mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ

大好きな海外ドラマ(アメリカ、イギリス)、音楽(特にoasis、その他UK ROCK!)、

そして日常の中で見つけた些細な出来事など♪

mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ 」においで下さり、ありがとうございます♪

海外ドラマ(特に法廷ドラマ、犯罪捜査ドラマ、コメディ)、音楽などについて書き綴っています。
コメント、メール等は大歓迎です♪

「ボストン・リーガル」(「Boston Legal」)日本語版DVD発売の要望は、こちら へ賛同のご署名をお願いします!

第59回エミー賞へレポーターとして行ってきました♪
レポート(詳細版)を掲載していますので、是非ご覧下さい。


※海外ドラマの記事は、ネタバレが多いです。ご了承下さい。

※現在はコメントを承認制にしており、反映するまでお時間をいただく場合があります。

※「mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ」(以下「本ブログ」といいます)の著作権は、mimyこと本ブログの執筆者(以下「著作権者」といいます)に帰属します。本ブログからの無断転載、複製等、著作権者の権利を侵害する行為は禁じます。

Copyright(c)2005-2009 mimy. All Rights Reserved.

【PR】


テーマ:
またまたご無沙汰してしまいました。
最近は、温かくて過ごしやすい日が続いているので、ついついガーデニングに夢中になり、海外ドラマやその他諸々の録画がたまるばかり。
それにプラスして、春なのに読書熱が加速していて、本を次々に買ってしまい、いくら時間があっても足りない日々を送っております。

さて、先月来日したoasis、2週間も日本に滞在し、ミュージック・ステーションにまで出演してくれましたが、今月は、その際に取材をした雑誌やテレビ番組が、続々発売になったり放送になったりしています。

そのうちの1つ、今週のAERA。
表紙はなんとリアム・ギャラガーです。

mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ-リアム@AERA
 

2006年に兄ノエルが表紙 を飾りましたが、リアムも表紙になるとは意外でした。
ちなみに、肩書きはノエルの時と同様、ロックミュージシャンです。
公演の時やインタビューやテレビを通じて、最近のリアムは、前回の来日時よりもかなり穏やかになったなあ、と思っていたのですが、今回のインタビューの内容もやはり穏やかなリアムの姿が書かれていました。
最近リアムのインタビュー記事も多くなっている気がするのも、穏やかになって取材に対しても前向きになったんですかね。
なんかノエルが取材に答えているより多い気がするなあと思っていた、その矢先、今日(正確には昨日)の朝日新聞の夕刊にはノエルの顔がどどーんと!(笑)。
大きな写真は本当に眠そうに写ってましたが、ちゃんと兄貴も取材に答えてました。

ということで、今週の朝日新聞グループを制覇したギャラガー兄弟でありました。

そうそう、先月は私もoasisの東京公演に行きました。
私が行ったのは、ジャパンツアーラスト前日の3月28日(土)の幕張メッセです。
オールスタンディングで、私はノエル側とは反対のブロックA1でしたが、整理番号が早かったので、最初は前から3列目に行けました。
とはいえ、ライブが始まったら、モッシュでもう大変!
時折見えるリアムは本当に近くて、ハイビジョンテレビを見ているかのようでしたが、苦しさを忘れるのはその一瞬だけ。
4曲目まで頑張ったのですが、命の危険を感じたので、少しずつ後ろに下がり(相方や心優しいファンの方たちが道を開けてくれました。本当に感謝です!)、その後はゆっくりと楽しむことが出来ました。

この日のライブは、リアムも声が伸びていて良いコンディションだったし、ノエルも 「Don't Look Back in Anger」を本国でのライブと同様に会場に任せてくれたし、バンド全体も前回の来日公演よりも一体化してまとまっていて強い迫力があったし、とても良いライブでした。
オールスタンディングという会場の雰囲気も相まってか、oasisの本当の大きさを感じました。

しかし、私にとってはオールスタンディングはやっぱり恐怖でした。
リアムが何か投げるたびに怪我をしそうになるんですよ。
パフォーマンス中にリアムはタンバリンを投げるんですが、そのタンバリン、今回判明したんですが、わりと後ろまで飛んでくるんですよ。
手が届きそうで嬉しかったんですが、皆がそこに集中するものだから、やっぱりそこで転倒が!
さらに、その後もリアムがマイクを投げたものだから、そこでもまた将棋倒しが発生!
私の目の前の列までバタバタと倒れてました。

