あけましておめでとうございます。

今年もみなさまにとって
実りの多い、素晴らしい一年になりますように!


大分久しぶりの記事の更新となります。

去年一年間はほんとうに勉強になりました。
苦しいことも沢山ありましたが、
今の状況を考えると、今後の発展のために
必要な試練だったのだろうなと思っております。


昨年からの活動の成果として
タイトルを変えなくては(?)と思うほど
大きな展開がありました。

ひとつは京急蒲田駅のそばに
小さな居酒屋をOPENすること、
もうひとつは、中国に貿易の会社を
設立することになりました。

ことしは
ITの枠を飛び越えての仕事になりますが
ひとつひとつのことを、全力で取り組み
成果をあげていきたいと思います。


どうぞご指導、ご鞭撻のほど
宜しくお願い致します。
AD

こんばんは!

株式会社MINERVAの佐藤幸恵です。


今日まで再び広州に行っておりました。


勿論仕事で訪れていたのですが

中国はほんとうに発見が多いです。



わけても印象に残っていること。


15歳くらいの少年が

自転車に旬のマンゴスチンをいっぱい積んで

地下鉄の駅前で元気よく売りさばいていました。

自分で資金を貯めて仕入れた果物かも

しれません。


おばさんのマンゴスチン売りも沢山いましたが

彼女たちは小さな籠に手で持てるくらいの量でした。


それに比べ、山盛りのマンゴスチンと威勢良く売る

彼のマンゴスチンはどんどん売れていました。

きっとまたそれを元手に仕入れるのでしょう。

商魂たくましい。


しかし、商売の基本を目の当たりにして

目が覚める思いでした。


彼がこれから

たくさん夢を叶える事のできる人生になりますように

と、こっそり祈りました。



私も今、数多くの大先輩方にご指導頂いて

経営者として心新たに一歩一歩階段を

登っているところです。


会社を経営し始めて4年、

やっと一番大切なことに気付きました。

根底から行動が変わりました。



ここからがスタートラインだと思います。



私は失敗からしか学べないタイプなので

ほんとうにここまで時間がかかりました。


でも、もしかしたら多く経営者も失敗しないと

本当の意味はわからないのかもしれません。


起業を目指している方は

一日も早く起業して、多くの経験を積むと良い。

私たち周囲の人間も失敗しても果敢に挑む

経営者をどんどん応援したら良い。


そして、日本にたくましい経営者がたくさん

現れたら、こんなに楽しいことはありません。




今日も命があることに心から感謝です。

そして何より、みなさまと出会えたこと、

皆様が幸せな一日を過ごせていることに

感謝です。



明日も良い一日になりますように!

そして、スリリングな毎日を!

AD

おはようございます!!!

株式会社MINERVAの佐藤です。



ご無沙汰しており、申し訳ありません。



何かと非常に(フル回転で)動き出しております。

ひとつずつ、皆様と共有していければと

思っております。



先日、

モンゴルの友人から余りにも嬉しいメールを

頂いたので、皆様と共有したいと思います。



モンゴルの友人、マインさんからのメールを

ご本人の許可を頂いて、転載致します。


また、私からの返信もその後に転載します。



日本を「第二の母国」と呼んで頂いて、

ほんとうに涙が出そうになりました。



皆さんとこの嬉しさを

分かち合えたら嬉しく思います。





------------------------------------------

■マインさんからのメール

------------------------------------------


佐藤様


おはようございます。暫くご無沙汰していました。


引越しなどが一通り段落し、

明日モンゴルへ発つこととなりました。


今は妻の実家(大阪)にいます。一人娘をよく知らない

国へ連れて行ってしまう身として親族周りを挨拶

その他かねて滞在しました。


ゾリグト君は先に帰国しました。彼は今日から

三菱商事の社員として初出社します。


さて、メール書いているのは近況の他、先日御社を

伺った時に頂いたプリントやコピー、シンガポールに

行かれてから強く感じられたその危機感といいますが、

決心について共有いただいたことについて感謝を

伝えるためです。


日本は私にとって第二の母国であり、この国の将来は

とても身近に感じる関心ごとでもあるので、尊敬する方が

このように憂い、行動を起こしていることは心強く、

ある意味嬉しく思うところです。


なぜなら僕も日本に対してそのような危機感を感じて

いたからです。

私の力など今のところ微力そのものですが、佐藤さんの

これからの行動について応援し、できることなら力を添えたいと

思っています。
妻もその日プリントものを読ませたら、「佐藤さんって

とても素敵な方だね」と関心していました。



モンゴルもこれから急成長すると言われているものの、

実はその期待するところが資源関連であって、他の途上国の

事例からもこのような天然資源は返って政治的不安定など

負の結果をもたらす場合が多いため、喜ぶよりも心配する方が

大きいですね。


政治も経済もとても脆弱な基盤の上に立っているため、

これから課題はいくらでもあります。

私の2つの母国が直面している現状が両方、厳しい現状に

あることは不思議ですが、それはそれで情熱を傾けてやって

行く生きがいと価値があると一方で思っています。

モンゴルに行ってからも、これからも、末永く宜しくお願い致します。


--
Mainbayar Tulgat
(マインバヤル・トルガト)







------------------------------------------

■佐藤の返信

------------------------------------------


TO:マイン様
FM:佐藤
----------------

お世話になっております。
株式会社MINERVAの佐藤です。

嬉しいメール、本当にありがとうございます!
何度も読み返して、涙ぐんでしまいました。

閉塞感のある、今のような日本を、
第二の故郷と呼んでくださってほんとうに嬉しく思います。

私も常々
モンゴルを「懐かしい国」だと感じておりました。
これからの世界は、こうやって
人と人が心でつながることが重要になるのでは
ないかと思っております。

このご縁を頂きました事を、心より感謝申し上げ
ます。
共に手を取り、自分の人生を燃やしつくしましょう。

「人の為に動く」。
そのエネルギーは
燃え尽きることなく、豊かに心を潤す
沸き出でる泉のようなものだと思っております。
その対象が大きければ大きいほど、限りなく
大きくて慈愛に満ちた力が沸いてきます。

マインさんのように日本を第二の母国と呼んで
くださる方の期待を裏切らないよう
日本をもっともっと素晴らしい国にします。


まだ小さいお子様や奥様を連れてのご帰国、
御苦労も多いかと思いますが、お役にたてることが
ありましたら、すぐに動きますのでいつでもご連絡
ください。

ご多幸を、祈るだけではなく、行動として全力で
お手伝いいたします。

こちらこそ
これからもどうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。

遠いモンゴルの土地に、マインさんやゾリグトさんの
ような、素晴らしい友人を持てた事に心より感謝
いたします。
これからも時々、近況報告をさせてください。





みなさま、今日も幸せいっぱいの一日になりますように!!!

AD