NEXT LIVE INFORMATION


タイトル:天晴音楽会 vol.7 ~静かなる森
会場  :恵比寿天窓.switch
出演  :酒井ミキオ
日時  :11月1日(土)
開場  :17:30
開演  :18:00
前売り :¥3,800
当日  :¥4,000
発売  :8月16日(土)AM10:00より
販売  :イープラス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-19 22:23:26

恩師というもの

テーマ:ブログ
 恩師という言葉を調べると「教えを受けた恩のある先生」とある。学生時代を振り返ると色んな担任の顔が浮かぶ。小学校から高校まで全部で13人。小学校の時、転校生だった僕は人よりちょっと多い。

 ミュージシャンに憧れる前まで、僕は学校の先生になりたかった。親を含め親戚に教師が多かったことと、素敵な先生達に出会えたことが僕をそうさせたと思う。あ、金八先生の影響も多少あったかも(笑)。

 小学校から高校までの12年間、この期間の人間の成長は凄いものがある。身長体重もそうだし、精神的にも大きな変化がある。まさに人生の土台を作る時期だ。大人の12年間とは訳が違う。

 先日、その12年間の中間地点である中1時代の担任、U先生に会うことが出来た。30人ほど集まった同期会にご来席下さったのだ。

 時は1983年4月。当時先生は新卒で、僕らが初めての受け持ち。こちらも入学したて、先生も初めての教壇。12~13歳の子供と24歳の若者。妙な緊張感が漂っていたに違いない。

 当時の先生の印象は、しっかりと生徒と向き合う情熱溢れる先生。同期会の時も先生に伝えたのだが、「目を見ろ~!目を~!」という言葉を良く聞いた気がする。相手に思いを伝える時はしっかり目を見て話せ!という意味だったと思う。

 中学生にもなれば当時の言葉でいう「ツッパリ」という生徒も現れる。先生はそういう生徒にも真っすぐぶつかっていった。胸ぐら掴んで怒鳴り合うあの風景は、リアル金八、ここにあり!という感じだ。長髪じゃなかったけど(笑)。

 僕の家に家庭訪問をしにきた時、母と何を話しているか気になった。僕は自分の部屋がある2階からこっそり下へ降りて、居間のすぐそばで聞き耳を立てていた。どんな会話をしていたかは忘れてしまったけど、突然母に「みきお~、降りてらっしゃい~!」と言われたもんだから焦った。

 2階に上って、その後わざとらしく音を立てて階段を下りてくるという芸当は僕には出来なかった。観念して「は~い」と言ってすぐ姿を現した。よって盗み聞きをしていたことがバレた。

 なんというかね、格好悪いしバツが悪かったな。母にも叱られたし、先生にも「みきお~、男らしくないぞ!」と軽く一喝された。セコいことはしないほうがいいってことを学んだ。

 数年後、弟が僕と同じ中学に通っていた時期に、母もその中学の臨時養護教諭としてU先生の同僚になったことがあった。なので母が亡くなった時、葬儀に参列して下さった。ありがとうございます。

 あれから随分年月が経ち、教育現場も大きく変化したことでしょう。僕からすると非常にやりにくい現場になってしまったように見える。金八先生も時代を経て変化してきたもんね。

 ニュースを賑わす様々な言葉...例えば教育委員会、PTA、いじめ、不登校、モンスターペアレント(チルドレン)、体罰、ゆとり教育、少子化...。様々な問題や立場の板挟みになり苦悩する教師も多いと聞きます。

 もちろん悪いことばかりじゃない(と信じたい)。学校のキラキラした空気感を常に感じられる。生徒たちの輝く未来への道をサポート出来る。あの笑顔、あの歓声が隣にある。青春というものを常に眺められる立場。素敵です、というか羨ましい。

 で、先日会った先生は、思いのほか若かった(失礼!)。よく考えれば11歳しか違わないんだよね。ちょっとだけ年齢の離れた兄貴みたいなもんだ。

 いや~、酔っぱらいの僕の相手をしていただき誠にありがとうございました。後半はあまり会話になっていなかった?ような気がしてなりません...。次回はもっと真面目にお話出来れば幸いです。

 恩師との邂逅、夏の思い出が一つ増えた。ということで、まだまだ夏男は続きます。24日は誕生日~!あんまり嬉しくない(笑)!