今度来日する際は何年後か分かりませんが、今より確実に体力が劣っているだろうし、思わず指定席の公演があるといいなあと願ってしまいました。それまでに身体を鍛えればいいんですけどね(笑)。

この日のセットリストは以下の通りです↓。
日本公演限定で札幌公演から「Whatever」が入りました。
ノエルのアコースティックバージョンです。
ノエルバージョンは、My Spaceのシークレットライブ 以来2度目で、その時に日本とフランスでは何故か人気があると言っていたのですが、今回はちょうど「Whatever」が使われているCMがよく流れていたし、ノエルも人気を実感したのでしょうか?
日本だけ、と言って、歌ってくれました。
歌う前にノエルが、1行目は皆歌えるのに、2行目からは全然歌えないんだよな、なんて言うから、思わず吹き出してしまいましたけど。
それくらい最初のフレーズが印象的なのだと思いますが。

oasis Japan Tour 2009.3.28 幕張メッセ国際展示場
01. Fuckin' in the Bushes
02. Rock'n'Roll Star
03. Lyla
04. The Shock of the Lightning
05. Cigarettes & Alcohol
06. The Meaning of Soul
07. To Be Where There's Life
08. Waiting for the Rapture
09. The Masterplan
10. Songbird
11. Slide Away
12. Morning Glory
13. Ain't Got Nothin'
14. Whatever
15. The Importance of Being Idle
16. I'm Outta Time
17. Wonderwall
18. Supersonic
--Encore--
19. Don't Look Back in Anger
20. Falling Down
21. Champagne Supernova
22. I Am The Walrus

最後にノエルが、次に来るのは5年後と言ったので、えー、うそー!と思わずつぶやいてしまいましたが、その後、リアムがその前に俺は来るよ、と言ってました。
着ている洋服をアピールしながら言っていたので、自分のブランドの宣伝で来るのかな、と思っていたら、東京公演終了後にフジロックへの出演が発表されました。

もうノエル、5年後じゃなくて数ヶ月後じゃないですかー。
ノエルらしいといえば、ノエルらしいですが(笑)。

ディグ・アウト・ユア・ソウル
オアシス
B001DNF7F6
いいね!した人  |  コメント(2)
PR
同じテーマ 「oasis」 の記事

テーマ:
皆様、大変お久しぶりです。
更新していない間も訪問して下さった方々、ありがとうございました。
マイペースなブログですが、思い立ったように更新していきますので、宜しくお願いします。

さて、昨日は東京でも雪が降り、本当に寒い一日でしたね。
そんな中、私はここ数年ずっと待ちこがれていたTravisの単独公演に行ってきました。
足の怪我でサマソニを逃したので、その後の単独公演のチケットを買って楽しみにしていたら、なんと公演が中止になってしまい、その後のフェスも逃し続け、ずっとライブに行きたいアーティストだったのになかなか行けずにいたのです。こんなに片思いをしていたバンドも珍しいんじゃないでしょうか?

そして、昨日、やっと夢が叶い、単独公演へ。
さすがUK界のスピッツ!(と私が勝手に言っているだけですが)、ロックバンドなのにこんなに和むバンドは彼らしかいないんじゃないでしょうか?
ライブでここまで和んだのは初めてです。
優しい大きなパワーをもらって、とても温かい気持ちになれたライブでした。
バンドのメンバーも本当に楽しそうにニコニコしながら演奏しているので、会場全体にもそれが伝わり温かい空気でいっぱいでした。
また、ボーカルのフランは、単独公演が10年ぶりになってしまったことをお詫びしてくれた後、何度か日本語でありがとうと言ってくれたし、「Closer」の前ではこの曲に込めた思いを分かりやすいようにゆっくり話してくれたり、会場のファンが合唱すると、「すばらしかったよー!」って返してくれるし、他にもこの曲の途中ではこうやってね、と丁寧に説明してくれるし、自分の名前が呼ばれればちゃんと答えてくれるし(他のメンバーにまでほら呼ばれてるよって感じで返すのを促してまでくれた<笑>)、もうここには書ききれない程ファンに気を使ってくれて、本当に良い人だー!!と感動してしまいました。
それに答えるように、会場の一体感も最高でした。
会場の形状からしてなかなか難しいのですが、ここ数回行った国際フォーラムのライブでは一番まとまっていて良かったです。

