--------------------------------------

2015.08.07 fri.
SACT! music Dig it !+ smile

出演:酒井ミキオ/大友ジュン/and more.../
時間:open19:00/start19:30
料金:adv.2500yen/door3000yen 1drink別

予約方法:SACT!へ電話、もしくはメールにて
電話/050-7510-5158(15:00~22:00)
メール/reservesow2009@sactsow.com(24時間)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-30 00:58:06

GILLE ライブ @宮崎

テーマ:音楽
 先日、GILLEさんのライブで宮崎へ行ってきた。宮崎はGILLEさんの地元。1999年のBAJI-Rライブ以来の宮崎。いや~とっても良い場所でした。

 今回は延岡。リハ後に時間があったので会場の近所を散策。炎天下の中、歩いてみた。暑いんだけど、東京のヒートアイランド現象の暑さとは質が違うね。心地よい暑さでした。
















 今回のイベントはGILLEさん含めゴスペラーズ、スクープ・オン・サムバディなどが出演し、歌力の魅せるライブだった。客席から観てたけど久々に唸ったね。素敵だ。

 特にデビューして20年間アカペラで勝負してきたゴスペラーズの実力を肌で感じたよ。グループ力の高さは凄い。気持ちよかった~。テンションコードの難しいハモリをあれだけいとも簡単に出来るとはねぇ。

 もちろんGILLEさんのライブも大盛り上がりで、鍵盤弾いている僕もテンション上がった。流石、地元出身のアーティスト! 一体感がGOOD!

 GILLEさんのライブ参加は3回目だけど、結構緊張感があるんだ。歌に寄り添う演奏を気にしてるんだけど、自分の歌のグルーブと違うのでリハの時苦労する。音量、間、抜き差し等々、気が抜けない。でもフィットしたときの気持ち良さがいいんだよね。

 終演後は宮崎市内に移動したんだけど、珍しく打ち上げ不参加! 前日のほぼ徹夜が響いて疲労感がハンパなかった・・・。打ち上げ不参加はもしかして人生初かもしれません(笑)。

 さて、8月はライブが3本。8/7は大友ジュン君、市原マサヒロ君とのジョイントライブ。8/8は鈴木慎一郎君のライブに鍵盤で出演、8/29は松田樹利亜さんのライブで鍵盤で出演です。

 そして11/23にはワンマンを予定しています。詳細はまだ決まっていませんが、楽しく充実したものにしたいと思っています。こちらよろしくね!
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-07-18 09:56:14

検診を!

テーマ:ブログ
 自分の年齢が上がってきたので当たり前なのだが、業界の先輩方の死が増えてきた。先日も元C-C-Bの渡辺英樹さんが亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。

 僕にとっては思春期、キラキラとした時代を象徴するバンドのメンバー。なんとなくアイドルとして認識されていたけど、がっつりとミュージシャンをしていたんだよね。

 特に渡辺さんはスラップ奏法をしながら歌うという当時としては、いや、今でもあまり観られないスタイルだった。僕としてはドラムの笠さんより渡辺さんの声が好きだったな。

 一番好きだった曲です。これの12インチシングルが格好良かった。


 いずれは自分自身も何かしらの原因で亡くなるでしょう。もちろん遠い未来を希望するけど。誰にも訪れる死です。それだけは平等。

 日本人の死亡原因でいうと、やはり一位は癌でしょう。三人に一人は癌が原因で亡くなるとも言われているね。僕の母親の家系も癌家系。なので僕はその病気に対して特別な感情を持っている。

 先日、俳優の今井雅之さんが大腸癌で亡くなったけど、僕としては大腸癌で亡くなるのは非常にもったいないと思っている。大腸癌はちゃんと内視鏡検診を受けていれば、よほどのヤブ医者じゃないかぎり亡くなる可能性は低いから。

 ・・・つまり今井さんはそれを怠ってしまったということ。健康への過信なのか医者嫌いなのか、ただ単にやり過ごしてしただけなのかは知らないけど、本当にもったいない。もったいなすぎる。

