∞  ルシアさんの魂のメツセージ、5月前半です。(^_^)/
 
 
 
 
ルシアのアセンションメッセージ
2017年5月
 

☆ 5/1 あなたの役割
 
あなたの宇宙で
 
あなたの役割は
 
あなたが
本当のあなたになる
こと以外ありません
 
魂にいつも焦点を合わせ
魂と自問自答し
 
魂と調和/融合/統合した
本当の
多次元なあなたになり
 宇宙存在として生きる
 
それがあなたの生まれてきた
この宇宙での役割です
 

☆ 5/2 ゲートは自分の中にある
 
わたしたちに見えている世界は
 
多次元宇宙からすると
ほんの一部だ
 
そして
わたしたちの中心は
 
多次元宇宙へのゲートである
 
入り口はひとつだが
 
出口は無数にあり
 
わたしたちは
 
すべての中心と繋がっている
 
自分のゲートを使いこなすには
 
自分の中心/魂/多次元宇宙を信頼し
自分の中心を愛し
自分の中心にとことんゆだねる
 
ただこれだけだ
 

☆ 5/3 あなたを創造する
 
わたしたちの頭/エゴが考えることは
 
この肉体を維持するための
ごく限られた領域のみの認識であり
 
とてつもない労働と思考を必要とする道しか
頭は用意できない
 
本来
ハイハートゲート/魂に従って生きていれば
魂の衝動に従っているので
すべてが
やりたくてしょうがないことであり
疲れを知らず
歓喜と共に
流れていく
 
ストレスや行き詰まりなどを感じたら
 
魂との方向性がずれているのだ
 
自分の中心/魂と
自分自答して
 
あなたが
あなたでいられる場を創造しよう
 
あなたの本来の道を
歩むよう
少しずつ
現実とのバランスを取りながら
方向転換してみよう
 

☆ 5/4 あなたの世界を創造する
 
わたしたちは
知らず知らずのうちに
選択し
意図し
創造を行っている
 

目の前に繰り広げられている
あなたの世界は
あなたの創り出したもの
 
あなたは
もっともっともっと
あなたの中心とつながって
あなたを極めていく
 
そして
もっともっともっと
あなたらしい世界を創造する
  
さあ
目を瞑り
あなたの中心に意識を置く
 
透明で
すべてがあり
すべてがない
あなたの宇宙から
 
新しい
本当のあなたを創造しよう
 
魂/中心から選択し
魂から意図し
魂から行動する
 
魂から選択し
魂から意図し
魂から行動する
 
魂から選択し
魂から意図し
魂から行動する
 
まずは
身近なところから
あなたを極めよう

 
☆ 5/6 すべてを開放してゼロになる その時あなたは本当の創造をはじめる
 
わたしたちは
意図をせず
意図に集中せず
 
なんとなく
言われるがままに
なんとなく行動するように幼いときからしつけられている
 
だから
出来上がったものは
意図のない
あなたの想念のまま



あの人がどうの
昨日のテレビドラマがどうの
上司や部下の態度が気に入らない
今晩のご飯何にしようか
子どもが学校でいじめられてないか
うまくできるだろうか



そうして
あなたの目の前にある
あなたが時間を費やしたものは
あなたの想念そのままのエネルギーが転写されたものが出来上がる
見た目は、
料理だったり
仕事の書類だったり
あなたの作ったものだが
 
エネルギーは、
あなたの心配や依存執着恐怖心でできている
あなたはそれらをいつまて抱え
あなたの創造物に転写し続けますか? 
 
さあ
今すぐ
すべての
あなたの中に染み付いた
依存執着恐怖心を自分のものとするのをやめなさい
依存執着恐怖心は
実態のないただの想念です
 
あなたは
あなたになるために生まれてきました
 
そして
必ず
意図して行動する
意図して行動する
意図して行動する
この繰り返しが松果体と丹田を鍛えます
使わないと鍛えられません
 
意図はシンブルに
感情/エゴは入れない
行動している間は意図に集中する
 

☆ 5/7 光を中心に放つ
 
光を放つ方向性
ルシアの感覚では
 
中心から
前方に放つとそれは4次元的な光となり
この3、4次元に固着するものとなる
 
3、4次元では
一人一人
ひとつひとつ
個を完全に確立し
中心/源/内宇宙に根差すことが肝要であり
 
光を前に
他に放つことは
良くも悪くもすべて憑依となる
 
光を中心から後方に放つ時
わたしたちは5次元のエネルギーを使いはじめる
 
わたしたちの中心から後方は
中心からさらに中心へと深まり
5次元の中心から反転して6次元へ
6次元の中心から反転して7次元へ
7次元の中心から反転して8次元へ



わたしたちは
中心から後方へと光を放つことにより
この世界に5次元以上の光を満たしていく
 
そこでは
同じ光が共鳴し 寄り集まっていく
 
そうして
完全に共鳴したとき
地球は
わたしたちの光と共に
5次元へのシフトを完了する
 
 
☆ 5/8 光を中心に放つ
 
光を放つ方向性
ルシアの感覚では
 
中心から
前方に放つとそれは4次元的な光となり
この3、4次元に固着するものとなる
 
3、4次元では
一人一人
ひとつひとつ
個を完全に確立し
中心/源/内宇宙に根差すことが肝要であり
 
光を前に
他に放つことは
良くも悪くもすべて憑依となる
 
光を中心から後方に放つ時
わたしたちは5次元のエネルギーを使いはじめる
 
わたしたちの中心から後方は
中心からさらに中心へと深まり
5次元の中心から反転して6次元へ
6次元の中心から反転して7次元へ
7次元の中心から反転して8次元へ



わたしたちは
中心から後方へと光を放つことにより
この世界に5次元以上の光を満たしていく
 
そこでは
同じ光が共鳴し 寄り集まっていく
 
そうして
完全に共鳴したとき
地球は
わたしたちの光と共に
5次元へのシフトを完了する
 
 
☆ 5/8 世界平和の創り方
 
わたしたちは
 
自分の中心を通して5次元的に広がり
5次元的な存在へと変化していく
 
中心/ハイハートゲートに
わたしたちのすべてが含まれる
 
その小さな球体のゲートの中に
外側の宇宙よりも広い内宇宙が広がり
どこまでも深い魂が広がり
その中心は源
 
小さなものは大きく
大きなものは小さい
   
中心に向かって愛を意図・表現し
中心から愛を行動すると
それはすべてあなたの世界となり
あなたの世界は愛にあふれてくる
 
あなた以外にあなたを愛せる人はいない
 
外側の誰かを愛し表現する時も
必ず自分の中心に向かって
「愛してる」とささやき
愛を行動する
 
それは
自問自答と同じ
  
わたしたちは
相手を通して自分の世界を完成させるが
 
それも自分でしかない
 
自分の中心に向かって常に愛をささやこう
「愛してる」
「大好き」
「ありがとう」
 
弱った時は
「ごめんね」
「赦すよ」
  
たったそれだけで
あなたの世界は変わっていく
 
そして
それはやがて世界平和へと発展する
 
 
☆ 5/9 意識のベクトル
 
わたしたちは
 
ベクトルを外側に向け続けるようしつけられ
意識がずっと外側に向きっぱなしだった
 
しかしそれは
4次元的な作用を増大し
魂との調和を引きはがした
 
ベクトルを中心に向けよう
 
そして
常に
魂とともにあらんことを
 
あなたはいつだって
魂と共に在る
 
自分で忘れていただけで
 
あなたが
意識のベクトルを中心に向け
自ら
魂と共に歩みはじめた時
 
世界は変わる
 
 
☆ 5/10 宇宙はフラクタル 愛もフラクタル
 
このわたしたちの宇宙の一番の法則はフラクタルであるということ
 
あなたが意図したそのエネルギーのままに
 
あなたの世界は出来上がる
 
あなたの世界を創ったのは紛れもないあなた
 
目の前で起こっていることを否定するとことは
自分の宇宙を否定すること
否定すればするほど
いつまでもいつまでもループは続く
 
いったん
自分が創り出し引き起こしていることをすべて受け入れよう
 
そして
自分はどう在りたいか
自分はどう生きたいか
 
自分の中心で意図しよう
 
そうやって
1歩づつ
1歩づつ
自分自身との融合
肉体意識と魂i意識の融合が起こってくると
 
魂意識に
どれだけ守られ
魂意識が
どれだけ忠実に宇宙を創って見せてくれていたか
がひしひしとわかってくる
 
また
時間も超越し
過去と未来も融合し
今すべての創造が行われていることもわかってくる
 
わたしの宇宙
わたしの魂
ありがとう
ありがとう
ありがとう
 
そうすると
また
目の前が
ありがたい事象で染まってくる
 
ありがとう
ありがとう
ありがとう
 
わたしはわたしを愛す
肉体意識は魂意識を愛す
魂意識は肉体意識を愛す
 
愛はすべてを引き寄せくっつける接着剤
 
愛すれば愛するほど融合が起きる
 
そう
あなたが
本当に愛するべきは
あなた自身
 
愛してる
愛してる
愛してる
 
 
☆ 5/11 グリッドになろう
 
わたしたちがこの次元に生まれたからには
 
自分を追及し
自分を表現し
自分をとことん体験しよう
 
それが
あなたというゲートを通して
あなたが生まれてきた理由だ
 
あなたは
あなたの宇宙を創るために今ここにいる
 
さあ
あなたの中心/魂/内宇宙/源に意識を置いて
自問自答しながら
魂のままに
あなたを表現し続けよう
 
それは
あなただけの
あなたにしかわからない
あなたのための宇宙だ
 
誰にも遠慮はいらない
あなたが創造主だ
  
そして
そのように魂のままに表現する者は
3,4次元の個を確立しており
5次元的に広がり
5次元的に共鳴し
5次元と有機的なつながりを持つ
 
同じように
中心で個を確立したもの、モノ、者、物とつながっていく
 
そして
個を確立したものは地球のグリッドとなっていく
 
グリッドが十分に育ったあかつきには
 
地球はグリッドごと
5次元へと反転する
 
 
☆ 5/12 CO2
 
フリーエネルギーを研究していて
 
わたしには難しい理論などはわからないけれども
 
感じるものは多々ある
 
5次元以上の世界
多次元世界
空の世界
僭称世界
 
から
 
この3・4次元に物質として現れる時
 
これまで
エネルギーは6角形を通って現象化される/この世界に現れていたことや
炭素が必要であり、鍵であることを
感じ取っている
 
炭素はものを燃やすとできるが
ゼロの状態を表しているのかも 知れない
 
と考えると
わたしたちの呼吸は
CO2という
もしかしたら素晴らしいものを創り出しているのかもしれない
  
現在、一般的には
温暖化の原因だとか悪者扱いされてあまりいい印象のないCO2だが
 
もしかしたら
CO2は生命の種ではないだろうか
 
わたしたちは
呼吸するたびに生命の種を創り出しているのかもしれない
 
ケッシュテクノロジーの
CO2/亜鉛ガンズ
人体に対する素晴らしい調整機能を持ち
ガン細胞も短時間で正常細胞に戻っていく
 
地球や木々にもCO2が必要で
やはりわたしたちは創造主だな( *´艸`)と
秘かに
ほくそ笑みながら
わたしは
ハイハートゲートで宇宙呼吸法をしている
 

☆ 5/13 違和感を大切にみつめる
 
肉体意識と魂意識がずれていると
 
違和感が生じる
 
ハートの辺りがもやもやしたり
ザワザワしたり
喉も詰まったようになる
 
それは
自分もそうであるし
他人のこともわかる
もう隠し事の出来ない世界に突入している
 
ずれていると違和感を感じたり気持ちが悪くなってくる
 
そして
ほとんどの人が大なり小なりずれている
 
ずれているから
この3次元に存在しているわけでもある( ˘ω˘ )
 
もちろんわたしも
毎日
自問自答しつつ
魂に寄り添っているつもりでも
 
そうできない時もあるし
しまった!ということもある
 
今日もまさにそんなざわざわした日でした(ΦωΦ)
 
でも
その違和感を大切にみつめたら
その先には
 
今を超えていく自分があることに気づく
 

☆ 5/14 ゼロの視点
 
わたしたちはそれぞれ個性的な特徴をもってこの世界に生まれた
 
それは
あなたの統合すべき問題点でもあり
あなたの最大の長所でもある
 
しかし
どんなことも
ゼロ/魂の視点から視ていないと
あなたの特徴は
大きくプラスまたはマイナスにブレて揺れ動く
  
そして
それは外側からやってきたように見せかけて
あなたを翻弄し疲弊させ
 
あなたの意識が
魂の視点からブレてるよ
と教えてくれる
 
どんな状況も
一旦腹をくくってすべて受け入れる
それから
自分はどうしたいのか
自問自答し
 
魂の座/中心から
視て
考えて
感じて
行動しよう
 

☆ 5/15 中心とつながり中心にゆだねる
中心に常に意識を置いていると
 
必要なことが
必要な時に湧いてきて
必要な行動をとることができる
 
毎日することが山のようにあるが
 
あまり考えずに宇宙におまかせでいると
必要な順にちょうどよく行っているのがわかる
 
わたしが、今、仕事や家事以外でしているのは
黒ゴマの朝の散歩や抱っこしてベランダから通りを眺めたり、その他お世話もろもろ
祖母の畑のお世話
 
両方とも
期せずしてする羽目になったのだが、はまっています(*´ω`*)
 
両方ともわたしが望んで引き寄せたのかな?(笑)
 
祖母はもう99歳で足と腰と肩がきつくなったというのでバトンタッチしたのだ
 
苗ものはほとんど植え終え、今日は種をまいてきた
 
かぼちゃ、とうがん、ホーリーバジル
 
もっと早くしたかったのだが、やっと少し時間が取れるようになったので
最近通ってます
  
そういえば家のプランターにもトマトとシソの苗を植えたのだけど
 
とてもマニアックなプランター出来上がりました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
 
CUO(酸化銅)ガンズを作っていた大きな容器の底にキリで穴を明けて
 
一番底にCUOガンズコーティングされた銅線をばらまいてから土を入れ
 
自然農のように森の状態をつくりました
 
わたしの宇宙は
ものを創り出したり
育てたりするのが好きならしいヾ( ´ー`)
 
 I & I
アイ&アイ
愛&愛
 
わたしはわたし
あなたはあなた
あなたはわたし
わたしはあなた
 
 
ルシア

 
ルシアの記すことは、
すべてルシアの宇宙(魂)からの言霊ですので
真実はあなたの宇宙(魂)にたずねてください

∞ ルシアメッセージで、暫し、癒やされて下さい。
 
後半は適切な時期にUPします。(^_^;) 
 
「ケッシュテクノロジーのCO2/亜鉛ガンズは人体に対する素晴らしい調整機能を持ちガン細胞も短時間で正常細胞に戻っていく」
 
これに関するルシアさんの記事を以下に追記しました。
-----------------------------------------------------------------------------
◇ ガンズの作り方と使い方
  2017年3月4日
 

先週日曜のいみみによるケッシュ財団パブリックティーチングです。
 
ケッシュ博士から、正しいナノコートの仕方やガンズの作成について、正確にするよう厳しく忠告があったようでして、今一度アーマンさんの動画を使っておさらいをしました。
 
CO2ガンズは、亜鉛とナノコート銅と海水または塩水(15~35%濃度)
CUOガンズは、銅とナノコート銅と海水または塩水(15~35%濃度)
 
CH3ガンズは、酸化鉄(錆びた鉄)とナノコート銅と海水または塩水(15~35%濃度)
この組みあわせで作ります。
 
金属を両端に配置して、底につかないように工夫し、金属同士は銅線でつなぎます。
 
CO2ガンズはLEDライト(緑)を使った方がCO2の合有量が増えるそうです。
 
約10日置きますと、下にガンズが沈殿してきます。
 
大きなスポイトで採取してもいいですし、1か月過ぎますと、反応が止まります。反応が止まった後は、上澄みを捨てて全量採取します。
 
採取したガンズは、純水または精製水で5回以上塩を洗います。水を注いで、ガンズが沈んだら上澄みを捨てて新しい水を注ぐ、を 5回 以上します。
 
洗浄が終わりましたら、できるだけ濃い状態、または乾燥させて粉末で保存します。
マグラブ製作にはこのガンズを使います。
 
Keshe財団がMagravに推奨しているのは基本の3種類のGANS(CuO, CO2/ZnO, CH3)です。
チタンガンズ(チタン+ナノコート銅)と真鍮ガンズ(真鍮+ナノコート銅)も最近よく使われますが、これはAlekz Systemからの流用です。
 