アンコールの「Flower In The Window」では、アコースティックギター1本だけでメンバー全員がステージ中央に集まり、マイクを使わずアカペラでパフォーマンスをしたのですが、これも良かったです。アカペラで会場全体に届くように一生懸命歌ってくれたメンバーも、メンバーの声が聞こえなくならないように、ささやくように歌っている会場も、素敵だったと思います。
途中でフランが会場に指を鳴らすようにお願いする時に、ダギーとアンディーが二人羽織状態でフランのギターを演奏していたのがとても可愛らしくて、大好きでした!
また、ラストの「Why Does It Always Rain On Me ?」では皆でジャンプ。演奏の途中で伝統だからとフランが丁寧に説明してくれたのも印象的でした。筋肉痛になるのではと一瞬不安がよぎりましたが、一生懸命ジャンプしましたよ(笑)。
この曲は、「コールドケース」でも使われていたんですよね。印象的なラストの場面で使われていたので覚えていたのです。ジャンプをしながら、その場面がふと頭をよぎりました。

フランが会場に下りてきて客席に上がって歌ったことを「やっとロックスターになれた」って嬉しそうに言っていたのもまたお茶目(笑)。
そんなこと言わなくても立派なロックスターなのに!人柄を感じさせられました。

そう、でも本当に再度私もそう思ったんですよ。
Travisはちゃんとロックバンドだったって。
というのも、CDだと、彼らの美しいメロディも相まって、繊細な音作りだなあと思っていたのです。しかし、ライブでは、ストレートに響いてくる、正真正銘のロック!
私の大好きな音だったので、良い意味驚きを感じることができて、嬉しい発見でした。

今回のライブは本当に行くことができて良かったです。
ずっと好きだったけれど、メンバーの人柄に触れ、ライブでの音に触れ、ポジティブなパワーをたくさんもらえて、本当に心の底から癒され、もっとTravisが大好きになれたライブでした。

音楽っていいなあ、と心底思い、ライブの途中で何度も涙が出そうになってしまいました。
そんなライブ、何度もないですよね。
とっても良いライブでした。

次回来日した時も絶対に行くので、また早く来日して下さいね!

なお、今回のセットリストは以下の通り↓です。
私が事前に見ていたドイツのセットリストよりは曲数が大幅に増えています。
きっと10年も単独公演を待たせてしまったおわびの意味も込めて、増やしてくれたのかもしれません。
日本のファンの要望も聞いていてくれたみたいですよ。
本当に何から何まで良い人たちです(^^)

Travis Japan Tour 2009.2.27 東京国際フォーラム
01.Chinese Blues
02.J. Smith
03.Selfish Jean
04.Writing to Reach You
05.Re Offender
06.Something Anything
07.Long Way Down
08.Love Will Come Through
09.Closer
10.Side
11.Driftwood
12.Falling Down
13.Sing
14.My Eyes
15.The Beautiful Occupation
16.Before You Were Young
17.Turn
--Encore--
18.Ring Out The Bell
19.Flowers In The Window
20.Why Does It Always Rain On Me ?

オード・トゥ・ジェイ・スミス
トラヴィス
B001CCHIZU


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ ←励ましのクリックを♪これからも良い記事が書けるように頑張ります!←励ましのクリックを♪これからも良い記事が書けるように頑張ります!
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
「ボストン・リーガル」(原題:‘Boston Legal’)シーズン5最終話が12月8日に本国で放送され、とうとうファイナルを迎えてしまいました。

