
最後までホントに、どこにそんな体力があるのか
不思議でした。



私がこっちに居ようよと言っても、
立ち上がって台所の椅子に行こうとするので
抱き抱えて、椅子の上で見守っていたら



便が出てきていて、、、尿も出ていて
(尻尾が怒った時のようにボワっとなっていました)
ティッシュで受け止めながら、、
2個目の便を取りきった時に、、
やったーー出たね!!ヒメちゃん!と


ヒメを見たら、もう息をしていなくて
口と目を見開いたまま、顔が固まっていました。



便を出して、力尽きたのでしょう。
11日以降ずっと出ていなくて、、
やっと出たものですから。
ずっと出ていなかったにも関わらず、
いつもの便でした。


とっさのことだったので、一瞬は泣く暇もなく
すぐにターちゃんのマットに移動させ、



まだ心臓は動いていたので、
大泣きしながら、さすりながら、
「頑張ったね。。ありがとね。」と
心臓が止まるまで
ヒメの体に耳を当てたりしながら
看取りました。



目が開いていたので、目をじっと閉じながら
心臓が止まったのを確認して、
身体を拭いて、目の周りや、鼻の周りや
口の周りなどを綺麗にしました。


硬直をする前に、ターちゃんマットから出し、
いつも座っていた花柄の毛糸の座布団に
移動させ、楽な姿勢に整えました。


2時間ほどして、すでに硬くなっていました。



看取った後は、硬直する前にすぐに処理をした方が
綺麗に形を整えてあげることができます。
手や足も、いつも寝ているような感じにしてあげると
いいと思います。



事前にネットで調べてたので、
とても良かったです。



私、意外とこういう時、冷静だなって思いました。
なんせ、一人で看取っていたので
誰にも相談できないし、泣きながらも一人で
やりました。



親友が、「一人でおれんかったら(居れなかったら)
行くから言ってね」って言ってくれたんだけど、
さすがに親友に最期は見せられないなと
一人で頑張るよ!
って言って、1時間後でした。



亡くなって寝ている姿を見ていると
まだ心臓が動いているような錯覚を見ます。


父の時もそうでした。


さっきまで動いていたのに、、、
動いていたのをずっと見ていたから、
まだ動いているように見えるのです。
不思議ですね。



もう全く動かないのかと思うと、、
涙が溢れて、、



夜、私が布団を敷くと、必ず布団の上に寝に来ます。
それが、もうこれからは来ないんだと思うと
ホントに悲しいというか辛いというか
耐えがたい悲しみです。



ひとしきり泣いた後、ペット霊園に電話をして
泣きながら火葬をお願いしました。



ペット霊園の方は対応がとても優しくて
余計に涙が出ました。



もうそろそろだろうなと思った時に
可愛い箱に入れたいなと思い、
ネットで猫用の箱の棺を頼んだばかりで、、
間に合うか心配だったのですが、
次の日の午前中に来るようになり、、
間に合いました。



20日は雪の心配もあり、
行けるかどうか分からなくて、、、
ペット霊園の方に、大丈夫ですかね??
と、当日の雪次第で決めることにして、
19日はヒメと過ごしました。



ヒメが亡くなった2時間後くらいに
たまたま近所のおばちゃんから電話があり、
ふと私とヒメが元気にしてるかなと思って・・・と
電話があり、事情を話して号泣。



ずっと泣いてても、ヒメちゃんがルミちゃんのこと
心配で天国に行かれないから、嬉しいと思いなさい。身代わりになってくれたのかもしれないよって言ってくれて、号泣。



「私のところに来てくれてありがとう」
「ヒメちゃん、大好きだよ。愛してるよ」
「頑張ったね。」
「身代わりになってくれてありがとうね」
「私のことは心配しなくても大丈夫だからね」
「ありがとうね、ありがとうね」
などと泣きながら何度も何度も声がけしました。