 僕の叔父も祖父も大腸癌だった。今考えると何故内視鏡検診を受けなかったのだろうか?と不思議でたまらない。一年に一度だけで良いのに・・・。

 数年前から数ヶ月~一年に一度は上からも下からも内視鏡検診を受けている。そのたびにポリープが見つかる。もちろん良性ではあるんだけど、悪性に変わる可能性もあるということで必ず取っている。色んな考えがあると思うけど、僕はこの方法が現時点では一番良いと判断しています。

 健康って当たり前のように享受しているけど、それは過信だよ。特に僕の世代から上の方々は敏感になってほしいな。気にしすぎてそれがストレスになるのは反対だけど、頭の片隅に置いてもらいたい。

 僕の担当医が癌予防11条というものを提唱している。

1.タバコをやめよう
2.ピロリ菌を退治しよう
3.アルコールを控えよう
4.大腸ポリープを取ろう
5.脂モノを控えよう
6.空気と水をきれいにしよう
7.放射能被爆を避けよう
8.肝炎ウイルスを退治しよう
9.癌検診を受けよう
10.よく寝てよく笑おう
11.癌ウイルスに注意しよう(エイズウイルス等)

 まあこれをガッチガチに守ると人生もつまらなくなるので(僕の場合アルコール)、バランスだと思うけど、これらを気にしつつ楽しく生きていきたいな。

 皆さんもぜひ検診を。周りの方々にも啓蒙お願いします。



----------------------------------------------
次回イベント

日時/2015年8月7日(金)
タイトル/SACT!Music Dig it!+ smile
開場/19:00 開演/19:30
料金/前)2500yen 当)3000yen ドリンク代600yen別
出演/酒井ミキオ 市原正寛 大友ジュン
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-07-12 16:35:59

骨太

テーマ:音楽
 CDラックに70年代~80年代の歌謡曲集があったので軽く聴いてみた。わかりきっていたけど、やはり素晴らしい楽曲達だった。

 骨太という言葉が似合うのかな。まずメロディーと歌詞がある。その骨格がしっかりしているのだ。アレンジで誤魔化すというようなことは無し。

 今の音楽に比べて音数が圧倒的に少ない。ドラム、ベース、ギター、鍵盤(シンセ含む)、その他にストリングスやブラス等々。

 音楽は自由だし好みなんて主観的なもの。そういう意味で僕は、歌モノに関して言えばメロディーと歌詞が一番重要に感じている。そのサブにアレンジがある。

 人によってはアレンジ、というか音を聴かせる為にメロや歌詞がある!という考えもあるでしょう。メロも決めずに打ち込みをしていって、そのオケに合うメロディーを考えるという人も結構いる。その場合、メロの自由度がかなり制限される。まあその制限が気持ちいいという考えもあるけどね。

 しかし僕はやはりメロがあってのアレンジだと思うな。歌モノだし。これは今後も変わらないと思うな。色んな編曲仕事をしているけど、僕の適性は1番に作曲家2番目に編曲家という順番かなぁ。あくまでも個人的な主観ですが。あ、作詞家がその間に入るかも。

 そんな僕の耳で聴く昔の楽曲は、良く考えられているなぁと心底思います。かなりシンプルなんだけど深みがあるというか何というか。今後の参考になる部分が多々ある。

 世に出る楽曲なんて実はほんの一部。モチーフ含めると四桁の楽曲を作ってきたと思う。僕がそうなんだから高名な方々は凄い数を作っているかも。世に出なくても、その「作る」という行為の連続が作曲の血となり肉となるんだと思う。

 今、音楽番組を観ると常に70年代~90年代の特集をしているよね。それって結局視聴者が求めているからなんだと思う。なんだろう?楽曲力が高いのかな。というか歌える曲が多かったんだと思う。決して今の音楽が弱いと言っているわけではないよ。

 歌モノは歌いたい。シンプルだ。音楽業界を取り巻く環境が激変してきているけど、右往左往せずに楽曲に向き合うってことを大事にすべきなんだろうね。シンプル伊豆ベスト! よし!

 ということで夏です。ビールが美味しい。昨日のがっつり飲んでしまった。本日はやや生きる屍系です(笑)。
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