よりパワフルなマグラブ製作を希望される方は5種類を作られてもいいでしょう。また、健康のためや、ヒーリンググッズを作られる方は、CO2ガンズのみ、またはCO2ガンズとCH3ガンズを作られるといいと思います。
 
現在、ケッシュ財団と東京大学で共同研究が行われています。
 
CO2ガンズは完全に無害であることがまず確かめられました。さらに、ガン細胞の消滅に大きな影響を与えることが確かめられつつあります。
 
ちなみに昨日も書きましたが、わたしはいろいろ検証した結果、プラズマヒーリングペンやガンズ麻炭湿布を創る時は洗浄しない海水のままのガンズを使っています。理由は、感じるエネルギーがその方がパワフルだからです。
 
以下はガンズを使った緊急措置の仕方です。参考にされてください。
 
 
CO2ガンズ水の作り方が分かりにくいので補足しますと、表面のアミノ酸は緊急時に使えるのでスプーンですくって、保存します。(わたしは純水の中にとり、浮いている部分をさらに採取しています)
 
下に沈んでいるガンズを採取し、純水や精製水で5回以上洗います。(沈んだら上澄み液を棄てて純水を注ぐ、を5回以上)
 
ここからガンズ水作りですが、純水を入れて24時間後に、上の上澄み液をガンズが入らないように採取します。上澄み液が、ガンズ水ですそして、また純水を注いでガンズ水を作ります。
プラズマ水が半永久的に作れます♡
 
 
ガンズ水は、自己責任においていろいろ使ってみてくださいね♪
 
わたしは手作り化粧水やルームスプレー、入浴剤等に使っています♡
 
CO2ガンズ水のルームスプレー
 
無水アルコールにCO 2ガンズ水を加えると何故か白濁します。(水では白濁しない)黒いのは麻炭アロマオイルを適当に気分で調合して完成です。
 
最後に次に作るときですが、
 
亜鉛板はやすり等で良く表面を磨いて、2,3回使えますが、反応は鈍くなります。
酸化鉄は何度でもそのまま(錆びたまま)使います。

銅もそのまま使えます。
 
どのタイプもナノコート銅と海水/塩水は新たに用意します。
-----------------------------------------------------------------------------
(^_^)/
 
 
 
 
 
AD

∞ ちょっと一休み。(-_-)゜zzz…

 

 

2017年に出現したユニークな雲です。

2017年5月22日

 

 

2017/01/27 スウェーデン西部

 

2017/03/22 イギリス 神の手

 

2017/03/22 スコットランド 神の手

 

2017/03/22

 

2017/05/07 龍のような雲イギリス・カンブリア

 

2017/05/09 目のような雲

 

2017/05/18 ロシア

 

2017/05/18 ヒューストン上空で撮影された「何か」

 

 

∞ 空に、このように何かを伝えるような異形の雲が現れるのは、一つには、我々に空に注目してほしいということと、二つ目には、近い将来に、ETさん達の宇宙船が地球に大量着陸するときに、「天空に満ちる宇宙船」のような光景に、我々が畏怖しないように、徐々に「慣らす」為なのかも知れませんね。(^_^)/

 

 

 

AD
∞  「間もなーく」が「間もなく」になるときが近づいているのです。(^_^;)
 
 
 

シェルダン・ナイドルニュース
2017年5月16日

Selamat Jalwa! 様々な懸念があったにも関わらず、資金配布の動きは続いています。しかし、幾つかの新しい基準が追加となった事で、若干遅延があるかもしれません。長老たちとその仲間に聞かされた事ですが、私たちは再び突破口となるような地点に近付いているとの事です。この複雑なプロセスを担当している存在たちは、最初の配布が解放される地点が近付いている事を知っています。そして、この流れによって最初の受取人となるよう選ばれた存在たちは、今か今かとその決定を待っています。故に、私たちは真にワクワクするニュースに備えるよう言われています!
 
ご覧の通り、もうすぐ起きそうな事が盛りだくさんですが、その一つを挙げれば、合衆国財務省をベースとした紙幣の流通です。これらは金を裏付けとしているので、簡単に米国連邦準備銀行を破壊する事ができます。この新しい現実は、違法で事実上の株式会社アメリカの急速な崩壊を招くように設計され、効果的にNESARA共和国に置き換わります。この新しい領域の作成の要となるのは、みなさんの新しい統治とその財政システムです。
 
その間、私たちは私たちの目的に集中したいと思います。主な目的の一つは、再評価された通貨がこの表面地球の人々にちゃんと与えられるという事を確実にする事です。私たちは、この事が真に意味する事に気が付いています。それは、闇の秘密組織が破られ、あなたにとって自由で豊かな時間がようやく開始する為の手段です。この新しく形成されつつある現実によって、ようやく私たちの壮大なミッションを真剣に開始する事が許されます。これまで遅延があった事は理解していますが、どちらにせよこの消えつつある、古くて恐ろしい現実におけるみなさんの心配を終わらせる事がどれだけ重要であるかを感じています。
 
この古い現実で続いている複雑さの原因である闇を、私たちと私たちの仲間と共にすぐさま消滅させる事が必要とされています。長老たちと彼らと同じようなグループはこれらの膨大な資金が表面地球中に安全に配布される事を許可しなければなりません。私たちからすれば、こんなシンプルなプロセスを終わらせるのに何でそんなに長く掛かるんだと感じています。この事と共に、支配している秘密組織とその仲間たちの真に壮大な逮捕と隔離が行われます。これが成功すれば、NESARAとこれに付随する全てを敏速に実行する事ができます。ようやく私たちの共同計画の残りが達成されるのです。ホサナ!ホサナ!
 
天の恵みを!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!闇の秘密組織の死期が近い事を知りながら本日はやって参りました。現在、公にNESARA共和国を宣言する予定の光の勢力は、もう間もなくそうする準備が整いそうです。天はこの栄光のイベントの壮大な準備が整ったと神聖に語ってくれました。あと必要なのは正式な発表で、これは間もなく行われると期待されています。これがされると、必要な最終要素が全て完成されたという発表にもなります。ハレルヤ!ハレルヤ!
 
その時、みなさんは正式に負債から解放され、特別な祝賀が表明されます。そうなったら、みなさんは心の真の情熱である役割の数々を開始する事ができます。みなさんが割り当てられた役割をようやく開始できるようになると、壮大なエネルギーがあなたを満たします。みなさんの偉大なビジネスの成長によって、この表面領域の大々的な転換が開始されるものと感じています。この活動によって、私たち全員に大いなる喜びがもたらされます!人類はようやくその神聖な望みを自由に叶える事が出来るようになるのです!
 
この転換によって、大いなる治癒や、この表面現実の問題を画期的に解決する大いなる方法がもたらされます。更に、戦争が平和に変わり、みなさんの尊厳が全員に宣言されます。私たちマスターは喜んで提供する予定である必要なレッスンの為の時間を設定したいと思います。私たちは、みなさんがどうして最悪な形で制限された意識へと落とされてしまったかを完全に理解した上で喜んで能力を提供いたします!みなさんの歴史の新しい認識は、みなさんにとって都合の良いものになります。どうか光があらゆる方法でみなさんを包み込みますように。
 
本日は、この美しい青緑色の星の周りで起きている事について見直していきました。この領域を変えるような事柄が起きています。これらのイベントに備えて頂き、間もなくたくさんの素晴らしい事が実現する事を知ってください。どうか知ってください、無限の供給と天の終わる事の無い豊かさが実にあなたのものであると!一つであれ!喜びの中にあれ!
 
訳:JUN  ライトワーカー 
 

∞  メッセージとしては「ウキ ウキ」モードですが、イベントがいつ起きるかについては、実の所、不確定要因が多すぎてはっきりしません。しかし、幾つかの不確定要因のうちのひとつでも解消したら、他の要因もなし崩し的に解消する可能性はあるでしょうね。(^_^;)
 
「Selamat Jalwa! 様々な懸念があったにも関わらず、資金配布の動きは続いています。しかし、幾つかの新しい基準が追加となった事で、若干遅延があるかもしれません。長老たちとその仲間に聞かされた事ですが、私たちは再び突破口となるような地点に近付いているとの事です。この複雑なプロセスを担当している存在たちは、最初の配布が解放される地点が近付いている事を知っています。そして、この流れによって最初の受取人となるよう選ばれた存在たちは、今か今かとその決定を待っています。故に、私たちは真にワクワクするニュースに備えるよう言われています!」
 
光の銀河連合が地上で起きているすべてのことを俯瞰しているという前提で“最初の配布が解放される地点が近付いている事を知っている”なら、それが起きるタイムラインをみていることになります。しかし100%確実とは言えませんが。(^_^;)
 
「ご覧の通り、もうすぐ起きそうな事が盛りだくさんですが、その一つを挙げれば、合衆国財務省をベースとした紙幣の流通です。これらは金を裏付けとしているので、簡単に米国連邦準備銀行を破壊する事ができます。この新しい現実は、違法で事実上の株式会社アメリカの急速な崩壊を招くように設計され、効果的にNESARA共和国に置き換わります。この新しい領域の作成の要となるのは、みなさんの新しい統治とその財政システムです」
 
USAカンパニーが既に破産しているという情報があっても、それが公にならない限り、FRB(連邦 準備銀行)は機能しています。ですから、貴金属に裏付けされた繁栄パッケージ資金が市場に流通すると、FRBの資金はただの紙くずになり、変わって、NESARA法のもとにアメリカ共和国が旧金融システムを終了させ、新金融システムを立ち上げますから、世界の金融経済は大きく混乱することなく引き継がれることになるでしょう。
 
「その間、私たちは私たちの目的に集中したいと思います。主な目的の一つは、再評価された通貨がこの表面地球の人々にちゃんと与えられるという事を確実にする事です。私たちは、この事が真に意味する事に気が付いています。それは、闇の秘密組織が破られ、あなたにとって自由で豊かな時間がようやく開始する為の手段です。この新しく形成されつつある現実によって、ようやく私たちの壮大なミッションを真剣に開始する事が許されます。これまで遅延があった事は理解していますが、どちらにせよこの消えつつある、古くて恐ろしい現実におけるみなさんの心配を終わらせる事がどれだけ重要であるかを感じています」
 
光の銀河連合が繁栄パッケージ資金の流通状況を監視して、地上の光の勢力と連携すれば、闇さん達による資金盗取は完全に阻止されるでしょう。従って予定される多くの繁栄プロジェクトが開始出来ることになります。
 
「この古い現実で続いている複雑さの原因である闇を、私たちと私たちの仲間と共にすぐさま消滅させる事が必要とされています。長老たちと彼らと同じようなグループはこれらの膨大な資金が表面地球中に安全に配布される事を許可しなければなりません。私たちからすれば、こんなシンプルなプロセスを終わらせるのに何でそんなに長く掛かるんだと感じています。この事と共に、支配している秘密組織とその仲間たちの真に壮大な逮捕と隔離が行われます。これが成功すれば、NESARAとこれに付随する全てを敏速に実行する事ができます。ようやく私たちの共同計画の残りが達成されるのです。ホサナ!ホサナ!」
 
光の銀河連合の“こんなシンプルなプロセスを終わらせるのに何でそんなに長く掛かるんだ”という思いは我々も持ちますが、しかし莫大な資金配布に責任を持つ人々の心理的圧力は相当なものであり、その為に何重ものセキュリティが必要であるということは十分理解出来ます。また、資金配布開始と共に闇さん達の逮捕、隔離が行われ、それが成功すれば必要な物事がスムーズに進むことは間違いないでしょう。
 
「天の恵みを!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!闇の秘密組織の死期が近い事を知りながら本日はやって参りました。現在、公にNESARA共和国を宣言する予定の光の勢力は、もう間もなくそうする準備が整いそうです。天はこの栄光のイベントの壮大な準備が整ったと神聖に語ってくれました。あと必要なのは正式な発表で、これは間もなく行われると期待されています。これがされると、必要な最終要素が全て完成されたという発表にもなります。ハレルヤ!ハレルヤ!」
 
“天はこの栄光のイベントの壮大な準備が整ったと神聖に語ってくれました”
 
この上ない天の保証付きですから、闇さん達の組織壊滅は必然ということですね。(^_^)♪
 
「その時、みなさんは正式に負債から解放され、特別な祝賀が表明されます。そうなったら、みなさんは心の真の情熱である役割の数々を開始する事ができます。みなさんが割り当てられた役割をようやく開始できるようになると、壮大なエネルギーがあなたを満たします。みなさんの偉大なビジネスの成長によって、この表面領域の大々的な転換が開始されるものと感じています。この活動によって、私たち全員に大いなる喜びがもたらされます!人類はようやくその神聖な望みを自由に叶える事が出来るようになるのです!」
 
予定されているイベントの開始は、我々のこれまでの暗い生き方から光としての生き方へ転換します。それは皆さんに割り当てられた役割を開始させ、意識レベルを上昇させて十分な光エネルギーを取り込ませます。
 
「この転換によって、大いなる治癒や、この表面現実の問題を画期的に解決する大いなる方法がもたらされます。更に、戦争が平和に変わり、みなさんの尊厳が全員に宣言されます。私たちマスターは喜んで提供する予定である必要なレッスンの為の時間を設定したいと思います。私たちは、みなさんがどうして最悪な形で制限された意識へと落とされてしまったかを完全に理解した上で喜んで能力を提供いたします!みなさんの歴史の新しい認識は、みなさんにとって都合の良いものになります。どうか光があらゆる方法でみなさんを包み込みますように」
 
光への転換は、闇さん達によって引き起こされたあらゆる後遺症の治癒や地球の表面現実の問題を先進技術によって解消し、戦争などのネガティブなエネルギーをポジティブに変え、人間の尊厳を取り戻すことになります。
 
地表の状況が落ち着いてくると、地底からのアセンデッド・マスターさん達との交流も始まり、我々の歴史の真実を知らされることになります。
 
(^_^)/ イイ コト ズクメヤデ。
 
 
AD
∞  そろそろ、時期かも!? テレパシーを使う。。 (^_^)♪
 
 
 
 
テレパシーは、意図しましょう♪ それが集合意識を変えてゆきます。
2014年9月30日
 

プラチナツインレイさんのブログを拝見して、気づいたことがありましたので、それを書かせていただきますね。 (*^-^) *  .。:*・
 
テレパシーを開花させるにはハッキリと、意図することが大切です。宇宙存在たちは、ホログラム地球に生きる人々からの依頼があって初めてそれに応えることができます。
 
宇宙存在たちの側がどんなにテレパシーでの会話を望んでいても地球の人々が「そうする!」と心決めるまで、いってみれば、手を貸せないのですね?
 
ですから、「テレパシーの会話をします!」という宣言は必ずしてください。。♪
 
いま、この宣言が、宇宙存在たちに心待ちにされています。なぜなら、いまこのときの地球では「宇宙存在たちとのテレパシー会話を持つ」という集合意識に変わることが、もっとも急を要することだからです。
 
宇宙存在たちとの間にテレパシーの会話が起こることを知っているのは、ツインや、スピリチュアルな世界に興味を抱いた人たちです。それ以外の人々の多くは、テレパシーが可能である、ということさえ知らずに日々を暮らしています。
 
それは、地球の集合意識がいまだ、「テレパシーは特殊な能力であり、普通の人間には不可能である」という位置にあるからです。
 
もしこの地球の集合意識が、「すべての人類がテレパシー能力に目覚める」に、変換されれば、新生地球に移行する人々であるなら、テレパシーを意識せずとも、テレパシーが、しぜんと、開花してゆきます。
 
それはつまり、各個人からの‘宣言(依頼)’がなくても、すべての人びとに、宇宙存在たちのほうからテレパシーで話しかけることができると、いうこと。。♪
 
宇宙存在たちだって、‘その時’が、訪れることを地球の人類とまったくおなじくらいほんとにほんとに、心待ちにしているのですよ?
 
宇宙存在たち側の扉はすでに開いています。あとはほんとうに、地球の人類側の扉が開くのを待つばかりなのです。
 
思い切って、開いてしまいましょ?
 
