のろまなカメの一人言 3

まわり道人生を歩む高齢出産母のブログ。でも、私は着実に歩むカメというより、時々怠けたり焦って走ったりのウサギに近いかも・・


テーマ:

3月は別れの季節ですね〜。

 

中学校でも、2年間お世話になり

親しくしてもらった先輩方が卒業し、

支援級が一気にさびしくなりました。

 

デイサービスでも

アイを担当してくれた職員さんが異動になりました。

(特に担当者を決めないデイもありますが、

 そこは1対1で担当者が決まっていて

 細かく個別面談などして

 とても親身になってくれるところなので…)

 

そして、3月末は

小学校中学校と2日続けて離任式でした。

 

中学校の方では、1年間お世話になった

カウンセラーの先生が異動でした。

私は直接お会いするのは初めてでしたが、

アイが1年間カウンセリングの時に描いた

絵やらいろんな落書きみたいなものを

全部一つに閉じて可愛い表紙までつけて

返してくださいました。

(アイは1年生の時の「問題行動」以来

 スクールカウンセラーの先生が

 月2・3回学校に来るたびに

 1時間面談することになっていました。

 アイはただおしゃべりしてお絵かきの時間、

 という感じで楽しんでいたようですが…)

 

IMG_6214.jpg

 

IMG_6215.jpg

 

 

そして小学校の方では、

「アイちゃんのいる教室」の

影の(いや、3年生編では影ではなくバリバリの)主役、

3年、5年、6年と担任だったN先生が

(本の中ではお名前も公表されていますがあせる

とうとう異動になり、

8年間で3度も卒業生を担当した先生だったので

たくさんの卒業生やその保護者が離任式に集まりました。

 

もちろん、アイたちの同級生もかなり来ていて、

アイも体育館に入るなり、さっさと私から離れて、

同級生たちのところに混じりました。

春休みの部活を少し遅れて行くことにして

中学校の体育着で来ている子も多かったです。

 

離任式が終わると、在校生や卒業生、

そして保護者や地域の人たちなどが

2列になって長い花道を作り、

離任される先生が一人ずつ

そこを通って体育館の出口まで行きます。

 

管理職の先生や事務の先生などは

割とさーっと通って行かれることが多いですが、

やはり担任をしていた先生などは

たくさんの生徒や保護者から

プレゼントをもらったり、言葉を交わしたりで

なかなか進みません。

ここで相当時間がかかります。

 

IMG_6213.JPG

 

↑ こんな感じ。

(N先生は本に登場しているのでいいかなと思い、

 お顔にボカシ入れていません。)

 

ところが、アイたちの同級生は、

離任式の途中に何やらコソコソ

伝言を回し始め、

何かやろうとしているな、とは思ったけど、

みんなが列を作り始めると、

一斉に体育館の外に出て行ってしまいました。

 

え?どこへ行ったの?と

あわてて追っかけようかと思ったけれど、

中学生のやることに親が入っていいものか

他の同級生のママたちと迷って、

そのまま体育館で様子を見ることにしました。

 

しばらくすると子どもたちが戻って来て、

体育館の入り口付近に列を作って待っていました。

 

IMG_6186.JPG

(みんな大きくなったね〜)

 

体育館の外に並んだのは、

離任する先生全員が体育館の中の列を通過しないと

小学生たちは解散にならないので

たぶん、小学生を長く待たせるのは悪いと

思ったのでしょう。

そういう配慮にも感心しました。

 

30分以上待った後、

ようやく最後に出て来たN先生とご対面。

 

IMG_6194.JPG

 

先生はすでに涙でビショビショ笑い泣き

(離任式の舞台上ですでに号泣だったN先生ですあせる

 

でもそれで終わりではありませんでした。

 

「N先生、このあと保健室で待っていてください」

「教室借りてあるんで、呼びに行きますから」

との声。

(なるほど、さっきどこかに行ったのは、

 教室を借りることを交渉しに行ったのだな)

 

そして子どもたちもゾロゾロ校舎内に移動。

少子化で予備の活動室がいくつかある小学校の

一つの部屋に入って行きました。

 

IMG_6206.JPG

 