-----------------------
NEXT LIVE

タイトル 北野まきば町内会
会場 新宿sact!
出演 酒井ミキオ 副島達明
開場 18:00
開演 18:30
前売り ¥3000
当日 ¥3500
チケット予約 新宿sact!






「many color e.p.」「songbook score」絶賛発売中!



人気ブログランキング
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-14 23:41:52

北野まきば町内会 in 新宿sact! 10/12(日)

テーマ:告知
 僕の実家がある地区には「北野まきば町内会」という町内会がある。居住人口はどのくらいだろうか? まあそんな多くはありません。

 先日、新宿sact!の鳥羽店長の紹介でその地区出身のアーティストに会った。名前は副島達明。気持ちが真っすぐなナイスガイでした。

 僕の実家から数十メートルの距離に彼の実家があるという...。つまり小学校も中学校も僕と一緒ということ。あんな狭い区画に同業者がいたなんて! しかも僕の父と彼のお母様は町内会の会合等ですでに見知った仲なんだとさ。

 北海道出身の同業者は多々いる。札幌出身も然り。でも実家同士が数十メートル以内の同業者との出会いは驚きでした。年齢は僕の方が少し先輩。彼のお姉さんと僕の弟が同級生だとか。

 ということで飲みました。盛り上がりました。そんな流れでイベントをやることになりました(笑)。やっぱミュージシャンですので。

 10/12(日) 新宿sact!でやります! タイトルはそのまんま「北野まきば町内会」! ベタですいません! まきば魂を見せつける内容にしたいと思います(笑)! 11月のワンマンに来れない方は是非。2マンなので僕の時間も長めです。よろしく!


タイトル 北野まきば町内会
会場 新宿sact!
出演 酒井ミキオ 副島達明
開場 18:00
開演 18:30
前売り ¥3000
当日 ¥3500
チケット予約 新宿sact!






「many color e.p.」「songbook score」絶賛発売中!



人気ブログランキング
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-10 22:07:09

アドリブ

テーマ:ブログ
 アドリブ。思うがまま音世界を飛翔する行為。演奏家ならば避けては通れない道でもある。出来れば避けたい(笑)。

 僕もライブ時にアドリブをやりますが、凄い人のプレイを目の当たりにすると気持ちがショゲます。うーむ、俺って全然ダメじゃないの?と。

 なんでしょうかね、演奏することを目的として生きてきた人と、歌の補佐の延長線に演奏があった者の違いっていうかなんというか・・・。僕は明らかに後者でありますな。

 じゃあここでメンバー紹介がてらソロ回ししましょうか!的なノリがあるでしょ? あの時実は心の中で「やめてけれ・・・」と懇願しているのです。「そのノリ、今の時代に合わないから!」とか「ソロ回し、ダサくない?」と心で叫んでいるのです(笑)。

 僕、基本的にはJAZZもFUSIONも通っていません。あっち系を通ってきた方は凄いね。高度なアドリブを展開するよね。僕は何となくそれっぽいことをしようとしてコケるタイプです(笑)。

 でもね、飲んだ時に弾く酔っ払い系アドリブは楽しいね。とんでもない音を出そうが何しようが自由。お客さんの視線がないので気楽だし。前提として酔っぱらっているから下手でもいいべ!という気持ちがあるので。

 僕が通っていた学校にはエレクトーン学科があって、そこの生徒さん達は不思議な会話をしていた。「明日試験だ!アドリブ考えなきゃ!」と。そして次の日、五線紙にしっかり書かれたアドリブっぽい音符が並んでいました。それ、アドリブとは言わんぜよ。アドリブっぽい作曲です。

 今後もある程度はアドリブとやらに付き合っていくしかないんだろう。自分なりの演奏で頑張ります。高度なことはしないと思うけど、ミキオ色を感じてもらえたらうれしいです。

 では何となく頭に浮かんだディープパープルの映像をお楽しみください。このレトロな映像、好きです。オルガンソロも味があります。

酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み