ほとんど寝ていなかったので、少し寝て
また起きてヒメを見ても、やはり眠ったまま。
そんな姿を見て、また号泣。



どんなに見つめても、止まった命は帰ってこない。




20日の朝10時頃に、親友が来てくれて
少しの安堵でまた涙して。。。



宅急便で棺が来たので、中を開けると
なんだか大きくて、、後から調べたら間違えてLサイズを頼んでいて、親友と吹き笑い。


一緒に箱を作ってヒメを入れました。
ミロの時は、病院の方が入れてくれていたので
セレモニーホールに連れていくだけでした。


親友が火葬場にもついて来てくれて、
一緒に待ち、お骨も一緒にひろってくれて、
色々とお互いの近況話をしながらだったので
とても心も落ち着いて、、
少し楽になりました。


親友には、感謝し尽くせない感謝です。



動物を飼いだして、、、
ヒメで4匹目ですが、
最後の子なので、ホントに辛くて悲しいです。


ミロの時は、まだヒメがそばにいて、
気が紛れていたのですが、
もう、誰もいない。



最後の子だったので、すごく大好きで可愛くて
溺愛していました。



いつも、出掛けていて家に帰ると、
ドアの前で必ず迎えてくれて、
ニャーニャーとゴロンと横たわって
触って、触ってと言わんばかりに甘えてきていました。



猫にしては、とても甘えん坊さんでした。
あまり自由な猫だなと思ったことがなく
いつも私の姿を目で追ったり、
どこかに出かけるとき、
寂しい時はドアまでついて来るような子でした。



人間でいうと40歳〜43歳くらいです。
私と同じ歳です。



神戸に住んでいた時に、
動物病院の前に、里親募集の張り紙を見て



なぜだか惹きつけられるように、電話をしていました。


当時は、写真を見た時、
ヒメではなく、もう一人の子が希望だったのですが
立会いした時に、
なぜかヒメが寄ってきて、、


しかも私だけだったそうです。(たぶん)
「色々と人にあったけど、滅多に人に寄らない子なのよ!これは運命ですね!」ってヒメ達を預かっている
方が言ってくれました。



でも、写真では顔が痩せて見えたのですが、
実際見たらぷっくりして可愛くて、、
この子がいい!って思ったんです。



ホント、運命でしたね!



もっと長生きしてくれるものと思っていたのですが
留守番ばかりさせていたので、、
寂しかったんだと思います。



スキンシップは、欠かしたことがないくらい
抱っこが嫌いなヒメを抱っこして
ぎゅーってしていました。



iPhoneの中に写真と動画がたくさんあります。
ヒメとミロとルークとおとめと猫の写真ばかりです。



写真集でも作ろうかなと。。



夜寝る時が、一番寂しいのですね。



最近は、絵を描かなかったので、
これからまた少しずつ描きためていきたいと思います。


絵を描きながら、自分を癒し、
日々を過ごしていきたいと思います。



長い文章を、最後までお読みくださり
本当にありがとうございます。



猫ちゃん、ワンちゃんを飼われている方へ
愛犬、愛猫達が、命ある限り、元気で過ごせますよう
お祈り致します。
どの子も幸せです。




{0F10BF9E-DD4F-4473-B6C0-65BFC84D864D}
↑亡くなる数時間前です。
最後に少しだけ寝転んでくれました(o˘◡˘o)
ありがとう、ヒメちゃんカナヘイハートつながるうさぎ


命を大切に生きます!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


おはようございます。
天使画家Rumiです。


昨日の続きです。
読まれてない方は下記を読んでみてくださいね。



ブログを書いてから、
安楽死のハッシュタグをつけられた方のブログを
少し読ませて頂き、



私が昨日の書いたブログに
もう少し付け加えたい想いがあるなと思ったので
書きます。



昨日、
安楽死を選択された方が間違っていないと
書きましたが、


安楽死を選択することが正しいとか
安楽死を選択しないことが正しいと
言ってるわけではありません。


どちらかが正しい、正しくないという意味ではなく
選択するか、しないかです。



その選択する、しないが、正しい、正しくないんじゃないと思われたら、それはそれでいいと思います。



う〜ん。。
表現が難しいな。



初めて、、、
どららかが正しい、正しくない
という思いを抱きました。



昔は、絶対こうした方がいい。
こっちが正しい。
私の意見が正しい。
と何度思ったことか。



でもいつしか、柔軟な心を持つようになると
どっちでもいいじゃん。
ってなりますね(o˘◡˘o)