黒板には

まるで卒業式のように

みんなでN先生への

メッセージが書いてありました。

 

そして準備が整うと先生を呼んで来て、

先生が教室に入ると

いきなりクラッカーがパンパンクラッカー

 

私たち親は教室の外にいたので

(ドアも閉まっていて窓からの撮影↓)

言葉は聞こえませんでしたが、

何か言葉を言った後に、

みんなで歌を歌い始めました。

レミオロメンの「3月9日」

卒業式の時に歌った歌です。

 

IMG_6199.JPG

 

 

♪瞳を閉じればあなたが

 瞼の裏にいることで

 どれほど強くなれただろう

 あなたにとって私も

 そうでありたい ♪

 

この歌は、私自身は卒業ソングとして

そこまで好きな歌ではなかったけれど

この日ばかりは、

その歌詞に込められた意味を

子どもたちが2年前よりもしっかりと

感じながら歌っている気がして

感動しちゃいました。

(卒業式の時よりも)

 

別々の中学校に分かれて

中学校でもクラスも部活も違って

もう2年間

バラバラな生活して来た子たちなのに、

ただでさえ歌なんて気恥ずかしい年頃なのに、

ちょっと集まってすぐに

こうしたことができてしまうことに

あのクラスの絆とパワーを

そして子どもたちの大きな成長を

改めて感じて、

胸がいっぱいになりました。

 

このクラスで小学校生活を過ごせたこと

本当に良かった。

N先生が全力で投げた球を

子どもたちがしっかり受け止めて

心に根付かせていることを

見ることができて嬉しかった。

 

クラスのメンバーも

本に顔と名前を載せてくれた子たちなので

顔出しちゃいます。

 

↓「アイちゃんのいる教室」2年後合格

 

IMG_6202.JPG

 

(男子は部活の練習試合とかで

 来られない子も半分いたけど。

 女子はほとんど全員集まりました。)

 

N先生、素敵なクラスを作ってくれて

本当にありがとうございました。

 

 

 

 


テーマ:

3月前半は

公私ともに大きなイベントを抱えて

それが終わるまで緊張感いっぱいでしたが、

両方終わった後、

ホッとしすぎて記憶がない…

 

「公」の方のイベントは

本当は1月にやるはずの

ダウン症の方の新成人を祝う会。

でも会場となるホールが改修工事のため

3月まで延期となり

年々内容が充実してきた分、

事前の打ち合わせや準備も増えました。

 

小さなハプニングはいくつかあったものの、

何とか会を無事終わることができ、

新成人のご家族にも喜んでもらえて

良かったなあと思います。

 

アイたちもオープニングのダンス頑張りました。

 

IMG_9254.JPG

 

月1回の練習ですが、

仲間との息も合ってきました。

とっておきの音楽祭にも出ますよ〜。

 

セレモニーでは

新成人お一人お一人の成長過程を

スライドショーで見ながら

ご家族の思い出や今のお気持ちを聞きます。

 

IMG_9316.JPG

 

アトラクションの方も年々参加者が増え

盛りだくさんな内容。

アイさんもピアノで出させていただきました。

 

B85O2372.jpg

曲はバッハのメヌエット。

 

実は、この日

母は会全体の準備の方に気を取られ、

アイのピアノのテキストを入れるの忘れて

現場で気づいて大慌て。

今まで暗譜で練習などしていなかったので

これは出場するのをやめた方がいいか、

とまで思い、軽いパニック。

 

でも、本番前にちょこっと弾かせてもらったら

何とか弾けそうだったので

イチかバチか

失敗して止まっても

みんな同じダウン症の仲間だから

温かく見守ってくれるだろうと

やってみることにしました。

 

というわけで、舞台裏の仕事もある中

アイのことが気になり、

プログラムめくりとか忘れていたり

ポカもしながら

今までで一番ドキドキハラハラで迎えた本番。

 

本番何とか無事弾き終えて

もうホント、今回ばかりは?心から

「あんたはエライっ!!」と

ほめました。

やはり何度も繰り返しやっていることは

体が覚えていてくれるんでしょうね。

 

