お箸の長さ=ひとあた半

テーマ:



こんにちは!


週末、いかがお過ごしでしょうか?



漆のお箸をつくるワークショップに参加しました!


お箸の長さも、自分のサイズに切ります。のこぎりで~!


初めて知りました。

自分のお箸の長さ=ひとあた半。

ひとあたの長さは、親指と人差し指でL字型を作り、

親指の先から、人差し指を線で結んだ斜めの長さ。

直角三角形の斜めの辺の部分ですかね。

それが、ひとあた。その半分の長さを足して、

ひとあた半。

これが、自分にあったお箸の長さだそうですよ~!


漆を扱うのも初めて!

かぶれるので、色塗りはゴム手袋を装着して作業しました。

塗っているときに見ている色は、わりと鮮やかでしたが、

乾くと、しぶぅ~い色合いに。

しかも、ものすごく伸びがいいので、ほんの少しの漆で、

ベースの色付けができました。


漆って、汗湿気汗で乾くんですって!びっくり!!!

”乾かす”っていうと、湿気は大敵な気がしてましたが・・・。

だから、漆器づくりは、この梅雨の季節はもってこいの季節なんですって。


なかなかできない経験。楽しかったです。

いろいろ勉強になりました~~(^_-)-☆




(↑ 雑ですね・・・。(´・ω・`) )


MIKI






AD