どちらを選んでも、その先に素晴らしい未来があると言われたとしても、
きっと、すでに答えはどちらかに決まっていると思うんです。


AとB、どちらかを選択するんです。



インナーチャイルドカードにも
どっちを選んでもいいよっていう意味のカードが
ありました。



その意味がやっと分かった気がします。



安楽死した方が絶対正しい!
安楽死しない方が正しい!
と、どちらかを正しいと決めつけるのなら、
それはそれでいいと思います。



ホントに人それぞれの考え方なので。



そういう違った意見を受け入れるように
なれるんだなって、今、気づきました。



人間、色んな事を経験(特に辛い、苦い経験)をすると
ホントに優しくなれます。



人間の世界でも、安楽死はありますが
簡単に安楽死を選択できるでしょうか??


愛する人が、愛する子供が、苦しそうなので
安楽死お願いします。って言えますか?



動物の世界では、飼い主さんが簡単に安楽死を
求めてくる患者さんもいるそうです。



しかもその理由が新しい犬を飼いたいからと
奥様に頼まれて。。。。と旦那さんが。。。



獣医さんは、当然断ったそうです。
(安楽死で検索していたら、たまたま見つけた文献です。)



そんな考えは、私でもイラつきますね。


元気でピンピンしている動物を
安易な考えで安楽死させるのは、違うと思います。



きっと、安楽死を選択された飼い主さんは
色々な思いで、考えに考えぬいて決めた決断だと
私は思っています。



動物に注射や点滴などをして、延命させるのも
人間のエゴで、一緒にいたいがために延命させるのも
どうかと思いますと書かれている方もいました。



私は、人間逝くときは逝くし、
動物も逝くときは逝く。
そう思ったから、
自然に逝くことを選びました。


なので、もう点滴もやめ、安らかに逝くまで
看取ろうと思っています。



語っていたら、長くなっちゃったな。。



どんな答えをだしたとしても、
どれも正解だと思います。



私の人生も、色々あったけど、
全て正解だったんだ!
って、40歳にしてやっと、今、気づきました。


こんな風に思えるようになれたのは、
安楽死について考えたことと
愛猫、愛犬、そして提案してくださった動物病院の先生のおかげですね。



この記事を書いていたら、、
他にも書きたい事が出てきたので
また書きます。



いつも、最後までお読みくださりありがとうございます。
愛を込めて。(久々に思えるようになった感じ)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

天使画家Rumiです。

 

 

昨日、今日と天気が良かったですね。

明日の雪はどうなんだろう?

あまり降らないといいですね。

 

 

今日は、動物病院に往診に来てもらいました。

 

往診があるのかどうか、今まで知らなかったんだけど、

聞いてみたら、できるとのことで、お願いをしました。

 

 

皮下点滴をしたのですが、

今後、家でもできるようにと

先生の指示のもと、

点滴を、針を打つまでの用意をして、

私が点滴の針を刺しました。

 

 

皮下点滴なので、皮膚の表面あたりが

ブヨブヨしていてビックリしました。

少し漏れた様子ですが、

もう少し上手にできるように頑張ります。

 

 

ヒメが点滴をする前だったかな?

先生から、安楽死という方法もあるという話を聞きました。

 

 

微塵にもそんなことを思ってはいなかったので

少しビックリしました。

 

 

私が今日か明日かもうヤバイかなどうかな

いつ呼吸が止まるか、、、心配で、

それを先生に言ったからかもしれません。

 

 

私は、

安楽死させるより、自然に逝った方が、

私の気持ちもまだ楽かなと思いました。

 

 

それが、例え、看病が辛くても。

でも、今、ヒメの看病が辛いと思ったことはありません。

 

 

さすがに、痩せていくミロの体を見るのは

少し辛いですが。痩せていても愛おしいと思います。

 

 

糖尿病で亡くなったミロの時は

さすがに辛い時もありました。

 

 

ネットで調べると、腎不全の子は

亡くなるまで点滴を受けないといけないので

かなり辛いし、最期は痙攣をしたりするそうです。

 

 