(ちなみに「私」の方の大きな行事は

 前の回にも書きましたが

 義父の七回忌、義母の三回忌です。

 準備の方が大変でしたが

 終わった後も、

 今回はお香典だけくださった親戚もあって

 お礼状やらお返しやら、

 細かい雑事がいくつかありました)

 

その後1週間ぐらい

冒頭では「記憶がない」と書きましたが

気が抜けたのか、

いろいろ今後のこと

子どもたちのこと

考えているうちに

なんだか将来の不安と自己嫌悪の

負のスパイラルに陥っておりました。

珍しく?初めてくらい?に

ズル休みなんかしたりして。

 

でも、そんな時に

最近ひょんなことから繋がった

その名も「バリアフリーの会」と称する

(先月発足したばかり)

多士済々なメンバーに誘われ

Sonid del Viento

という民族楽器を使った音楽バンドの

プチ・コンサートに行って

 

IMG_6151.JPG

 

風のような、

ケーナなどの笛の音色や

倍音のような不思議な声の音楽に

涙を流し、浄化されて

心が癒されました。

 

そのコンサートはもともと

温泉地である秋保の里センターで

「ひなまつりコンサート」として

たくさんのお雛様の展示されている会場に

日替わりでいろんなミュージシャンが

演奏しているものだったので、

コンサート後はお雛様も見て来ました。

 

IMG_6141.JPG

 

これは「つりびな」

他に様々なおひな様の展示も。

 

IMG_6143.JPG

 

アイが手に持っているのは

会場のカフェになぜか置いてあった

「恋みくじ」を引いたもの。

最近恋愛ごとに関心が高いお年頃です。

 

↓「バリアフリーの会」メンバー 

(これで全員ではありません)

IMG_6183.JPG

 

重度の障害を持つ子のケアをしている母もいれば、

元看護師で今はチーズケーキ屋さん、

という方もいれば、

A型就労のカフェのお世話役の方もいたり

建築士でありながら大学で福祉を勉強している方など、

皆さんそれぞれにお仕事を持ち

いろんなところでご活躍中。

ご本人が車椅子で、お仕事されている方も

いらっしゃいます。

 

共通なのは、障害やら病気やら

何かしら困難さがあっても

楽しいことやってみよう、という好奇心と

どんな人をも受け入れる柔軟さ、

そして行動力。

(最後の行動力は、私には欠けるところだけど)

 

発足人は

「アイちゃんのいる教室」にも登場した

支援学校に通う”みゆうちゃん”というお友達のママ。

本当に多才でいろんなことやっていて

軽やかに人とのつながりを広げていく方で、

素敵な出会いに感謝です。

(同じ高倉記者に取材を受けていながら、

 個人的につながったのはごく最近なのです)

 

 

さて、最近のアイは、先ほども書きましたが

恋占いとか恋愛もの大好きで

思春期まっただ中です。

 

お手伝いをして貯めたお小遣いで

(お手伝いにお金を払うのは

 賛否両論あるとは思いますが、

 アイの場合は、お金の勉強も兼ねて 

 皿洗い1回につき10円貯金箱に入れて

 10円玉が10個たまったら100円玉に交換、

 100円玉が10個たまったら1000円札に交換、

 ということでやっています。)

 

とうとう2000円たまったので

 

IMG_6182.jpg

(大きなヤクルト風貯金箱)

 

大好きな星野源さんのCDを買いました。

 

IMG_6178.jpg

 

 

そういえば映画「ドラえもん」も観てきました。

 

IMG_6128.JPG

 

周りは小さい子ばかりかと思ったら、

星野源効果か、

他にも、中学生風の女子連れもいました。

 

2年生修了ということで、

学校の話も書きたいところですが、

ここまでで十分長くなってしまったので、

春休みの話題とまとめて次回に…

 

 

 


テーマ:

2月は投稿ナシになってしまいました。

暇はたくさんあったのですが…

 

というのも、2月はまずアイがインフルエンザにかかり、

1週間遅れで父ガメがかかり、

2週間ばかり引きこもり?の生活でした。

(って、私は仕事を休んだのは1日だけですが…

 習い事とかイベントとかが全てキャンセルあせる

 