日本では来月から待ちに待ったシーズン3の放送が始まるし、ファイナルを観ることになるのはまだ先だというのに、本国での放送が終了してしまったと思うと寂しい気持ちになります。
本国での放送から相当遅れて日本で観ていても、本国で放送が続いているのと終了してしまっているのとだと、観る時の気持ちが大分違うんですよね。
放送が続いていればまだまだ観られると思って楽しみも倍増するのですが、終了してしまっていると、ファイナルまであとこれしかないってカウントダウンししながら観てしまうので。
毎回チェックして一喜一憂していた賞レースも、とうとう来年のエミー賞までになってしまいましたしね。
やっぱり寂しいです、、、。

寂しい気持ちは、デニー・クレインを演じたウィリアム・シャトナーも同じようで、デニー・クレインを離れるのを相当寂しがっているようです。
彼にとってはジェームズ・スペイダーが演じるアラン・ショアと、バルコニーで語り合うシーンが印象深かったそうです。そして、最高に美しいセリフを書いてくれたとクリエイターのDavid E.Kelleyに賛辞を送っていました。
(詳細はこちら→

バルコニーのシーンは私も大好きです。
バルコニーで2人がしみじみと語っている言葉は、心にすっと入ってくる言葉が多いんです。
その回でどんな出来事があっても、バルコニーの2人を観ていると何となく落ち着いて、今回も楽しかった♪とその回を締めくくる、そんな、ほっとするシーンなんです。

デニーもこのシーンがやっぱり好きだったんだ、と思ったら何だか嬉しくなりました。

また、寂しいとは言っても、記念すべき100話まで番組が続いてくれたことは、嬉しいことです。
打ち切りになってしまうドラマがたくさんある中で、100話まで続くってことはボストン・リーガル」がたくさんの人に愛された証ですものね。
長い間楽しませてくれてありがとうと感謝の気持ちを述べたくなりますが、日本でファイナルを観終えた時、きっともっと色々言いたくなると思いますので、その時までとっておこうと思います。

日本では来月から新シーズン、第3シーズンの放送が始まります。
カウントダウンしてしまうのではなく、日本ではまだまだ楽しめる♪と前向きな姿勢で、楽しみたいと思います!

ーーーーーーーーーー

最後になりましたが、今年も本ブログ「mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ 」をお読みいただき、ありがとうございました。
もっと更新するようにします、と毎年言いながら、今年もタイミングを逃したりしてなかなか思ったように更新できなかったのですが、それでもたくさんの方々がこのブログを訪れて下さり、本当に感謝しております。

来年からは、このブログをもっと好きな場所にするために、海外ドラマと音楽を中心にブログ名に入っている「あれこれ」にも注力し、思ったことを素直に書いていきたいと思っております。

来年は、早速「ボストン・リーガル」の第3シーズンの放送が始まるだけではなく、2月にはTravis、3月にはoasisのライブも控えています。
海外ドラマも音楽も楽しみなことが盛りだくさん♪
「ボストン・リーガル」関連では、他にも嬉しいニュースがお知らせできるかもしれないので、そちらもお楽しみに!

それでは、皆様、良いお年を!
来年も宜しくお願いいたします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ ←励ましのクリックを♪これからも良い記事が書けるように頑張ります!
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
昨日は、今日とはうってかわっての晴天で温かい一日でしたね。
そんな中、私は、FOX特派員プレミア試写会に行ってきました。
前回は日程が厳しくて応募出来なかったので、今回が初めての参加でした♪
日頃から「The Practice」、「Boston Legal」好きな私は、FOXさんにはお世話になっているので、特派員としてお返しできればと思っ
ています。

さて、今回の試写会は、今月から放送が始まる「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班 シーズン1」と「ゴースト~天国からのささやき 
シーズン2」の二本立てでした。


mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ-LAW&ORDER:CI


1.LAW & ORDER:犯罪心理捜査班 シーズン1第1話
アメリカで1990年から放送中の本家「LAW & ORDER」のスピンオフで、「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」に続き、スピンオフ第2弾として放送されているのがこの「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班 (原題:‘LAW & ORDER:Criminal Intent’)」です。

ドラマの舞台は、ニューヨーク。
番組冒頭でいきなり犯人が分かるのがこのドラマの特徴と上映前に担当者の方が説明してくれたので、どういうことかな?と思っていたら、冒頭から犯人たちがどのように犯行に至ったのかをいきなり見せてくれます。例えば「名探偵モンク」だと「経緯はこうです」とモンクが説明を始めるラストの部分が冒頭に来る感じです。

