チビ助ママ

テーマ:

今日11月8日はチビ助の12回目のお誕生日です。

寝たきりになって2度目のお誕生日・・・と、言いたいところですが

チビ助は12歳を目前に、10月13日(金)の朝5時12分に

虹の橋を渡り、お月様へと引っ越しました。

 

チビ助がいたからブログを始め、

チビ助がいたから沢山の友達が全国に出来ました。

 

本当はもっと介護の事とかアップするつもりでいたのに

結局ほとんど書くことなく、久々にブログを書けば

訃報になってしまう・・・。

 

きっと寝たきりになった時点である程度覚悟はできていたのかも・・・

 

チビ助がいなくなるなんて本当は想像もできなかったし

想像もしたくなかった。

すごいペットロスに襲われ、立ち直れない・・・なんて

ずっと思っていました。

でも、チビ助の最期を看取った時、最初の1分間は放心状態

その後涙が溢れてきましたが、心の中は

「本当によく頑張ったね、苦しかったね、でももう苦しくないよ

お疲れ様。一緒に過ごせて良かったよ。ありがとう」って

穏やかな気持ちでした。

 

チビ助の容態がおかしいと思ったのは10日ほど前

盲腸糞だけが下痢になってしまい、生野菜を減らし、バナナに

ビオフェルミンを混ぜて与えていました。

少し治まるときもありましたが、完治とはいかなかったので

病院へ行くべきか考えていました。

11日の夜、いつものようにケージ掃除をしようとチビ助を

ケージから出すと、呼吸が荒く、時々口を開けていました。

その時は焦って抱きかかえると、激しく「キュー!!」っと鳴くので

更に焦って息を引き取る時の声だと勘違いしてパニック!

しかし、体勢を変えると落ち着いて、また普通に呼吸を始めました。

一時的に呼吸ができなかったようです・・・

その後はとにかく気道が確保できるように寝かせ、一晩付きっ切りで

見守りました。

 

病院へも考えましたが、弱っている状態で出かける事にも

抵抗があったし、第一気道の確保をしながら一人では運転できない、

連れて行く事で余計なストレスを与え兼ねない・・・

一人で色々悩みました。

 

きっと病院へ行っても後悔、行かなくても後悔

どっちみち後悔はする。

だったら、一番落ち着けるこの家で残りの時間を過ごそうと決めました。

 

前日からなかなか水分を摂らず、自分で排尿をしていなかったので

圧迫排尿をしていました。

朝晩の2回。

排便は小さな●が少量・・・

 

少しでもふわっとしたところで寝てもらおうと、毛布を折りたたみ

気道が確保できるように顔を少し高くして寝かせていました。

いつもとは逆向きです。

きっと1年以上同じ体勢で寝ていたので、臓器に負担がかかって

しまっていたのかも・・・

(寝たきりの当初は何度か体勢をかえることも試みましたが、片足が麻痺していたので、

麻痺した足が下、動く足が上、と言う体勢でないとすごく暴れました)

でも、呼吸が辛くなってからは、逆向きの方が楽なのか

素直に逆の体勢を受け入れてくれました。

呼吸が苦しいながらも食欲はあり(バナナのみ)

小さくしたバナナを与えるとよく食べました。

水分はアクアコールを少量溶かし、小さなスプーンで飲ませました。

 

12日は仕事でしたが、午後から半休を取り帰宅。

翌13日は有休をとりました。

 

12日の午後からも前夜と変わらずの状態

バナナ以外のものをと思い、リンゴを買ってきました。

野菜類、ペレット、牧草は一切食べず・・・

限られた時間、好きなものだけ食べさせよう・・・何度もバナナを

口に運びました。

昨夜からほとんど排便はしていない状態。

排尿もごくわずか・・・

 

でも、目の輝きが強いので、もしかしたら・・・このまま持ちこたえて

くれるのかも?なんて期待をしました。

明日の朝、行けそうなら病院へ行こうかな・・・なんてことも

考えるほど・・・。

 

12日の夜も一緒に寝ました。

私のベッドの上に、チビ助の寝ている毛布を移動させ

念のためにペットシートを敷き詰め、毛布から落ちてしまわないか

気にかけながらチビ助の手を握って寝ましたが

当然眠りは浅く、何度か体勢が崩れて目が覚めるの繰り返し

金魚の餌の様なうんこを数回出していました。

その都度きれいに片付け、また寝る・・・を3回ほど繰り返し

明け方また目を覚ますと、自力で排尿をしたようでシートが濡れていました。

交換するために私の布団の上にチビ助を移動させ寝かせると

小さくキューって鳴きました。

慌てて抱き上げると更に2回、小さな声でキューキュー

 

そのままゆっくりと力が抜けていき

口で呼吸していたのも止まり、ぐったりしたチビ助が

腕の中にいました。

最後は自分でおしっこして体力使い果たしたのかな?