家にいる時間が多かった2月前半でしたが、

インフルエンザ以外には

特にブログに書く内容もなかったので

そのまま過ぎ、

2月後半は、前半の分のしわ寄せか、

元々の予定が混んでいたのか、

怒涛のごとく過ぎ、

気がつくと3月。

 

3月最初の日曜日に

義父の七回忌と義母の三回忌の法要があり、

その準備などでバタバタしていたのもあります。

ひどいお天気の合間の、

前日のお墓掃除と当日の二日間だけ

暖かいいいお天気に恵まれ、

(義父の葬儀や法要の日はいつも天気が良く

 義父の人徳のおかげかなと思います)

無事(でもないけど一応)法要を終えることができ、

少し肩の荷が下りて、ホッとして

久々にブログに向かう気持ちになりました。

 

記憶も写真もほとんど残っていない2月ですが、

一応振り返ってみたいと思います。

 

2月の最初に

地区の小中学校5校の支援学級合同で

スキー場への校外学習。

 

アイは昨年発熱でいけなかったので

今回が初参加。

スキーをやる子もいるけど

アイさんはソリすべり。

それも実はこわかったみたい。

普通の草地のソリでも苦手だから。

(坂道や不安定なものは苦手です)

でも行き帰りのバスは楽しんだようです。

 

ダウン症のお友達のママが

隣の小学校の支援級の先生をしていて

こういう合同イベントの時

一緒にいてくれると思うと心強いです。

(年に何回か合同イベントがあります)

 

その3日後インフルエンザ発症。

連休含めて、学校や諸行事欠席。

 

インフルエンザもすっかり治った頃

連休がバレンタイン前ということで

アイと一緒に今年もチョコを作りました。

トリュフと生チョコ。

これは父ガメ用↓

IMG_6070.jpg

 

IMG_6069.jpg

 

トリュフはたくさんできたので

今年も支援学級のお友達に

持って行くつもりでしたが、

前日になって、学校からの連絡で

「チョコを持ってくるのは禁止」

ということで、断念。

母が職場に持って行って配りました。

 

IMG_6073.JPG

 

 

デイサービスも、2月前半は全部欠席でしたが、

後半に入り、ようやく復活。

半年ごとの目標が見直し時期で、

前の目標はだいたい達成できたということで、

今度は「言葉で表現する力をつける」

というのになり(2つの目標のうち1つが)

デイの方で、最近は、

作文のコツをつかむプリントなどを

やらせてくれています。

 

IMG_6077.jpg

 

アイは何のイベントに参加しても

感想を聞くと(あるいは書くと)

「楽しかった」の一言で終わりがちなので、

より詳しく書けるように

ポイントを示してくれる枠組みがあり、

まあ、これは形だけとはいえ、

少しは内容のある文を書く練習にはなりそうで

ありがたいと思いました。

 

デイサービスも、今は多様で

こうした個人目標に沿って

「チャレンジタイム」を設けて

ヒモ結びとか、具体的な作業や取り組みを

工夫してやらせてくれるところもありますし、

別のデイでは、運動をメインにしていて

もっぱら体力作りが目標です。

民間の事業所もどんどん参入して

それぞれ一長一短ありますが

個人の目的に応じて選ぶのもいいと思います。

 

ダウン症のある子は太りやすい上、

なかなか学校の運動部には参加しづらいので、

部活動代わりにと、

デイサービスは全部運動系を選んでいるママもいます。

そのお友達はホントスリムで、

運動面も活発です。

 

うちもできれば全部運動系にしたいところですが、

アイが大好きなお友達と会えるのを

楽しみにしているデイもあるので、

親の意向で勝手に決めるわけにもいかず、

3つの事業所を使っていますが、

それぞれ目的や特徴、使う理由は違います。

うちの場合は、それぞれ

  1. 友達との関係重視

  2. 運動面強化

  3. 身辺自立を意識した作業や活動重視 

という感じかな。

と言っても、最初は目的を考えるよりも

曜日や利用時間が都合がいいところを選んだ、

というのが実情ですけど。

 