ヒメの最期がどうなるかわからないけど

私は、最後の最期まで、息途絶えるまで

看取りたいなと思います。

 

 

安楽死を選んで、

後から、もう少し長生きしたかも。。

あと数日長生きしたかも。。

って後悔はしたくありません。

 

 

父が亡くなった時、

仕事の疲れで、ご飯を作らないこともあったり

病院に行かないこともあったりしたので

父が亡くなった後、後悔をしました。

 

もっと、ちゃんとご飯を作ってあげれば

もっと長生きしてたかもと。

 

 

だから、命ある限りは

私のわがままかもしれませんが、

ヒメとの時間を大切に1日1日を過ごしたいなと思いました。

 

 

中には安楽死を選択する方もいらっしゃると思います。

それは、それで私はいいと思います。

 

それは、その方の最善の選択なので。

 

 

飼い主さんがあまりにも辛く、

動物も辛そうで、

痛みをなくしたい、とってあげたい

もう看病は疲れたな。。。

 

と思うのであれば、

安楽死の選択も間違いではないと思います。

 

 

私は選ばないというだけです。

 

 

愛犬おとめ 老衰

愛犬ルーク 腸捻転

愛猫ミロ 糖尿病

 

どの子も命尽きるまででした。

 

 

苦しくても、せっかくの命を途中で止めてしまうのは

かわいそうだなって。

 

 

父が亡くなる数時間前も、すごく苦しそうで、

早く逝かせてあげたい。

苦しみを取り除いてあげたい。

とは思いましたけど、

自然に逝くまで看取りました。

 

 

ちょいと語りすぎましたね。

 

 

安楽死についての意見でした。

人それぞれですので、参考程度でお願い致します。

 

 

 

いつも、最後までお読みくださりありがとうございます。

自分の幸せは、自分で決める!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

天使画家Rumiです。

 

 

今日はパソコンからです。

 

 

今週の金曜日20日、結構寒くなるみたいですね。

日本全体が雪になるそうです。

 

 

みなさま、たくさん着込んでくださいね(笑)

 

 

ヒメが寒くないように、ストーブは必需品です。

火事には気をつけます。

 

 

さて、本題です。

私は、眠れない時、いつも布団の中で

スマホを手に、ゲームをしたり、

無料漫画を読んだり、

ふと頭に浮かんだことを調べたりしています。

 

 

昨日、

猫の十戒、犬の十戒を見て、面白いな〜と

思って、

 

よし、少し真似て、私が思う猫の十戒を

書いてみようと思います。

 

 

【猫の十戒】(Rumi流)

1 私を家に迎え入れる前は、

  ちゃんと私を最後まで飼うということを理解してから迎え入れてね。

  途中で放り投げたら、バチが当たるわよ!

 

2 私はあなたより寿命が短いこと分かってる?

 

3 私を触る時は、優しーく頭から背中にかけて撫でてね

 

4 犬みたいに触られるのはすごく嫌なんだよ。毛繕い大変なんだからね!

 

5 私はあなた以外の人に会うのは、はっきり言って嫌なんだ。

  いきなり合わせて触らせないで。安全な人だと感じたら私から近づいていくわ。

 

6 私を一人にしないで。猫だからって2、3日空けてもいいと思わないで。

  ホントはあなたがいないと、すっごく寂しいの。

 

7 誰かに預けたり、病院に預けたり、すっごいストレスーーーー!

 

8 あなたの足跡は、すぐ分かるわ。

 

9 猫だからって、バカにしないで!

  自由が好き!でも密かにあなたを愛しているの。

  だからいつもドアの前で待ってるのよ。

 

10 最後は、そばにいて私が息を引き取るまでしっかり看取ってね。

   仕事???そんなの1日くらい休んでよ!

 

 

ヒメと、亡くなったミロを思い出して書いてみました。

猫を飼っている人、それぞれに猫ちゃんに想いがありますよね!

 

 

猫ちゃんは、

時にわがまま、

時に甘えん坊、

時に自由

時に何を考えているか分からない

時に飼い主が大好き

時に目と目が見つめ合う

 

そんな感じです。

 

 

 

いつも、最後までお読みくださりありがとうございます。

自分の幸せは、自分で決める!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。