ゲスト出演!
2014.12.30新宿SACT!
往年の友人、鈴木慎一郎君のライブにゲスト出演します。
詳しくはこちら

--------------------------------------


ジョイントライブ!

2015年2月21日(土)
タイトル/Tug of Pavilion Vol.1 「Just one night」
開場/18:00 開演/18:30
adv.4000yen door4500yen 共にドリンク代600yen別
共演/酒井ミキオ、小野正利
*オープニングアクト有り

チケット発売日/2015年1月11日(日)
予約方法/SACT!でのメール予約
(先着順受付、定数になり次第締め切り)
<メールアドレス>
reservesow2009@sactsow.com

お問い合わせ/新宿SACT!
050-7510-5158(15:00~22:00)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-12-18 13:52:56

選挙

テーマ:ブログ
 先日、選挙が終わったね。皆さんは投票に行ったかな? 様々なことが言われていたようだけど、蓋を開けたらそれほど変わらずの与党圧勝でした。

 僕は小選挙区では消去法で選び、比例は何となく支持で選びました。ベストはないけどベター方式。きっとかなり多くの人は消去法だったと思う。

 何にせよ投票権を持っている人の半分が不投票というのも残念だ。インターネット投票が出来ればもっと投票率は上がると思うんだけど、なんでそうならんのか? チャッチャとやって欲しいよ。そうすると吹雪の北海道でも投票率は上がったんじゃないかな。

 で、投票率ね。つまり投票権を持っている人の半分の、そのまた半分の支持を取れば与党。で、その与党内で半分の勢力を確保すれば政権を取れる。

 細かく分類するともっと少ない勢力でも他の勢力の支持さえ取れれば政権が取れる。全体の票から見ると8分の1~10分の1程度まで下がる気がするよ。でもそれが民主主義であり、現時点では一番公平な制度なんだろう。

 政治ってこっちを叩けばあっちが怒り、あっちを叩けばこっちが怒るもぐら叩きみたいなもの。要はは税の分配が適正かどうかってことなんだけど、それぞれの思惑やら利権があるので凄まじい、ある意味醜い戦いをせざるを得ない。いや~、僕は全く出来ない業種だわ。その姿見ただけで引いちゃうよ。

 でも想いを持って希望を持ってその職に望む人も多い。目先じゃなく未来志向で視野が広く、批判ばかりじゃなくて建設的な対案があって・・・そんな人に投票したい。旧来的な政治方法はもう飽きたよね?

 年齢で分けるのは失礼だと思うけど、30代~50代の政治家に期待したい。かつ民間をしっかり知っている人。出来れば企業経営を知っている人がいいかも。国を経営するってことだからね、政治って。

 偉そうなことをここでは書ける。ハッキリ言って言うだけ番長だよね、こういうブログやSNSって。批判は簡単。じゃあお前がやれよ!ってことになる。でもそこまでじゃない(笑)。そういう人がほとんどだと思う。僕もそう。

 「言う」「書く」とは全く別次元な大変さがあると思う。それでも政治家を志した人には初心を忘れずに頑張って欲しい。その声や姿勢を見て僕たちは一票を投じます。目先の罠に陥る政治屋ではなく、遠い未来を見据える政治家であって欲しいです。
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-12-11 16:46:39

三国志

テーマ:ブログ
 ちょっと前から人生で何度目かの三国志を読んでいる。やっぱ面白いわ。エンタメ作品としてかなり高い位置に属する作品だね。

 最初は親戚の家で読んだ横山光輝さんの漫画が出会いだった。その時はちょっと難しかったけど、長じてもう一度読んだんだ。したっけ(北海道弁)ハマった。

 その後、三国志ものの小説を結構読んだ。有名なのは吉川英治さんの作品。今回もそれを読んでいる。

 一応、劉備玄徳を主軸に物語は始まるんだけど、実際登場人物的に思い入れが強くなっていくのは彼ではなかった。一応ライバルとされている曹操や部下の関羽諸葛亮の方に共感していった。

 その他、勇では趙雲張飛呂布許褚馬超太史慈、知では荀彧司馬懿姜維周瑜龐統陸遜などなど、まだまだ沢山いるがキラ星の如く様々な人物が描かれている。

 もちろん光栄のゲーム「三国志」はやった。「信長の野望」と「三国志」はゲームをほとんどしない僕でもかなりやった。徹夜もあったな。

 僕を惹き付ける何かが三国志にはある。戦争、政治、経済、宗教、感情なんでもござれです。僕の大好きな「銀河英雄伝説」も三国志がなければ生まれなかったはずだ。かなり影響を受けていることがわかる。