第1話は、強盗団がマンハッタンの宝石店の金庫を破る計画的な犯行を実行するために準備をしているところからストーリがスタート。そして、金庫破りに成功し、それを目撃したカップル、そして仲間は、強盗団の主犯がためらいなく射殺してしまいます。
その現場検証に登場するのがヴィンセント・ドノフリオ演じるロバート・ゴーレン刑事と、キャスリン・アーブが演じるアレクサンドラ・エイムズ刑事。
そこからゴーレン達と強盗団の主犯カール・アトウッドとの戦いが始まります。

その強盗団の主犯でカリスマ性を持つ残虐な犯人を演じたのは、「ミディアム」でアリソンを支える優しい夫ジョーを演じるJake Weber。
良い人ジョーの印象がかなり強かったので、あまりの変貌にびっくりしました。
最初は戸惑いましたが、その悪者ぶりがとても板についていたので、ストーリーが進むうちにすっかりジョーの面影が薄れていきました。
そうそう、どことなくイギリスの悪い感じを醸し出しているなあ、と思っていたら、Jake Weberの出身地はイギリス・ロンドンなんですね。妙に納得してしまいました。

第1話は夢中になってみてしまい、あっという間でした。
犯罪心理捜査班とついているので、観る前は、「クリミナル・マインド」に近いのかなと思っていたのですが、こちらのほうがより現実的に思えました。
実際に、ヴィンセント・ドノフリオのゴーレン刑事像は本物の警察官から自分たちに近いと絶賛されているようですが、それも納得です。
防犯カメラの映像チェックのような地道な作業もするし、尋問も相手の心理を探りながら静かに進めていき、よくドラマでみるようないかにもっていう感じではなく、良い意味でドラマティックはないんですよね。だから、余計現実味が帯びて見えました。
これから何話か観ていくうちに、だんだんと引き込まれていく魅力を感じました。
また楽しみなドラマを見つけられました♪

なお、この「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」にはシーズン4からSATCのMr.BigことChris Nothも出演しています。
シーズン4が日本で観られるのはまだ先でしょうが、楽しみですね!


mimyの海外ドラマ/音楽あれこれ-Ghost Whisperer


2. ゴースト ~天国からのささやき シーズン2第1話

シーズン2は、FOXlifeで既に視聴済みですが、もう1度ゆっくり鑑賞させていただきました。

小さな街グランビューでアンティークショップを営む主人公メリンダ・ゴードン。
結婚して優しい夫と幸せな生活を送っていますが、その一方で小さい頃から死者の魂と会話ができ、その死者たちの願いを叶え、光の向こうへ渡る手助けをする日々を送っています。
死者から大切な人へ伝えられる願いやメッセージは、そこにある愛情や友情の大きさを感じさせてくれ、毎回、涙を誘う感動のストーリーを届けてくれるのがこの作品です。

シーズン1のラストでは、グランビューの街に旅客機が墜落。アンティークショップで一緒に働くメリンダの親友アンドレアは、その飛行機に乗る予定だった兄の安否を気遣い、確かめに行く途中で事故に遭い、帰らぬ人になってしまいました。

シーズン2の第1話は、そのアンドレアを光の向こうへ導くまでの物語です。

ラストは毎回と同じく感動で終わるのですが、この回はいつもにまして、どきっとする怖い場面が多いんです。
最初に観た時に、何回もどきっとしたのを思い出して、今回は心して観たので(笑)、ストーリーに集中することができました。

前に観た時と同様、今回も、メリンダの能力のことを理解し、いつも明るかったアンドレアがいなくなってしまうのに、また寂しさを感じてしまいました。
そして、第2話は今回のラストでメリンダを探しにくる途中で事故に遭ったカイルがメリンダに思いを伝えにやってくるところから始まります。

また、第2回からはプラクティスファン必見のあの人が登場!
「ザ・プラクティス」でエレノアを演じたCamryn Manheimがアンティークショップを手伝うメリンダの友人デリア・バンクスとしてレギュラー出演しています。
いつもスーツ姿だったエレノアとは違い、デリアはカジュアルな服装で、温かい雰囲気に包まれていて、また素敵ですよ。
こちらにも注目してご覧になって下さいね♪


