社長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

浜田省吾のファンになって何年が経つだろうか?

 

 

今年は光栄にも10年ぶりに彼の

コンサートに行くことが出来ました。

 

プロは顧客を感動させる・・・といいます。

彼のパフォーマンスはまさに感動につきます。

 

 

彼は64歳。

歳を感じさせない動きと声量。

新旧織り交ぜたセットリストに観客は共に声を嗄らし

一体感に包まれ感動を覚えます。

 

 

そして、彼のコンサート会場周辺には

ツアーのデコレーションされたトラックが

必ず配置されています。

 

 

 

もちろんファンはこのトラックに群がり、記念撮影し、

テンションは徐々に上がっていきます。

私ももちろんそのひとり。

 

 

もう既にここから

彼のプロとしてのパフォーマンスは始まっています。

 

 

来年は

「感動させる」をテーマに行動したいと思います。

 

 

※ちなみに浜省のツアーには、機材舞台搬入に

 大型トラック29台で移動するとのこと。 

 家1軒分の材料よりはるかに多いですね(*_*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

木材のデメリットを敢えてあげれば、

それは「腐朽」

湿度や通風環境、蒸れ等により木材は腐朽するのです。

 

そのため、木造住宅の土台材など環境の厳しい部位の木材には

防腐処理を施すように指導されています。

 

 

 

上の写真は、

木材にとって劣悪な環境に試験片(杉、米松、桧、ヒバ)を置き、

約5年間放置して、腐朽状態を実験したものです。

 

 

向かって右側は防腐処理を施さないそのままのもの、

左側は加圧注入式の防腐防蟻処理を施したものです。

 

 

それぞれ樹種の持つ特性により差はあるものの、

やはり防腐処理の無い無垢のものは腐朽が進んでいます。

一方、左側の処理済みのものは腐朽がありません。

 

 

木材は適切に使えば、長持ちし、

永く快適な住まいを支えてくれることがわかる

貴重な資料です。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

写真は十数年前に閉校になった小学校です。

 

 

かなり大きな校舎で

 

全長は80mを超えます。

 

40数年前の建築された当時は

 

この校舎にいっぱいの生徒が居て

 

さぞかし賑やかだったことでしょう。

 

 

 

しかし、子供数の減少で統廃合を余儀なくされ、

 

校舎を残したまま閉校となっています。

 

 

 

養父市内にはこのような小中学校が

 

10校を超えます。

 

近い将来さらに2~3校の学校が

 

姿を消すかもしれません。

 

 

 

地域のシンボルである学校が姿を消し、

 

子供たちの明るい声が消えることは

 

とても寂しいことですし

 

町の衰退にもつながります。

 

母校が無くなってしまったと寂しがる人も

 

大勢います。

 

 

 

でも養父市は

 

このような空き校舎を再活用して

 

成功している事例を沢山持っている市です。

 

 

 

ある学校は民間企業の事務所や工場として

 

ある学校は通信制の学校として

 

ある学校は芸術家のシェアアトリエとして

 

またある学校は地域のコミュニティーの場として

 

新たな息吹を芽吹いています。

 

 

 

このたび冒頭の写真の学校を

 

農業特区の産業拠点に改築することとなり

 

当社が請け負うこととなりました。

 

 

 

時代は変わり、使い方も変わるけれども再生させ

 

新しい産業を生み、雇用を生み、

 

地方創生のモデルとして、日本のモデルとして

 

大きな産業を生み出せる

 

地方の小さな町となることを

 

市民として期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

県立出石特別支援学校の

 

木工教室のお手伝いを

 

させて頂きました。

 

毎年恒例です。

 

 

 

 

今年はペン立てと写真立てを作りました。

 

 

 

 

生徒の一生懸命な姿に

 

私たちも勇気と希望をもらったような気がします。

 

 

 

 

地域のお役に立つこと

 

子供たちに夢を与えること

 

自然に触れる機会を提供すること・・・

 

小さな事かもしれませんが

 

私たち地域工務店の

 

使命だと思います。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

既成概念、固定観念

 

常に付きまとう厄介なもの。

 

でも、その範疇では

 

安心だし楽できる。

 

誰からも

 

文句も意見も言われない。

 

 

 

でも、

 

ここを破らなければ

 

新しいものは出来ないし

 

成功もつかめないのかもしれない。

 

 

 

ということで、

 

ラーメンに綿菓子トッピング・・・

 

 

まったく問題ありませんでした。

 

むしろチャーシューに甘みが加わり

 

絶品だった。

 

 

 

既成概念というものは

 

商品開発や事業計画には

 

不必要だと思いました。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

職場環境への不満をよくききます。

 

 

暑い

寒い

きつい

しんどい・・・

 

 

この方たちの職場環境を

 

 

目の当りにすると

 

 

いかに自分が恵まれた職場環境で

 

 

日々を過ごしているのかが

 

 

よくわかります。

 

 

 

これぞ究極の職人技です。

 

 

頭が下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2年前のお正月、

 

大火災に見舞われた城崎温泉。

 

OB施主様宅も巻き込まれ

 

全焼してしまいました。

 

あれから2年・・・

 

街づくりの基準や法整備が整い、

 

ようやく竣工いたしました。

 

仮設住まいのご苦労も

 

多かったことと思います。

 

お施主様の笑顔を見ると、

 

この日を首を長くして

 

待ち望んでおられたことがうかがえ、

 

私たちも自然と笑顔になれました(^'^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新築現場の近くで

 

以前から気になっていた

 

2本の欅(ケヤキ)の大木。

 

 

 

どう言う訳か、

 

かなり斜めに伸びています。

 

しかも2本ともです。

 

何百年もの昔から

 

このかたちで成長を続けたのでしょう。

 

ロケーションとしては

 

かなり素敵だと思います。

 

しかし地元の方からは

 

道路のコンクリートも

 

木の荷重で持ち上がる

 

ほどの威力のため

 

危険であり、なんとかしたい・・・

 

という声があるとの事でした。

 

今日、現場に行ってみると、

 

ありません・・・

 

 

先日自然に倒れてしまった、とのこと。

 

とうとう我が身の重みに

 

耐え切れなくなったようです。

 

地元の方にとっては

 

複雑な感覚かも知れません。

 

 

 

しかし、木の存在感って

 

すごいと思いませんか?

 

殺風景な風景となって

 

しまったように感じてなりません・・・

 

倒れた欅の木はおそらく、

 

建築材や家具材として

 

第2の人生を歩むのでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

和室に

 

「炉を切る」

 

ご用命をいただきました。

 

 

 

勉強のため、

 

過去に茶室を施工させて頂いた

 

お施主様宅へお伺いし

 

見せて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶道、華道、書道、香道

 

日本の伝統文化を継承していくために

 

日本建築様式も併せて

 

継承していかなければならない事は

 

言うまでもありません。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はお客様感謝祭。

 

サツマイモ掘りでは、

 

お客様の多くの笑顔に元気をいただきました!

 

ありがとうございました。

 

ひとつでも多くの笑顔のために、地元工務店は頑張ります!

 

          

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。