 ちなみに金城武さんや中村獅童さんが出演した「レッドクリフ」も三国志に有名な赤壁の戦いを描いた作品。壮大なスケールだったよね、これ。

 ということで現時点で半分を読破した。ようやく諸葛亮が劉備の配下に加わった。赤壁まではもうちょっと!そしてまだまだ読みどころが沢山ある。

 特に好きなのは劉備も曹操も亡くなった後だな。諸葛亮が貧しい蜀の国を支えながら、魏への北伐を敢行する長いくだり。諸葛亮、マジで凄いっす。その働きは神ですよ。司馬懿もタジタジです。

 でも結局この三国時代、司馬懿の孫、司馬炎が中国を統一してを作るのです。嗚呼なんということでしょう。なんという無常かな。英雄達の雄叫びが聞こえそうです。

 まず蜀が滅び、魏が滅び、呉が滅ぶ。結局ね、人なんだよね。必ず腐敗が蔓延り国の土台が揺らぎ、下から沸き上がる勢力に取って代わられる。人類はこんな歴史を何度も繰り返してきたんだね。

 僕たちは今の世界を見て、なんとなくこれからもこういうことが続くんじゃないかと思ってしまうけど、実は長い歴史から見ればそれは一部分でしかない。必ず大転換が起きて人類をまた別のステージに上げていく。僕らが生きている時代にそれが起こるかわからないけどね。

 そんなことを三国志から想像するよ。今はITを含めたテクノロジー業界を主軸にそれが起こっているようにも思えるね。音楽業界はその周りをチョロチョロする衛星みたいなものでしょうか...うう。

 皆さんも人生に一度は三国志を読んでみましょう。最初は漫画からどうぞ。その次に小説にいくと登場人物を結構覚えられます。今時だとゲームって手もあるね。ではまた!
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-08 00:11:20

トムベイリー from Thompson Twins

テーマ:音楽
 ビルボードライブ東京というライブハウスを知ってますか? こちらの会場、六本木のミッドタウンにあってかなりお洒落なんです。大人の空間って感じで、食事やお酒を楽しみながら演奏も楽しむ。僕も何度か通っている会場です。

 で、ここでやるアーティストもかなりイケてるんです。ブログでも書いたけど、この会場でハワードジョーンズ、ニックカーショウ、ヒューマンリーグなどの80年代を彩るアーティストを観てきました。

 なんというかね、観られるわけないと思っていたアーティストを招聘するんですよ、このビルボードライブって会場は。思春期ドンピシャなアーティストが目の前にいるわけですよ。

 僕の思春期、つまり札幌。北海道の大都市でも、実は海外アーティストはなかなかやってこない。雑誌やテレビ、ラジオの中でしか彼らに会うことは出来ませんでした。

 いつか本物のライブに行ってみたいもんだ・・・と思っていたけど、時を経るごとにかなり多くのバンドが活動休止やらなんやらで結局会うことが出来ずでした。

 あれから30年・・・ビルボードライブ東京です! おっさんになった彼らを僕の目の前に引きずり出してくれました(笑)。太ってもいい、禿げてもいい、その楽曲に力があるから行かざるを得ない。

 ということで先日、トムベイリーのライブを観てきたわけです。ピンとこないと思うけど、彼はThompson Twins(トンプソンツインズ)というキラキラした三人組のフロントマンでバンドの頭脳だったわけです。僕の思春期の場面場面を演出してくれたバンドだったわけです。

 いや~良かったねぇ。もちろんヒット曲だらけのセットリスト。全曲チェックしたけど、全曲タイトルがわかったもんね。やっぱ曲がいいしアレンジがいいわ。オリエンタルというかラテンというかなんというか、オリジナリティー溢れてる。現在の日本ではSEKAI NO OWARIがファンタジー代表だけど、当時は確実にこのバンドでした。

 以前も何度か貼り付けたけど、もう一度動画を(笑)! 多いよ!

 多分一番最初に世間に認識された曲。映画「ゴーストバスターズ」の挿入曲だったとか。「In The Name Of Love」



 多分一番認知度が高い曲。1985年のライブエイドの映像。「Hold Me Now」



グッと来るぜ~。魂を感じます。「Lay Your Hands On Me」



僕を虜にしたアルバム「Into The Gap」のオープニング曲「Doctor Doctor」



 ライブで盛り上がる!「King For A Day」



 彼らのピーク「Into THe Gap」へ向けた助走の3rdアルバムから「Love on Your Side」



 内容が重い楽曲。グッドバラード「Sister Of Mercy」



 ビートルズのカバーもやってるよ!こっちのほうが好きって言ったら怒られる!?「Revolution」



 You Tubeサーフィンしてたら見つけた。うーん、すごい時代だ。当時観まくったライブ映像。



 ということで貼りまくってしまった。申し訳ない。次にビルボードで観たいアーティストはKaja Goo Gooだな。Teas For Fearsも是非! 招聘よろしく!
酒井ミキオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み