今回は充実の二本立ての試写会で、それだけでも楽しかったのに、思いがけず嬉しい出来事がありました。

いただいた資料の中に、1月放送番組の資料があったのですが、

「ボストン・リーガル」の資料が一番最初で、しかもページ数が多く、写真が満載だったんです♪
しかも、シーズン3第1話のエピソードガイドまで掲載されていました!
これによると、シーズン2でのあれやこれやのモヤモヤが解決するようですよー。

とにもかくにも、新シーズンの扱いが大きくてとっても嬉しかったです♪
いつもちょっと寂しい思いをしていましたから(笑)。

シーズン3の写真も素敵だったし、ますます新シーズンが楽しみになりました。
何度も言っていますが、シーズン3は第59回エミー賞でも初めて作品賞のノミネートされたシーズンですし、アラン・ショア演じるジェームズ・スペイダーはこのシーズンで3度目の主演男優賞を受賞しています。
そして、これまた何度も言っていますが、なんといっても私にとっては、第59回エミー賞授賞式は、David E.Kelleyに会えた記念すべき授賞式。しかも、主演男優賞受賞にも立ち会えたんですから、このシーズンの上陸をとっても楽しみにしていたんです。

いよいよ来月からの放送です!
今回も、永久保存版を作って楽しみたいと思います♪

試写会にご招待いただきましたFOXの担当者の方々、本当にありがとうございました。

なお、今回ご紹介した作品の放送予定は以下の通りです↓

-------------------------------------------------------------------

◆LAW & ORDER:犯罪心理捜査班 シーズン1 
12月14日(日)23:00 FOXチャンネルでスタート!
毎週日曜日 23:00~24:00 ほか

◆ゴースト ~天国からのささやき シーズン2    
12月22日(月)21:00 FOXチャンネルでスタート!
毎週月曜日 21:00~22:00(Häagen-Dazs Premium Hour) ほか 

FOXチャンネルの視聴方法や最新情報はこちら→http://tv.foxjapan.com/

-------------------------------------------------------------------

また、「ボストン・リーガル」シーズン3の放送は、以前の記事 でもお知らせした通り、

初回放送:1月6日22:00、
毎週火曜日22:00、
再放送は水曜18:00、金曜9:30

FOXにて字幕版で放送です。
その前に12月は、クリスマススペシャル、年末スペシャル 新シーズン放送開始直前大コスプレエピソード特集をお楽しみくださいね♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ ←励ましのクリックを♪これからも良い記事が書けるように頑張ります!
いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:
皆様、こんにちは♪
寒さが厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日お知らせした「ボストン・リーガル」シーズン3放送開始のニュース ですが、詳細が発表されましたので、お知らせします。

お待ちかねのシーズン3ですが、

初回放送は、1月6日22:00からで、

毎週火曜日22:00、
再放送は水曜18:00、金曜9:30


FOXにて字幕版で放送だそうです。

年明け早々、早速シーズン3の放送を観られるとは、嬉しい限りです!

その前に、今年の締めくくりには、年末スペシャル 新シーズン放送開始直前大コスプレエピソード特集をどうぞ♪
こちらは、12月31日(水)18:00~22:00、同じくFOXにて放送です。

年末年始は、「ボストン・リーガル」をご覧になっている方も、ご覧になったことがない方も、是非「ボストン・リーガル」を満喫してくださいませ♪

なお、「ボストン・リーガル」はシーズン5で番組が終了することが決定しており、第100話が最終回になる予定だそうです。
終了は寂しい限りですが、日本では、まだまだ楽しめますものね。
このまま、日本でも順調に放送してくれることを願っています。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ ←励ましのクリックを♪これからも良い記事が書けるように頑張ります!


※「ボストン・リーガル」は日本語版DVDが発売されておりません。
 日本語版DVD発売の要望は、こちら へ賛同のご署名をお願いします!
 是非、皆様のご協力をお願いします。


Boston Legal: Season 3 (7pc) (Ws Sub Dol Sen)
B000RO6JZE
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード