カンナミの徒然日記

貧脚ロード乗りな学生がくだらないこと書いていきます。


テーマ:
どうも!

引き続き書いていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うどんコールで鼻息荒い3人ではあったが、乗りなれない飛行機に興奮し本でも読みながらといいつつコラム3つばかりを読んだところで高松空港についてしまった。

この時のために前日に自転車のペダルを踏みしめ、脚にムチを入れはるばる彼方(往復1.5km)の古本屋まで行って旅でありうどんでアレばこの人と言わんばかりの椎名誠さんの本を買い込み(1冊100円でした)長時間(1時間半)の飛行に備えていたのだが大したことはない。

窓の外を見ながらあそこはどこだ!?あれは何だ!?カメラだ!カメラだ写真をとれ!俺は酔ったんだ!と大騒ぎしていたのだから本など読む時間は無いのは当然のことである。

そんなこんなで高松空港についたのだ。

そううどんの地に足をつけたのだ!

うどんだ!うどんだ!と鼻息荒い3人ではあるがそこは相手は天下に名を轟かす讃岐の国「うどん県」。

湯なんぞもう沸かしておる!麺は茹でたて!貴様らが遅いのだ!と言わんばかりに猛烈なお出迎えをしてくれる。





なんと預けた荷物の排出口にはのれんがかかり、回るレーンの中央にはうどんがそびえ立っているのだ!

貴様らが食いたいのは釜玉か!?ぶっかけか!?それともかけうどんか!?てな塩梅である。

こんなお出迎えに心を良くした3人はもう鼻息だけで空も飛べる勢いだ。

うどんを食わせろ!食うったら食うのだ!と足音うるさく出口へ向かう。

ここでうどん県パスポートなるものを手に入れ、俺はうどんを食いに来たのだ!と正式に香川に宣言するわけである。



ここまで来ればうどんまであと一歩。

今回の相棒に会いに行く。

今回の相棒はこれである。



軽キャンと言われるものだ。

これが今回の足であり、今回の宿なのだ。

どの辺がアラスカだ?馬鹿野郎と言われてもしょうがない。

あんなデカイ奴借りられるわけがないのである。

それより何より四国の細い道では走れないのである。

腕を組んでそうだそうだと頷くよりほかないのである。

そんな相棒を借りる手続きにレンタカー屋の中へ入ると壁一面にうどん巡礼道しるべが記されている。

やっぱりここはうどん県なのだ!と再確認しながらこれまたうどんだうどんだと鼻息が荒くなるのはしょうがないことである。



さぁ、これから行くのは山越だ!さぁ、車の鍵をよこせ!エンジンをかけろ!と最高潮に盛り上がった3人の前に鳴る悲しきアラーム音。

クレジット決済がおりないのだ。

さらに5分かかりやっと決済が通ってもそこから説明が1時間あるというではないか!?

鼻息荒い3人は香川の地に降り立ってもいまだにうどんにありつけないのである。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。