連絡帳を使うところ、

メールで報告があるところ、等

使い勝手もいろいろ違います。

 

いずれにしても、

今はいくつかの選択肢の中から

「選べる」というのはいいですね。

学校もそうだといいのですが。

 

デイのない日の放課後は

一応美術部に参加しています。

と言っても、アイは絵というより、

毎回チマチマと小さな紙に

同じような模様を描いているだけですが。

 

IMG_6095.jpg

 

たまに紙の大きさを変えるぐらいで、

こんなのが何枚もたまっています。

 

IMG_6081.jpg

 

母としては、

もっと大きな作品に

何日もかけて、じっくり取り組んでくれたらいいのに…

と思いますが、

まあ、本人が楽しくやっているなら

それで良しとしましょう。。。

 

さて、月末近く、父ガメも回復して

体力つけるぞ〜と

珍しく「肉」を食べに行きました。

 

IMG_6093.JPG

 

父ガメ サーロイン450g、

母 フィレ 110g(レディースセットで

  デザートやサラダや小鉢付き)

アイ サーロイン130g+カイノミ160g

 

IMG_6090.JPG

 

食べっぷりはもう一人前(以上!?)びっくり

 

やっぱりもっと運動しなくてはあせる

 

冬場は起きるのもギリギリだし、

寒いのでかわいそうと

ついつい過保護に車で送迎してしまって

運動不足になりがちでしたショボーン

暖かくなったらバス通学再開しなくては!

 

仲のいいお友達が1つ年上で

今は高等部への進学準備で忙しく

それに関する話題をたくさん聞きました。

これから半年、学校選びに向けて

考えるべき点がいろいろあるなあと思います。

特に、毎日の通学は大きな問題。

雨でも雪でも風でも自力で通えるよう、

来年度はその練習も兼ねて

できるだけ頑張らせたいと思います。

 

2月で特筆すべき?家族の出来事としては、

珍しく兄ガメも一緒に

4人でハマショー(浜田省吾、知ってるかしら?)の

フィルムコンサートに行ったことでしょうか。

なかなか兄ガメも一緒に出かけることがない昨今、

父ガメの長年の趣味である浜田省吾の音楽を

みんなで一緒に聴いた2時間は

今の我が家にはすごく貴重で、

いろんな問題はさておき、

束の間だけでも

ちょっと嬉しい気持ちに浸った母でした音譜

 

兄ガメが小さい頃から、

ハマショーのコンサートによく連れて行ってて、

今こんなふうになったのも

親のせいだよ、と友人に言われ、

そうかもしれないなーと思ったりもします。

 

そうそう

「こんなふうに」なった兄ガメ、

進級も危うい(いや、ほぼ決定)というのにムキー

2月末にCDを発売し!?

 

IMG_6105.jpg

 

3月は全国ツアーとか言って

先日は秋田、今日は長野に向かって

出かけて行きました。

 

こんなMVまで作って…↓

(英語教師としては、あちこち

 添削したくなる歌詞ですが…あせる

 こんなところに載せる親バカですみません汗

 

 

仙台だけでも、

似たようなバンドが山のようにいる状況で

どこまで、いつまでやるのかわかりませんが、

まあ、しばらくは見守るしかないかなと。

ちょっと甘すぎる親だと自覚はしつつ…

 

いずれ、何をやるにしろ親から自立しろと

最後通牒を言い渡さねばと思っていますが…

 

***

 

今回もとりとめのない

我が家のダラダラ日記になり、

アイの後輩さんたちの親御さんには

何の参考にもならない内容で申し訳ない。。。

なにせタイトルからして

「ひとりごと」ブログなので

どうぞお許しください。

 

IMG_6080.JPG

 


テーマ:

新年1発目の記事が

モヤモヤ独り言ですみませんでした。

 

さて、気を取り直して、

アイさん(と家族)の1ヶ月を

振り返ってみます。

 

年明け早々は私の実家へ。

 

夫の家では?初詣に行く習慣がなく

(その代わり「どんと祭」に行きます)

いつも初詣は岐阜で。

母たちは、もちろんもう済ませていましたが、

いくらでもお参りする神社やお寺はあるので

おなじみの谷汲山へ。

 

