みんなでギジシタイ~ふたつ初冬

疑似死体写真家とミュージシャンが繰り広げる前代未聞の新感覚世界を体験できる参加型イベント。


テーマ:
「みんなでギジシタイ」にご来場、ギジシタイになったみなさま、本当にありがとうございました。
手を取り合い、その後引き裂かれた愛はいずれどこかに辿り着くことでしょう。
そのときまでしばしのお別れです。

masashi_furuka
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出窓がガタガタと音を立て、ガラス細工の乙女と血時計は宙に待った。
透きとおる乙女の肌を血時計の鉄条網が引っ掻くとともに乙女は血を纏った。
冬の再来を告げる一陣の風は、彼女に生命を与えようとしたのだろう。

もちろん乙女はそれを拒み、床に砕け散った。
そうすることだけが己の一生を実在させる唯一の術なのだから。


masashi_furuka




では、みなさま、明日12月3日、新宿眼科画廊でお会いしましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
石畳の階段を駆け上がる少年の足は軽かった。夕刊をとる人がめっきり減ったからだ。
息が白い。
白壁の建物の間を走る道は自転車がすれ違うにも苦労するほど狭く、
おもちゃの蛇のように鋭角に蛇行している。
すでに白壁は薄蒼く、窓から漏れる灯りはか細い。

まっすぐな道に出た少年は、急に足が重くなり膝をついた。
通りの突き当たりにある聖堂の大時計に数えきれない黒い鴉が集っていたからだ。
羽根をばたつかせ、みな鳴き声ひとつたてずに。

目を細め時計の針を凝視する。
4時47分。

どれだけの時間が経ったのか少年はわからずにただ視覚だけの存在になっていた。

やがて黒い鴉の羽根は、一枚一枚、一羽一羽、白くなっていく。
それとともに、長針から太い縄と少女の赤いドレスが露わになる。

ひとり、またひとりと家から路に出てくる老人と娘たち。
みなが跪く少年を怪訝そうに観た後、彼の視線の先を見て、
目を閉じた。嗚咽を押し殺す者もいた。


白い鴉たちが上空に垂直に飛び上がると、
大時計は5時を示した。
いや、大時計が5時を示し、白い鴉たちが飛び去ったのか。

赤いドレスの少女の姿はそこになく、
大時計は日課のチャイムを石畳の街に響かせた。


いつもより軽やかに甲高く聞こえたのは、
おそらく少年だけではなかっただろう。


masashi_furuka
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。