わたしたちの、意識の在りかた、という力で
 
(ノ^-^)ノ .。.:*・゜゜・* ☆ *:.゜:。*・ ヾ(^^*) ヾ(^^ ) ヾ(^-^ )
 
「アンドロメダ・ミラ」
 

∞  このメッセージ・シリーズ、多分、今、これからが “旬” ですよ。(^_^;)>
 
「テレパシーを開花させるにはハッキリと、意図することが大切です。宇宙存在たちは、ホログラム地球に生きる人々からの依頼があって初めてそれに応えることができます」
-----------------------------------------------------------------------------
えー、今上昇中のタイムラインにご搭乗の皆様へお伝えします。 
 
“テレパシーを開花させるにはハッキリと、意図すること”
 
このことを、皆様の心にしっかり留めおきください。当タイムラインはまもなくテレパシー有効エリアに入ります。。。
-----------------------------------------------------------------------------
と、いうことで、光の銀河連合のメンバーとのテレパシーでの会話ができるようになります。(^_^)/
 
但し、
 
「宇宙存在たちの側がどんなにテレパシーでの会話を望んでいても地球の人々が「そうする!」と心決めるまで、いってみれば、手を貸せないのですね?」
 
とあるように、ETさん達は我々が「テレパシーの会話をします!」という宣言、つまり会話要請をしないと我々と会話をすることができないのです。ですから積極的に宣言することにしましょう。(^_^)/
 
我々一人一人が「テレパシーの会話をします!」と宣言すると、我々の集合意識が「すべての人類がテレパシー能力に目覚める」という集合意識に変わります。
 
「宇宙存在たちとの間にテレパシーの会話が起こることを知っているのは、ツインや、スピリチュアルな世界に興味を抱いた人たちです。それ以外の人々の多くは、テレパシーが可能である、ということさえ知らずに日々を暮らしています・・・それは、地球の集合意識がいまだ、『テレパシーは特殊な能力であり、普通の人間には不可能である』という位置にあるからです」
 
我々のほとんどは今尚、“テレパシーは特殊な能力であり、普通の人間には不可能である”と思っています。これは、先日UPした「愛知ソニア」さんの「プレアデスからのメッセージ」で伝えた、我々が、自分自身にかけた制限なのです。ですから、「テレパシーの会話をします!」と宣言してその制限を打ち破ることにしましょう!
 
「もしこの地球の集合意識が、『すべての人類がテレパシー能力に目覚める』に、変換されれば、新生地球に移行する人々であるなら、テレパシーを意識せずとも、テレパシーが、しぜんと、開花してゆきます」
 
テレパシーが、しぜんと開花するとは、我々の集合意識がテレパシーを受け容れるということです。

「それはつまり、各個人からの‘宣言(依頼)’がなくても、すべての人びとに、宇宙存在たちのほうからテレパシーで話しかけることができると、いうこと。。♪」に、なるのです。
 
因みに、ETさん達だけでなく、人間同士もテレパシーは可能ですからね。
 
「宇宙存在たち側の扉はすでに開いています。あとはほんとうに、地球の人類側の扉が開くのを待つばかりなのです」
 
ETさん達がいつでも対話可能の状態なら、
 
我々は
 
「思い切って、開いてしまいましょ?・・・わたしたちの、意識の在りかた、という力で」
 
というのが、しぜんのなりゆきでしょう。
 
(^_^;)v アレ~ ヒミツ カ゚ バレ バレ ニ ナル ~
 
 
 
 
∞  このメッセージ、結構楽しめますし、しかも我々にとって、とても重要な事を伝えています。(^_^)/
 
 
 

ブロッサム・グッドチャイルド
2017年5月13日
 
光の銀河連合からのメッセージ
 

ブロッサム:またまた、こんにちは。きっと何百万の人たちがみなさんに何百万もの質問を聞きたがっている事でしょう…とはいえ、私はこのまま私たちの会話の進むままに任せたいと思います。(普通、友達とちょっと話をする時なんて、敢えて質問を考えたりしないで、その場を楽しむでしょう)
 
光の銀河連合:それもそうですね、親愛なるブロッサム。私たちは、いつもあなたとのやり取りを楽しんでいます。
 
ブロッサム:こうやって話していても、みなさんは同時にたくさんの事をやっているの?
 
光の銀河連合:もちろん。
 
ブロッサム:例えば、どんな事?
 
光の銀河連合:私たちは‘在る’のです…ただ‘在る’とは‘何もしない’という意味もあるかもしれませんが、実際は全てを包括しているのです。
 
ブロッサム:興味深いですね。イースターの時にホワイトクラウドが全く同じ事を言っていました…‘全てであるものは何もなく、全ては無である’と繰り返し言っていました。
 
光の銀河連合:そういう事です。
 
ブロッサム:この事をちょっと詳しく説明してもらえますか?私は今のところ、こうやって自分のヒーリング部屋に座って、みなさんと繋がる事に集中するので手一杯で…他に何も手につかないので。
 
光の銀河連合:でもね、ブロッサム…あなたは実際‘ただ’それだけをやっている訳では無いのですよ。簡単に説明すると、当たり前の事かもしれませんが、あなたは呼吸をしているし、考えているし、外の音も聞こえています。そして、全く違ったレベルつまり‘当たり前を超えた’ところでは…あなたは例えば…たくさんの人生を生きている…新しい何かを創造している…あなたは愛で、光でいる等々…こうやって永遠に長々と続けられます。でもって、この様に多くの事をやっている中、あなたは私たちとのやり取りをしている‘だけ’のように感じています。あなたは今あなたが思っているより遥かにすごい存在なのです。何故ならあなたは「全て」であるから。
 
ブロッサム:でもって「無」でもある?
 
光の銀河連合:その通りです。分かりますかブロッサム…あるのは愛のみです。それはご理解頂いていますよね。でも、もしかしたら…理解していると思っているだけで…実はそんなに分かっていないかも知れません。何故なら、その「愛」の中には…全てが在り、あり続け、創造されるからです。その人の…何かになりたいという…神聖な望みを通して召喚され/創造されます。
それでいて、それは単にあなたの想像のたまものに過ぎません…全てがそうなのです。
本物など何もありません…愛のエネルギー以外には、そして愛のエネルギーはあなたの望むもの全てになる事ができます。
  
ブロッサム:でもって、何も無いでしょ。
 
光の銀河連合:そうです。何故なら愛とはエネルギーで…望むものは何でも創る事ができます。どんな形でも!いつでもどこでも…永遠にどのような型にでも創る事ができます。それは、完全にあなた次第です。みなさんがみなさんの宇宙の創造者なのです。この事は既に知っていると思いますが、敬意を込めて言わせて頂ければ…完全にご理解頂いていますでしょうか?
 
何故ならご理解頂いていたとしたら…あなたの住む世界は全く違っていたでしょうに。
 
みなさんの世界をひっくり返した存在のせいだと、いわゆるエリートたちによって行われる残虐行為についてみなさんは語ります。みなさんの具合を悪くするケムトレイルに関して、何もする事ができないと言います。そして、みなさんが正当な収入を得られないのは不正な銀行のシステムのせいだと…。でも、そうやって自ら志願して住んでいる世界でみなさんはあえてその事に着目し、そう感じようと決めているのでは無いですか?
 
ブロッサム:だって、実際そういう事に影響を受けているし、それに対して何も出来ないように感じます。例えば、この地域には現在とても多くのケムトレイルがあって、自分自身も家族も友人も風やインフルエンザで次々ダウンしています…それも私たちが選んだとでも言うのですか?私は選んでいないわよ。
 
光の銀河連合:でも集団意識レベルでは…選んでいるのです。
 
ブロッサム:それはどういう意味?
 
光の銀河連合:あなたの世界の在り方というのは…集団創造の段階に来ているのです。何でもかんでも光の少ない人のせいにはできないのです。テロリストのせいにだけにはできないのです。銀行システムや自分勝手な人のせいにだけにはできないのです。誰のせいにもできないのです。
 
今日の世の中の在り方というのは…ありのままなのです。何百年をかけて創造されてきたものなのです。愛を込めて言わせて頂きますが…こうなったのには、みなさんお一人お一人の貢献があっての事です。あなたの世界が今こうあるのは・・・神聖な計画の一部です。ですので、あなたは絶対的にこれに関わっています。
 
みなさんの世界は何度もやり直しの地点に辿り着き、新たに更新されてきました。人は光も闇もやり尽しながら自らを主張し、認識されようとしてきました。他人を認識する事無く、一なるものを経験できますか?
そして闇が深くなればなるほど、光はより輝きを増す事ができました。あなたはこういった対極の世界を経験したいと選択して・・・実際に経験しました。
 
でも、集団意識として、闇とその全てのしがらみは、愛の光を表現するのに相応しくないと表明されたのです。この文章をよく読んで下さい‘闇とその全てのしがらみは、愛の光を表現するのに相応しくないと表明されたのです’
 
これの意味するところですが、魂的にも/個人的にも…みなさんの集合的意識のバイブレーション周波数がある一定のバランスのピークを越えたという事です。そして、一度ピークを迎えたら闇は地球上では…二度とその地位に戻る事はありません。というのも、他の星や/場所で同じ事が起きないとは言えないからです。
 
とはいえ、今ここ地球では…シーソーゲームは一定のバランスを迎え、その決定事項は全てに繁栄されます…つまり闇は光を覆わなくなるという事です。
 
人は経験できる事全てをやり尽しました。人が、同じ人に対してとても酷い行いをするようなところまで、やり尽しました。人類はやれる限界までやり尽したと言えるでしょう。そして、愛の周波数がどこまで低く下がれるのかも証明されました。そして、こういった事はもう終わりであると布告されたのです。
 
とは言っても、自由意志はまだありますので、‘この周波数内’に留まる事を選択した人は…故郷へ戻る旅を開始しようと決めるまで…望むだけ長く続ける事ができます。
 
もう既に旅をしている方々に関しては…赤ちゃんのような歩みであろうが、山を越え谷を越えて歩んできたであろうが…この‘高い周波数’に移行していきます。
光の見方をすると、シーソーの傾きは決定されたのです。
 
ブロッサム:でも、さっきバランスが取れたみたいな事を言ってませんでした?
 
光の銀河連合:そうです…そして同時に傾いたのです。
 
ブロッサム:は?
 
光の銀河連合:ブロッサム、私たちの言う事に幾度混乱しましたか?
 
ブロッサム:だいたい20億回くらい。
 
光の銀河連合:でも、まだ私たちを信頼してくださっていますよね。
 
ブロッサム:はい…だからと言って理解できるとは限らないですから。分かりますか、人間の観点からすると今みなさんが言った事は意味が通らないのですよ。
 
光の銀河連合:私たちは人間の形態を取っていませんから。
 
ブロッサム:そうですが私は人間ですし、これを読んでいる多くの方もそうですので、ちゃんと話して頂けたら嬉しいのですが。
 
光の銀河連合:みなさんは、光と闇のバランスを超越したのです。そうとしか言えません。
みなさんの世界は対極的です。白と黒、上と下、右と左、光と闇。そして光と闇は双方で合意したあるバランス地点に辿り着いたのです。
 
そして、神聖な計画によって…
 
ブロッサム:なんか地球の3/4の色が混ざり合って1/4はとても濁っているのがハッキリ見えます!
 
光の銀河連合:まさにその通りです。あなたが今いるのはこのポジションです。
これが「今」集合意識が選択した状態であり、まさに物事を変えようと選択したのです。「今」地球上にいるみなさんは…実際地球に住んでいるみなさん…神聖なプランの中にいるみなさんは…先ほどブロッサムが言ったように、時に負け戦を戦っているような感覚を覚えるかもしれません…しかし…
 
そうでは無いのです
あなたは既に勝利しています
集合意識がそうする時期だと決めたから、光はその力を取り戻せたのです
 
あなたが闇の底まで愛を表現し…自らの使命を果たしたのです!集合意識として。みなさんそれぞれがご自分の役目を演じ…経験し尽くし…今はもう完了しました。多くの方にとって、ほとんどの方にとって。
 
「今残っているのは、あなたが自らの光の中に強く立つ事のみです。」
 
本当にそうなのです。
 
再び…バイブレーションを高いレベルへと上昇させたいと願う方々に残された事はそれだけです。
 
本当に、こんなに簡単な事なのですよ!
 
ブロッサム:みなさんが言っている事は分かります。しかしながら、言わせて頂ければ…こっちの底辺にいる気持ちを、みなさんが理解するのはちょっと難しいと思うのです…この高密度の中にいない限り。ある方がこの様な事を書いて下さって、地球での状況がどんな感じかがよく描かれていますので紹介します:
 
 ‘人はここ10年程でかなり変わってきました。説明するのは難しいけれど、大変な時期を生き抜いてきた結果だと思います。人は楽しく人生をエンジョイしていますが、その楽しさというのがなんだかワープした楽しさなのです。人はみじめさに浸って楽しんで、それを共有しているのです。その人たちにとってそれはみじめではないようです(私にはみじめに感じられます)。生きる事が大変な故に発展してきた新しい人たちのように思えます。彼らは与えられたものの中で最善を尽くし、それが彼らにとっての“楽しい“人生となったのです。‘
 
こういった‘ワープした楽しさ’を超越したと思われる私たちでさえ…生きる事は‘そんなに簡単’ではありません!もちろん、光の中に強く立つ努力は精一杯していますが、私たちを引きずり下ろすようなエネルギーに総攻撃を食らっていて…その多くに私たちは気が付いてさえいません。そんな風にされる気持ちは、経験してみないと分からないと思うのです。だから、そんなに簡単では「無い」事を知って下さい。失礼な言い方をするつもりでは無いのです…ただ伝えたくて。
 
光の銀河連合:確かに、私たちにはそれがどんな感じかは分かりません。でも、神聖なメッセンジャーとしてのあなたの光がどれだけ強いかは知っています。これは、あなただけの事では無いですよ、ブロッサム…全員の事を言っているのです。ですから、こういった事実からも…みなさんが困難も全て乗り越えられるという事に疑いの余地はありません。
 
思い出してください、私たちは何度も言ってきました…多くの方が志願しましたが、この特に強烈なミッションをやり切れると見込まれた最強中の最強の存在だけが選ばれたと。
 
こうやってエネルギー的に邪魔される事も、あなたはここへやってくる前から知っていました。知っている事さえ忘れてしまう事も分かっていましたが…それでもあなたは志願したのです。あなたはこの時期に地球にいる事を強く望みましたが、同じ気持ちの魂は他にも何百万いたにも関わらず、その魂たちはこの‘仕事’にありつけなかったのです。
 
あなたの言いたい事は理解できますが…私たちの言っている事もぜひご考慮頂きたく思います。
こういった事全てをあなたは非常に楽に乗り越えます。こうなる事をあなたは既に知っていた、という事を思い出せば良いだけなのです。
 
そして、あなたが‘あ~確かに、覚えているわ’とつぶやいた時…同時に思い出して下さい‘そして、確かやり通したよね。ミッション完了したよね。光は勝利したし、私たちは使命を果たしたね…母なる地球を高次元の故郷まで再び上昇させたよね…めでたしめでたし’
 
ブロッサム:ジ・エンドですか?
 
光の銀河連合:もちろん違います!終わりなどありません。
 
ブロッサム:じゃ、永遠にめでたしめでたしか。
 
光の銀河連合:そうです、ハッピーに。
 
ブロッサム:友人のみなさんありがとうございます。本当に毎回嬉しいです。まあ、10回中9回は嬉しいかな。愛と感謝を込めて。
 
光の銀河連合:私たちも同じく嬉しいです。
 
http://www.galacticchannelings.com/english/blossom13-05-17.html
 
ライトワーカー NEW!2017-05-20 15:27:13  
 

∞  今回のメッセージには色々な気付きがあるようですね。
 
「私たちは‘在る’のです…ただ‘在る’とは‘何もしない’という意味もあるかもしれませんが、実際は全てを包括しているのです」
 
これはブロッサム氏が光の銀河連合とチャネリングしているときにも、例えば同時にいくつもの人生を生きている・・・、つまり全てが同時に起きているから。
 
それが出来る理由が、
 
「『愛』の中には…全てが在り、あり続け、創造されるからです。その人の…何かになりたいという…神聖な望みを通して召喚され/創造されます」
 
ということですから、三次元的に言うと、そういうメカニズムがこの宇宙ということでしょうか。
別な表現なら、
 
「愛とはエネルギーで…望むものは何でも創る事ができます。どんな形でも!いつでもどこでも…永遠にどのような型にでも創る事ができます。それは、完全にあなた次第です。みなさんがみなさんの宇宙の創造者なのです」
 
ということですね。
 
今、我々は、この太陽系の第3惑星のでひとつの完了形に到達しています。光と闇のバランスを超越したのです。
 
「人は経験できる事全てをやり尽しました。人が、同じ人に対してとても酷い行いをするようなところまで、やり尽しました。人類はやれる限界までやり尽したと言えるでしょう。そして、愛の周波数がどこまで低く下がれるのかも証明されました。そして、こういった事はもう終わりであると布告されたのです」
 
つまり、結果を出したということです。(^_^)/
 
但し、我々は自由意思が行使できますから、追体験したければ望むだけ続けられます。
 
上昇希望なら、高次元へ移行することになります。(^_^)♪
 
「集合意識がそうする時期だと決めたから、光はその力を取り戻せたのです。・・・今残っているのは、あなたが自らの光の中に強く立つ事のみです。」
 
ですから、今はバイブレーションを高いレベルへと上昇させるのです。(^_^)♡
 
ブロッサムさんのおちゃめぶり、つい微笑んでしまいません?