 

11歳と11ヶ月

うさぎさん的には大往生。

 

14日の朝9時半からお見送りをしてきました

朝から雨降り・・・時々雲の切れ間から見える空を見上げて

虹の橋をちゃんと渡れたかな・・・なんて思ってました。

 

初めてのうさぎさん

うさぎさんの習性、病気、おやつ、妊娠、出産、育児

うさぎうさんのありとあらゆることをチビ助が教えてくれた。

 

本当に、本当にありがとう。

そして、不自由で寝たきりにもかかわらず

いつも元気な姿を見せてくれてありがとう。

 

私はチビ助に出会えて本当に幸せでした。

 

お月様でコロ助、つくし、クロ丸と再会できたかな?

私は、シロ丸と二人で、時々思い出話なんてしながら

暮らしていきます。

 

チビ助を可愛がっていただき

本当に、本当にありがとうございました。

AD
ウサギチビ助で入力してみたらこんな結果。
う~ん・・・確かにちょっとやせたけど丸いかも(*’艸3`):;*。 プッ
▼私を構成する成分は・・・
 
 
\あなたはなにでできている!?/
 
AD

つくしのつーちゃん♪

テーマ:
かなりの長文ですので、ご容赦ください。
つくし(ひょい)
初めてブログで紹介した時のつくしウサギ
ちょととぼけた感じがかわいいラブラブ
 
じつは、今日はつくしの49日です。
昨年11月27日の午後7時4分に虹の橋を渡りました・・・
9歳8ヶ月の兎生でした。
5年前の11月にもコロ助が旅立ちましたが、
まさか5年後の同じ時期に見送ることなるとはショボーン
 
約2年の闘病生活
IMG_20150113_010055.jpg
原因不明の皮膚病で、最初はお腹の脱毛から始まり
真菌かと思っていましたが、一気に全身の毛が抜けてしまい
その後、投薬をしても、消毒をしても回復せず・・・
IMG_20150320_231354598.jpg
(*↑まだ状態が初期の写真です)
病院へも3か所回り、イベントへ行けば免疫の上がる物を
片っ端からメーカーさんに尋ねました。
 
「必ずお母さんが元の姿に戻してあげるからね」
そう何度もつくしに話しかけましたが、結局以前のような姿には
戻してあげることができませんでした。
 
息を引き取る3日ほど前から
よく転ぶようになっていました
転んでもなかなか自分で起き上がれなく、
ケージ内にはクッションなどでガードしていました。
 
闘病生活が始まって数か月後に、私の不注意で後ろ脚を痛めてしまい
跳んだり跳ねたりできず、不自由な状態でした。
なので、起き上がるときも、かなり時間がかかり大変そうでした。
家にいるときはすぐに助ける事が出来ますが、仕事中は
気が気ではありませんでした・・・
 
でも、食欲はすごくあったので、その点は安心していました。
 
旅立つ当日、いつものように朝ご飯を食べ(少しだけ残していました)
ケージの隅でうたたねをしていました。
夕方になり、頻繁に転ぶように・・・
 
「どーした?つーちゃん?転んでも慌てなくていいよ・・・」
何度も転んでは起こすを繰り返していると
「あれ?」
起こしても頭が座らない状態に・・・
「えっ?なに?どーしたの?」
パニックになりながらも、どこか冷静な部分もあって
『もしかして・・・もう時間がないかも・・・・』
 
ケージから出し、抱っこをして、寒くないように毛布で温めながら
「どーした?つくし・・・疲れちゃったかな?
 つくしは小さな体で沢山頑張ったよね。お薬も飲んで
 遠い病院へも何度も通ったね・・・
 ずっと頑張ってきたんだもん、もう頑張らなくてもいいよ・・・
 大丈夫だよ。
 お母さんはつくしが頑張ったこと知ってるよ
 本当に偉かったね・・・
 お母さん、つくしと約束したこと守れなくてごめんね。
 ふわふわの毛に戻せなくてごめんね・・・」
 