IMG_5953.JPG

 

黄色い頭(!)が兄ガメ。

隣のピンクがアイと同級生のイトコ。

小さいのはその弟の5歳のイトコ。

その隣の黒いのがアイです。

(青い人でほとんど見えないけど)

 

この時まで晴れていたのに

お詣りした後の下りは

天気が一変、急に吹雪いて来て

前途多難な一年になりそうと

一抹の不安がよぎる。。。

 

今回は、母の傘寿のお祝いを兼ね

(長女としての挨拶で、間違って「卒寿」と言ってしまったあせる

 ごめんなさい、お母さん!)

みんなで高級?焼肉屋さんで会食。

 

IMG_5971.JPG

 

一番上の孫が代表でお花を渡しました。

孫たちもだんだん大きくなって

あまり全員が集まることも少なくなっていたけど、

今回は珍しく全員集合。

 

そしたら、一番小さい5歳の子が

お店の前に来たら

「小さい順に並んで〜!」と

可愛いことを言う。

照れくさがり屋の大きい子たちも

その要請を断れず、整列!

 

IMG_6015.JPG

 

このうち3人はもう成人ですが。。。

兄ガメも2年ぶりだったし

大阪のイトコたちとはホント久しぶり。

前回会った時はお互いに

別の部屋にこもっていたり

妙によそよそしかったけれど、

突っ張っている時期を過ぎたのか、

今回は大きい子たちも輪に入り

一緒にトランプしたり

何気ない話をしたりして

いい時間を過ごすことができたようです。

 

特に、普段家でもめったに話をしない兄ガメが

(というか、家にいて顔を合わせることがめったにない)

5歳のイトコの可愛さにやられて

遊び相手になっている(相手してもらっている?)姿が

何ともおかしかったです。

 

その兄ガメも一応成人式でした。

スーツに運動靴ではあまりだろと

当日になって革靴買いに行ったら、

近所の幼なじみの女の子が

(小学校から高校まで一緒)

美容院で着付けを終えて出て来たところにバッタリ。

向こうも親が待っていて、

じゃあ一緒に写真をということで

まだ運動靴のままですが

並んで写真撮ってもらいました。

 

IMG_6014.JPG

 

兄ガメだけでは、何の華やかさもない

つまらない写真になるところでしたが、

(というか写真を撮りもしなかったと思う)

すっかりキレイな娘さんになったRちゃんと

一緒に撮れて、成人式らしい写真になって良かった〜。

 

それにしても、その黄色い頭

何とかならんかね。

大学入ってすぐ染めた時は

1ヶ月ぐらいでまた黒く戻したけど

また最近黄色くなっちゃって。

頭の中も light になっていそう。。。

 

実家では、支援学校を経て

現在は小学校の支援学級の教員をしている妹が

認知の訓練教材を手作りしていて

5歳の子とアイに

実際に使わせてみていました。

 

IMG_5975.JPG

 

「みほん」という方に

先生がゴムで釘に引っ掛けながら

いろんな形を作り(赤)て

同じ形を作る(黄)というもの。

 

IMG_5972.JPG

 

これ結構「みほん」の形は無数に作れて、

単純にしたり複雑にしたり

その子の出来具合を見て

いろんなレベルの課題ができるし、

子どもは遊び感覚で楽しく取り組めて

なかなか優れた教材だなと感心しました。

材料は全部百均で

穴あきボードに釘を打っただけ。

(だけ、と言っても、結構手間がかかりますが)

 

妹は支援学校に勤めていた時も

いろいろ手作り教材を工夫していて

身内ながら、なかなか「いい先生」だと思います。

(その代わり、帰りがいつも8時過ぎとか。

 夕食やら孫の世話など、サポートしてくれる

 母なしには生活成り立ちませんがあせる

 

夏には、帰省が妹家族の旅行と重なって

あまりイトコたちと遊べませんでしたが、

今回は毎晩一緒に寝て

イトコたちとの時間を楽しめたようです。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

冬休み明けは、

3年生の先輩たちは「受検」があり

それなりにアイたちも

進路のことを身近に感じ

自分はどこの学校にしようかなあと

よく口にするようになりました。

秋頃にはもう決めて、

受検する学校で「教育相談」というものを

受けることになるので、

あと半年よ〜く考えたいと思います。

(そんなに選択肢があるわけではありませんが)