「光の銀河連合:ブロッサム、私たちの言う事に幾度混乱しましたか?・・・ブロッサム:だいたい20億回くらい」
 
(^_^)/
 
 
∞  TVドラマシリーズ「スターゲイト」の実話版に注目です!(^_^)♪ 
 
 
 

コズミック・ディスクロージャー
2017年5月8日
 
南極~新エリア51 シーズン 7 エピソード 19
 

David Wilcock: さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。司会のデービッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしてお送り致します。コーリー、番組へようこそ。
 
Corey Goode: どうも。
 
David: 南極が話題になっていますね。あなたの情報によると、そこでは一連のとても面白い発見があり、しかもまだ新しい情報が続々と出て来ているようです。
 
では、あなただけが知っているこの南極の物語を全部教えて下さい。
 
Corey : 私が受け取った最新情報を聞いて、一部の軍産複合体の人間が少し不安になるでしょう。
 
 
■ プロジェクト・アイスワーム&南極条約への侵害
 
どうやら1950年代に、プロジェクト・アイスワームというプロジェクトがあって、打ち上げ用の地下ミサイル格納庫が南極の氷床で建設されたようです。
 
このグリーンランドで建設されたものの動画があります。何が重要かというと、彼らはこの方法で南極大陸全域の氷の下で基地を築いたのです。
 
 
彼らはかなり大きめのミニ基地を築き、それがやがて研究開発基地になりました。その研究開発基地で、ロッキード・マーチンといった企業が氷の下で見つけた多くの技術のリバース・エンジニアリングを行ったのです。
 
彼らは同じ方法で、初期の月面基地や火星基地を築き上げました。とてもよく似たやり方で。
David: つまり、以前のブリーフィングであなたが聞かされた話よりも、ロッキード・マーチンなどのグループが南極で持っている基地はもっと広範囲だということですね。
 
Corey : その通りです。でもこれを一般公表するのにあたって重要なのは、1959年に南極条約が署名されたということです。
 

 
その条約では、南極大陸で戦争用の兵器を開発または使用してはならないと定められています。
 
 
平和目的のみの使用に限定されるはずでした。
 
David: そういえば、国際地球観測年というのがありましたね。IGY1959って。1959年はこれらの条約が成文化された年でした。
 
Corey : そうなんです。
 
David: 彼らが南極の氷の下の様子を精確な地図にしたのもその時でした。それで南極の下に大陸があることを発見したのです。
 
Corey : そう、広さはアメリカの大陸部の倍がありました。
 
David: では、もし国際条約に違反するような兵器システムを50年間以上も開発してきたことが世間に知れ渡ったら、これらの防衛請負企業に対する人々の見方にどんな影響が出るのでしょうか。
 
Corey : それはそれとして、彼らが最も恐れているのは、この情報が一般に知れた場合、一部の(地球)同盟グループに南極封鎖の理由を与えることです。これはキューバ危機に似た状況になります。南極の一定領域が封鎖され、研究開発基地内への立ち入り監査を求められるでしょう。
 
もう一つ、面白い情報があります。彼らはこれを南極版エリア51の一部として触れているのです。
 
ほかにも、軍産複合体に引き渡された超大型の元ナチス基地があります。軍産複合体というより、影の政府ですね。
 
この元ドイツ・ナチス基地は秘密宇宙プログラムの宇宙港として利用されていました。それがいま、影の政府にとって主な宇宙港になっています。
 
彼らは大気圏を出入りするために常にそれを利用しています。(大気圏外にある)宇宙ステーションは多くの宇宙航空機によって維持管理されますが、乗り継ぎ地点にもなっています。
 
■ 南極の宇宙港と氷床の亀裂
 
David: 確かにこれは別の放送でもやりましたね。でも一つ疑問があります。南極に大きな宇宙港をもつ戦略的な意味は何ですか?移動するのに不便な場所に思えるのですが。
 
Corey : 確かに不便ですが、たとえ反重力機を使っているとしても、大気中の電磁力や重力場を考えると、南極のほうがずっと都合がいいのです。
 
ロケットの打ち上げがなるべく赤道に近いところで行われるのと同じです。
 
David: なるほど。
 
Corey : さらに、極秘になっている飛行機を定期的に大気圏に出入りさせる場合、エリア51にしても、ネバダやアリゾナのはずれにしても、人目を遮ることはできません。完全な支配を持ちながら、人目に触れる心配の少ない地域が望ましいです。
 
David: 南極で打ち上げると、地球の電磁場が都合いいというのはどういうことですか?
 
Corey : バンアレン帯の影響が少なくなるのではないかと思います。
 
David: 「古代の宇宙人」というテレビシリーズには、とても面白いエピソードがあります。ガイアTVでも番組を持っているリンダ・モールトン・ハウがとても面白いインサイダー証言を紹介してくれました。この元パイロットが氷に覆われた南極の制限区域上空を通過した時、地面に巨大な空洞を見つけました。その空洞を、飛行機が出入りしていたと言っていました。
 
それは南極で起きていることとはどんな関係がありますか?
 
Corey : この領域は非常に宇宙港に近いと聞いています。ただ、もっとも重要なのは、彼が空洞を見つけた理由です。そこは制限された空域でした。それでも彼らは緊急のためにその上空を飛びましたが、そこから約二週間も行方不明になった科学者たちを引き上げたのです。科学者の人数は忘れましたが。
 
消息不明になって、避難所や援助物質無しで南極で二週間も生き延びることはとても考えられません。何が起きたかというと、彼らが引き上げた科学者達は石にされたのです。そのことは決して口外しないように、彼らは言われたようです。善処できる場所へ引き返した間に、全員ずっと無言のままだったそうです。
 
David: 前の報告で、この空洞が出来た理由は水蒸気と関係していると言っていました。なぜ氷に穴が出来たのか、それがいまも続けられている発掘にどう影響するのでしょうか。
Corey : そのような空洞は一つだけではありません。それらは自然に出来たものです。殆どは自然に出来たものです。地熱の排出口になっています。
 
何が起きているかというと、どうも氷の下の大陸が熱くなっているようです。地熱活動が盛んになっていて、それが氷の下の湖を大きく熱して、氷棚も熱せられているのです。
 
そのため、氷の溶解が通常より早くなっています。彼らは飛行機の出入り口として利用するために、その地熱排出口を広げました。さらに発掘によって生み出された熱もそれで排出しているのです。
 
David: 灌漑計画で川の流れを変えるように、彼らは熱せられた空気の流れを誘導しているのですか?
 
Corey : いいえ。彼らはなるべく多くの熱を排出しようとしているだけです。なぜなら、熱によって彼らが作った氷の洞窟が不安定になるからです。
 
一番の問題点は、彼らは氷の下の静止点にいますが、でも氷自体は一日30cmも動いていることです。
 
だから、彼らは新しい遺物を発掘するために目的の方向を掘り進めるだけでなく、氷の流れている方向も同時に掘り進める必要があるのです。
 
それが熱の問題に複合的な影響を与えています。彼らは様々な蒸気圧を使って発掘していて、氷が溶かされると氷の下に川が出来て、それがさらに氷棚を滑りやすくしているのです。それによって、いくつかの大きな問題が起きる恐れがあります。
 
もし彼らがいまやっていることを続けていると、そのうち氷棚が割れて水に落ちて、津波などの目に見える問題を起こすでしょう。
 
David: 主流メディアのニュースが一月にいきなり南極の主要基地から人員が避難させられたことを報道しました。なんでも大きな亀裂ができて、氷が割れて基地が海中に沈む恐れがあるためだそうです。
 
 
 

 
Corey : ええ、足元の氷棚全体はぬかるみになってきています。海水温が1度ほど上がったようで・・・1度上がるのに掛かった期間はよく覚えていませんが、海水温が1度上がるというのは氷棚にとって大変なことです。たった一度の違いで、氷の溶ける速度が大きく変わります。
 
David: 他のデータもそれを裏付けているから、驚きませんね。その一つは、1875年から1993年までに作成された世界中の火山活動マップです。それによると、地球の火山活動はその期間中に実に500%も上がっているのです。
 
Corey : そうですね。私の受け取った情報によると、太陽系内で起きたこれらのエネルギー変化は私たちの惑星だけでなく、ほかの惑星の温度も上昇させたそうです。
 
■ 氷の下の巨大母船
 
David: 前にも話しましたが、ピート・ピーターソンの情報によると、直径約30マイル(48キロ)に及ぶ長い卵形の巨大母船が南極の地下に眠っているそうです。
 
Corey : そのことですが・・・
 
David: 最新の情報ではどうなっていますか?
 
Corey : 彼らは事実を明確にするために、私に情報を提供しました。それによると、長さが最大でも3マイル(4.8km)ほど卵形宇宙船が一隻で、ほかにやや小さめの補助艦が2隻あるそうです。いずれも月から難を逃れてここにはぐれてきた艦隊の一部だそうです。
 
David: つまり、30マイルではなく、3マイルだとはっきりさせておくことが、彼らにとって重要なのですね。
 
Corey : ええ。それをはっきりさせておくことが適切だと彼らは考えました。
 
David: なるほど。そうだとしても、間違いなく豪華な巨大宇宙船でしょう。
 
■ ステイシスの中の存在
 
Corey : それは言えますね。一番大きい母船の中に、確かにステイシスの中に眠っている存在がいます。本来のプレ・アダマイトたちです。おそらく火星からやってきたのだろうと思います。
 
その大災害以来、私たちが相手してきたのは、このプレ・アダマイトたちから出来た雑種みたいな生き残りでした。
 
このプレ・アダマイトの集団が地球にやってくる前から、ほかの集団とは何らかの合意を得て遺伝子実験にも参加していたことは明かです。
 
22の異なる遺伝子プログラムが進められています。
 
David: ということは、プレ・アダマイトは遺伝子収集計画にも加わっていたのですか?
 
Corey : ええ。彼らも参加していましたが、ほかの集団とはうまく付き合っていけなかったようです。彼らは好戦的で、先に攻撃をしてから話をする傾向がありました。
 
David: 南極の話題で思い出したのは知り合いのインサイダー、ダニエルから聞いた話です。地球には自然に出来た古代スターゲートがあったって・・・
 
Corey : ちょうどそれについて話そうとしたところです。
 
David: それが南極にあったそうです。
 
Corey : そうですね。
 
■ スターゲートとスーパーゲート
 
David: オフレコであなたから聞いた話とは、あまりにもぴったり一致したので、びっくりしました。それについて聞かせて下さい。
 
Corey : 彼ら(カバール)が支配しようとしていたのは、南極にある超強力なスーパーゲートでした。それは古代ビルダー種族が築いたものです。それこそが、古代ビルダー種族の技術に関して、もっとも重要な一端です。
 
David: ちょっと待って。スーパーゲートとスターゲートの違いは何ですか?スーパーゲートという言葉はあなたから初めて聞きました。
 
Corey : スーパーゲートを使ってコズミック・ウェブを経由することで、どんなに遠くても、私たちの銀河の中か、あるいは近くの銀河ならば、どこへも移動できます。
 
David: なるほど。ダニエルも全く同じ説明をしました。
 
Corey : そうなんです。この惑星上にあるほかの接続点だと、遠い目的地ならば何度かジャンプしないといけません。
 
David: 乗り換えみたいな感じですか?ある場所でゲートから降りて、別のゲートに乗って先へ進む感じ?
 
Corey : それぞれの惑星が電磁気的に整列されるまで待つ必要がありますよ。
 
David: あらっ!
 
Corey : 惑星は電磁的な繋がりによって、それぞれの星系内の恒星を公転しながら自転もしています。その恒星もまた、このコズミック・ウェブを通じて、私たちの太陽と電磁的に繋がっているのです。
 
物質はその電磁チューブみたいなものを通って、A地点からB地点に移動しているのだと思います。
 
David: その待ち合わせの間に、彼らは時間を早送りすることができますか?つまり、時間を加速させる機能です。それとも、次のゲートが開くまでに暇をつぶす必要があるために、リゾート施設が用意されているのでしょうか。
 
Corey : そういう機能はありません。暇を潰して待つしかありません。
 
David: どのぐらい待たされますか?
 
Corey : 行き先や移動に掛かる時間次第です。大きな時計みたいなものです。すべての機構がちゃんと揃うまで待つことになります。
 
David: 私たちの時間間隔で測ると、もしかして年単位ですか?
 
Corey : そう待たなくても済むように事前に計画を立てていると思います。行き先に向かうための予測を正確に計算するための数学理論を彼らは持っていますから。
 
David: それに対して、スーパーゲートはそういう制限がなく、どこへでも行けるということですね。
 
Corey : ええ。
 
David: いつでも?
 
Corey : ええ。テレビドラマ「スターゲート」のアトランティス・シリーズまたは SG-1シリーズによく似ています。そのドラマの中では、(エンシェントという)古代ビルダー種族は強力で信頼性の高いスターゲートのネットワークを構築しました。そのスターゲートはいつでも起動して利用できます。計算のために待つ必要はありません。
 
David: 「スターゲート」シリーズの中のスターゲートはリングの形をしていますが、見た目もそんな感じですか?
 
Corey : テレビの中のやつとは全然似ていませんね。
 
David: あら!
 
Corey : 見た目は別物です。だだっ広い部屋のど真ん中にいて・・・
 
David: そもそも部屋って?屋内にある構造物なんですか?
 
Corey : (部屋への)普通の入り口はあります。
 
David: それで?
 
Corey : 通り抜けるようなゲートはありませんよ。
 
David: なるほど。
 
Corey : 通常、部屋の回りの空間に最低でも3つの点で三次元の球状ヴォルテクス(渦)ができます。蜃気楼のような感じです。
 
David: ふむ。
 
Corey : 回りから人が中心に向かって歩いて行くと、坂を下りていくような感じで、小さくなっていくように見えるのです。
 
スーパーゲートでもほぼ似たような感じです。
 
あともう一つ言い忘れたことがあります。供給するエネルギーの量とエネルギーの種類やサイクルによっては、これらのゲートを使ってタイムトラベルすることだって出来るのです。
 
David: その部屋というのは、古代ビルダー種族の地下施設にあるのですか?
 
Corey : ええ。
 
David: その部屋はどのくらいの広さですか?絵を描いて頂きたいです。主に3つのエミッター(放射体)がある部屋の中央へ歩いて行く感じですか?それとも、それ自体はより大きな施設の一部なんですか?
 
Corey : 私は自分の目で見たことは無いのです。
 
David: あっ、そうなんですか。
 
Corey : でも、古代ビルダー種族の技術の大半は非常に巨大な部屋の中で築かれていて、出入り口や通路も巨大です。彼らは小柄な存在ではありません。
 
David: このようなスーパーゲートの存在から考えると、この古代ビルダー種族は私たちの銀河の外にもいるのなら、一種族だけに留まらない可能性がありますね。このネットワークはもっと大きな規模で作られたのでは?その詳しいことは知りませんか?
 
Corey : 私の知っている限りでは、彼らは50か52の恒星があるこの私たちの局部星団内で、このスターゲートシステムを作ったということです。
 
彼らはこれを他の星系まで広げていますが、銀河のマップを作るのに時間がたっぷりあったはずなので、好きなところにスターゲートを置くことは出来たでしょう。
 
古代で他の種族と協力していた可能世も十分あります。
 
David: これだけはちょっと触れておきたいのですが、ダニエルの証言によると、この古代ビルダー種族のゲートを通る時、金属または武器のような非有機物を持ち込めないそうです。
 
そういう話は聞いていませんか?
 
Corey : 違うのです。トラブルがあったのです。微調整の問題がいくつか生じて、解決にしばらく時間がかかっただけです。ゲートにはなんらかの微調整が必要でした。彼らは時空の中でなんらかのネットワーク通信をやって解決策を見つけました。
 
最終的に、彼らはそのゲートを使って、A地点からB地点までなんでも移動できるようになりました。そして、彼らは我々の技術で彼ら自身のスターゲートを作り始めました。その当初、彼らの最大の難題は、有機物を完全のままで転送できないことでした。そのため、彼らは物資だけ転送して、人間は別途の乗り物で目的地に移動しました。
 
David: 「彼ら」がスターゲートを作っていたと言いましたが、「彼ら」は誰のことですか?
 