抱っこをしているつくしの目は虚ろでした。
分かってはいたけど、少しでもいいから元気になってほしいという
気持ちもあり、大好きなバナナを差し出してみると
大好きなにおいに反応して、すごく小さいけど三口食べました。
でも、その後は反応せず・・・
 
「つくし、大好きなバナナ美味しかった?」
 
抱っこをして30分程したころ、小さく痙攣を始めました
呼吸も浅め・・・
痙攣が収まると突然
「ギューーーーーー」と、3度鳴きました。
「うん、うん・・・そーだねつくし、分かったよ・・・・」
泣くのを我慢していましたが、もう限界・・・・・
つくしが3度鳴いた後1分ほどすると
口をパクパク・・・そしてそのまま静かに息を引き取りました。
 
最後は私の腕の中でした。
コロ助の時は看取ることができず後悔しましたが
つくしの最後を看取ることができ、ちゃんと「ありがとう」と
伝える事が出来ました。
 
当日は雨が降っていましたが
翌日は晴天
午後からペット霊園で供養していただきました。
 
先に旅立ったコロ助と、養子に行っていたクロ丸
ちゃんと迎えに来てくれたかな?
お月様にはたくさんの友達もいるから寂しくないね。
 
生まれたときは一番体が小さくて
唯一の女の子
なのに成長していくと、一番やんちゃで食欲も旺盛
高い所へ平気でジャンプして、何度もヒヤヒヤあんぐりうさぎ
元気いっぱいの子でした。
 
9年間本当にありがとう。楽しかったよカナヘイ花
 
つくしが使っていたケージは、翌日には解体して
年末には保護施設へ寄付しました。
コロ助の時に、ケージを片付けれなくて、いざ処分するときは
すごく辛かったから、その教訓もあって即解体→即寄付
今現在は、大阪のLOVE&PEACEさんにいるホルンちゃんが
使ってくれているそうですカナヘイうさぎ
 
ここ数年は、ブログも書いたり休んだりで
以前のように毎日書かなくなてしまいましたが
ブログを通じて、つくしを可愛がってくれた皆様
本当にありがとうございました。
 
つくしカナヘイハート時々は遊びに来てねとびだすうさぎ2

 
 
AD

『日課』と、お出かけ

テーマ:

チビ助さんの介護が始まって

最近の日課があります

それは、抱っこですカナヘイハート

 

最初のうちは短時間でしたが、最近は1時間近く抱っこを

するようになりましたてへぺろうさぎ

 

チビ助さんの介護の内容は・・・・

一日2回の体拭き

温めたタオルで動かさなくなった肩を温め

その後タオルで顔、耳、体。お尻を拭きますカナヘイきらきら

場合によっては、夜お月様半身浴をします。

仕事から帰ってきたときは、お尻付近にたまった

盲腸糞をティッシュでつかみ、食糞させます。

自分で食べれないから取ってあげないとねあんぐりうさぎ

 

そして1日の終わりに抱っこです。

普段寝ている向きとは逆向きにして抱っこします。

IMG_20161223_145219735.jpg

最初は顔を浮かせてますが、しばらくすると寝息を立てて寝始めますうさぎ

途中、カリカリカリ・・・と小さな歯ぎしりをしたりしますうふふ

IMG_20161223_145220397.jpg

眠りに落ちるとこんな感じ・・・

 

賢いので、おしっこをしたくなったり、のどが渇いてお水を飲みたい時は

私の服をペロペロと舐めてきます。

それが抱っこ終了の合図です。

 

実際、チビ助がどう思っているのかわからないけど

1日の中で一番癒される時間です(←私がカナヘイうさぎ

 

 

話は変わって・・・

先日、久々にお出かけをしてきました。

北陸へのバスツアー

 

さすが雨女の私・・・

福井県は雪ではなく雨でした・・・・

日本海も荒れてました大泣きうさぎ

IMG_20161223_145220798.jpg

ツアーにはランチバイキングが含まれていましたが

福井ではなく、滋賀県で普通の・・・やや寂しいバイキングでした。

なので、やや抑え気味にしておいて

福井県の市場の食堂で

IMG_20161223_145221204.jpg

漁火丼 1500円をいただきましたカナヘイ花

金箔まで乗ってます。

あ~美味しかった

さすがに新鮮で、海のない岐阜県民としましては

イカのおいしさに感動しました。

(手前の白いのがイカです。)

 

沢山のお土産付きのバスツアー

またどこかへ行きたいな~

 

ではでは・・・

皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ~クリスマスツリー