イヌネコ未来

日々の犬猫との暮らしや保護活動などを通して、犬猫の未来を考えるブログです。


テーマ:

こんにちは。

朝の冷え込みがだいぶ厳しくなってきましたね。


年末でお忙しい方も多いかと思いますが、

そんな中我が家では自宅の水道管が破裂しました…。




出勤20分くらい前に自宅で夫が寛いでいると、

シューという謎の音がしたそうな。

なんだろうと見渡すと水道管から水が漏れている!

驚いて抑えると今度は管が腐食していたようで、

ボロッと外れてさらに大量の水が(@Д@;


あっという間に下の階の犬のお店にまで浸水してしまいました。

にも関わらず私が帰宅した時には、

なんと被害にあったお店のスタッフさんが我が家の浸水した水を一緒に搔き出して下さってました。


ペットシーツを大量に分けて頂いたり、トイレをお借りしたり、お昼までご馳走になる始末…。

皆様、本当にありがとうございます。



現在空いていた上階に避難中ですが、

暖房はないし、生活用品はズブ濡れだしで、

私は最悪なことにこのタイミングで風邪をこじらせてしまい、

強制的に実家に送還。

さよーならー。




これも厄年女の私の責任でしょうか…。

年女、本厄だと、どうやらただでは今年を終わらせてもらえないようです。


ちなみに全ての犬たちを夫に任せるのは大負担なので、

同行可能なメンバーとしてゴンタ君とピノちゃんを選抜。


ピノちゃん、実家は初めてなので当日は警戒吠えしまくっていましたが、

家の中をゆっくり確認させて、両親には接触の順序をお願いしたら、

翌日にはだいぶ慣れてきたようです。


段階を踏むことは大切ですね。

犬もいきなりでは怖くて当然ですから。


またピノの性格や、決して良くはないですが保護されるまでの環境が、

ある意味順応性の高さに繋がっているのかもしれません。




今の我が家だと引越しやらバタバタするので、

このまましばらく預けるかもしれません。


本人も新たな環境に慣れてきて、

少しずつ寛ぐようになりました↑



なんとか年末までにはホッと一息つけるようにはなりたいと思います。

明日のオビディエンス会は問題なく開催しますので、

よろしくお願い致します!







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

【dog luckよりお知らせ】



急遽ではありますが、

20日(日)に今年最後のオビディエンス会を開催致します。


それぞれの犬たちの状態を見ながら、

他犬たちと一緒にトレーニングをしていきましょう!


寒くなってきましたので、

暖かい恰好でご参加下さいませ。


お待ちしております!





【日時】

12月20日(日) 10時~



【場所】

江戸川区某所



【参加費】

1組3,500円



【担当トレーナー】

星野 貴大



【お問い合せ】

doglucktrainers@gmail.com   (担当:星野陽子)




======================================================================================



またまた久しぶりの更新になってしまいました。


わたくし事ですが、

現在妊娠8ヶ月でしてトレーナー業は休業中。


すでに既存のお客様には、

代表の星野に引き継ぎをしたり、ありがたいことにお待ち頂いております。

皆様、ありがとうございます。



初期はだいぶつわりにやられておりまして、

やっと落ち着いたかと思ったら最近は体が重くなり動きが鈍くなりました…。

歩き方が星野曰く【ペンギン】らしいです。


でも彼ら↓にはそんなの関係無し!




やはり私も以前のようにはいかず、

運動量が落ちているので確実に彼らのストレスも増えています。

それが分かるからこそ辛い所。


飼い主側の環境などが変われば、

必ず犬たちにも良くも悪くも影響が出てきます。


サインを見逃さないことは大切ですね。

そして人と犬との最適なポイントを見つけること。


まあそれが一番難しいのですが…。


私もトレーナとは言え、

妊娠中の現在は発狂寸前の時もあります(笑)

もちろんそれが良いとは言いませんが、

経験がないからこそ、そしてどうしたら良いか分からない、

または迷っているからこそそんな感情的な状態になるんですよね。


ここでそれを流してしまわずに、

どうしたら良いかを考えていかなくては犬たちとの距離も離れる一方です。


これは状況は違えど、

犬と暮らす皆さんにも共通するところがあるのではないでしょうか?