Corey : これらの秘密宇宙プログラムの先駆者たちです。彼らは1950年代と1960年代にポータルによるテレポートを研究していました。
 
David: ほほう。
 
Corey : 地球外種族からリバース・エンジニアリングした技術でね・・
 
David: ダニエルから聞いた話ですが、1970年前半で行ったスーパーゲートの解析から、インターネットで使われるIPアドレスのプロトコルの開発につながったそうです。すべてのスターゲートと同じように、インターネットの住所にもそれぞれの数字が割り当てられているからです。
 
Corey : ええ。ARPANETによって開発されたTCP/IP通信プロトコルはスーパーゲートの模倣によるものかどうか、そもそも彼らはスーパーゲートのことを知っていたのか、それは分かりませんが、仕組みはよく似ていますね。
 
しかも、インターネットのサブネット・マスクというシステムで、行き先から特定のゲートを除外できるのも同じです。
 
確かに仕組みはとてもよく似ています。
 
■ 本来のプレ・アダマイト
 
David: では、プレ・アダマイトの話に戻りましょう。彼らの母船は攻撃されて燃えていて、かつては氷河ではなかった大陸に墜落しました。
 
スーパーゲートへのアクセスを手に入れたことによって、どんな戦略的な重要性が生まれたのですか?彼らが訪問できるかつての文明の生き残りはあるのですか?それとも他の文明を訪れるつまりなのですか?彼らはどんな目的を持っていますか?
 
Corey : それは分かりません・・・彼らはゲートの支配を欲しがっていますが、彼らの種族が全員彼らと同じようにここに閉じ込められたわけではありません。
 
彼らが爆発した惑星から一旦は火星に逃れましたが、さらに後の戦争で火星も住めなくなり・・・
 
David: ほほう。
 
Corey : 彼らのうちの大集団は太陽系から離れましたが、別の集団は月と地球に向かいました。
 
David: そうか、もしゲートを支配したら、消息不明になった残りの避難民と連絡できるかも知れないのですね?
 
Corey : そう考えるのが自然ですね。
 
David: 確かに。
 
Corey : ええ。
 
David: で、いまスーパーゲートを支配しているのは誰ですか?
 
Corey : 宇宙港と南極版エリア51一帯を支配しているのと同じ、影の政府の一団です。
 
彼らは支配をしてはいますが、発見物でなんとかその使い方を探し出そうとしているのです。
 
彼らはその技術をリバース・エンジニアリングで解体して、既存の宇宙艦隊技術に組み込もうとしているようです。
 
■ 南極の図書館から抜き出した巻物の正体
 
David: 前回の報告では、カーリーたちがあなたを南極のある図書館に連れて行ったと話しましたね。
 
 
 
図書館から巻物を抜き出したとも言いましたが、その時、それは何の目的だったのかは知りませんでした。
 
いまは何か分かりましたか?
 
Corey : ジグムントによると、彼らはその下で過去世代の血縁目録を探していたそうです。彼らの惑星の爆発前までずっと遡れる歴史文書です。
 
面白いことに、彼らの社会のすべては血筋に依存しているのです。彼らの法律の運用も、自分の血筋が階層構造の中の居場所によって変わってくるのです。
 
従って、様々な理由から、これは彼らにとって極めて重要な巻物です。
 
また、彼らは自分たちを遺伝的にこのプレ・アダマイトに結びつけて、この種族を神に仕立て上げようとしています。そうなれば、彼らはデミゴッド(半神半人)になりますからね。
 
David: 彼らって、カバールのことですか?
 
Corey : カバールです。
 
David: つまり、法律用語でいうならば、この巻物は彼らに王として主張する神権の正式認可を与えてしまいますね。
 
Corey : そうなりますね。
 
David: さらに、ETの血筋も。
 
Corey : そうですね。さらにその文書は内部的に彼らの地位や法律運用を左右するため、重要なものでした。それは彼らの文化です。
 
David: では、なぜそれを取り除き、しかもあなたに目撃させるのが、戦略的に重要だとエンシャールは考えたのですか?
 
Corey : なぜ私に特定の場面を目撃させるのかは不明です。時々、私には全く理解不能な場面を目撃させられます。
 
でも、彼らはカバールやカバールに協力している地球外集団の未来計画を邪魔しようとしていることは明かです。
 
David: あなたの話を信じる人たちに知ってもらいたいから、あなたに目撃して欲しいのですか?
 
Corey : 私がその情報を伝えている本人だから、直接的に目撃して欲しいのだと思います。
 
David: この番組での前回の報告以来、エンシャールとの新しいミーティングはありますか?あるとしたら、どんなことを聞かされましたか?
 
Corey : ありますよ。主にコンストラクトの中でカーリーと会いました。ジグムントが教えてくれたことは本当かどうか、彼女に確かめました。その通りでした。彼らがその文書を抜き出したのは、カバールの作戦を妨害し、彼らが王としての神権を手に入れないようにするためでした。
 
■ 南極に残されたプレ・アダマイトの実験物
 
David: これらの情報についてあなたと話し合った後、ピート・ピーターソンに電話しました。彼からもほぼ同じような話を聞いたが、一つだけ違う話がありました。それがとてつもなく破天荒な話でした。なんでも彼らはその宇宙船の一隻を非常に先進的な基地に改造して、アトランティスの大洪水を生き延びたが、それがここに閉じ込まれたそうです。
 
そしてどうやら、私たちはそれを掘り出したようです。それが最近に起きたことです。
 
この話についてはどう思いますか?
 
Corey : 私が受け取った情報は少し違いますね。私の情報では、彼らは小部屋をたくさん見つかりました。その中には、このプレ・アダマイト集団が残した遺伝子実験や(実験物の)人間が見つかったそうです。
 
David: 生きていた人間ですか?
 
Corey : 生きていた人間です。氷の下の洞窟がたくさんある場所に見つかりました。
 
宇宙船の中で生き残った人間については聞いていません。私が聞いたのは、ついこの数十年前までに氷の中に閉じ込められた人達の話だけです。
 
彼らは宇宙船の中に入ったが、解体された宇宙船の中には大した技術は残されておらず、長期間の生存維持には適さなかったです。
 
David: なるほど。
 
Corey : 彼らはすべての技術を宇宙船から、築いた新しい都市に移動させました。だからピートの話とはだいぶ違うのです。
 
David: ということは、彼らは宇宙船内の光源を洞窟に移して、そこで食物や水を自給用に生産して、維持可能な社会を作ったのですね。
 
Corey : おそらく彼らは先進技術によらない方法でタンパク源やビタミン・ミネラルなどを補給したと思います。地下にはそのための生態系があります。
 
David: この人達の一部は人間と動物の混血によって作られたキメラだと言いましたね。
 
Corey : ええ。
 
David: 生き残ったのはどんな種類ですか?
 
Corey : 詳細は聞いていませんが、人間以外に、プレ・アダマイトによって作られた奇妙な実験物もいたようです。
 
■ ステイシス内のプレ・アダマイト
 
David: ステイシスに入っていた存在について少し話しましょう。それは50万年前のスーパーアースが爆発する前の時代まで遡ると言いましたね。
 
何体ありますか?彼らを起こす方法はありますか?
 
Corey : 具体的な数字は知りません。それなりの数があります。
 
David: 数十?数百?数千?
 
Corey : そんなに多くないです。10数体程度だと思います。
 
David: ほほう。
 
Corey : この集団は遙か昔のある時点にステイシスに入りました。もうその宇宙船に長い間留まっています。彼らを管理する人にとって、彼らを地球に降ろして、古代ビルダー種族の動力源に繋いで、ステイシスのチェンバーと宇宙船が作動し続けることがとても重要なのです。
その配管は古代ビルダー種族の動力源にしっかりとつながっています。
 
彼らを起こす方法は見つかりましたが、一体ずつ起こすことはできず、全員を一遍に起こすことしかできません。
 
彼らを起こした後、いったいどうなるのか、セキュリティー上の問題が多いです。
 
映画「プロメテウス」を見たことのある人なら、どういう心配をすべきかは想像がつくでしょう。
David: つまり、この存在たちは自分たちの惑星の破壊後または破壊目前を最後に、文字通り50万年間もの時間の流れを飛び越えて、目覚めることになるのですね。
 
Corey : その通りです。
 
David: 彼らが目覚める時の潜在的な危険性について、どうやって対処するつもりでしょうか。
 
Corey : 彼らを起こすべきかどうか、結論を下すための委員会があります。もし彼らを起こすと決めた場合、ステイシスの近くに第五世代の小型核爆弾を置いて待機するつもりです。

もし起こす場合、処刑スイッチを押す人間も送り込まれるでしょう。
 
プレ・アダマイトが凶暴化して敵意を示したら、大きな核爆発で全滅させるつもりです。
 
David: 信じられません。実に面白い話が聞けました。こうして前線から貴重な情報を届けてくれてありがとうございます。
 
この話を深く掘り下げていくと、私が何年間も研究してきたいろんなこととつながっていきます。皆さんには必ずしも信じられるような話ではないかもしれませんが、その周りの関連した話を考えると、非常に信頼できる話だと私は思います。
 
デービッドウィルコックがコズミック・ディスクロージャーをお送りしました。ご視聴ありがとうございました。
 
-----------------------------------------------------------------------------
訳注: コーリーの話の中で代名詞としての異なる「彼ら」が何度も出て来て混乱する方のために簡単に今回の話をまとめました。
 
まず、50万年前にプレ・アダマイトが住んでいた第五惑星マルデクが爆発して今の小惑星帯になり、プレ・アダマイトが火星に移住してもやがて再び核戦争が起きて火星が住めなくなり、一部は地球に避難して、大半は太陽系外に出ました。
 
それまでの間にすでに本来のプレ・アダマイトがステイシスに入りました。そのステイシスの管理者はプレ・アダマイトの雑種なのか、それとも単にステイシスに入らなかったプレ・アダマイトなのは分かりません。そのため、雑種もいつ、どこで出来たのかも不明です。地球に住むための雑種が地球墜落前から火星・月または宇宙船内で作られた可能性もあります。
 
いずれにしても、この話の中で、人類と接触したのは本来のプレ・アダマイトではなく、カバールの先祖となった雑種であることだけは言えます。そして、いま氷を掘り続けているカバールはスーパーゲートの操作方法をなんとか手に入れようとしている状況です。
-----------------------------------------------------------------------------
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group By  PFC-JAPAN 0:17:00 
 

∞  一つだけ抜萃しました。(^_^;)> 
 
「・・・テレビドラマ『スターゲート』のアトランティス・シリーズまたは SG-1シリーズによく似ています。そのドラマの中では、(エンシェントという)古代ビルダー種族は強力で信頼性の高いスターゲートのネットワークを構築しました。そのスターゲートはいつでも起動して利用できます。計算のために待つ必要はありません。・・・『スターゲート』シリーズの中のスターゲートはリングの形をしていますが、見た目もそんな感じですか?・・・テレビの中のやつとは全然似ていません」
 
これは、TVドラマシリーズの「スターゲート」のSG-1シリーズまたはアトランティス・シリーズ の実話版ですが、ドラマの中ではゲートは以下のようなリングをゲートとして使っていました。(^_^;)
 
残念ながら、本物のゲートはそのようなものではなく、
 
「・・・見た目は別物です。普通の入り口を通って、だだっ広い部屋で、通り抜けるようなゲートはありませんよ」
 
と言うように、古代ビルダー種族の地下施設にゲートとなる部屋があって、その広い部屋の中に入り部屋のの真ん中にいると、部屋の回りの空間に蜃気楼のような感じで最低でも3つの点で三次元の球状ヴォルテクス(渦)ができるので、人がその回りから中心に向かって歩いて行くと、坂を下りていくような感じで、小さくなっていくように見えるらしいのですが、それからどうなるのかはコーリー氏自身が見たわけではないので分からないようです。
 
まぁ、どちらかというと、こちらの方がスターゲートをくぐるよりも、より現実的かと思います。願わくば、実際に次元チューブに入ってから目的地までの間の実況中継も欲しい所ですが、それはYouTubeでよく見られるように、光り輝く空間(ヴォルテクス)に人が入っていくと、そのヴォルテクスも人も突然消えてしまい、そして目的地では何も無い空間から突然、その人が飛び出してくるということなのかも知れません。もし、YouTubeに投稿されているこのことが事実なら、実際に三次元の球状ヴォルテクス(渦)を使って瞬間移動する技術は、既に、誰かによってリバース・エンジニアリングされ、地球上で確立されて使われているとも言えます。

その誰かとは、秘密宇宙プログラムの先駆者たちで、彼等が、地球外種族からリバース・エンジニアリングした技術で、1950年代と1960年代にポータルによるテレポートを研究していたようです。
 
(^_^;) シカシ チキュウセイ ハ モクテキ チ ヲ シッカリ コテイ デキナイノダ。
 
∞ どうやら、完全開示のプロセスが動きそうです。(^_^)♪
 
 
 
 
COBRAアップデート
2017年5月16日
 
開示プロセス ( Disclosure Process)
 

私たちの太陽系では大きな変化が起きています。無数の善良な宇宙種族が集結し、多数の母船で巨大な宇宙艦隊を構成し、完全開示のプロセスを支援するため、太陽系内の重要な共振地点にある最終駐留位置についています。
 
 
 
これらの母船のいくつかは、上空約17キロにある私たちのチームの人工衛星ストラトプローブ5号が今週撮影した写真に映っています。
 
この26,000年間で変わらずに維持されてきた惑星地球の隔離状態に対して、はじめてキメラ・グループが不安がる兆候を最近示し始めました。
 
彼らが空軍宇宙軍団内の防衛を強化しているのはそのためです。
 
記事リンク(英語): Secret Space Program Update - United States Air Force Space Command & Organizational Changes Publicly Announced
-----------------------------------------------------------------------------
記事要約: 秘密宇宙プログラムの更新情報 - 米空軍宇宙軍団(AFSPC)の組織変更の公式発表について:
 
・ A-11 とも呼ばれる宇宙首席補佐官代理という三つ星階級職の新設
・ 空軍は宇宙での買収計画認可プログラムを刷新している
・ 空軍は宇宙戦争戦闘モデル(SWC)を開発している
・ 空軍は宇宙作戦構想(CONOPS)の開発をしている
・ 空軍と統合参謀本部事務局(OJCS)は政策決定の全段階に宇宙スペシャリストを関与させる
これらの変更が、コーリー・グッドやデービッドウィルコックと司令官「ジグムント」の開示計画にどのような影響を与えるのか、記事は強い関心を示している。
-----------------------------------------------------------------------------
 
開示プロセスは指数関数曲線のようになっています。私たちが今体験している最初のソフト開示段階ではゆっくりですが、着実にスピードを上げていって、最終的にブレークスルーに到達して、イベントを迎えて完全開示をもたらすでしょう。
 
いま地上で始まった取り組みの多くは一見無関係でも、すべては隔離状態を突破するためのプリズンブレイク(脱獄)作戦という光の勢力の大いなる計画の一部です。
 
地球軌道、月や火星などの地球に近い宇宙空間へ挑戦する宇宙計画構想の多くでは、これから数年以内のブレークスルーが期待されています。
 

http://www.cloudsao.com/ANALEMMA-TOWER

 
記事リンク(英語): ロシアや米国の宇宙旅行会社が提携して月軌道やISSへの商業旅行客を送り込む計画 (リンク無し)
 
 
主流メディアはETの存在の公表準備をゆっくりながら進めています。これを部分開示にして引き延ばそうとする、けしからぬ派閥が一部にありますが、彼らの企ては成功しないでしょう。全ての主流メディアを巻き込んだこのソフト開示は、実はプリズンブレイク作戦の一部であり、完全開示に向かうための足がかりになるのです。
 
 
Scientists are finally discovering the plasma web that spans across the Universe:
科学者達はようやく宇宙を横渡るプラズマ・ウェブを発見しました。(5/18現在、以下のサイトはダウンしています)
 
 
次のリンクにその完全解説があります。
 
 
宇宙最大のトーラス構造の一つはダイポール・リペラー(双極反射)です。私たちの宇宙のこの一帯も、あるダイポール・リベラーの中にあります。その中心部に天の川銀河や近くの銀河団があります。一方、遠く離れた両端には相反する極性をもつ葉状領域が同じ平面上に配置されています。この中心のヴォイドゾーン(超空洞領域)の中に惑星地球があります。ここは初期異常を浄化するための宇宙ステーションです。ダイポール・リベラーは、圧縮突破のプロセスにエネルギーを供給する宇宙ダイナモ(発電装置)です。
 
日本語参考記事リンク: 巨大な黒い空洞「ダイポール・リペラー」・・・
 
 
宇宙の基本構造に関して、科学者達はようやくダーク・エネルギーが存在しないことに気付き始めています。
 
 
同時に、代替メディアのコミュニティもやっと、シューマン共鳴が増加している訳ではないことに気づき始めました。
 
 
 
 
シューマン共鳴は、初期のドイツ秘密宇宙プログラムに関わっていて、のちにペーパークリップ作戦でアメリカに渡ったシューマン教授の名で命名されました。シューマン共鳴の周波数はかなり安定しており、主に電離層にある空洞の物理的な大きさによって決まります。
 
シューマン共鳴の振幅は確かに変わります。電離層のプラズマが励起状態になると大きくなります。電離層のプラズマが励起状態になる理由は様々です。太陽の活動、激しい雷雨、スカラー・プラズマ兵器やHAARPの使用のほかに、光の勢力がプラズマ異常を浄化している時もそのようになります。
 
 
光や理解の浸透が深まれば、徐々に解明されていく科学概念や代替コミュニティの認識も他にあります。たとえば、(エネルギー閉鎖系の存在を否定する)熱力学の第二法則や、(少なくとも肉眼で見える範囲で因果律を破る)過去へのタイムトラベルや、平らな地球説です。(地球が平らなら、海面の水平線で日没を目視することはまず不可能です。なぜなら、沈む太陽の光は何千マイルの空気層を通らなければならないため、その大半は大気に吸収されるからです。)
 
Victory of the Light!
 