 

2年生は、3年生が受検や受験の時期に、

11月に行った職場体験の学習発表会があり、

私もちょうど空いていたので

見に行ってきました。

 

どのグループも、それぞれの仕事の

見える部分だけでなく、

陰でどれほど大変な苦労があるか、

どんなことを大切にしているか、など

なかなか深いところまで学んできていて、

発表の仕方も、実演あり、クイズありと

展示物も含めて、よく準備していて

感心しました。

先生たちのご指導の丁寧さを感じます。

 

IMG_6030.JPG

↑ 小さく埋もれていますが、黒板の前で読んでいるのがアイ

 

アイさんは、同じ支援学級のお友達と

二人で発表する予定が、

その子が欠席だったため、

急きょ、その子の分まで

発表の文や感想まで読んでいました。

大きい声で堂々と発表できました。

 

いろんな行事のたびに

こうして学年全体の中で、

一緒に発表する機会があり、

ありがたいなと思います。

 

今のところ、インフルにも風邪にもかからず

すこぶる元気なアイです。

(兄ガメは不養生がたたって風邪気味ですが)

 

IMG_6013.JPG

 ↑ D仲間のお友達とダンスの練習

 

でも、まだまだしばらく寒さも続きそうです。

(今週は毎日雪かきで時間と体力費やし、

 それでたぶんヘタレ気味になっていた母です。。。

 なんて、豪雪地帯の方から見れば

 全然たいしたことはありませんが、

 うちは仙台市内でも「山沿い」なので…)

 

お互いに、寒さと雪道には気をつけたいものですね。

いつもながら、まとまりのない報告になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

が始まってもう1ヶ月経ちます。

遅ればせながら、ご挨拶を。

 

忘れた頃に更新する、

まさにカメの歩みのブログですが

(いや、こんなに途切れていては、

休まず歩き続けるカメに失礼ですね…)

今年もよろしくお願いします。

 

新年早々の記事に書くのもなんですが、

ここ2ヶ月ぐらい、モヤモヤと

やや後ろ向きの気持ちで過ごしていて、

どうも新年の決意も書く気にならず

ただ流されるまま日を過ごしておりました。

 

そんな時、仙台で言う「どんと祭」前

2年ぶりに

(昨年は喪中でお正月飾りもしなかったので)

お正月のしめ飾りやお守りを納めに、

大崎八幡宮に行ってきました。

 

IMG_5996.JPG

 

2年前は義母と一緒に歩いたなあと

いろいろ思い出しながら参道を歩きました。

そう言えば、一緒におみくじも引いたっけ。

 

そう思って、おみくじ買ってみました。

「大吉」でしたが、

その中の言葉が胸に残りました。

(おみくじは神社の木に結んで来ました)

 

「欲をかかず、人のために動きなさい」と。

 

実は私がここ2ヶ月ほどモヤモヤしていたのは

まあ、いわゆるボランティア仕事のこと。

でも、私の場合は義務感の方が強く、

自発的ではないから、

「ボランティア」とは言えないな。

ただの無償の仕事。

 

フルタイムを辞めて非常勤になってから

年々増える一方で、

最近ちょっと容量オーバーな感じ。

 

やはり何をするにも

経済的基盤があってこそ、かなあと。

ちょっと我が家は見通し甘く

今のままでは老後破綻しそうなので、

無償の仕事ばかりもしていられないなと。

 

子供会や学校のPTA役員も

似たようなところありますが、

そちらはどんなに長くても卒業すれば終わりで

期限があるからいいけれど、

(それでも兄の方は高校まで役員やって長かった〜。

 アイの方は今年でそろそろ終わりかな?)