犬など動物たちから学ぶことは本当に沢山。

私もこの経験を今後に活かせるように、

目の前の問題を少しずつクリアにしていきたいものです。




↑寝てれば天使、起きるとウザ天使なゴンタ君…。


確実に運動量は落ちているのに、

散歩時はそれは嬉しそうにしてくれる。


そんなキラキラな目で見つめられると、

『どうせあまり時間とれないし、申し訳ないなー』なんて、

考えてもしょうがない事を思ってしまう日々です。





なんて思っていたら、

ルドルフにアゴを乗せる空気が読めないゴンタ君。

(注:怒っても理解しないのでルゥは諦めております)


うん、君はいっか別に…。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

かれこれ2ヶ月振りの更新。

まだ生きております、イヌネコ未来…(笑)


ここ数ヶ月、体調優れずで中々パソコンに向かう気にもなれず、

アナログ生活を満喫しておりました。

自分の意見を語るブログの存在自体にも疑問を感じていた時なので、

より離れていたのかも…。


そんな中でも日々起こる犬猫に関わるニュースや出来事など。


やっぱり書きます。

言わせて下さい。


なのでまたポチポチ書きはじめます。

よろしければ今後もお付き合いを。





今日書こうと思ったきっかけは、

先ほどとあるニュースを読んだからでもあります。

まだ速報で詳細は分からないので、

今後違うことが出てくるかもしれないことはご了承下さいませ。



【犬が飼い主に襲いかかり警官に射殺】されたそうです。


これ、日本です。

千葉です。


最初読んだ時、外国の記事かと思いましたよ。


日本の警官が13発も発砲なんて、あまりないですからね。


さて現状出されている情報を読んでみると、

犬は紀州犬で、飼い主と散歩中?に通行人の女性の腕に咬みついたようです。

そしてその後、飼い主に馬乗りになっている所を、

通報を受けた警官が到着。


その場の状況から止めるのは不可能と考え、

13発発砲して射殺したとのこと。

現時点で警察は銃の使用は適切だとの見解を示しています。




さらに、このニュースに対しては意見が真っ二つに分かれるでしょう。

まず一つは【そこまでする必要があったのか?犬がかわいそう】という意見。

もう一つは【襲われたことない奴は分からない。被害者の気持ちを考えたら判断は妥当】という意見です。


案の定、ネット記事のコメント欄の意見もほぼこの2つに分かれていました。



私はいつもこういった意見を聞くと正直嫌になります。

だって誰も犬の立場からの意見を言えていないから。



まず飼い主さんは70歳代。

紀州犬などの和犬は年配の方が好む傾向にはありますが、

紀州犬はとても気性の強い犬であり、イノシシをも仕留める強い本能を持ち合わせています。

つまりは扱いは決して楽ではない犬ということ。

飼い主の技量が必要な犬なのです。


ここからはあくまで想像でしか書けませんが、

散歩中に通行人に攻撃をしたことからも、

飼い主との関係がきちんと築かれていたとは思えません。

紀州犬を飼う上で必用とされることをしていなかったのではないか?

と思わずにはいられないのです。


そして興奮した犬を抑えられず、

逆に馬乗りにされる飼い主。

ここも問題です。


現状の自分が犬に提供できる環境、時間、お金などなど。

こういった部分の判断が客観的にできていない方が、

残念ながら非常に多いのが現状です。


見た目強そうだから。(これは比較的男性に多いですね)

珍しい犬種だから。

みんな飼っている犬種だから。




このような考えから犬を迎えると最終的には犬はもちろん、飼い主も不幸になります。

その犬たちに必要とされる最低限の部分もクリアできないことから、

犬たちに問題行動が起こる。問題行動とはそもそも人間目線のものですからね。

そして犬たちへの愛情が薄れたり、

歪んだ愛情(例えば、自分が可愛がりたい時だけ可愛がるなど…)を与えるようになってしまいます。


咬まれた女性はそれは怖かったことでしょう。

こういった事から犬が嫌いな方が増えていくのです。

でもこれはそもそも犬のせいなのでしょうか?


皆が犬が大好きな訳ではありません。

嫌いな人の中には過去に咬まれたなどの人もいるでしょう。

でもそこには必ず理由もあるのです。

必要なのは飼い主の管理。


そして両方に必要なのは、いえ日本社会全体に必要なのは、

もっと犬を知り、犬を理解することだと思うのです。




私はこういった問題は、

そもそも犬を犬として見ていない、犬たちの目線から見れていないことから

起こることだと思っています。


今回の事件も同じ。

この紀州犬の持つ犬種特性を理解し、さらにこの犬の持つ性格を理解し、

きちんと必要とされることを飼い主が行っていれば、

こんな最後を遂げることはなかったのです。



上記で書いた代表とされる2つの意見。

【かわいそう】だ、というものと【仕方ない】という意見。

これも結局は私たち人間の犬に対する見解の未熟さゆえの意見だと私は思っています。


いつもこういった意見が出ますが、

大切なのはどちらが正しいか?

などではないのです。


犬を迎えて、共に暮らすことが社会に根付いている今、

私たちに必要なのは犬を犬として理解し、学ぶこと。

そして自らの技量をきちんと見極めることです。


命を扱うのです。

軽く考えてはいけないと思います。

そして人間同士の人間目線だけの議論に時間を費やすのではなく、

犬について知り、犬を理解して、

今後このような事が起きないようにしていくためには何が必要かを考え、実行していくことです。


それが何より犬たちの未来に繋がるのではないでしょうか?





とりあえず今日は早く我が家の犬猫たちに会いたい、

そんな気分であります。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。