原文:Disclosure Process
 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
By  PFC-JAPAN 16:55:00 
 

∞  「私たちの太陽系では大きな変化が起きています。無数の善良な宇宙種族が集結し、多数の母船で巨大な宇宙艦隊を構成し、完全開示のプロセスを支援するため、太陽系内の重要な共振地点にある最終駐留位置についています」
 
完全開示プロセスに大規模な宇宙艦隊がスタンバイするのは、キメラ・グループとの最終決戦の準備でしょうか、それとも示威行動でしょうか。
 
「この26,000年間で変わらずに維持されてきた惑星地球の隔離状態に対して、はじめてキメラ・グループが不安がる兆候を最近示し始めました」
 
キメラ・グループが動揺しているなら、既に彼等は心理的に敗北を喫しているのではと推察しますが、もしそうなら、光の勢力は闘わずして勝利しています。(^_^)
 
「彼らが空軍宇宙軍団内の防衛を強化しているのはそのためです」
 
もし、キメラ・グループが光の勢力の大規模な宇宙艦隊に戦いを挑もうとしているのなら、多分、彼等は身の程を知ることになるでしょうね。
 
「開示プロセスは指数関数曲線のようになっています。私たちが今体験している最初のソフト開示段階ではゆっくりですが、着実にスピードを上げていって、最終的にブレークスルーに到達して、イベントを迎えて完全開示をもたらすでしょう」
 
今、部分開示が始まっていますが、それが今後、指数的に増加すると、我々は意識の拡大と共に大きな気付きを得るでしょうから、ブレークスルーに到達するのは確実となります。
 
「いま地上で始まった取り組みの多くは一見無関係でも、すべては隔離状態を突破するためのプリズンブレイク(脱獄)作戦という光の勢力の大いなる計画の一部です」
 
これについては、何がどのように動いているのかは分かりませんが、水面下での多くの作戦が実行されているという事でしょうね。
 
「地球軌道、月や火星などの地球に近い宇宙空間へ挑戦する宇宙計画構想の多くでは、これから数年以内のブレークスルーが期待されています」
 
これはSSPが中心となるのかも知れませんね。(^_^;)
 
「主流メディアはETの存在の公表準備をゆっくりながら進めています。これを部分開示にして引き延ばそうとする、けしからぬ派閥が一部にありますが、彼らの企ては成功しないでしょう。全ての主流メディアを巻き込んだこのソフト開示は、実はプリズンブレイク作戦の一部であり、完全開示に向かうための足がかりになるのです」
 
光の勢力は主流メディアを手玉にとっているようですよ。
 
(^_^)v
 
∞  ハザールマフィアの劣勢が表面化しつつあるようですね。(^_^)/
 
 
 

フルフォードレポート英語版
2017年5月15日
 
敗北する悪党が増えるに連れて、世界平和の交渉が円滑に進む

 
北朝鮮和平協定、ウクライナ和平協定とイスラエル/パレスティナ問題を含む中東問題の解決はすべて、舞台裏で交渉されていると、多くの情報源が認める。これが米大統領ドナルド・トランプが今月の24日から始まるイスラエル、サウジアラビアとローマへ行く理由であると、その情報源は言う。トランプ自身、フォックスTVで、これらの会談後、世界を助けることになる国々の大きな会議に行くだろうと語った。(コメントは25分10秒のところで聞くことができる)
 
https://www.youtube.com/watch?v=k
 
北朝鮮の平和協定の詳細はまだ交渉がされていないが、交渉に近い関係筋は、北朝鮮は核兵器計画を公に放棄する代わりに主権と安全保障を保証されると述べた。もちろんこれは、メンツを保つジェスチャーに過ぎないので、秘密裏には北朝鮮はその核抑止力を保持することを認められると、その情報源は言う。
 
未完了の北朝鮮和平協定は、朝鮮半島の和平協定が日本とユーラシア大陸をつなぐトンネルの建設を認めることになるので、中国の大規模一帯一路の主導権に必然的に関連している。このトンネルの建設はすでに始まっていると日本政府関係者は認める。
 
今週末に集まる中国の一帯一路への米国、韓国、日本、ドイツ、英国とフランスの代表団の出席は、この計画への西側の抵抗が終わったことを意味している。中国の習金平主席がトランプとの最近の首脳会談の帰りにアラスカに立ち寄った事実は、アラスカとユーラシア大陸をつなぐトンネルを作ることの合意ができたとするのは非常に良い推測である。
 
すでに、貨物列車はロンドンとドイツから中国へ走っており、商品の運搬時間を半分にし、コストを同様に下げた。
 
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/transport/4667863/Beijing-Hamburg-train-halves-time-by-sea.html
https://www.forbes.com/sites/wadeshepard/2017/01/06/the-story-behind-the-new-china-to-uk-train/#2093e8bf261b
 
これらの新陸上貨物ルートは、ユーラシア内の陸上輸送が安価で速いために、バルティック海運指数が非常に低い水準に留まっている理由の一つである。列車や船の商品がニューヨーク発中国やロシア経由でロンドンへ運ばれることができるようになるのはそう遠いことではないかもしれない。ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働すると、米秘密宇宙計画の情報源は言う。
 
中国人はまた、コンパス、火薬、神や印刷のような世界を変える技術の発明者に再びなりたいと思っている。中国主席習金平は中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている。
 
トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンは数京ドルとは言わないまでも数兆ドルを解放する秘密裏に交渉されてきた西側の主導権によって、この大規模な中国主導権は薄らいでしまう可能性がある。このキャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギと何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれると、NSA情報源は言う。
 
ハザールマフィアがいかに人類の進歩を妨害してきたかを理解するには、1990年代に国連は2000年までに貧困と環境破壊の廃除を求める計画を出してきたことを思い出して欲しい。その計画は貧困はたった2,000億ドルで終わらせることができ、環境破壊はたった4,000億ドルで止める事ができると見積もっている。それにもかかわらず、ハザールマフィアは911を演出し、国際金融システムを乗っ取り続けて、人類の90%を殺すための計画に数兆ドルも費やしてきた。金は戦争、SARSやエボラのような生物化学兵器の拡散、そして大量飢餓を始めるために食料の代わりに燃料を栽培するよう農民に支払うことに費やされてきた。
 
それは、この地球を天国に変える計画が実行できる前に、ハザール悪魔主義者の抵抗の最終拠点を一掃することが依然として我々の念頭にあることを意味している。
 
ここに、我が国防総省情報源がこれについて言わなければならないことがある:「(FBI長官のジェームス)コミーの首切りは110日遅く、クリントン財団、オバマと言った深層国家との戦争を始め、小児性愛スキャンダルや民主党全国委員会は司法省によって積極的に訴追されるだろう」
 
「コミーは、ヒラリーを自由にさせ、ロシアのハッカーにプーチンに濡れ衣を着せるために贈賄しようとしたり、トランプと他のVIPとの間の盗聴の徹底調査を拒否することで司法妨害で訴追される可能性が高いと、国防総省情報源は続ける。
 
また、日本の皇室家族とCIA情報源はヒラリークリントンは実際はデイビット・ロックフェラーの娘であることを確認している。ビルクリントンはウィンスロップ・ロックフェラー(これらの情報源による)の息子であるので、我々は今、悪魔血統近交支配は新しい姓名によって隠されていたことを見ている。「デイビット・ロックフェラーの死は人々に、このような情報を提供する勇気を与えた」と王室家族情報源は言っている。
 
先週、ホワイトハウスの記者の前にトランプと一緒に突然のヘンリーキッシンジャーの出現は彼の長年の奴隷ご主人ロックフェラーについて喋り始める前兆かもしれない。キッシンジャー特使は白龍会に、暗号名ボアといソビエトの代理人であったこと、そしてデイビット・ロックフェラーが彼を辱めたことに憤慨していたことを既に話している。いずれにしても、キッシンジャーは最近、世界中の最終和平取引を交渉するために彼のコネを使っていることは明らかであり、今のところ彼は、指名手配リストからは取り除かれている。
 
このような血統支配の暴露はデイビット・ロックフェラーの孫マーク・ツッケンベルグとその眠れる羊支配網のフェイスブックのようなロックフェラーの隠れた権力センターを含む。
ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く。
 
コミー後に倒れる次にドミノは国家安全保障担当顧問HR・マックマスターが予想され、解雇あるいは降格そして、国家安全保障会議に仲間と重任している有罪判決を受けた男デイビット・ペトロイアスに機密情報を漏洩した件で軍法会議に掛けられるかもしれないと、国防総省情報源は言う。その情報源は、彼らはシリアまたは北朝鮮で第三次世界大戦を始める悪魔主義者による大きな最後の瞬間の圧力の背後にいる人々であると言っている。
 
もちろん、ワシントンDCのハザール代理人は驚いて、トランプの弾劾について話し合っている。以下に引用されたCIA代理人からの(風刺的)電子メールはDCにおける全物語を非常にうまく纏めている。
 
「NBCのレスター・ホルトとのインタビューで、ドナルド・トランプは彼が弾劾されれば、歴史上他の弾劾の人々よりテレビの格付けは上がるだろう」と自慢した。「私がどこへ行こうと、人々は私に弾劾されるのかと聞くであろうし、彼らはそれを見つめているだろう」と彼は言った。「評価は屋根を突き破るであろう」彼は彼の弾劾格付けが、1998年のビル・クリントンの弾劾の聴衆の規模よりさらに多くなるであろうと予想されると述べた。漫画はますます良くなっている-トランプはロシアと特別なビジネス関係はないと言っている手紙を書いた法律家は、ロシアと豊富な関係を持ち、2016年「ロシアの法律事務所」賞を受賞した法律事務所で働いている。
 
ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です。ここに、中国、ロシアと米国はイスラエルはパレスティナとの二国間解決を受け入れなければならないと主張していると、国防総省情報源は言う。
 
さらに、米ジョセフ・ダンフォード大将は今週イスラエルに居り、シリアその他の地域にロシアが定めた紛争地域を遵守するように強要していると、その情報源は言う。言い換えれば、彼らはダーイッシュがトラブルを起こすことを中止し、思い留めなければならない。
 
日本でもまた、水面下で大きな動きが起こっている。日本最大の暴力団山口組は今三派に分かれており、三人の支配者が代表をしていると、三派の情報源は確認している。それらの派閥の一つ、最も弱い派が、依然としてハザールマフィアの下請けを行っている。しかし、もし北朝鮮のアンフェタミン流通(合法化と規制)による合意が成立すれば、一つの最後の派もまたハザール人との関係を断つだろう。ハザールマフィアがここでの完全な執行機関を失うことになるので、日本の権力構造を完全に変える道筋が明らかになるであろう。
 
既に、フランス・ロスチャイルドの代理人麻生太郎のようなハザール奴隷を日本の権力に据える企みは完全に止められた。麻生は小沢一郎と共に、解放が期待される大規模資金を手にする為に日本の権力の座に座るべく圧力を掛けてきたと、日本右翼情報源は言う。しかし、麻生の故郷九州のヤクザ暴力団は彼は悪魔でありこれ以上支持しないと言っている。
 
金塊に苦しんでいるハザール人もまた、インドネシアで問題を起こそうとしていると、インドネシア情報機関の情報源は言う。インドネシアにおけるキリスト教徒とイスラム教徒の間の現在の大変化は、その国を不安定にしようとする西側権力によって支えられている。これはジョコウィ政権がフリーポート(マクモラン鉱山)の指揮者の命令に従わないからである。彼らはインドネシアの鉱山法を迂回しようとしている。彼等が言及している大騒動は、民主的に選出され、人気の大統領ジョコウィを打倒するために殺人的前スハルト政権に繋がるハザール人が支配する寡頭勢力による多くの企みであると、その情報源は言う。
 
いずれにしても、これが終わるまでは、ウクライナ、インドネシア、中東の、日本他で、我々はいくらかの継続するハザール人トラブルが予想される。
 
-----------------------------------------------------------------------------
トランプはあちら側の人と割り切った人々は多かったが、ここへ来て「トランプは戦っている」という評価に多くの人が変わってきた。プーチンさえもそんな評価をしていた人々も、やっと気づいてきました。まずは進歩としましょう。
 
あまり新情報はないのですが、トランプの言う「世界を救う」キャンペーンを計画中とか。西側の計画だそうです。どんなものでしょうか?日本は参加しているの?少し気になるところでした。一帯一路も不協和音が聞こえてくるが。中国ではまとめきれないと思う。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」 NEW!2017-05-17 18:00:00
-----------------------------------------------------------------------------
 
∞  我々の現実にも光が差し込んできているようです。(^_^)♪
 
「ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く」
 
ハザールマフィアは、追い詰められて反撃も出来ない状態になりつつあるようですね。
 
「・・・ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働すると、米秘密宇宙計画の情報源は言う」
 
真空チューブレールトンネルは既に存在していて軍産複合体等によって秘密裡に利用されていますから、それが部分ないしは全開示されるのでしょう。
 
「・・・中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている」
 
中国がロシアのようにプレアデス人等ETさん達と接触をしているのかは分かりませんが、いずれ近いうちにSSPの先進技術やETさん達からの先進技術が公開されるれれば、それは無償で利用できるでしょうから、莫大な投資は中国の環境改善や人民の幸福の為に使うべきではないでしょうか。(^_^;) コウサ イヤヤ。
 
「トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギと何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれると、NSA情報源は言う」
 
”光より速い自由エネルギー” とは「タキオン」のことですね。タキオンはこの宇宙開闢の時に最初に作られた粒子です。
 
”何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機” とは、いわゆるレプリケータのことです。空間エネルギーの物質化です。この技術については未公開ですが秘密宇宙プログラムでは既に使われているものです。これも部分ないしは全開示の一環でしょう。
 
「ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く」
 
まさにその通りであり、これからもそうあるべきですね。
 
(^_^)♪ ヤミチャン ソロソロ オワカレヤネ。
 
「ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です」
 
プーチン大統領にはとても良きプレアデス人のお友達がいますから、ハザールマフィアなんか目じゃないといったところでしょう。
 
日本はいつまで、ハザールマフィアに へいこら へいこら しているのでしょうね。
 
(-_-;) ウーム ソロソロ オメザメ シテ モラワント イカンナ トンカチ デ ヒッパタクカ。
 
 
∞  プレアデスからのメッセージです。(^_^)/
 
 
 

愛知ソニア
2017年5月6日
 
あともう少しの間だけです!
 