親の会や難病団体の方は、

いつまで続くのか(後継者さがし)、

どこまで増えるのかもわからない

先が見えない不安。

 

いや、元々は忙しくしている方が好きで

少しでも自分にできることあれば

何でもやりたいという気持ちはあるのだけれど、

そして、困っている人苦しんでいる人がいたら

少しでもその人がラクになり、

笑顔になれたら嬉しいと思って

そういう時は夢中で動いてしまうのだけど、

家の財政もキビシくなりつつある昨今、

時間とともに経済的に余裕もなくなってきて、

なんだか不安と不満が

フツフツと溜まってきていました。

 

でも、神様にあえてそこを指摘されて

私のそういう後ろ向きの気持ちが

ダメなのかなと。

 

同じやるなら、楽しんでやらなきゃソン、

というのは、

いろんな役員をやってきて

たくさんの前向きな「いい人」たちから

学んだこと。

 

私が尊敬する人たちは、

私なんかよりもっと忙しいのに、

それこそ数え切れないほどの多様な場面で

どんどん進んで動いていて、

そして何より素敵だなあと思うのは、

それを楽しんでやっているということ。

 

私はそこまでの器はなくて

すぐに負担に思ってしまいがちなのだけど、

そういうパワフルな人々の影響で

これまで自分も比較的

前向きにやってきたと思います。

 

お金で払ってもなかなかできない

素晴らしい出会いや体験を

させてもらうことも多いし、

そうやってできた人脈が

また次の何かに繋がることも多々あります。

子どもにとっても、

応援団が増えることにもなりますし。

 

考えてみたら、

今関わっていることはどれも

自分の興味関心のあること。

 

どこかのドラマで

「やりがい搾取」という言葉に

「ホントだよ〜!!」と共感していたけど

でもやっぱりやりがいのあること。

そういうことに関われるのは嬉しい。

 

そして、フルタイムでなく、

非常勤として(雑用なしで)、

自分の好きな仕事だけ選んで

働くことにしたのも自分。

(親の介護とアイの児童クラブ卒業という

条件があったからだけど。)

 

今は好きなことだけやっているんだから

お金は貯まらなくても、

限られた人生の時間の使い方としては

最高なんじゃないか。

 

本当なら、ストレスフリーで

今を楽しんで生きているはずで

そういう生き方が許されているのは

(少なくとも今は…ですが

 老後破綻したら、働くしかないけど)

とってもありがたいことなんじゃないか。

 

そうやって、また発想の転換をしたら

何だかちょっと気持ちがラクになって

負担に感じていた仕事も

また楽しく思えてきました。

 

と言っても、まあ程度問題で、

やはり我が家の今後の財政を考えて

いろいろ天秤にかけていかねばなりませんが。

 

 

あれ、すみません。新年早々

アイの話でなくて、自分の問題を長々と。

 

でも、アイの将来にも関係なくはないんです。

高等部の選択にしても

やはり経済的な要素も考えなくてはならないので。

(宮城には私立の支援学校もあるがゆえに…)

経済的な理由で、

アイに一番合う進路の選択ができないのでは

親として申し訳ないですからね。

(その私立の学校が合うかどうかは

 今後検討するとして)

 

まあ、そんなことも含めて

将来への見通しを立てていく一年になりそうです。

 

IMG_6010.JPG

 

そういえば、

忙しいと言いつつ参加した

(結局時間は作るものなんですよね)

バリバラの司会でおなじみの

山本シュウさんの講演会でも

いっぱいパワーをもらいました。

 

ちなみにバックのホワイトボードに

書かれている

「人様に迷惑をかけるな」という言葉は

そうやって教えられて育ってきたけど、

人間なんて、いるだけでみんな誰でも

人の迷惑になることはある。

(満員電車の中などお互いが迷惑な存在)

 

誰かの力を必要とするということは

実はお互い様のことであって、

わざと人に嫌がらせをするような「迷惑」とは

基本的に違うなのに、

つい、迷惑をかけたくない、

と思ってしまいがちだけど、

そうじゃない、っていうお話。

 

シュウさんもホント行動の人です。

自分はとてもあんなふうにはなれなくても

神様がおみくじで示してくれたように、

損得考えずに、一生懸命やっていたら

なんとなく道はひらけていくのかなあと

心強くはなりました。

頑張ろうっと。

 

IMG_6011.JPG

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。