私たちはあなた方のプレアデスの仲間です。あなた方に現実への深い理解と希望を提供するためにコミュニケーションを図る者たちです。
 
あなた方のアセンションプロセスをいっそう促すために、以前よりもずっとパワフルな高次のエネルギーが、今地球に降り注いでいます。このエネルギーが理解できない方々は、このエネルギーに圧倒され、恐怖心やフラストレーションを起こしやすいのです。そこで今回は、その同じエネルギーが、あなた方にかけられた制限を一つひとつ外すものであることについてお伝えします。
 
どうか今というこの時期は、あなた方が自ら自身にかけたあらゆる制限を外すことにフォーカスし続けてください。
 
今までの思考パターン、今までの対処の仕方、今まで通りの感じ方といったような細かいことも含めてあらゆる制限を乗り越えるのに最適なエネルギーだということを知ってください。そこにマインドセットしておく必要があります。さもなければ、不快感に振り回されることになるでしょう。
 
それにしてもこのタイプのエネルギーは、あなた方が思っているほど長くは続かないのです。今は極端なフェーズです。まさに「クイックニング」という言葉に相応しく、すべてが速く進行しています。
 
あなた方が光に近づくにつれて、光のスピードに同調するようになります。現実化するスピードも増し、シンクロを認識できる気づきも増えていきます。また、あなた方がなにかを始めると、完成させるのにかかる時間もスピーディになっています。
 
あなた方が自分自身にかけた制限をひとつずつ打ち破るにつれて、あなた方は新しい人間になるというのではなく、本来の自分を思い出し、一歩ずつ故郷に近づいていきます。制限を打ち破るごとに今生で忘れていたことをデジャヴのように思い出すことができます。それらの記憶がパズルのピースのごとく隙間を埋め尽くし、やがて本来のあなたの全貌が見えてきます。
 
この作業のために、肉体次元のあなたという鏡に現象世界のあらゆることが映し出されます。ひとつピースが埋められるごとに、なにごともつじつまが合い、納得できるようになります。あなた方が今いる次元のこのような仕掛けを、どうか見抜いてください。
 
それにしても、あなたのエゴマインドは、制限を乗り越えることをいやがり、問題や苦境は自分が引き寄せたのではなく、他人や周りの世界のせいにして逃げ腰になりがちです。
 
「周波数(フリクエンシー)を上げる」という言葉を、皆さんはよく聞かれるでしょうが、一体、どういう意味でしょうか?そうです、これが今のあなた方個々がもっともフォーカスすべきことであり、次元上昇の基本なのです。それはあなた方の意識と感情に深くかかわっています。
 
あなた方はおそらく、瞑想をしたり、平和な気持ちを維持しているときが、いちばんフリクエンシーが上がっていると、思っていらっしゃるかもしれませんが、実はあなた方が自らの制限を破るときに、桁外れにあなた方のフリクエンシーは高くなります。
 
簡単な例として、スポーツ選手が記録を破ったときに、選手だけではなく、観衆も喜びと興奮と共にフリクエンシーをいっしょに上げます。だからあなた方はスポーツが好きなのです。一瞬にしてフリクエンシーを上げることができるのです。
 
逆にフリクエンシーがいちばん下がるのは、他を批判したり、今までの自分を維持しようとする意識によって起きます。とてもシンプルなことを私たちは言っているのですが、今あなた方の世界情勢はさらに混沌が増す中で、あなた方自身を見失いやすいトリックがたくさんあるからです。
 
つまり、古い世界はいかにあなた方が今まで通りのフリクエンシーのままでいることを押しつけようとしているのか、お気づきでしょうか?
 
戦い、対立が起きているとしたら、それはまさに、フリクエンシーを制御させるこの戦いです。あなた方の感受性を鈍らせるようなマインドコントロールもあります。無関心、無表情、無感動のロボットのように生きる人間も実に増えています。
 
さて、2017年は実にチャレンジの多い年であることは、半ばほど過ぎた今となって皆さん誰もが自覚していることでしょう。
 
あなた方個々が本来のあなたの故郷に一刻も早く戻るため、あらゆる制限を打破するためのプログラムを宇宙はあなた方に提供しています。もちろん、それによって多くのリアライゼーションもあります。それらは、新しい気づきではなく、遠い記憶が蘇っているのです。苦しみや辛さは思い出すための副産物です。
 
自らの制限を克服したときのセンセーションとして、エネルギッシュな自分が感じられるはずです。あなた自身のフリクエンシーを上げたからです。このようにしてあなた方個々が、エネルギーの存在としてのソースに戻っていくのです。そのソースにおいて、あなたが経験するすべてが、絶妙なタイミングで訪れていることが認識でき、また、自らを表現する力もいっそう増します。
 
「アセンション」という言葉は、皆さんそれぞれが、異なる理解をしていらっしゃるようですが、私たちが今述べたようなことが、まさにアセンションプロセスなのです。
 
人類の進化は、ある時点まではゆっくりと進んできましたが、ある時点からは急速に進むことから、結果として皆さんは、今生きている生において死を経験することなく、いくつもの生まれ変わりを体験することが起きます。今のあなた方には、凄まじい知覚の変化も起きています。
 
「生と死」、「始まりと終わり」といったようなリニア的な概念からサイクル的な時間のコンセプトにあなた方はこれからもっと慣れていくでしょう。あなた方の中にはすでに毎日朝起きて動き回り、そして夜が来て眠りにつくという区切りと繰り返しのサイクルを感じ取ること自体にシフトが起きているかもしれません。あなた方が時間の本質を見破る力が増しています。タイムトラベルにしても、パラレル次元にしても、まずは時間の本質を見抜くことから可能となります。
 
一年前のあなたを思い出してください。ちょっとしたことでオドオドしていたのに、今ではそれが滑稽に思えるほどあなたはシフトできたのです!ですから、どうか安心してください。こういったことのすべてが、宇宙の計画通りに進んでいるのでどうか深遠な宇宙の計画を信頼してください。
 
そして、自らのフリクエンシーを上げることのみフォーカスし続けてください!あともう少しの間だけです。
 
あとはオートパイロット式にあなたは上昇し続けます!その暁には、このようなありふれたアドバイスを私たちがなぜ今というタイミングで、あえてあなた方に伝えているのか、きっと納得していただけることでしょう。
 

∞  このメッセージは非常に有益なメッセージなのですが、掲載が遅れました。<(_ _)>
以下、抜萃です。
 
今、地球に入来しているパワフルな高次エネルギーは、自分が自分自身にかけた制限を一つひとつ外すものなので、この時期は、このことにフォーカスし続けるようにと伝えます。
 
「今までの思考パターン、今までの対処の仕方、今まで通りの感じ方といったような細かいことも含めてあらゆる制限を乗り越えるのに最適なエネルギーだということを知ってください。そこにマインドセットしておく必要があります。さもなければ、不快感に振り回されることになるでしょう」
 
“マインドセット”とは物事を判断したり行動したりする際の基準という意味ですが、簡単に言うと“心構え”です。つまり、今、降り注ぐエネルギーはあらゆる制限を乗り越えるのに最適なエネルギーであると知っておくことで、事が起きた場合に適切な対応ができるということです。
 
「・・・このタイプのエネルギーは、あなた方が思っているほど長くは続かないのです。今は極端なフェーズです。まさに『クイックニング』という言葉に相応しく、すべてが速く進行しています。・・・あなた方が光に近づくにつれて、光のスピードに同調するようになります。現実化するスピードも増し、シンクロを認識できる気づきも増えていきます。また、あなた方がなにかを始めると、完成させるのにかかる時間もスピーディになっています」
 
ETさん達からのメッセージによると、今入来している光エネルギーは我々の振動数を上昇させているという事が、我々の感覚で時間の加速として、また現実化のスピードも早くなり、シンクロを認識できる気づきも起きるのです。つまり、我々の振動数が光に近づけば近づくほど、全てが同時に起きるようになり、言い換えれば我々は時間の無い五次元世界へ近づいているということなのです。
 
(^_^;) オモウ コト ガ シュンジ ニ ソウゾウ デキルノダ。
 
「クイックニング」については以下をお読みください。
-----------------------------------------------------------------------------
アセンデッド・マスターたちが何年も前に「クイックニング」として話したことを思い出しました。彼らによればアセンションへのプロセスの一部として私たちの肉体と魂はより高い振動数へと上昇し加速することがあるのだということでした。
 
意識が拡大し光が満ちてくると、私たちの霊的な神経システムで電気が加速します、そのような衝撃を与えることで身体と魂の振動数を高めるのです。意識が電気的になってきますと、
身体と魂はそれだけのエネルギーを保持するために調整される必要性が出てきます。
 
その調整を、ショック的に感じたり時には「地震のように」などと表現されるわけです。アセンションのプロセスが完了するまでこれは定期的に起きます。この体験を「クイックニング」と言います。
 
恐らく、皆さんの中にはアセンションがよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。真のアセンションとは、観念以上のものです。まずクイックニングから始まります。身体が炎のように感じられたり、全細胞で電流が振動するのを感じます。クイックニングが起こる度に、身体の振動数が以前に増して高いレベルへと上昇します。私たちは、まさにより電気的に、すなわち、より「気」に満ちてくる、という状態になります。こういったクイックニングが何度も起きると、身体は膨大な量の気を光として蓄えておけるようになります。
 
次のステップは、全細胞を光のスピードまで加速させることです。これをアセンションと言います。真のアセンションが起こると身体はもう物質的な肉体ではなくなります。身体がライトボディへと変容します。ライトボディは永久不変です。死はなく、永久的なエネルギーと生命力があります。決して疲労することはありません!ライトボディはまた、重さ、重力、質量がありません。三次元における現実での肉体的な障害から完全に解き放たれています。
 
クイックニングは、全世界で多くの人々に起きています。フルフィルメント瞑想の実践者たちの多くが瞑想中や瞑想後に電気的な感覚を得始めています。それは時に、脊椎に点火する電光ように強烈に感じられたり、または肌全体がチクチクするような穏やかな感覚であったりします。
 
このような感覚があったならば啓発やアセンションへ向けて急速に動いているという事になります。あなたが待ち望んだ日はさほど遠くはありません。
 
ボブ・フイックス氏の「Speaking from Ku」からの部分転載です。結構人気のあるサイトです。訪問する価値はありますよ。(^_^)/
-----------------------------------------------------------------------------
 
「あなた方が自分自身にかけた制限をひとつずつ打ち破るにつれて、あなた方は新しい人間になるというのではなく、本来の自分を思い出し、一歩ずつ故郷に近づいていきます。制限を打ち破るごとに今生で忘れていたことをデジャヴのように思い出すことができます。それらの記憶がパズルのピースのごとく隙間を埋め尽くし、やがて本来のあなたの全貌が見えてきます」
 
自分自身にかけた制限をひとつずつ打ち破ることは本当の自分に戻るプロセスです。意識の拡大でもあります。これがアセンションプロセスです。
 
「・・・あなたのエゴマインドは、制限を乗り越えることをいやがり、問題や苦境は自分が引き寄せたのではなく、他人や周りの世界のせいにして逃げ腰になりがちです」
 
エゴは自分を守る為に現状維持を保つのです。我々はエゴを超越しなければなりません。
 
「周波数を上げる」とは次元上昇の基本で自意識と感情に深くかかわっているので、自分にかけた制限を破ることなのです。その時に桁外れに自分の振動数は上昇します。自らの制限を克服したときのセンセーション(感覚)として、エネルギッシュな自分が感じられるようですね。
 
逆に「周波数を下げる」のは、他を批判したり、今までの自分を維持しようとするエゴによって起きます。
 
「・・・2017年は実にチャレンジの多い年であることは、半ばほど過ぎた今となって皆さん誰もが自覚していることでしょう」
 
今の混沌とした世界の現状を知る限り、これにはほとんどの方が同意されることと思います。(^_^)
 
「・・・あなた方が時間の本質を見破る力が増しています。タイムトラベルにしても、パラレル次元にしても、まずは時間の本質を見抜くことから可能となります」
 
「時間の本質を見抜く」とは興味深いテーマですが、「時間」そのものが、我々の時空間パラメータであると知れば、意外とシンプルなのかも知れませんね。
 
(^_^;) エエィ ワカラン。
 
「一年前のあなたを思い出してください。ちょっとしたことでオドオドしていたのに、今ではそれが滑稽に思えるほどあなたはシフトできたのです!ですから、どうか安心してください。こういったことのすべてが、宇宙の計画通りに進んでいるのでどうか深遠な宇宙の計画を信頼してください」
 
つまり、一皮むけたのです。(^_^)
 
「これからは自らのフリクエンシーを上げることのみフォーカスし続けてください!あともう少しの間だけです。あとはオートパイロット式にあなたは上昇し続けます」
 
<(^_^) イエッサー。
 
∞  読むと元気になり、そしてワク ワクしてくるメッセージです。(^_^;) ホンマヤデ。
 
 
 

マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ
2017年5月12日
 
 
ネガティブな勢力は地下の隠れ基地から追い出されつつあり、もはや世界的な支配を維持する事ができなくなっているようです。彼らが人類に対して脅威でなくなるまで浄化は続きますが、光の勢力の支配力が強くなっています。闇の影響力がみなさんの受け取るニュースなどに及ばなくなり、真実のニュースが聞けるようになるのは、もはや時間の問題です。今のところ、みなさんはインターネットの情報を吟味しながら多くの偽のウェブサイトの中から真実を探し出さなくてはなりません。しかしながら、信頼できるサイトを既に見つけていらしゃる方は、もう既に本当は何が起きているかが何となく分かっていると思います。
 
今は多くのニュースが正式発表を待っており、ここ70年間の間に起きてきた事の中で隠蔽されてきた事柄が明らかにされます。一般の方々は、こんなにも長い間真実が隠されていた事を知って、驚くというよりはショックを受けるでしょう。イルミナティ―はみなさんが進化するのを阻止し、同時にみなさんのお金を“盗み”つつ彼らの莫大な秘密プロジェクトに充ててきました。みなさんの生活をただちに向上させるのは、フリーエネルギーだけではなく、食べ物を複製するリプリケーターなどの最新技術も待ち受けています。この二つの技術によって、人々は貧困と飢餓から抜け出す事ができます。そんなのまだ先の話しだと落ち込む必要はありません。こういったみなさんの役に立つ変化が導入されるまで、そう長くはかかりませんし、そうなったら光が完全に力を掌握したとみなさんは分かるでしょう。
 
イルミナティ―は容赦なくその力にしがみつこうとしていますが、もはや勝敗は明らかです。多くのプロセスが加速する中、多くの有益なプロジェクトが進んでおり、その発表の為の準備が着々と進められています。みなさんの主要な時間軸は強く、アセンションへと向かっており、その完全な実現を止められるものは何もない事が確認されています。今年の年末の前には、主要なイベントの発表と実現がある事がほぼ確実となっています。当然ながら、敏速に成果が出始めており、それによって光の勢力は早急にその目的を達成できるようになる予定です。
 
その間、新しいエネルギーが落ち着くまでは混乱が巻き起こりがちで、世界中でカオスな出来事が起きています。その中で調整が行われていますが、低いエネルギーは今上昇しなければ、新しいレベルにおいては居場所がありませんし、存在できません。みなさんは敏速にそのターニングポイントに近付いてきており、ここからは明るく平和な未来が待ち受けています。バイブレーションを上昇させる事ができない魂たちは不安定になったり、今起きている事を理解できず、受け入れる事ができないかもしれません。彼らの思考回路はこの変化の背景を理解できないというより、むしろ関心が無いと言った方が正しいのかもしれません。しかしながら、彼らの求めるものは随時用意され、適切な時に更に進化を続ける為の新しい道へと移行します。
 
みなさんと同じ理解のレベルに到達していない方々を心配する必要はありません。全ての存在が、それぞれ居るべき場所にいて、それ以外の道はあり得ないのです。何故なら、それは個々のバイブレーションによって忠実に決められているからです。ですから、全ての魂はそれぞれのペースで進化ができるよう、自分にピッタリ合う場所に絶対居る事になっているのです。自分の進化を通してレベルアップする事をせず、準備も出来ていないのに無理に高いレベルへ行っても得るものは無いし、意味もありません。地球は様々な難しいチャレンジを提供してきますが、これこそがアセンションに向けた旅における成功への道のりなのです。繰り返しになりますが、あなたが乗り越えられないタスクを与えられる事はありません。
 
実際、あなたの毎日の生活の中にはどんなに小さな事でも、あなたのバイブレーションを上昇させる為の機会が与えられています。みなさんの課題は、そういった小さな上昇を積み重ね、維持し、更に上に上昇し続ける事です。時に小さな事が人にとって、とても大きな意味を持つ事があります。例えば、何気ない優しい一言とか、ちょっとした手助けなど些細な事でも、自分には価値があり、必要とされていると実感できたりするものです。良い事をするには、通常何のコストもかかりませんが、時には必要としている人に幾らか与えるのも可能ですし、この様な形で人が助け合えば貧困などすぐに無くなります。富を分かち合う事の欠如や、イルミナティ―の活動の影響で、世界の富はごく少数のマイノリティーの手の内に握られています。そんな中、何百万もの人々が生きるのもギリギリな生活で必要最低限のものすら持っていません。こういった状況はもう間もなく変わりますし、通貨の再評価によって平等な富の分配が行われるようになるでしょう。
 
人類とは、非常に厳しい文明の中で成長した強い存在たちです。多くの方はその目的に従事し、やってくる障害を乗り越える強い意志を持っていたからこそ、成功を収める事ができたのです。その進展は早く、人類の全ての経験が全体にとって有益となりました。中には自分が生きる現実の真実を掴み切れず、何度も何度も生まれ変わっては学びを続けた方もいます。手助けは常に与えられますが、押し付けられる事は決してありません。覚えておいてください、自由意志とは神聖なる権利であり、全ての魂が尊重されるべきものなのです。もし、それが無視されれば非常に遺憾で、そういう行動を行った人物はその結果としてカルマを背負い、その教訓を学ぶ事になります。
 
非常に近い関係や、家族などの繋がりに関しては、サイクルの終わりにまつわるどんな変化にも関わらず、一般的にはその関係は続きます。そういった繋がりは過去生を見れば、転生の度にそれぞれが役割を入れ替わり立ち代わり演じ、協力し合いながら共に進化しているのが分かります。転生の度に性別は変わるので、何度も転生しているうちにバランスが維持できるようになります。その際は、当然カルマが絡む事もあります。みなさんの進化を見守っている高度な存在たちは、全体像が見えているので、全ての事を完全に把握できています。ですので、様々なイベントがどのように起きて、あなたにどのように見えたとしても、完全にコントロールされて起きている事がお分かり頂けると思います。自由意志はもちろん尊重されていますが、それはそれぞれの人の人生プランに組み込まれる形で満たされるので、全体の進化という大きなプランには影響を与えません。
 
どうか、目の前のゴールにしっかりと意識を向けて、周りで起きている事に邪魔される事無く、確実に進んでください。サイクルも終わりに近付き、あなたはもう故郷のすぐそばにいるという事を胸に抱いていれば、実りある結果を迎えるべく必要な力が得られるでしょう。どのような祝賀が行われるでしょうか、全てがうまくいく事が確実で、もうネガティブな勢力に邪魔される事が無いと分かるという事はどんなに嬉しい事でしょうか。
 
迷っている人たち、又は何か大きな変化を恐れている人たちを助ける機会があるとしたら、どうか彼らを詳細な情報で圧倒させる事なく、彼らが理解できる範囲のみで教えてあげるようにしてください。通常、人とは変化に敏感ですので、何かが起きている事は分かっていても、それを理解できないという事があります。伝える必要のある事は、これから起きる変化とは良い方向への変化であり、恐れる必要は何も無いという事です。人類の未来は信頼のおける存在たちの手に掌握されています。そして、地球が浄化を終えリニューアルされたら、新しい時代の始まりです。
 
このメッセージは私のハイヤーセルフから来ており、愛と光のエネルギーを含んでいます。
マイク・クインシー
 
Website: Tree of the Golden Light

-----------------------------------------------------------------------------
友人のみなさん、こんにちは。僕はこれから2週間お休みを頂きますので、次のメッセージは6月2日になります。いつも通り、イギリスの西部にある美しいデヴォンという町にいる二人の息子に会いに行きます。リラックスした休暇が取れる事を楽しみにしています。今年の残りは非常に興味深い事になりそうですね。そして年末前には既に最初の重要な発表がされているでしょう。素晴らしい夏をお迎えください-愛と光を込めて。
マイク・クインシー
-----------------------------------------------------------------------------
 
訳:JUN ライトワーカー  NEW!2017-05-14 21:09:37
 

∞  「ネガティブな勢力は地下の隠れ基地から追い出されつつあり、もはや世界的な支配を維持する事ができなくなっているようです。彼らが人類に対して脅威でなくなるまで浄化は続きますが、光の勢力の支配力が強くなっています。闇の影響力がみなさんの受け取るニュースなどに及ばなくなり、真実のニュースが聞けるようになるのは、もはや時間の問題です。今のところ、みなさんはインターネットの情報を吟味しながら多くの偽のウェブサイトの中から真実を探し出さなくてはなりません。しかしながら、信頼できるサイトを既に見つけていらしゃる方は、もう既に本当は何が起きているかが何となく分かっていると思います」
 
コズミックディスクロージャーのコーリー・グッド氏のインサイダー情報によると、SSP絡みも含めてドラコや爬虫類型ETのレプティリアンや昆虫型ET等他、あらゆるETグループが地下や海底下にいわゆる基地のようなものを持っているので、今これらのネガティブな勢力の浄化が行われているようです。このまま闇さん達の排除が進むと彼等のマススメディアへの影響力が低下するので抑圧されていた真実の情報が表に出てくることになります。また地底にはアセンデッド・マスター達やアガルタ王国などポジティブな勢力も多く、その多くは光側とみられています。
 
今に限ったことではありませんが、インターネット上の偽情報は多いでしょうね。でも発信元が明確に確認出来て長期に渡り、情報を発信しているならば、闇さん達の介入が無い限りに於いて真実の情報とみなされるでしょう。例えば、シェルダン・ナイドル氏やマイク・クエンシー氏、そしてブロッサム・グッドチャイルド氏らによるチャネリング記事ですね。それとコズミックディスクロージャーシリーズのイコーリーグッド氏によるインサイダー情報は彼が匿名ではなく本人自身が表に出ていますから信頼できますね。(^_^)/
 
「今は多くのニュースが正式発表を待っており、ここ70年間の間に起きてきた事の中で隠蔽されてきた事柄が明らかにされます。一般の方々は、こんなにも長い間真実が隠されていた事を知って、驚くというよりはショックを受けるでしょう。イルミナティ―はみなさんが進化するのを阻止し、同時にみなさんのお金を“盗み”つつ彼らの莫大な秘密プロジェクトに充ててきました。みなさんの生活をただちに向上させるのは、フリーエネルギーだけではなく、食べ物を複製するリプリケーターなどの最新技術も待ち受けています。この二つの技術によって、人々は貧困と飢餓から抜け出す事ができます。そんなのまだ先の話しだと落ち込む必要はありません。こういったみなさんの役に立つ変化が導入されるまで、そう長くはかかりませんし、そうなったら光が完全に力を掌握したとみなさんは分かるでしょう」
 
闇さん達がいくら頑張っても、彼等の思い描く世界はまもなく消滅し、彼等の秘密プロジェクトも完全に解体されるでしょう。変わって一連のイベントを経て光に満ちあふれる新時代が到来します。今まで闇さん達によって隠蔽されていた、地球発の先進技術の開示によるその応用は、我々の社会構造やその基盤をも大きく変えていきますから、我々の暮らし向きは我々の思っている以上に格段に向上します。さらに、ディクロジャーにより、ETさん達との直接コミニュケーションや宇宙へ進出して太陽系内の諸惑星への観光旅行、そして他の星系への宇宙旅行が現実のものとなります。(^_^)♪
 
「イルミナティ―は容赦なくその力にしがみつこうとしていますが、もはや勝敗は明らかです。多くのプロセスが加速する中、多くの有益なプロジェクトが進んでおり、その発表の為の準備が着々と進められています。みなさんの主要な時間軸は強く、アセンションへと向かっており、その完全な実現を止められるものは何もない事が確認されています。今年の年末の前には、主要なイベントの発表と実現がある事がほぼ確実となっています。当然ながら、敏速に成果が出始めており、それによって光の勢力は早急にその目的を達成できるようになる予定です」
 
“主要な時間軸は強く、アセンションへと向かっており、その完全な実現を止められるものは何もない事が確認されている”
 
これは、非常に喜ばしいことです。つまり、我々の今いるタイムラインは確実にアセンションできると完全保証していますからね。現時点で有益なプロジェクトとして進行中のものは繁栄パッケージ資金配布、RV、GCRの宣言と実行準備、新統治体の立ち上げ等でしょうか。
 
“今年の年末の前には、主要なイベントの発表と実現がある事がほぼ確実となっている”
 
ほぼ確実で100%でないのは、我々に自由意思があるからですが、ここ半年以内で主要なイベントが起きるとは、例の繁栄パッケージ資金配布に続く一連のイベントですから、それが実現すれば100%確実になるでしょう。但し、プレアデス艦隊によるプラズマトップレット爆弾対策の進展次第にもよりますが。(^_^)
 
「その間、新しいエネルギーが落ち着くまでは混乱が巻き起こりがちで、世界中でカオスな出来事が起きています。その中で調整が行われていますが、低いエネルギーは今上昇しなければ、新しいレベルにおいては居場所がありませんし、存在できません。みなさんは敏速にそのターニングポイントに近付いてきており、ここからは明るく平和な未来が待ち受けています。バイブレーションを上昇させる事ができない魂たちは不安定になったり、今起きている事を理解できず、受け入れる事ができないかもしれません。彼らの思考回路はこの変化の背景を理解できないというより、むしろ関心が無いと言った方が正しいのかもしれません。しかしながら、彼らの求めるものは随時用意され、適切な時に更に進化を続ける為の新しい道へと移行します」
 
我々はターニングポイント(分岐点)に近づいています。もしあなたがアセンションを望むなら、ネガティブ事象に囚われないように常にポジティブ思考で自分の振動数を上昇させ続けて下さい。低振動数のままだと“明るく平和な未来”へ行くことはできません。反対にアセンションや今起きている事の背景に関心を持たず、また自分の振動数を上昇させなければ、銀河辺境に存在する三次元低振動の地球と同様な状態にある別な惑星に移動して、新たな進化の体験を続けることになります。但し、アセンションに関心がなくても自分の振動数を上昇させ続けている人は、自然にアセンションします。(^_^)♪
 
「みなさんと同じ理解のレベルに到達していない方々を心配する必要はありません。全ての存在が、それぞれ居るべき場所にいて、それ以外の道はあり得ないのです。何故なら、それは個々のバイブレーションによって忠実に決められているからです。ですから、全ての魂はそれぞれのペースで進化ができるよう、自分にピッタリ合う場所に絶対居る事になっているのです。自分の進化を通してレベルアップする事をせず、準備も出来ていないのに無理に高いレベルへ行っても得るものは無いし、意味もありません。地球は様々な難しいチャレンジを提供してきますが、これこそがアセンションに向けた旅における成功への道のりなのです。繰り返しになりますが、あなたが乗り越えられないタスクを与えられる事はありません」
 
“全ての存在が、それぞれ居るべき場所にいて、それ以外の道はあり得ないのです”
 
全ての人々はそれぞれに固有振動数を持っているので、自分の振動数と共振するグループに自然と引き寄せられます。ですから、もし自分の固有振動数をグループの振動域より上昇或いは下降させると、そのグループから離れて自分の振動数に共振する新たなグループに引き寄せられるということです。
 
「実際、あなたの毎日の生活の中にはどんなに小さな事でも、あなたのバイブレーションを上昇させる為の機会が与えられています。みなさんの課題は、そういった小さな上昇を積み重ね、維持し、更に上に上昇し続ける事です。時に小さな事が人にとって、とても大きな意味を持つ事があります。例えば、何気ない優しい一言とか、ちょっとした手助けなど些細な事でも、自分には価値があり、必要とされていると実感できたりするものです。良い事をするには、通常何のコストもかかりませんが、時には必要としている人に幾らか与えるのも可能ですし、この様な形で人が助け合えば貧困などすぐに無くなります。富を分かち合う事の欠如や、イルミナティ―の活動の影響で、世界の富はごく少数のマイノリティーの手の内に握られています。そんな中、何百万もの人々が生きるのもギリギリな生活で必要最低限のものすら持っていません。こういった状況はもう間もなく変わりますし、通貨の再評価によって平等な富の分配が行われるようになるでしょう」
 
“毎日の生活の中にはどんなに小さな事でも、あなたのバイブレーションを上昇させる為の機会が与えられています”
 
つまり、「♡」が喜ぶことなら、なんでも実践することです。それが相手に対しても自分に対してもできるのです。その他大勢の人にも、動物にも、すべての生命体にもです。これこそが我々の目指す新しい世界です。無償の愛の世界なのです。
 
(^_^;)> テレテレ ナンヨ。
 
「人類とは、非常に厳しい文明の中で成長した強い存在たちです。多くの方はその目的に従事し、やってくる障害を乗り越える強い意志を持っていたからこそ、成功を収める事ができたのです。その進展は早く、人類の全ての経験が全体にとって有益となりました。中には自分が生きる現実の真実を掴み切れず、何度も何度も生まれ変わっては学びを続けた方もいます。手助けは常に与えられますが、押し付けられる事は決してありません。覚えておいてください、自由意志とは神聖なる権利であり、全ての魂が尊重されるべきものなのです。もし、それが無視されれば非常に遺憾で、そういう行動を行った人物はその結果としてカルマを背負い、その教訓を学ぶ事になります」
 
“人類とは非常に厳しい文明の中で成長した強い存在たちです。多くの方はその目的に従事し、やってくる障害を乗り越える強い意志を持っていたからこそ成功を収める事ができた”
 
人類は創造主族ですから、それなりの資質を持っていたと言うことでしょうか。そう言えば、この大宇宙にはヒューマンタイプが多い(cobraから?)という情報もあるので、もしかしたら我々人類が創造主の創造したプロトタイプだとしたら、ETさん達が我々の遺伝子に興味を持ち、我々の遺伝子の研究やその改造を頻繁に行なう理由なのかも知れませんね。
 
(^_^;) コレ ハ アクマデ モ ワテ ノ スイロンヤ ムシ シテ ケレ。
 
“自由意志は神聖なる権利であり、全ての魂が尊重されるべきものである”
 
この権利を侵すとカルマを背負い、その教訓を学ぶ事になるのであれば、闇さん達は多くのカルマ背負っていることになりますね。
 
(-_-;) ヤミチャン ガンバリヤ。
 
「非常に近い関係や、家族などの繋がりに関しては、サイクルの終わりにまつわるどんな変化にも関わらず、一般的にはその関係は続きます。そういった繋がりは過去生を見れば、転生の度にそれぞれが役割を入れ替わり立ち代わり演じ、協力し合いながら共に進化しているのが分かります。転生の度に性別は変わるので、何度も転生しているうちにバランスが維持できるようになります。その際は、当然カルマが絡む事もあります。みなさんの進化を見守っている高度な存在たちは、全体像が見えているので、全ての事を完全に把握できています。ですので、様々なイベントがどのように起きて、あなたにどのように見えたとしても、完全にコントロールされて起きている事がお分かり頂けると思います。自由意志はもちろん尊重されていますが、それはそれぞれの人の人生プランに組み込まれる形で満たされるので、全体の進化という大きなプランには影響を与えません」
 
ファミリーや、非常に親しい間柄であれば、その関係はアセンション移行後も続くようです。例え、振動数が違ってもお互いの通信はいつでも可能です。つまり、転生サイクルにおいて切っても切れない繫がりができているということでしょうか。
 
(^_^) カンゼン ニ コンロール サレトンノヤ。
 
「どうか、目の前のゴールにしっかりと意識を向けて、周りで起きている事に邪魔される事無く、確実に進んでください。サイクルも終わりに近付き、あなたはもう故郷のすぐそばにいるという事を胸に抱いていれば、実りある結果を迎えるべく必要な力が得られるでしょう。どのような祝賀が行われるでしょうか、全てがうまくいく事が確実で、もうネガティブな勢力に邪魔される事が無いと分かるという事はどんなに嬉しい事でしょうか」
 
我々の未来は我々が創造しているのですから、当然望むべき未来をイメージし続ける必要があります。ただそれだけです。
 
(^_^;) ショウリャク シタンヨ。
 
「迷っている人たち、又は何か大きな変化を恐れている人たちを助ける機会があるとしたら、どうか彼らを詳細な情報で圧倒させる事なく、彼らが理解できる範囲のみで教えてあげるようにしてください。通常、人とは変化に敏感ですので、何かが起きている事は分かっていても、それを理解できないという事があります。伝える必要のある事は、これから起きる変化とは良い方向への変化であり、恐れる必要は何も無いという事です。人類の未来は信頼のおける存在たちの手に掌握されています。そして、地球が浄化を終えリニューアルされたら、新しい時代の始まりです」
 
”彼らを詳細な情報で圧倒させる事なく、彼らが理解できる範囲のみで教えてあげること”
 
のっけから、多くの情報を伝えたしても、それを短い期間で全て消化できる訳ではありません。拒否されるのが落ちでしょう。
 
ですから伝える必要のある事は、
 
“これから起きる変化とは良い方向への変化であり、恐れる必要は何も無い”
 
だけで十分ですが、でも相手がもっと知りたいと言うのなら、それに答えてあげましょう。
(^_^)♪
 
“地球が浄化を終えリニューアルされたら、新しい時代の始まりです”
 
このフレーズ、ちょっと引っかかります。地球の浄化がどのレベル迄なのか、また、リニューアルならテラフォーミング規模になると思いますが、それはETさん達とのコラボですから、新時代になってからのはずです。
 
(-_-;) ウーム。